いか天そば(430円)@浅草橋・野むら

2014-12-11
今日のランチは秋葉原近辺で。
気分はおそばだったので、先日その甘い暗黒汁に学生時代の駅そばの思い出がフラッシュバックした「野むら」さんへ二度目の訪問。

休日13:15到着、前客1、後客0。
こちらでは、まず揚げ物トレイに何があるか確認してから注文した方がいい、という前回の教訓を活かし、まずは厨房奥のトレイを凝視。
おっ、今日は前回なかったいか天が残ってます。しかもラスイチ!
では「温かいおそばで、いか天」でオーダー。「ネギ入れますか?」と聞かれるので、当然お願いします。
茹で麺なのであっという間に着丼です。

NOMURA

ほぉ。。噂通り、いか天の横に餃子よろしく「羽根」が付いているのが特徴的。
これどうやって作るんだろう?片側の衣を一旦剥がして折り返し、新たに衣を付けて上げるとか?

NOMURA

さて、まずはお汁をズズズ。
うん、相変わらずガツンと甘い濃厚暗黒汁です。
でも甘ったるいわけじゃなくて、醤油の旨味、そしてベースの魚介出汁もしっかりしており、薄っぺらくないのがいいですよね。

NOMURA

ホッコリモコモコの太麺も、このキャッチーな甘汁とベストマッチ。

NOMURA

いか天はゲソではなく身。細身ながら、フルサイズのちくわ天並みの長さがあり、丼からはみ出るサイズ感。
身の表面の薄皮を剥いてないので噛み切りにくいのがちょっと気になったけど、身自体はムチムチで柔らかく美味しいですね。
ラスイチということで、揚げてからだいぶ時間は経過してるかな?衣はモゴモゴとした食感。
というか、この羽根を外して暗黒汁を染み込ませて齧るのがたまらんですなぁ。。

NOMURA

ということで、サクッと頂きごちそうさまでした。
うん、なんとなく自分の(立ち食いにおける)蕎麦汁の好みがわかってきたかもしれない今日この頃w
すっきりした江戸前系じゃなくて、甘くも辛くも、パンチの効いたやつの方が好きみたいです。

次回はごぼ天をいただいてみようかなぁ。。

--

野むら


関連ランキング:そば(蕎麦) | 浅草橋駅新御徒町駅秋葉原駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1849-11771e33

<< topページへこのページの先頭へ >>