FC2ブログ

汁なし担々麺(750円)+小ライス(50円)@田町・a la 麓屋

2015-03-22
今日の晩飯は田町
ずっと気になっていた、日本蕎麦で汁なし担々をやっているというお店へ初訪問です。

平日19:25到着。ほぼカウンターのみの店内は8割ほどの入り。後客も続々。
こちらのお店は、昼は蕎麦、夜は簡単なつまみとお酒が楽しめるバールになるようですが、お酒を飲んでいるお客さんはおらず、皆さん黙々と晩飯を食べてますね。

a la fumotoyaa la fumotoya

では、早速券売機をチェック。
メニューはざる、かけといった純粋な日本蕎麦から、「サラリ(水菜や海藻、おろし等のさっぱりトッピング)」「コテリ(チャーシューや煮玉子、揚げニンニクが入ったラーメン風トッピング)」といった個性派トッピングも。
これらに加え、季節のメニュー、さらに今回の目的である汁なし坦々、胡麻辛つけそばというユニークな蕎麦がラインナップ。また日替わり定食なんかもあって、結構庶民的でいい感じ。
価格帯は、立ち食いそばよりワンランク上、でも街の蕎麦屋よりはお安い、といった感じですね。

a la fumotoya

では初心貫徹、汁なし担々のボタンをポチし厨房へ食券を提出。自席を確保ししばし待ちます。
待つこと5分ほどで呼び出しがかかりセルフ着丼。
ずっしりと思い厚みある陶器の丼に入ってきますね。

a la fumotoya

ほぉ。。。確かに汁なし担々。。というか台湾まぜそば風にも見えるルックス。
麺の上にはデーンと肉味噌。その上には卵黄とネギ。ただ、魚粉やニラ等台湾色の強い具材はありません。

a la fumotoya

では、まずは蕎麦を引き出し一口。
店外POPによれば、蕎麦は新そばとのこと、また蕎麦粉の割合は六割だそうで。
麺は白っぽくエッジが立った細身の平打形状で、いわゆる釜揚げ状態で丼に入れた(たぶん一旦〆てあつもりにしていない)もの。コシはあまりなく、ネチッとした粘り腰が強めの柔らかい食感。
肉味噌を混ぜない状態で麺を啜ると、ふわりと蕎麦の香りも感じられますね。
うーん、この蕎麦は、こういう変わり蕎麦でいただくよりも正統派「もり」で頂きたいかも。麺量は茹で後300g弱といった感じかな?

a la fumotoya

肉味噌は甘辛く濃い味付けで、ふわりと花椒が香るもの。
辛味はそれほど強くなく、コクと塩気で持っていくタイプですね。
内容は豚ミンチがたっぷりで、上には砕いたピーナツが。これはご飯に載せたら最高なやつですな!

a la fumotoya

卵黄をつぶしつつ全体をよくかき混ぜて一口。
うん。。それぞれ単体だと非常に旨いんですが、やっぱり合わせると。。。端正な蕎麦の口当たりと風味に対し、肉味噌が圧倒的にパワフルすぎw

a la fumotoya

うーん、これなら中華麺とかうどんの方が遥かに旨いというか、「ユニークさ」意外の目的で、敢えて蕎麦でやる必要はないような気はしますね。

肉味噌の量はかなり太っ腹な感じなので、麺を食べ終わってもたっぷり残っています。
これは。。。アレするしかないな、と券売機に50円投入→小ライスの食券を買って厨房へ。
小ライスは「小」と言ってもしっかりご飯茶碗に盛られており、150gくらいはある感じ。
ここに残った肉味噌をかけて担々丼!

a la fumotoya

・・・うん、これは鉄板ですな。確実に蕎麦より合いますw

ということで、満腹で下膳しごちそうさまでした。

うーん、手打ちの蕎麦なので中華麺よりコストがかかるののはわかりますが、この内容だとせめて700円、できれば680円あたりで出してくれるとうれしいかなぁ。
あと、やっぱこのくらい力強い肉味噌に蕎麦を合わせるには、港屋ばりに男前の麺を使ったほうが料理としてのバランスは良くなるような気がしました。
次回はオーソドックスにざるorかけを頂きに来たいと思います。

--

à la 麓屋


関連ランキング:そば(蕎麦) | 三田駅田町駅芝公園駅


関連記事
コメント:
こんばんは。

へぇ、日本そばで汁なし担々って珍しいですね。
そーいえば、この前、ゆで太郎の台湾まぜのエントリもありましたよねw
ラーメン界の流行が日本そば界にも伝播しているのか、それとも「やってみました」的なモノなのか…?
興味あるので、一度ドコかで食べてみたいっすね。(^ω^)
[2015/03/22 22:12] | おさっても #- | [edit]
うん、ここ良いですね♪
田町で飲み会あるとき、2~3軒目に
こちらで、赤ワイン呑んで、ナスのペペロンチーノ食べて
〆に蕎麦しますw
[2015/03/23 10:08] | Y #- | [edit]
こんにちは。

蕎麦で汁なし坦々麺ですか。
面白そうですが、おっしゃる通り価格が。。。
自分もゆで太郎台湾食べます~
[2015/03/23 15:33] | ayashi #- | [edit]
>オナってもさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>ラーメン界の流行が日本そば界にも伝播しているのか、それとも「やってみました」的なモノ

ゆで太郎に関しては完全に後者かとw
まぁでも、最近結構そば界が面白くなってきてる感はひしひしと感じられますね。
完成された「日本蕎麦」という料理ではなく、麺のいち素材として捉えて考えるニューウェイブなお店が増えてきてるかも。
オススメは「そばうさ」@半蔵門っす!

--

>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

おっ、こちらご存知でしたか!
確かに、気の利いたつまみもあるんで、軽く立ち飲みに使うのもよさげですよねぇ。
〆にもりそば、ってのも渋くて素敵(ラーメンほど罪悪感がないしw)!

--

>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

そうなんです、ちと高めなんです。
手打ちで材料にこだわった蕎麦らしいので、コストがかかるのはわかるんですが(かけで450円なので、安い立ち食いそばの二倍くらい)、立ち食いとしてはやっぱ高級品ですねw

ゆで太郎、ぜひ!
お会いできるチャンスあれば、トッピングクーポン差し上げますw
[2015/03/26 14:19] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1966-fa83dcbb

<< topページへこのページの先頭へ >>