FC2ブログ

肉そば(冷)+ミニカレーセット(720円)@小川町・河北や

2015-03-02
今日のランチは神田あたりで。
お腹は空いたがラな気分ではない。。となれば蕎麦。
蕎麦でかつガッツリ行くなら。。そうだ、山形・河北町名物の「肉そば」を出すお店があったっけ。
ということで、小川町の「河北や」さんを初訪問。

平日14:15到着。前客4、後客3。
店内は狭いですが、壁際にカウンター、さらにテーブル数も多く、詰め込み感は若干あるもののキャパはありますね。
入口入って正面の券売機にて、狙っていた「肉そばとミニカレーセット」のボタンをポチ。

KAHOKUYA

厨房で食券を提出する際「おそばは冷たいのでいいですか?」と確認されます。
山形名物は冷たい方らしいので、当然冷たいやつで。カウンターに陣取りしばし待ちます。

KAHOKUYAKAHOKUYA

こちら、夜は居酒屋になるみたいで、壁のメニューがいちいち魅力的なんですけどwここは夜にも来たいなぁ。
5分ほどで「肉そばとミニカレーのお客様~」と呼び出し。
トレイを持ってセルフ着丼。

KAHOKUYA

ほぉ。。クリアなお汁がいい感じですねぇ。
その中には濃いグレーの麺が沈み、上には鶏肉ドーン!あとはネギのみ。
カレーはいわゆる「黒カレー」ですな。こちらも男子の食欲を刺激するルックスでございます。

KAHOKUYA

では、まずはおそばのお汁を一口。
ほぉ。。これはなかなか変わってますね。旨い!
構成としては、鶏主体、魚介少々の旨味をベースに、薄口醤油的なカエシが効いた仕上がり。
鶏はガラっぽさはあまり感じられず、鶏肉の出汁感に近いかな?もしかしたら鶏チャーの煮汁をカエシに使ってるのかも?化調感はあります。
ここに鶏油がたっぷり混ざると、一瞬中華スープか?と思うほどに鶏のコクがより深く独特の味わいに。
温度は、冷しにしてはぬるめという感じかな。
でもこの「ぬるさ」、鶏油が固まらないギリギリの温度設定なのかも。結構口当たりはオイリーです。
もっと醤油醤油したお汁を想像していたのですが、意外に薄口で、鶏の旨み先行のスープにびっくり。塩梅はジャスト。

KAHOKUYA

麺はいわゆる「田舎そば」的な色黒の太い平打麺。
しっかり〆られており、ゴチッとした固めの歯ごたえがいい感じ。
山形肉そばの蕎麦って、二八ならぬ「逆二八(小麦8割)」なんだそうで、確かに蕎麦感は色に感じられるのみ、という印象。口当たりは乾麺っぽい粉っぽさがあり、蕎麦の香りはありません。
しかし、丁寧に洗ってあるのでヌメリなく啜り心地もいいし、強いコシでザクザクと食べさせる麺はまた違った魅力がありますね。
麺量は結構たっぷりめで、茹で後200g以上はあった印象。

KAHOKUYA

鶏肉は、煮鶏を薄切りスライスしたものがたっぷり。
これは、笠岡ラーメンでも使われる老鶏ですね〜。かなりミッチリ、コリコリと噛みごたえが強いもので、噛むほどに旨味が出ます。薬味は刻みネギのみですがこれで必要十分。

KAHOKUYA

カレーは、ホロッホロの牛すじがたっぷり入ったブラックなルー。
ルーは相当煮こまれて野菜等も溶け込んでいるのでしょう。ドロッとした粘度は欧風ちっくな日本カレーといった感じ。
甘口ですがきちんとスパイスを感じ、なにより牛すじがとろけて超旨い!
ライスはご飯茶碗一杯くらい。それほど量はないですが、蕎麦の量があるのでこのセットはなかなか腹にたまりますな。

KAHOKUYA

ということで、サクッと完食。大満足でごちそうさまでした。

山形肉そばって初めて食べましたが、独特の雰囲気でかなり好きかも。
ラーメンに通じる油感、そして港屋とかにも通じるボリューム感がいいんですよね。
此方のお店、実はラーメン(肉中華という名称)も出しているので、このラーメンっぽい肉そばとスープがどう違うのか試してみたいところ。
また、カツ丼を始め、丼物もかなり魅力的なのが多いんですよね。。再訪は確実!

--

河北や


関連ランキング:そば(蕎麦) | 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅


関連記事
コメント:
こんにちは。

この冷たい肉そばを夏に食べたらもっと美味しく感じるんじゃないですかね。
自分も暖かくなったらまた食べに行きたいです!
[2015/03/06 11:28] | ayashi #- | [edit]
>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

確かに、これは夏に似合う一杯かも。
冷やしラーメンと同じく、山形の内陸の暑さが産んだメニューですもんねぇ。

ちなみにこの肉そば、識者に聞いたところ、胡椒をかけても旨いんだとか。
次回は肉中華を冷やしでいってみようかな?

あ、ちなみにこのお店の隣の汁なし担々のお店もなかなか旨いんでオススメですよ!
[2015/03/07 13:31] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1942-abe316a8

<< topページへこのページの先頭へ >>