中華そば(800円)@大阪市/西長堀・カドヤ食堂 本店

2015-05-27
今日のランチは出張先の大阪で。
狙うは、ずっと行ってみたかった「カドヤ食堂」さん。

13:10到着。店内は満席。
行列を覚悟してきましたが、店外待ち1。おっ、ラッキー!と思いつつ列に接続。
するとまもなく、行列に途中合流→1名が輩5名に。。。
「横入り禁止」とか、「並ぶのは全員揃ってから」というルールの張り紙等はないし、イラッとしつつも郷に従うヘタレな俺orz関西の行列店に来ると、毎度この手の洗礼を受けるんだよなぁ。。
しかもこの輩、連席希望ということで、結局着席できたのは25分後。

KADOYAKADOYA

気を取り直し、卓上メニューを確認。
ほぉ、中華一本のお店かと勝手にイメージしてましたが、塩やつけ、汁なし、カレーなんかもあるんですね。
ではまずはお手並み拝見、と「中華そば」をオーダーです。
待つこと5分ほどで着丼。

KADOYA

おっ、これは間違いなく旨そう!
関西ってクリアなお出汁で醤油は控えめ、という勝手なイメージを持っていたのですが、見た目かなり醤油醤油した関東汁っぽいスープですね。
スープ表面には液体油層。その上にはチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔とシンプル。

KADOYA

ではスープを一口。
おっ、これ相当旨いです!意外にもキレ重視なんですね。
ファーストインプレッションとしては「関東の蕎麦汁」ぽいなぁ、という印象。
ガッチリした醤油のカエシがピッと立って、ベースにフワッと動物系、そして昆布や鰹の魚介の旨味が支える感じ。動物系はそこまで前面には出ず、あくまで下支えといった感じ。
また、液体油をうまく使うことで、蕎麦汁じゃなくしっかりラーメンのスープになってます。うん、旨い!
関西のお出汁文化を想像していたので、柔らかい風味なのかと勝手に想像していましたが、塩梅は強めで、全然キレのある男性的な風味ですよ。コレかなり好み。

KADOYA

麺は角断面細ストレート。
予習では「ゆるい」「柔い」といった評価を耳にしていたのでどんな感じかな?と啜ってみると。。。これ全然いい麺!
確かに、加水高めなので口に入るときにニュルリッとやわらかな食感が感じられますが、噛めばムチパツッとした弾力。素麺なんかじゃない、相当旨い中華そばですよ。
その細さとしなやかさを十分活かし、毛細管現象でたっぷりスープを引き上げて。。。口の中にスープがジュンジュワー!いいですねぇ。このバランス。

KADOYA

チャーシューはバラ煮豚スライスが3枚。ムッチリ柔らかく生姜醤油の風味が効いておりなかなか。脂身がまたいい感じに旨いです。
メンマはこの手のクラシカルなタイプには珍しく穂先が2本。ホロショリとした食感がいいアクセント。
海苔は香ばしさがいい名脇役。ネギは細かいみじん切りなので食感うるさくなく、いい感じの香りでスープに抑揚を付けてくれます。

ということで、サクッと固形物完食。
こちらの勝手な偏見を遥かに超えてきた逸品に大満足でごちそうさまでした。
お隣のつけ麺もめっちゃウマそうだったし、ここは全メニューコンプリートしたいなぁ。。再訪は確実!

--

カドヤ食堂 本店


関連ランキング:ラーメン | 西長堀駅阿波座駅ドーム前千代崎駅


関連記事
コメント:
タムさん、こんにちは。

こちら大阪の老舗名店ですよね。
シンプルながらもとても美味しそうなビジュアルですね。
関西は甘さが出た感じがしますが、こちらはキレがあるのですね。

移転前に行ったきりなので、行った折にはこちらを食べてみたいです。
[2015/05/30 09:46] | azteca #- | [edit]
>aztecaさん

こんにちは&コメありがとうございます!

いやぁ、ここ旨かったです。
仰るとおり、関西だと甘みが強いお店が多い、と勝手に想像していたのですが、キレのある醤油スープは関東でも間違いなくウケる味でしたね。

こういった老舗だと「中華そば一本」的な売り方をしそうなもんですが、メニューが豊富なのも魅力ですね。
汁なしとか、どんな感じになるのか興味津々です。
[2015/05/31 13:05] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2037-42248f91

<< topページへこのページの先頭へ >>