FC2ブログ

冷肉・太麺(850円)@四谷三丁目・手打そば 角萬

2014-11-11
「蕎麦界の二郎」と言うと、「港屋」を挙げる人もいれば「六文」系統のジャンクな暗黒汁を挙げる人もいますが、こちら「角萬」を挙げる人が一番多いんじゃないかな?
もはや蕎麦とは言えない「極太」を通り越した暴力的な麺が丼から溢れる姿は、やはりあの黄色い看板を思い起こさせるにふさわしいものです。
以前龍泉の角萬で「冷や大」を食べ、その太さと固さに圧倒された記憶がありますが、会社近く、ランチエリアにも角萬があると聞いて早速やってきました。

ということで、たま~に無性に食べたくなる「ひやにく(冷し肉南蛮そば)」を頂きに四谷三丁目

平日14:10到着。前客2、後客1。
店内は薄暗く、思わず「やってますか?」と聞いちゃいました。
厨房は大将お一人でのオペレーション。花番はアジアンな女性。お店入口横には製麺室があります。
店内のTVでは、淡々とハングル語の字幕が流れる隣国のニュース。半島系の経営なのかな?

KADOMANKADOMAN

口頭で「冷肉」を注文。太麺と細麺が選べるとのことで、当然太麺でお願いします。ちなみに他のお客さんも全員冷肉
注文を受けると、大将は麺箱から麺を出し釜へ投入。
太麺ですが、茹で時間はそれほど長くないですね。数分で上げ、流水で洗って氷水で〆、麺を丼すりきり一杯分(!)入れて→小鍋で茹でていたお肉を3枚載せてその汁をかけ→茹で湯で軽く湯がいたネギを載せ→ポットに保管されたお汁(室温)をたっぷりかけたら出来上がり。別皿で刻みネギが供されます。

KADOMAN

ほぉ。。久々に見るなぁ、この凶暴な麺w
もはや蕎麦とは言えない極太平打ち麺はの上には、豚肉とザク切りのネギのみというシンプルな出で立ち。
ぶっかけなのでスープは見えません。

KADOMAN

では、麺を引き出し一口。
そうそう、こんなのでしたw
色白の麺なので意外に柔らかそうに見えますが、食感はゴワッゴワでボッキボキw

KADOMAN

短くちぎれていることもあり、形状的にはもはや麺ではなく、長めの「すいとん」ですな。麺箱から出して茹でる際はきちんと麺になっているので、茹で&〆の過程でちぎれるみたいですね。
で、食感は「そばがき」っぽい感じかな。小麦粉が多いタイプの蕎麦ですが、噛み砕くと蕎麦殻の木の実っぽい香りが僅かに鼻に抜け「あっ、これ蕎麦だったんだ」と実感w
麺量は相当ボリューミィで、ラーメンで言うと茹で前300くらいの体感。固くて咀嚼数が増えるので、余計お腹いっぱいになります。

KADOMAN

ぶっかけのお汁は鰹出汁がしっかり効いた甘めのもの。
麺への絡みはイマイチなので、丼を持ってお汁を飲みつつ麺を啜る(というか啜れないの「食べる」)のがいい感じ。

KADOMAN

肉は厚めの豚バラが3枚。「肉」と名乗るメニューの割にはちょっと少なく、もったいないのでちょっとずつ食べる感じ。
ネギはシャクシャクとした固さが残り、その辛味と甘みが単調な食感の中でいいアクセントになります。
途中から飽きてくるので、卓上の七味をドバドバ入れつつ食べ進みましょう。

KADOMAN

また、アルミの急須でそば湯が出てくるので、ラストはそば湯で割ってお汁を飲むこともできます。

KADOMAN

という感じで、なんとか食べきって腹パンッパンでごちそうさまでした。
うーん、昔龍泉で食べた時の感動があまりなかったのは、記憶が美化されているからかな?
麺に対して圧倒的に汁が弱いので、終始そばがきをモグモグしていたなぁ、という感覚。C/Pもイマイチのような。。

ただまぁ、蕎麦のうまさとは全然違う所にいっちゃってる「楽しさ」はやっぱりありますよねw
この唯一無二の個性がこのお店の差別化ポイントなのでしょう。

ちなみに、お隣が冷や肉の細麺を頼んでいたのですが、ほんとだ!細麺だw
おそらく麺生地は一緒だと思うんですが、だいぶ雰囲気変わりますねぇ。おそらくあっちの方が蕎麦としては旨そうw今度はそっちにしてみようかな?

--

角萬


関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅


関連記事
コメント:
どーもです!!
なんか物凄く興味が沸いてしまいましたw
近々追随しちゃいます!!
[2014/11/11 23:11] | 和泉 #- | [edit]
こんにちは。

自分も凄く興味を持ったのですが、やっぱり850円が気になります。
旨けりゃ問題ないかと思うのだが。。。チャンスがあれば!!
[2014/11/12 10:14] | ayashi #- | [edit]
こちらのお店、店名は同じでも竜泉や向島・梅島の角萬とは何の関係も無いそうですよ。
[2014/11/12 11:03] | S #2faLvmw. | [edit]
>和泉さん

こんばんは&コメありがとうございます!

此処は面白いっすよ〜。
とりあえずすごいインパクトなので、一度は食う価値ありです。
同名のお店なら同じようなものが食べられると思いますので、お近くのお店を探してぜひ!

--

>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうなんですよねぇ、まぁ立食いじゃないお蕎麦屋さんだったらこのくらいするのは当たり前なんですが。。。なんでもラーメンを基準に考えてしまうという悲しい性w
かなり面白い食べ物だと思うんで、機会あればぜひ。

--

>Sさん

情報ありがとうございます。
何の関係もない。。。とすると、屋号もメニューもパクリってことですかね?
暖簾分けで喧嘩別れしたとか、円満じゃない感じなんでしょうか。

ちなみに、龍泉で食ったヤツのほうが旨かった気がします。。。
[2014/11/14 22:25] | タム6000 #- | [edit]
こちらは8年くらい前に新大久保から四谷に移って来たようで、それ以前の出自はわかりませんが、竜泉や向島・梅島とは関係が無いことは間違いないようです。

独立系の冷や肉メニューですと、人形町の堀留屋がいい感じです。
[2014/11/15 12:41] | S #2faLvmw. | [edit]
>Sさん

詳しい情報ありがとうございます。
なるほど、全然関係ない角萬ってのも存在するんですね。

堀留屋!
あの爆盛り蕎麦のお店ですね。
安くて多いのはうれしいけど、あそこ結構高いっすよねぇ。
まぁ、量があるから当たり前か。。。今度行ってみますね。
[2014/11/19 21:38] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1809-fcd05b2f

<< topページへこのページの先頭へ >>