【限定】蔘鶏湯ソバ(900円)+ミニソーキ飯(クーポン)@麹町・ソラノイロ salt&mushroom

2014-12-19
今日は雨なので、ランチは会社近場で済ますことに。となれば本店か二号店の二択w
ということで、新しい限定メニューを狙いソラノイロ2号店へ。

限定15食ということで、万全を期して11時に訪問。
・・・あ、開店時間勘違いしてたorz(11:30開店です)
一旦会社に戻りメールを数本書いて、再度お店へ。
11:40到着、雨なのに客入りいいですねぇ、ほぼ8割くらいの入り。

まずは券売機にて限定のボタンをポチ。
さらに、着席の時点でメルマガクーポンを見せ、2等「ミニソーキ飯」もお願いします。
店内には蔘鶏湯のいい香りが充満!こりゃ期待できそう。

ちなみにこのメニュー、ソラノイロのスタッフ各自が作るオリジナルメニューの社内コンペで優勝した阿部さん(今日は岩瀬店長の右腕ですな)の作品となります。
ちなみに岩瀬店長考案の創作メニューは、コレにコンペで負けたそうですw

SORANOIRO

待つこと5分ほどで、ソーキ飯から先に着丼。
ほぉ。。ホントに蔘鶏湯ですな!
鶏のほぐし身ともち米がチラリと見える白濁スープの上には、栗、クコの実、白髪ネギ、青ネギ、針生姜、そしてAZS味玉。

SORANOIRO

ではレンゲでスープを。。。って相当高粘度ですなこりゃ!
ぐっと押し込んでもレンゲがなかなか入らないレベルのドロリッチな熱々スープを一口。
うん、こりゃ鉄板ウマー!
お店で蔘鶏湯、ってこれまで2回くらいしか食べたことないんですが、少なくともそれより遥かに旨いような気がw
ベースには鶏手羽のふくよかな旨味。そこに香味野菜の香りが漂い、米の甘みが全体を整えます。とても優しくほっこりするスープですねぇ。口当たりはネットリ重いですが風味は軽やか。
塩気は控えめで素材の味を活かす方向性。スープとして楽しむにはベストな塩梅なのですが、個人的には「ラーメン」として成立させるならあと僅かの塩が欲しかったかな(確か現地で食べた時は、自分で塩を入れて好みの塩梅にして食べた記憶が)。

SORANOIRO

スープの粘度が高いので、麺を引き出すのも力が要りますね。
麺は角断面中細ストレート。加水は低めでポクポクした食感。
麺の風味もよく、このスープによく合っていると思います。最後までダレないいい麺ですね。麺量は150g程度。

SORANOIRO

具の中心となるのは(具と言っていいかわからないんだけど)、やはり鶏ともち米。ほぐされた鶏肉はムッチリした歯ごたえで旨味抜群。おかゆ風になった米もいい感じ。というか、むしろ麺がなくても一品として十分成立してますよねw

SORANOIRO

栗はホクホクのものが2個。本場でも乾燥栗を入れるみたいですね。クコの実は色彩的にもいいアクセントに。
また、針生姜はたまに口に入るとビリッとした辛味でほんわかした風味を引き締めてくれます。
味玉はいつものソラノイロクオリティ。この黄身の味付けが最高に旨いんですよね。
また、後半になると丼の底からトック(韓国のお餅)が2個。トロリと柔らかくこれも美味。もう麺いr(略

SORANOIRO

さて、ひと通り味わったので、サイドメニューのソーキ飯いってみますか。

SORANOIRO

こちらはその名の通り、トロトロに甘辛く煮こまれた豚軟骨をご飯に載せて、青ネギと一味をかけたもの。
もう見るからにご飯の友って感じですよね。味も想像の通り抜群です。これがタダとは素晴らしい。

SORANOIRO

ソラノイロのメルマガは、このように毎月なんかしらのクーポンくじ(空くじなし!)を付けてくれるので、購読する価値アリアリですよ。

それにしても、沖縄料理に韓国料理と、ワールドワイドな昼食だったなぁ。
蔘鶏湯はスープを楽しむものですから、最終的には一滴も残さず完食でごちそうさま。
もはや「まんま」な、レベルの高い蔘鶏湯に満足。試作の段階で「麺入れない方が旨いんじゃね?」的な意見もあったようですが、うん確かに、と頷けるだけのクオリティでしたねw
しかし、麺量がしっかりある上にもち米たっぷりのスープということで、あっさり味ながらも結構お腹にずっしり。
こりゃ、午後のデスクワークは睡魔との戦いとなりそうです。。。

--

ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム


関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


関連記事
コメント:
どうも~

うん、麺いらないですねw
だってもち米の方が多そうに見えますものww

サムゲタンって調理時には殆ど味付けせず、食べる時に塩等で調整するのが一般的な食べ方みたいですね。
だから、これもそうして食べてで良かったんじゃないですか?
[2014/12/22 11:52] | corey #- | [edit]
>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうそう、麺なしでも十分なクオリティの蔘鶏湯でしたw
でも、麺が入ると足し算的な楽しさはやっぱりあって、ラーメンとはちょっと違うけど旨いからいっか、みたいな感じw

>>食べる時に塩等で調整するのが一般的

僕も現地で食べた時はそうだったので、それがスタンダードなんでしょうね。
卓上に雪塩とかがあればよかったのかな?抹茶塩とかカレー塩とか燻製塩とかでも。。それは悪ノリかw
[2014/12/22 20:46] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1857-08e783a1

<< topページへこのページの先頭へ >>