FC2ブログ

【2/6限定】サンマー麺風そば・辛味+酢付き(850円)@恵比寿・おおぜき中華そば店

2015-02-09
【本メニューは既に提供を終了しています】

今日のランチは恵比寿
ということで、当然向かうは恵比寿神社表参道。
前日の晩にこんなツイートがあったんで、そりゃ食わないわけにはいきますまい!

平日11:40到着。店内は半分ほどの入り。後客続々でほぼ満席に。
さて、限定のPOPを確認。サンマーメン「風」ってのが謙虚で(・∀・)イイ!!
ほぉ。。。50円足すと辛味とお酢が付くのね。。じゃあそっちで。

OZEKI

食券を出すと、大関店主の鍋振り開始!今日は低い方の五徳での調理ですな。
各具材、そして今回のポイントであるラムロースをよく炒めたらスープを注いでとろみ付け→上げた麺を入れた丼にそれらを注ぎかけ、トッピングを載せたら完成→着丼。

OZEKI

うん、こりゃ旨そうです!
というか、先日食べたサンショーそばもですが、餡かけ系メニューって湯気がすごいんですよね。。
レンゲを入れたり麺を引き出したりするとブワッと湯気が上がり、一気にカメラのレンズが曇るので写真に四苦八苦orz

OZEKI

さて、スープを一口。
うん、間違いないですな!
キリッとした醤油スープに餡のドロリした食感と旨味が一体化し、文句なし。
うん、これは「風」じゃなくて生碼麺を名乗っていいと思いますよ。餡は想像よりちょいゆるめ。

OZEKI

麺は大栄食品製、つけ麺と共通の中太角断面ゆる縮れタイプ。
ホグッとしたしっかりしたコシと強い麺味がドロっとしたスープと抜群に合いますね!

OZEKI

本場の生碼麺はもっと麺の主張が控えめだと思うのですが、こういったアレンジも現代風で好きです。
先日のサンショーそばも、この麺でもよかったかも。

OZEKI

餡の中には、モヤシ、キクラゲ、焦がしネギにラムロース。またデフォと共通の鶏豚チャーシューや穂先メンマも載るのでトッピング的には相当豪華仕様。
焦がしネギが少量入っているおかげで、所々香ばしさが出てかなりいい感じ。
また、今回の注目であるラムロース肉は、一口サイズに小さく切られたラム肉の薄切りが6,7枚。

OZEKI

食べて見ると、羊っぽい野性味溢れる風味は控えめで、固めの豚ロースと言われてもわからないかも?
大関店主曰く、もっと羊っぽさを出したかったんだそうで、マトンにすればよかったかも、とのコメント。
そっち系に振りたいのであれば、安い丸型成形冷凍マトンとかを使うとよさげですね~。
そうなってくると、餡でとろみを付けるより、東京で言う「モヤシそば」的に、炒めものとして仕上げて麺に載せるタイプの方がハマるかも?
野菜の麓にはAZS味玉。いつもながら生姜醤油の風味が黄身に染みてて抜群の旨さです。
鶏&豚チャーも相変わらず旨味たっぷりで鉄板の仕上がり。穂先メンマはホロコリっとした食感がいいですねぇ。

OZEKI

さて、後半から辛味とお酢を全量投入。そうすることで、一気に酸辣湯麺風に変化!
うん、このトッピングはこのメニューには必須でしょう。
この辛味オイル、前回も思いましたがマジで絶品。辛さじゃなく僅かに痺れも加わる味わいなので、スープがグッと奥行きあるものになります。願わくばお酢が黒酢だったらもっと好みの酸辣湯っぽくなったかも?

ということで、あっという間に完食、汗だくでスープもほぼ完飲。丼を上げてごちそうさまでした。
いやぁ、なんか最近、調理麺が板に付いてきたおおぜきさんなのでありましたw
もっとストイックに中華そばを突き詰めて欲しい気持ちもあるんだけど、、こういう街中華的な方向性にはてんで弱いんす俺。。

--

おおぜき中華そば店


関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅


関連記事
コメント:
どうも~

サンマー麺にラム肉って発想が面白いですねぇ。
まあ、あくまで「風」だからいいのかな?w
うん、あとこれには辛味と酸味は必須でしょうねぇ。
酸辣湯麺風になった方が旨味は倍増しそうですし。
[2015/02/11 15:03] | corey #- | [edit]
>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

おおぜきさんのサンマーメンは、本場サンマーメン原理主義者が見たら「こんなのはサンマーメンじゃない!」と激おこするレベルの具だくさんっぷりでしたw
ラム肉がちょっと味的に埋没しちゃってたのが残念ですが、今後の使いこなしに期待です!

それにしても、この前の限定のカレー酸辣湯食べたかったなぁw
[2015/02/11 18:11] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1918-65f552fe

<< topページへこのページの先頭へ >>