【11/28まで】ネオ竹岡式らーめん(990円)+ネギごはん(150円)@市ヶ谷@麺や庄の

2014-11-21
毎回独創的な創作メニューで楽しませてくれる庄のさん本店で、意外にも「竹岡式」を提供しているとのこと。
先日、元祖「梅の家」で本物を食べてきたばかりの者としては、天才庄野店主がどんなアプローチをしてくるのか非常に気になるところ。
ということで、早速訪問です。

平日11:30到着。店内満席で待ち1。
店内の食券機で。。。おっ、ありました「竹岡式」。
なかなかいいお値段しますが、予習によれば相当肉たっぷりとのことなので迷わずポチ。

SHONOSHONO

また、通常なかなか「チャーシューメン」的なものを頼まないので、おそらく肉を持て余すことは必至w
では、肉の受け皿として。。。やっぱご飯ですな。
さてライスのボタンは、と。。ん?50円足すと「ネギごはん」になるのか。これいいですね!ではネギごはんのボタンもポチ。
回転は早く、食券を買っている間に席が空きすぐに着席。

SHONO

待つこと3分ほどでネギごはん、まもなく竹岡式が着丼。
なるほど!予習通り、肉のボリュームすごいですね。POPより枚数少ないけどorz
んでスープは暗黒!表面には透明な脂層。中心にはタマネギと糸唐辛子。麺は見えません。

SHONO

ちなみにネギごはんはご飯の上に青ネギ、煮干、白ゴマを載せて香味油をかけたもの。

SHONO

ではスープを一口。
ん?意外にも飲む瞬間に魚が香りますね。これはいきなり本家にはない演出。
庄野店主のブログによれば、タレ(チャーダレ)と秋刀魚の身を合わせてちょい焦がしたところにお湯(!)を注いでスープにしてるんだとか。香ったのは秋刀魚の脂ですか。
チャーダレに染み込んだ肉の旨味に加え、魚系の旨味も加えて厚みを付けているんですね。

ただ、魚感は初動の香りにこそ立ちますが、旨味のバランスとしては圧倒的に肉>>魚。
旨味は必要十分で、何も言われなければ、まさかお湯で作ったスープとは誰も思いますまいw塩梅はちょい強め。
演出過多で旨味が一定以上になってしまうと、あの「竹岡式っぽさ」が出なくなってしまうはずで、そこらへんのペラペラ感の再現度は見事。いい着地点だと思います。

SHONO

麺はさすがに乾麺ではなく生麺ですね。
中細平打麺にきつい手もみ風の縮れを付けたもの。
この縮れがもたらすピュルピュルした食感が、本家の乾麺の縮れっぷりと脳内記憶でリンクします。
当然生麺なので、乾麺にはないモチモチした噛み心地。後半ダレることもなく、スープの絡みも文句なし。麺量は140g程度。

そして、やはりこの一杯の主役は肉ですな。
バラ肉煮豚を、なんと200g分も載せたという豪華仕様!

SHONO

味付けはしっかり濃い目の醤油味が染みており、煮こまれたフワトロ食感がナイス。
臭みはなく、箸でほぐせるプルプル感がたまらん!これは脂身好きにとってはパラダイスw

SHONO

現地で本物を食べた時も「主役はチャーシュー、あとはおまけ」と思ったのですが、さすが庄野店主、ここらへんのバランス感の再現も完璧です。
つか、肉多すぎなので、目論見通りネギご飯に移動してネギチャーシュー丼にしちゃいましょう。

SHONO

うん、これだけで400円取れるヤーツw
ちょろっとスープをかけて味の染みたご飯と肉を頬張る。。。たまらん!
また、ジャキジャキの青ネギの清涼感が脂身の重さといいバランスを取ってくれますね~。ネギごはん、正解。

SHONO

また、丼の底には秋刀魚の身が1.5切れ。これまたおかずになる系の味付けで旨いっす。

SHONO

刻みタマネギはしっかり水にさらされ辛味を抑えたもの。シャクシャクの歯ごたえとほろ苦さが抜群に合います。
本家の薬味はちょっと水っぽくてスープが薄まってしまうのが難点でしたが、しっかり水切りしてありそこらへんは全く問題なし。
また、糸唐辛子って彩り効果以上のものをあまり感じたことないんですが、口に入るとピリッとパルス的な辛味を感じ、いいアクセントになってくれます。輪切りの鷹の爪ともちょっと感じ方が違うのが面白い。

ということで、固形物をサクッと完食。スープは少々残して、腹パンパンでごちそうさまでした。
うん、創作系が得意な庄野店主が、こういったご当地系をやるのって珍しい気がしますが、さすがのセンス。
あの独特のチープ感(&「主役は肉」感)をうまく残しつつも、十分現代のラーメンとしても楽しめるところに着地させてきた、見事な一杯でした。
トータル1140円という、リーマンとしては少々リッチなランチになってしまいましたが、ラーメン760円、チャーシュー丼380円と考えればなんとなく納得かな?

こちらのメニューの提供は22日まで、昼夜10食ずつとのこと。
「っぽさ」が非常によく再現されているので、竹岡式ってどんなラーメンだろう?と思ってる方々にもオススメかも。
ただ。。その後現地に行って「庄のの方が旨かったorz」と言われても困りますw

--

麺や 庄の


関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅麹町駅

関連記事
コメント:
こりゃまた、罪なレビューを・・・(苦笑)
一部で評判になってましたね、「お湯」スープ。
レビューは拝読する限り、お湯でこそなしえた絶妙な仕上げ、
まさに庄野さんの天才ぶりがよくわかります。
カロリーもプリン体もたっぷりw
私は、「gotsubo」の方で我慢かな。
[2014/11/22 00:42] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>お湯でこそなしえた絶妙な仕上げ

そうなんですよね、リッチにしちゃうと竹岡っぽくなくなっちゃうし、本家を完コピしても、東京で出すラーメンとしてはペラペラになっちゃうし。。
・・・そこらへんの着地点が素晴らしく上手w
本家を食べたことがある人には「そうそうこんな感じ!」と思えるし、たぶん食べたことない人にもきちんと満足してもらえそうです。

プリン体。。。チャーシューって高プリン体でしたっけ?
[2014/11/23 19:53] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1822-d3bcd1ac

<< topページへこのページの先頭へ >>