FC2ブログ

シビレまぜそば・大盛・3シビ(実食時850円)@新橋・肉そば ごん

2015-04-05
今日のランチは新橋あたり。
お腹は空いていたけれど、なんとなくラな気分ではなかったので、五反田の行列のハンバーグ店「ミート矢澤」系列の港屋コピー系路麺店である「ごん」に再訪。
前回港屋のニュアンスをうまく取り入れた肉そばにそこそこ満足できたのですが、他にも明らかに「台湾まぜそば」を意識したメニューがあるのが気になってたんですよね。

ということで、平日12:50到着。
ランチタイム終盤だからか、店内は半分ほどの入り。
このあたりのランチ単価から考えてもちと高めの設定なので苦戦してるのかな?

外の券売機で「シビレまぜそば」の食券を買って店内カウンターへ。
食券を渡すタイミングで、麺量とシビレ度をオーダー。麺量は大盛、シビレ度は「激烈にシビレます」という最大の3で。
冷たい緑茶をグビグビ飲みつつ、待つこと5分ほどで着丼。

GON

ほぉ、やっぱり台湾風ですなw
麺はあらかじめタレと絡められており、その上には台湾ミンチ&卵黄。周囲には刻み海苔、魚粉、ニラ、青ネギ。一応お作法通りの構成。

GON

ではまずは麺を引き出し一口。
おっと。。。台湾っぽいということで「あつもり」がお約束だと思っていましたが、なんとキンキンに〆られた麺なんですね。ちょっとびっくり。
これだと、卵黄を崩した時の釜玉効果もないし、最終的にはどうなっちゃうんだろう?と思いつつ戦闘開始!

GON

蕎麦はゴチッとしたワシワシ系のもの。
港屋ほど密度感はなく、若干スカスカ感もある歯ごたえ。蕎麦の風味はほぼなし。
この手の麺、かつキンキンに〆られている割にはコシが弱いかな?
麺量は大盛無料で230g。おそらくラーメンと同じく茹で前の重さだと思われ、なかなかボリュームあります。
ここに予めタレ(ぶっかけ汁+花椒かな?)が絡められており、それと麺の上の肉味噌を混ぜて全体の味を形作るという構成。

GON

麺が冷たいのと、肉味噌がかなり固めのダマになっているので、卵黄があってもそれらを崩して綺麗にまぜるのはなかなか大変。
レンゲと箸を駆使しつつ、肉味噌のダマを丁寧にほぐして全体を均一に混ぜていきます。
後で気づいたんだけど、卓上にそば湯のポットがあるので、このポットからちょっとだけそば湯を注いであげるといい潤滑油になるっぽい。

GON

全体の味付け傾向としては、台湾まぜそばと汁なし担々麺のいいトコ取りをしたような感じ。
肉味噌の豆板醤的な唐辛子の辛さと、タレに混ぜられた花椒が組み合わさり、なんとも食欲をそそる風味に。
ただ。。めちゃくちゃしょっぺー!!タレだけでもしっかり塩気があるのに、肉味噌もそれだけでおかずになる以上の塩辛さなので、全体を混ぜた時の塩分のパンチ力はハンパないものがありますね。
濃い味好きのオッサンでもヤバイと感じる味の濃さなので、薄味好きの女性とかは、たぶん数口も食べられないと思いますw

GON

最大級「3」のシビレは、舌先がビリビリと痺れ、飲む水の味が変わってくるレベルで、カラシビ好きならニヤリとできるくらいの強さ。やっぱシビといえばこのくらいないと物足りないですよね!
花椒は細かく挽いてあるようで、この手のメニューの、山椒の殻のザリザリ感は一切ないのがいい感じ。

ニラはやはり熱が入らないと甘みが出ないので、この冷製まぜそばではちょっと消化不良ぎみかな。まぁでもカットが小さいので、そこまで邪魔にはなりません。
魚粉は単調な味に陰影を付けるための必須アイテム。
ネギは青ネギのささがき。こちらも火が入らないと青臭さが残っちゃうんじゃないかな?と心配でしたが、肉味噌の味が強烈に濃いので、結果的に薬味の存在感はぼぼ消えます。

とにかく味が濃いので、初動はグイグイ食べさせるフックがあるのですが中盤以降一気に飽きが来ます。
ここで卓上の揚げ玉をドバッと投入。

GON

・・・オッ、これいいですね!
こちらの揚げ玉は、厨房の専用のフライヤーで作られる自家製のもの。揚げ物をやった残りカスではなく、最初から揚げ玉として作られているため、サクサクの軽い食感と香ばしい風味がすごくいいんですよね。
これがたっぷりの肉味噌に絡むと、歯ざわりと香ばしさのアクセントが加わり、飽きを防いでくれますよ。

麺を食べた後は、たっぷり残った肉味噌に追い飯を投入。
追い飯は、シャモジにカサッと取った一口分の量のみですが、やはりこれがあるとないとでは全然印象が違いますね。

GON

ここでも追加で揚げ玉を投入することで、ご飯の甘みとサクサクの食感が一体化し。。これはあれだ。食感的には「たぬきおにぎり」ですな!

GON

なかなか満足してごちそうさまでした。

看板メニューの肉そばが、デフォだと玉子も入らず肉も少なめで850円※なのに対し、こちらはシビマシ可能、追い飯付き、さらに玉子もデフォで載って同料金。うん、個人的にはここは「シビレまぜそば」のお店として認知ですねw
味が濃すぎる部分がもうちょっと改善されると一気に訴求力が高まると思うなぁ。
今度はつけそばを食べに来てみようかな?

-- ※以下追記

このレビュー、実は去年の年末のものなのですが、なんと年明けに大幅値上げがあった模様。
このシビれまぜそばは、なんと大台の1000円に!!
他のメニューも軒並み10%以上の値上げだそうで。。。正直再訪は厳しいですね。


--

肉そば ごん


関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅


関連記事
コメント:
こんにちは。

旨そうだけど1000円は厳しいな~
でも一応覚えておきます!
[2015/04/06 11:14] | ayashi #- | [edit]
>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうですねぇ、個人的には、値上げ前の価格帯でギリギリ上限な感じだったので、
これで1000円というのは正直厳しいっす。発想は好きだし、応援したいのですが。

にしても、オープンして半年足らずで一気に値上げって、経営大丈夫なんだろうか。
[2015/04/08 19:03] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1983-fd85af7e

<< topページへこのページの先頭へ >>