【限定】伊吹中華そば(850円)+和え玉(100円)@恵比寿・おおぜき中華そば店

2015-06-08
とある夜、権之助坂でタイヤキ君を狙おうとしていたのですが(詳細は後エントリで)昼限定というオチにorz
気持ち的には完全に「鯛の焼き干し」だったこともあり、そのまま恵比寿、おおぜきさんへ直行。
そう、おおぜき中華そばでも、最近鯛の焼き干しつけ麺がレギュラー入りしてたんですよね。

ということで、平日21:20到着。店内満席、待ち3、後客5。
閉店間際ということで空いているだろうと予想していたのですが、大混雑じゃないすか!ホント、ここのお店の混雑具合は読めません(^_^;)
閉店間際で満員御礼。。ちと嫌な予感がしつつ券売機を見ると、「鯛焼き干しつけ麺」は売り切れランプorz
いやいやそれだけじゃない、なんと券売機左上の「中華そば」が売り切れ、そして味玉まで売り切れ!こんなことって初めてですw

OZEKI

しかし日替わり限定の黒板を見ると。。マジか!この日昼夜20食で提供されていた「伊吹中華そば」がまだ残ってるデナイノ!
鯛がなくてもこれなら全然OK!と限定2のボタンをポチ。

厨房は高橋さんと助手さんの二名体制。ランチピークのような火事場の中、手際よいオペが光ります。
伊吹そばは冷たいスープもできるようなので、食券を出す際「冷たいのできます?」と聞いてみると、案の定冷たいスープのストックは品切れということ。では温かいのでお願いします。

待つこと7分ほどで着丼。
この際高橋さん曰く「本当は中華そばのスープで割るんですが、スープ切れちゃってるので100%伊吹です」
・・・なんと、期せずしてピュア伊吹100%スープが飲めるとは!

OZEKI

スープの上には油はほとんど浮いておらず、チャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、ネギ。

OZEKI

では、スープを一口。
・・・あぁ、こりゃうめぇなぁ。。
あっさりとした口当たりの清湯スープは、さすが伊吹100%、いりこの甘みと旨味、そして仄かな苦味がひたひたと優しく口に広がります。
動物系がブレンドされていないので骨太さやわかりやすいフックはありませんが、ラーメンとして必要十分な旨味。
もしやこの苦味、いや渋みは煮干由来というよりも、タレに忍ばされた貝系の風味によるものかな?
これを食べて気づくのは、やはり「おおぜきカラー」を演出するにあたり、このタレの個性もかなりのウェイトを占めてるんだなぁ、ということ。
出汁が何であろうと、このカエシが加わるとおおぜきさんの中華そばの味になるんですよね。そしてこの味、大好物でございます。

OZEKI

麺はおなじみ、大栄食品の中細角断面ゆる縮れが130g。少々固めに仕上げられ、ガッチリしたコシが特徴的。
かなりパンチのあるスープにも対抗できる力のある麺なので、今日の淡麗スープには少々勝ちぎみかな。

OZEKI

トッピングはいつもの布陣。
チャーシューは炙られた豚ロースと鶏モモ。どちらもミッチリした食感でしっかり下味が付けてあり間違いないです。
メンマは穂先の柔らかなタイプ。海苔とナルトは名脇役、というかこの配置ですぐに「おおぜき中華そば店だ!」ってわかりますよねw

全体的にかなりアッサリな仕上がりなので、固形物を完食してもまだ腹七分くらい。
では、久々にアレ行きますか。オペレーションが落ち着いてきたのを見計らって100円玉を出し「合え玉できます?小で」とコール。

OZEKI

まもなく、麺70gにカエシ、煮干油、煮干粉、チャーシューを入れた小さなお椀が着丼。

OZEKI

このまま混ぜて油そば風に食べてもいいし、後半は残しておいた伊吹スープに投入しぶっかけ風にしてもよし。

OZEKI

淡麗な伊吹スープに煮干粉と煮干油が加わると俄然パンチが効いてきて、これもまた旨し。

ということで、大満足で丼を上げごちそうさまでした。
鯛焼きが食べれなかったのは残念だけど、棚ボタの100%伊吹、いい体験させてもらえたわぁ。

というか、閉店間際に初めて来ましたが、仕事上がりのOLや飲み会〆のリーマン等、この時間も相当賑わうんですね。
あと2時間くらい延長営業しても十分儲かりそうな気もしますが、仕込みその他含めると、スタッフが悲鳴あげちゃうかな。。

--

おおぜき中華そば店


関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2051-e81f0199

<< topページへこのページの先頭へ >>