FC2ブログ

ラーメン(バリカタ)600円@戸越銀座・博多ばってんラーメン

2010-05-29
BATTEN

なんとなく食欲がなく、何も食べずに晩御飯をスルーしてしまったある夜。
21時前になったら、なんだか小腹が空いてきちゃいました。
軽ーい汁モノの麺が食べたいが、そんなにしっかり食べたいわけでもない。
・・・そんな時には、スナック感覚で食べられる博多系にしときましょう。

ということで、戸越のこのお店へ。
平日20:50到着。前客1。しかも厨房には誰もいません。あれ?
すると、前客っぽくカウンターで携帯をいじっていた女性(中島美嘉似)が「今ちょっと買い物行ってるんで、待っててもらってもいいですか?」と。あ、関係者の方でしたか。。
後から入ってきたお客さんにも同じような説明があり、TVの音が流れる店内、みんな携帯を弄る。なんとなくモヤモヤした空気w

・・・5分ほど経過し、「もういいいや、そろそろ帰ろうか」と思い始めた時、「ごめんね~」と買い物袋を提げた店主が飄々と登場w
オーダーは口頭で。ラーメン、バリカタでお願いします。

バリカタなので、丼は2分で着丼。
白濁スープに青ネギ、キクラゲ、チャーシュー。こういうタイプも久々に食べますね~。

ではスープを一口。
お、意外にいい味だ。いわゆる博多系の豚骨スープ。
軽めの豚骨のクサ旨加減がいい感じ。しつこさは全くなく、ライト系の口当たり。
タレの塩気もちょうどよし。油も多くなく、とても飲みやすいですね。

麺は丸断面極細ストレートの、こちらも定番の博多麺。
低加水ならではの、粉っぽいボソボソした食感がスープと絶妙の相性。
麺量は少なめ。まぁ替え玉前提なんでしょうね。今日はこの量で十分な気分。

チャーシューは小ぶりなバラチャーが2枚。
獣臭はそこそこありますが、ジューシーで脂身もおいしいですね。個人的には好きなタイプです。
キクラゲ、青ネギは、もはやこれ系定番のトッピング。まさに予定調和。
中盤から卓上の紅生姜を投入すると、こちらもまた予定調和的な味変。サッパリとしたスープを半分ほど飲み、ごちそうさま。

替え玉(100円)前提の麺量なんで、これでこの価格はC/P悪いですね。
まぁ博多系はどの店でもそう思うのですが。これでせめてワンコインだったらなぁ。。。

トータルで見て、どこから見ても破綻のない、「ザ・定番」とても言えそうな高品質な博多系の一杯。
個性や面白みがあるわけではありませんが、たまにこういったベーシックな一杯を食べたくなる時にはいい存在ですね。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/208-c0ba9669

<< topページへこのページの先頭へ >>