FC2ブログ

ラーメン(680円)@五反田・麺創房 玄 五反田本店

2010-04-30
GEN

五反田にあの「」ができたという話を聞き、訪問の機会を狙っていたのですが、近所のくせになかなか足が向かず、ようやく訪問。
平日14:05到着。前客1、後客0。

食券機で、まずは基本「ラーメン」の食券を買い、カウンターへ。
食券を出して3分ほどで着丼。早いですね。

濃い色だが透明感のある醤油スープの上には、メンマ、チャーシュー、青菜、刻みネギが綺麗に載せられています。

では、スープを頂きます。
お、深いですね。
分類としては、鶏ベースの醤油スープになるのでしょうが、一瞬では味の構成が分からない系。様々な旨みが渾然一体となり、口の中に漂います。
以前どこぞのTV番組で、グッチ裕三が「本当に旨い料理は、醤油がうまいとか出汁がうまいとかわかるもんじゃなくて、『なんだかわからないけど旨い』っていう状態」と言っていましたが、まさにそんな感じ。
敢えて分解してみると、まず香味油の香りが特徴的。ラードだけの旨みともちょっと違うような。。ちょっと高田馬場「オーガニック・ラーメン 道」のスープの影がよぎります。
味のミドルを構成するのは、醤油のダークなコク。そして鶏ガラのフワリとした甘み。また乾物系のまったりした旨みも感じられますね。
様々な役者は登場するものの、決して華美ではなく、全体的に非常に落ち着いた、シックな味作り。

では、麺を。
麺は白く透明感ある生地で作られた、縮れ中太の平打麺。
小麦自体の甘さもしっかり感じられますが、歯ごたえ的にはちょっと弱め。噛むとコシはあまりないのですが、引張りには強い。不思議な麺ですね。
麺肌はツルツルで、スープの絡みはそれほどよくありません。
重めなスープには、もうちょっとモソッとした麺でもいいのかもしれません。
また、後半スープを吸ってダレてくるのが気になりました。

青菜は小松菜。シャキシャキで鮮度の高さが伺い知れます。苦味がスープといいマッチング。
チャーシューは1枚。さんのチャーシューはよく絶賛の声を聞くのですが、今回はちょっと「?」な感じ。獣臭く固めの食感で、もう1枚食べたい、という感はなかったですね。
メンマはメンマ自体の味がしっかり感じられ、歯ごたえも筍のようにシャクシャクしたおいしいもの。

トータルで見て、いい材料を吟味して丁寧に作っている印象。
また丼の中の世界観というかポリシーがしっかり定まった、なかなかの力作、旨い一杯でした。
他のメニューもぜひ試してみたいところです。

さて、ラーメンを戴いている間、厨房の中では、向上心溢れる調理人達が夏のメニューのアイデアを議論中。
なかなか楽しそうでしたが、店内にモロ聞こえなんで、もうちょっと小さい声で話してもいいんじゃないかな。
あと、終始背後に女性店員が立っていた&隣の席の箸を片付け始めたのも、「もう昼の部終わりなんですが」と言いたげで、なにげに居心地よくなかったです。。。
関連記事
tag : 五反田
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/178-4eb770f5

<< topページへこのページの先頭へ >>