【限定】まぜひつじ・パクチー少なめ(900円)@後楽園・MENSHO TOKYO

2015-06-16
今日のランチは水道橋付近。
庄のさんの5号店「MENSHO TOKYO」で「マトン」をテーマにした汁なしを限定提供しているとのことで、こりゃマトン好きとしては食べなきゃダメでしょ!と訪問。

平日13:50到着。前客7、後客3。
券売機にて「まぜひつじ」の食券を購入。
庄野店主曰く「羊肉とパクチーが苦手な方はご遠慮ください」ということで、パクチーNGの身としてはパク抜きにするか迷ったのですが、どうやらパクチーにも相当こだわっているようで。。。なんかパク抜きにしちゃうのはもったいない感じが。
ということで、食券を提出する際「パクチー少なめってできます?」「大丈夫ですよ」んじゃソレで。
ちなみにパクマシは+100円です。

MENSHO TOKYO

待つこと10分ほどで着丼。
ほぉ。。。これは華やかで旨そう!
混ぜやすいように大ぶりで浅い丼で供されるまぜひつじは、丼の底にタレ、そして太麺。

MENSHO TOKYO

麺の上のトッピングは、どことなく台湾まぜそばを思い起こさせるレイアウト。
中心に卵黄、その下にはミンチではなくラムの刻みレアチャー。周囲には、マトンのミンチ、ニラ、ニンニク、パクチー、魚粉、ナッツに白ネギ、モミ海苔。周囲には黒ゴマラー油みたいな液体や昆布ジュレなんかも。
全体を混ぜると相当複雑な味わいになりそうですね。

MENSHO TOKYO

では、軽く混ぜ込みつつ麺を一口。
うん、いいですね~。これだけ登場人物がいるのに全然味わいがバラけない。

MENSHO TOKYO

主となる味わいはマトンミンチが担います。マトンの独特の臭み、そしてクミンを中心としたインド~中東的な強いスパイス感がグイグイ前面に出てくる感じ。
そこに卵黄でコクをプラス、また各種の薬味がランダムに登場して華やかに色付けをしていくといったシーケンス。
ルックスとしては台湾まぜそばですが味わいは全く異なり、かなりエスニック系に振った汁なし担々麺的な感じ。これはかなり個性的、そして旨いです!

MENSHO TOKYO

麺はつけ麺と共通かな?うどんのような角断面極太ストレート。しまった、ピン抜けたorz
あつもりでの提供となり、モチモチとした食感。個人的にはもっとゴワッとした歯ごたえの方が好みかな?
とはいえ、タレとミンチがしっかり絡むと抜群の旨さです。

マトンミンチが全体の風味付けとして機能するのに対し、羊肉そのものを楽しむためのアイテムなのが、ラムのレアチャー。
低温調理でグニムチッと柔らかなレア食感のラム肉は、その食感と羊らしい風味がいいですねぇ。羊好きにはたまらないものがあります。

で、問題のパクチーは。。。極上のラム&マトンアレンジと出会うと俺的に化学反応を起こすか?と期待したのですが、ごめんなさい、やっぱダメかもorz
好きな人には申し訳ないんだけど、やっぱこれ、カメムシの匂いだよねぇw
この前カンボジア&ベトナムに行った時、意外に食えて自分でもびっくりしたんだけど。。。やっぱ日本国内だとどうも苦手感が克服できてないですな。
パクチー抜きでも、ニラ&ニンニクの香りだけで十分楽しめるので、パク苦手な方は遠慮なくパク抜きすることをオススメします。

MENSHO TOKYO

途中から、食べ方指南通り、花椒ミル→カルダモン甘酢→ラー油を入れて味変。
旨いとは言え味が濃く単調なので、この手の味変アイテムは助かりますね。ただ花椒は香り控えめであまり存在感なし。
カルダモン甘酢のすっきり感は結構好み。ラー油は、せっかくのスパイス風味がごま油の香りで消されてしまうので無い方がいいですね。

MENSHO TOKYO

また、個人的にヒットだったのは、卓上の「MENSHOスパイス」。
香りを嗅いでみると、シナモンがかなり強めに香るもの。ちょっとやりすぎ感もあるけれど、相当エスニックな感じになって面白いです。

麺量は200g以上あった感。
麺を完食した後は「追い飯お願いします」とコールすると無料で「追い胡椒飯」がいただけます。

MENSHO TOKYO

その名の通り、白飯に胡椒を和えたもののようですが、和えて時間が経っているから?か胡椒の強い香りがするわけではないですね。
さて、パクチーの茎はとりあえず丼サイドに避難してもらってw,残ったマトンミンチにご飯を投入して頂くと。。うん、たまらん!

MENSHO TOKYO

クミン主体のスパイス感は、大雑把にくくってしまうとケバブとかカレーちっくな雰囲気もあるので、白飯に合わないわけがないですな。そこに羊肉の旨味と香りが加われば、抜群の旨さです。

MENSHO TOKYO

ということで、サクッと完食完飲でごちそうさまでした。
うん、さすが天才庄野店主!といった感じの、ラム&マトンを前面に出した絶品まぜそばでした。
以前こちらの店舗で「油そば」をいただいた時、羊レス仕様で正直拍子抜けだったのですが、そうそう、この店で食べたかった汁なしってこういうの!羊好きにはたまらない一杯がついに出ましたね~。
羊好きにはマスト、さらにパクチー好きならさらに楽しめるかと。
このメニュー、どうやら期間限定っぽいので、気になる方はお早めに!

--

メンショー トーキョー


関連ランキング:つけ麺 | 後楽園駅春日駅水道橋駅


関連記事
tag :
コメント:
あーーーー!
近々食べようと思ってたのに、先越されちゃいましたーw
まだ、台湾まぜそばも未食なので、
それを食べたら、ここのこれと比較しようと思ってまして。
いやあ、しかし、想像以上に個性的のようで、
私はパクチーOKなんで、大丈夫かなあ。
庄野氏の大ファンなんで、遠くない日に食べてみます。
ある意味、庄野氏の個性が炸裂した一杯かな(しすぎてるかも?)。

あ、「大島」へのコメント、ありがとうございます。
私は、やはり福籠の方が好きかもしれません。
板橋に住んで気がつけば20年以上になりまして、
江戸っ子になっちゃったかなあ。
[2015/06/17 01:13] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

台湾まぜそば、見た目的にはインスパイアされてるとは思いますが、味は完全に別物ですね。
そういう意味で、食べ比べしてみるのは面白いかも。となると「はなび」「こころ」ですね。

でこちら、パクチー好きな方ならさらに旨さ倍増!なんじゃないかなと思います。
ここのつけ麺を食べた時もぶっ飛びましたが、このスパイスワーク、只者じゃないっすよ〜。

ぜひぜひ食べてみてほしいっす!
[2015/06/22 22:38] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2059-bd792006

<< topページへこのページの先頭へ >>