FC2ブログ

【期間限定】焙煎挽きたて伊吹(830円)@目黒・づゅる麺池田

2015-04-16
今日の晩飯は目黒あたりで。
とくれば、現在高級煮干伊吹いりこをふんだんに使った限定ラーメンを提供中のづゅる麺池田さん一択。

平日20:50到着。前客2、後客続々で満席に。
お店外の券売機にて限定の食券を購入し着席。

オペレーションを見ていると、袋から取り出した煮干を電動ミルに入れて「ウィーン」と挽いてますね。
そう、これが今回のミソである「挽きたて伊吹」。提供直前に粉末化した煮干をスープに投入することで、フレッシュな煮干感を楽しめるというものです。

JURUMEN

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。濁りない飴色のスープが実に旨そう!
載せものは、以前提供していた「アントニオ」や「週替り魚介出汁シリーズ」と同じく、鶏チャー、カイワレ、メンマといたってシンプル。

JURUMEN

では、レンゲでスープを一口。
・・。・うわっ、うまぁ。。。。
「ウマッ!」じゃないです「うまぁ・・・」です、ため息出る系です。

JURUMEN

シーケンスとしては、初動の醤油感の後に、フワーッと軽やかに煮干の香りが口中に充満していく感じ。
頭、ワタを取って乾煎りしたということで、煮干のエグミや酸味、苦味は全く感じず、なんの引っかかりもなく旨味のみが広がっていきます。塩梅はジャスト。粘度はなくシャバ系。
液体油は最低限、という感じで、鶏油のオイリーさで力強さを出していた「魚介出汁シリーズ」と比べるとあっさりした口当たり。まぁ、高級煮干の香りをわざわざ油で濁らせることもないでしょうし、これで大正解だと思います。
ニボニボしたのが好きな人にはちと物足りないと思われるかもしれないけど、この甘みすら感じる煮干風味、たまりませんなぁ。背ガラのベーススープは、煮干だけだとどうしても出てしまう線の細さを補強するような感じ。

JURUMEN

麺は、先日の「あつあつあごつけ麺」より細めでエッジの立った細ストレート。
以前提供していた「アントニオ」や「魚介出汁シリーズ」よりはちょい太めに感じ、また歯ごたえがグッと骨太になった感。
モギュッと弾力がありつつ、ちょうどいいあたりでスパンッと噛み切れる、めちゃくちゃ食べてて気持ちいい麺ですね。
噛むほどに麺の風味があふれ、これはむちゃくちゃ旨い麺!

JURUMEN

もはやこのスープと麺だけで「かけそば」で食っても十分な一杯なのですが、載せものも安定のクオリティ。
鶏チャーはプリッとしたモモ肉が2枚。軽く炙って香ばしさが付加されています。
メンマは薄切りのもので、コリコリと食感のいいアクセントに。カイワレの辛味も抜群の清涼剤。

直前に粉砕したフレッシュな煮干粉は丼の底に溜まっているので、スープの温度が落ち、量が減るほどに煮干の香ばしさが徐々に強まってくる感じがしますね。

JURUMEN

ラストの一口分は沈んだ煮干粉と一緒にゴクリ。ざらつきはほとんど感じず、最後の一滴までエグくないのがすごいなぁ。
ということで、見事に完食完飲、大満足でごちそうさまでした。

うん、足し算のラーメンも好きだけど、こういった単一素材こだわり型で一点突破的なラーメンもいいですねぇ。
このソリッドな煮干スープは、近年稀に見るクオリティだったかも。普段ラーメンのスープを「しょっぱい」と敬遠する相方も「これめちゃくちゃ美味しい」と珍しく絶賛でした。
このメニュー、伊吹いりこがなくなり次第終了とのこと。気になる方はお早めに。

さて、そんなづゅる麺池田さん、暖かくなった頃に向けて「冷やしジャマイカ担々麺」なるものを準備しているんだとか。久々のワールド系創作メニュー、超楽しみです。
また、GWにもいろいろな日替わり限定でファンを楽しませてくれるようですよ。今後共目が離せません!

--

づゅる麺池田


関連ランキング:つけ麺 | 目黒駅


関連記事
コメント:
どーもです!!
ブログを拝見し、足運んじゃいました!!
いやぁ~美味かったです
[2015/04/20 09:31] | 和泉 #- | [edit]
>和泉さん

こんばんは&コメありがとうございます!

おっ、行かれましたか!
コレ旨かったですよねぇ。

スッキリしてるんだけど上品な旨味に溢れてて、煮干ラーメンってこういうのもできるんだ、と。
あと、ここは麺も旨いからもうどうしようもないw

[2015/04/21 21:06] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1996-123f6df0

<< topページへこのページの先頭へ >>