【限定】ハモンセラーノ中華そば(800円)@恵比寿・おおぜき中華そば店

2015-05-13
今日のランチはりんかい線沿線。
ということで、久々に恵比寿で下車。向かうは当然おおぜきさん。

平日13:30到着、カウンターは満席、待ち2。後客も続々でほぼ満席キープ。
ピークを外したにも関わらず、賑わってますなぁ。
今日は特に限定告知のツイートはなかったので、最近レギュラーに加わった「鯛焼き干しつけそば」でも食べますかね、と券売機へ。
券売機隣の黒板には。。。おぉう、店頭告知オンリーな限定3作がさりげなく提供中じゃないですか!

OZEKI

しかも、限定1は先日残念ながら逃した、スペイン産生ハムハモンセラーノ」を使った中華そば!
毎回心を惑わせる「酸っぱいつけそば」も気になるけれど・・・当然生ハム行くでしょ。とボタンをポチ。

回転は早く、数分で着席→お二人へご挨拶し食券を提出。
大関店主、メインとは別の寸胴からスープを小鍋へ注ぎ温め始めました。アレがハモンセラーノスープか!
また、冷蔵庫から大きな生ハムの塊を取り出しカット。もしやあれがチャーシュー替り?

OZEKI

待つこと3分ほどで着丼。
ほぉ。。。生ハム載せラーメン、初めて見たかもw
微濁のスープの上には、ドーンと大きな生ハム、ルッコラ、メンマにAZS味玉。これはかなり個性的~。

OZEKI

では、はやる心を抑えてスープを一口。
・・・ホントだ、生ハムだw
生ハムの特徴って、あの熟成した脂身の風味だと思うんだけど、それが結構強めに来るので、一口で「あ、生ハムだ」ってわかりますw
生ハム自体、もともと旨味がかなり凝縮されたものなので、逆にそれを希釈したようなさっぱりした雰囲気。
意外にフックとしては強くはないですが、卓上の黒胡椒を振ると抜群に合いますね。
前回提供されたハモン汁はハムのみで引いた出汁+オリーブオイルとのことでしたが、今回は鶏と昆布も足しているとのこと。これにより、洋一本という感じではなく、多少マイルドになって当たりがよくなったような印象を受けました。
また、生ハムの塩気はかなり強めははずですが、スープとしての塩梅はちょうどいい感じに抑えられています。
ちなみに、なんで生ハムにしたのか尋ねると、本当は中華上湯の王道、金華ハムを発注したかったんだけど業者さんが取り扱っておらず、なぜか高級生ハムに落ち着いたんだとかw

OZEKI

麺はデフォ中華と共通の角断面細ストレート。ムギュッとした密度感のあるコシの強い麺です。
ところで、麺カタ指定してるお客を初めて見たけど、これ以上固めにしたらこの麺の魅力なくなっちゃう気が。。。

OZEKI

トッピングは、まずチャーシュー代わりのそこそこ厚切りな生ハム2枚。
・・まず「厚切りの生ハム」って普通なかなか食べないですよねw
塩気も相当強めで、これはもう、白ワイン持ってこい!と言いたくなりますよw
当然ながら抜群に旨いですが、ここはスライサーとかで極薄に切ったものの方がスープと一体化し、熱でさらなる旨味が出てくれたかも。
ルッコラはその仄かな苦味が生ハムと抜群の相性。このセット+オリーブオイルと粉チーズがあればグラスの白ワイン3杯は楽勝w
メンマはホロシャクッとした歯ごたえの穂先タイプ。AZS味玉は相変わらず生姜醤油の風味が染みていて美味。
ピンクペッパーは、ちょい刺激が浮いてたかな?前述の通り、黒胡椒くらいがアクセントとしてちょうどよかった。あと、この味なら酸味を加えても面白い感じになったかも?

ということで、サクッと固形物完食でごちそうさまでした。
いやぁ、旨味があれば何からでも出汁を引いてみる、あいかわらずのチャレンジ精神に乾杯!ですな。
ところで、高級生ハムで出汁を引くってすごい贅沢な試みで(だってそもそも「生」で食べるものだしw)、んじゃその出し殻はどうしちゃうんだろう?と思って聞いてみると、スープを取ったあとのハムで近日中に白湯を作るかも、とのこと。
ハム白湯そば!?めっちゃ気になりますw

--

おおぜき中華そば店


関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅


関連記事
コメント:
生ハム!
わたしも、ラーメンでの
トッピングとしては初めて見たかもw

いやぁ~映えますね!
そして、とても魅力的です。
[2015/05/14 08:11] | Y #- | [edit]
>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

確かに、見た目的にはすごく映えますよねぇ。

ただ、スープに使うのはともかく、チャーシュー代わりにはちともったいなかったかなぁw
かなり塩気が強いので、やっぱり単品でワインのアテに食べたいかも。いい生ハムなんでなおさらね(^_^;)
[2015/05/17 22:29] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2021-6fa616fc

<< topページへこのページの先頭へ >>