冷やし小海老天そば(500円)@四ツ谷・四谷政吉

2014-10-30
今日のランチは四ツ谷付近で。
なんとなくさっぱりしたのが食べたい気分だったので、奇跡の復活を遂げた「政吉」さんへ復活後二度目の訪問。

平日14:00到着。前客4、後客2。
ちょうどランチピークを過ぎた頃で、天ぷらを一気に揚げているようで、店内は揚げ油の匂いが充満。
まぁいい香りっちゃそうなんですが、髪や服にそこそこ付くので気になる方はタイミングに注意、というところでしょうか。しかし逆に言えば、今なら揚げたての天ぷらが食べられるということ!期待感UPです。

さて今日は、こちら名物とも言える「小海老天」でいきましょう。
ちなみにここの食券機のボタンレイアウト、非常にわかりやすくて好きです。
「あつ」のみ選べるのはオレンジ、「熱いつけ汁のつけそば」はイエロー、「つめたいつけ汁のつけそば」はブルー、「あつ」「ひや」両方選べるメニューはオレンジとブルーの二色といった具合で、色で区別されてるんですよね。
・・まぁ、それでも理解するまで少々時間かかりますけどw
あと、夜のつまみメニューがなにげにそそりますねぇ。

MASAKICHIMASAKICHI

さて、有名なのは温かいつけ汁の「小海老天つけそば」ですが、今日はなんとなく冷やしな気分だったので「小海老天そば」の食券を買って、厨房へ提出する際「冷しで」とコール。
冷やだと50~100円増とかのお店が多い中、冷やとあつ同価格ってのは結構珍しいですね。
こちらは注文を受けてから蕎麦を茹でるので、数分待ったところで呼び出し→トレイに載せられセルフ着丼です。

MASAKICHI

うん、ぶっかけそばの上にゴロゴロと並ぶ小海老天がなかなか旨そうです!
その他の具は、ネギ、ワカメ、わさび、キュウリ少々。

MASAKICHI

では、麺を一口。
・・・やっぱ旨いね政吉さん!
エッジがしっかり立った蕎麦は細めで、ミッチリした密度感と強いコシを持つもの。
噛みしめると蕎麦の香りも漂い、立ち食いとしては相当旨い麺だと思いますね。
前回あった大盛りサービスがなくなったのは非常に残念だけど、なんとなく以前よりデフォの麺量が増えたような?ラ的に言うと茹で前150弱くらいの感覚はあったかな?

MASAKICHI

お汁は甘口のカエシとしっかりした鰹の出汁が感じられる優しいもので、ぶっかけにありがちな味の濃さはありません。

MASAKICHI

小海老天は5尾。
確かに「小」なんだけど、肉厚でプリプリとした海老が甘くて美味しいです。
前回食べたかき揚げが、揚げ置きかつ生焼けというドイヒーなコンディションだったので心配だったのですが、今回はタイミングよく揚げたてアツアツで衣サクサク。うん、これが本来のポテンシャルということですな!
衣は厚めのフリッタータイプですが、この衣がお汁を良く吸うので、この一杯にはすごくよく合ってると思います。
ちなみに「小海老天つけそば」だと小海老天が別皿になるんだけど、こちらは上に載せちゃうのね。。できればこちらも別皿希望かも。
千切りのキュウリ、白ネギは冷しにおいては鉄板。わさびと合わせ抜群の爽快感ですね。
ワカメはおまけ程度ですが、載ってることに意味がありますな。

ということでサクッといただきごちそうさま。
再開前の価格から若干値上げはされたものの、このクオリティでワンコインならアリでしょう。
鴨南やカレーも気になるし、今後ともお世話になることでしょう。また来ます。

--

四谷 政吉


関連ランキング:そば(蕎麦) | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1799-78aa1ce3

<< topページへこのページの先頭へ >>