FC2ブログ

らーめん(650円)@品川・らーめん処 やまかな

2010-04-26
品川で遅めのランチ、13:30過ぎ。
コショーそばを食べようと天華へ向かうも、女将さん「もう終わっちゃったのよ~」と死刑宣告。
そういえばあっちの角にもラーメン屋があったっけ、とこちらのお店を初訪問。

平日13:40到着。前客4、後客0。
気のよさそうな年配の夫婦がやっているお店のようです。
常連さんっぽい方々とTV野球中継を楽しんでいらっしゃり、ほんわかした雰囲気。
ただ、暖簾をくぐった際、鼻をつく酸味というか、生臭い匂い。
ちょっと悪い予感を感じつつも、デフォのらーめんをオーダー。
待つこと10分ほどで着丼。

茶濁スープの上には、ヘロヘロのモヤシ、茹で卵半分、チャーシュー1枚、そして刻みネギが少々浮いています。

ではスープをいただきます。

・・・え?
生臭いです。豚骨をグツグツと炊いた、芳しい「豚の臭み」とは全く違う匂いです。
血や肉がついた生の骨を入れて煮込み始めたばかり?というような生臭さ。もっと強烈な形容も思い浮かびましたがここでは控えます。スープ調整中だったのかなぁ。。。?
カエシの風味もなにも、この匂いではちょっとこれ以上食べられません。かといって一口で残すのも失礼なので、卓上の白コショウを大量にドーピング。
コショウの香りに完全に支配されちゃいましたが、これでようやく臭みをごまかして食べることができます。こりゃある意味コショーそばだw

麺は、業務用ちっくな中細縮れ麺。
茹で時間が長かったのか、テロテロ。ラ王の麺のような食感と香り。

モヤシは、身があまりなく皮だけがジャキジャキ言う食感。痛んだモヤシ特有の臭みも強いです。
せめてチャーシューはおいしくいただけるかな、と噛んだところ、「え?」
これいつ作ったやつですか?
「冷蔵庫の中にしばらく入れ忘れ、ふと思いついて出したらちょっと変色していた豚肉」のような匂いがしました。なんか酸味も強めです。
茹で卵は固ゆでの坂東タイプ。唯一安心して食べられる味でした。

基本的にラーメンという食べ物が大好きなので、どんなものでも最後までおいしく頂くのが信条ですが、今回はさすがに身の危険を感じ、途中で箸を置きました。
ブレがあるといっても、ちょっとこれは下へブレすぎなんじゃないかなぁ。。。ちょっとびっくり。これでお金を取るのは。。。
残念ですが、再訪はないかなぁ。。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/172-ffb34fbe

<< topページへこのページの先頭へ >>