特製もりそば(730円)@飯田橋・飯田橋大勝軒

2015-07-11
今日は汗ばむ暑さ。ランチはキッチリ〆たつけ麺をジュルッと啜りたい気分。
お腹が減ってて麺をたらふく食べたいので、久々に東池系の大勝軒にしましょうか。
ということで、飯田橋大勝軒

IIDABASHI TAISHOKEN

平日13:45到着。ピークタイムを外したものの店内満席、待ち1。
先に「特製もりそば」の食券を購入。今回初めて気づきましたが、ここには「特製」じゃない「もりそば」はないんですな。
回転は早いのですぐに席が空き着席。

IIDABASHI TAISHOKEN

先にオーダーは通してあるので、着席後5分ほどで着丼です。
丼にはたっぷりモリモリの麺!そう、今日はこういうのが食べたかったんです。
つけ汁の器は大きめでスープたっぷり。具は全く見えませんが、チャーシュー、ネギ、玉子、海苔、メンマ、ナルトが沈んでいます。見栄えは気にせず中身で勝負なところが大勝軒クオリティw

IIDABASHI TAISHOKEN

きっちり〆られた麺は中太角断面ストレート。
ツルツル、モチモチの食感、噛みごたえはフカッと柔らかめの大勝軒らしい麺。麺味もしっかり。

IIDABASHI TAISHOKEN

熱々のつけ汁は、いわゆるライト豚魚といった感じ。
豚鶏の動物系が軸となり、魚介で香りづけされたもの。全体的に優しい味わいで、たまに食うと旨いですね〜。

大勝軒のもりそばと言えば「甘辛酸」ですが、こちらはまずは甘みが先行。辛さや酸味はほぼありません。
まぁ、卓上にお酢や一味があるので、自由に味変してください、ということなのでしょう。
粘度はそれほどなく、トロンとした微乳化系の口当たり。塩梅もジャスト。

IIDABASHI TAISHOKEN

では、麺をズバッと浸けて頂きます。
うん、両者の絡みは悪くなく、安心して食べられる大勝軒クオリティって感じですね。

そういえばここでもりそばは初めて食べたのですが、「特製」と付く通り、具が豪華。
チャーシューは厚み1cmくらいのかなり大ぶりのロース系煮豚スライスが、なんと2枚も!
柔らかく仕上げられた豚は、ちょい臭みもありますが十分なボリュームがうれしいところ。

IIDABASHI TAISHOKEN

メンマは材木タイプが2本。コリコリの食感に仕上げられ、いわゆる古典的なラーメンのメンマの味がします。
海苔は最初からスープの底なので、引きずりだした頃にはデロデロになってますねw

IIDABASHI TAISHOKEN

また、玉子は半玉。味玉ではなくベーシックなゆで玉子ですね。
ナルトは着丼時に見えると見栄えがいいんですが、つけ汁の底にあるので、サルベージしてもあまり感慨なしw

以前より50円値上げされたとはいえ、「特製」の名に恥じない載せもの、麺のボリュームを考えるとなかなかお得感ありますよね。ここらへんはさすが大勝軒といったところ。

麺量は300gくらいかな?十分お腹一杯になって、満足でごちそうさま。
今はもういない山岸さん。でもその遺志、山岸イズムをしっかり感じられる「旨い、多い、(そこそこ)安い」な一杯、堪能しました。
滝野川大勝軒が池袋に移転したり、神田大勝軒が閉店したりといろいろ動きもありますが、大勝軒ブランドは永遠に続いていくのでしょうね。今後ともお世話になります。

--

大勝軒 飯田橋


関連ランキング:つけ麺 | 飯田橋駅九段下駅牛込神楽坂駅


関連記事
コメント:
この大勝軒は、凄く評価するという評と
全然ダメという評の両方を目にします。
まあ、自分で確認すればいいのですが、
こうして信頼性ある方のレポをみると、なるほど、と。
古典的な東池じゃないんですね。
スープだけ、今風(といっても今や古典化した)豚魚に置き換えた感じかな。
東池の基本を維持しつつ、磨きをかけたような店に生き残ってほしいのですが、
気がつけばあまり見かけなくなってしまった気がします。
[2015/07/12 00:58] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

うーん、古典的な東池ってどんなのでしょうねぇ。。甘辛酸のシャバシャバなやつ?
そういう意味では、こちらはちょっと違うかもですね。
青葉とか斑鳩とか、あのあたりの豚魚創世記の感じをもうちょい昔風にデチューンしたような雰囲気でしょうかねぇ。

まぁ、今となっちゃ「たいしたことない」と感じる方も多いでしょうし、「全然ダメ」という方の気持ちもわかりますが、一つだけ言えるのは「こういうのが無性に食べたくなる」時があるということ。
ぜひお確かめいただければと。

東池系の名店という意味では、移転した「ごとう」がどうなったのか興味津々だったりします。
[2015/07/15 22:38] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2080-a8f098ce

<< topページへこのページの先頭へ >>