辰醤油カレー風味(800円)@松陰神社・辰屋

2009-10-08
TATSUYA

月に一度は食べたくなる禁断の辰醤油。カレー風味が出たと聞き、早速やってきました。
平日20:30訪問。先客2、待ちなし、後客0(店じまい)。

カウンターにて、辰醤油カレー風味をオーダー。
しばらくして、のれんがおりました。セーフ。
店主さん、スープに、おそらく市販のカレーフレークを振り入れ、よく混ぜてます。
10分ほどで着丼。

なんと、相変わらず美しいビジュアル!
山のてっぺんにゆらめく削り節が食欲をそそります。

まずスープを一口。
おぉ、カレー味(当たり前)。
カレールー的なものではなく、製造工程を見てもわかる通り、辰醤油のスープにカレー粉を混ぜたものです。
なので、豚骨豚骨はしていないがしっかりとボトムを支える出汁、ガツンとくるカエシ、鰹節の華やかな香り、乳化少なめのライトなスープはそのままに、重層的にカレー味が乗ってきます。
その結果、尖った感じがなくなって、幾分丸い味になった印象ですね。
キャベツ多目のヤサイにスープをかけて食べると、カレーとヤサイの甘みが混ざり、なかなか美味。
タマネギみじん切りの辛みも混ざるともうカオス。うまぁ~!

麺は、今回は多少やわらかめに感じました。
最近は辰つけ麺の、しっかり〆たゴワゴワの麺ばかり味わっていたからかもしれませんが。
後半戦はボキボキ度は影を潜め、ムチムチの、スープをよく吸う麺になっておりました。これもまた一興ですね。
豚は厚切り。脂と赤味が半々ほどで、やわらかくおいしいですね~。
煮卵もむっちりしていて美味。

ということで、汁以外完食です。
量的には、ひばりの小くらいはあったと思うのですが、意外やペロッと食べられちゃうのが辰屋マジック。
カレーフレークのみで辰醤油+100円という価格は、ちょっとC/P悪いかなぁ(むしろ辰醤油が良すぎるんですが)と思いますが、辰屋好きなら一食の価値はありますね。
あくまでメインストリームは辰醤油で、たまに変化をつけたい時にはいいかもしれません。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/20-7ab6e335

<< topページへこのページの先頭へ >>