FC2ブログ

肉そば・温玉付・大盛サービス(950円)+肉増し(オープン記念サービス)@虎ノ門・肉そば ごん

2014-07-29
今日のランチは新橋で。
最近流行りのガッツリ蕎麦のお店ができたとのことで、早速訪問してみましょう。
ちなみにこちら、港屋まんまコピーではなく、ぶっかけ風や台湾まぜそば風、つけ麺風等、ちょっとヒネってるらしい、というのが優先度を上げた理由。あと、オープン週は「肉増し」が無料サービスなのを知ったというのも大きな理由w
サイトを見てみると、五反田のハンバーグ店「ミート矢澤」を経営する資本のお店っぽいですね。

平日12:50到着。店内は半分ほどの入り。まだまだ認知度は低いようですな。

GON

店頭の券売機で「肉そば」と「温玉肉そば」どちらにしようか迷った挙句、肉増しサービスならその分載せちゃえ!と温玉乗せで。
一番食べてみたいのは台湾まぜそば風の「シビレまぜそば」なんですが、こちらは肉増しサービス対象外ということで次回に回しましょうw

GONGON

店員さんに食券を渡しカウンター席へ着席。「大盛無料ですが?」との問いには当然お願いします。あと肉増しもね。
店内はかなり広く、厨房に面するカウンターだけでなくテーブルも多数。居酒屋やビストロとしてもいけそうな大箱です。一応裏通りではありますが、かなり賃料高そう。。。
オープン直後のトレーニングの意味合いもあるのか、厨房5名、ホール3名(うち1名は外で呼び込み)という豪華な布陣での営業。皆さん若いですなぁ。
オープン間もない緊張感は感じられず、わいのわいのと賑やかなオペレーションが楽しそうで何よりです(棒読み)。

GON

待つこと3分ほどで着丼。
麺はヒタヒタの汁に浸してあり、その上には肉、食べラー的なもの、それから万能ねぎ、温玉。
あ、これで肉増しなんだ。。。値段の割には若干貧相なルックスに見えます。混ぜやすいように大きめの丼に入ってるから見た目的に損してるかも。

GON

では、麺を引き出し一口。
タレは、鰹がしっかり効いた蕎麦汁ですが、ぶっかけ仕様でかなり味濃い目。キンキンに冷えていて美味しいです。
麺は蕎麦としては太めで、ラーメン風に言えばエッジの立った中太角断面ストレート。
麺は都度茹でではなく、見込みでそこそこの量を先茹でして〆られており、ストック用のザルから盛りつけられます。蕎麦乾いちゃうね。。。茹でたて〆たてに当たればラッキーということでしょうか。この値段でそのギャンブル性とは、なかなかサディスティックです。

GON

メニュー名や丼の雰囲気から「港屋」の麺を意識しながら啜ると。。。あれ?意外にコシがなくフカフカしてるのね。もっとゴッチリ、バツンと切れる麺を想像していましたが、小麦粉っぽい食感の柔らかな噛み心地で、蕎麦の香りはありません。
〆てからしばらく放置された麺ってこともあるのかもしれませんが、ハリがなくちょっとだらしない食感。
麺量は大盛で230g。蕎麦屋だと茹で後の重さを書くお店が多いですが、こちらはおそらく茹で前ですかね。太麺なので結構ボリューム感あり、実際腹持ちもかなりいいです。

GON

肉は牛丼のアタマ的に甘辛に仕上げられた牛コマで、フワッと柔らかくパサ感なく美味しいです。保温している鍋から直接載せられるので、キンキンの冷汁と混ざると、最終的にぬるもりっぽい感じになりますね。
でもやっぱり、これで「肉増し」というのなら、デフォはどうなっちゃうの?という量。。。
また、敢えて肉増しですと言わず(肉増しをお願いすると「今日は全て肉増しにしてますんで」と言われるだけ)この状態でデフォと勘違いさせお得感アップ→2匹目のドジョウ(二度目の訪問)を狙う?とかいらん邪推をしちゃいますね。

GON

肉の上からかけられた食べラー的なものは、辛味はなく、揚げネギのオイル漬け的なもの。独特の香ばしさと口当たりのコッテリさ加減で蕎麦汁にジャンクさを加えてくれ、なかなかいい存在感。

GON

温玉は100円アップですが、やはり割った時のスペシャル感はハンパないものがあり、やっぱ付けといた方が幸せになれるかな。

GON

卓上には揚げ玉、ラー油、黒七味。
揚げ玉は細かく、揚げたてサックサクで旨い!厨房では、この揚げ玉だけのためにフライヤーを使っており、市販品で済ませてないのがいいですね~。汁を吸った後のモッチリ感もいい感じ。

GON

ラー油は花椒が効いた四川風味のもので、たっぷり投入すると一気に中華風になり大化けしますね。辛味はそれほど強くないけど香りがよく、これはかなり合う!
黒七味のスッキリシャープな刺激もいいですが、ラー油の旨味+痺れ感の方が気に入ったかな。
ということで、残った汁の揚げ玉も掬って完食でごちそうさまでした。

トータルで見て、港屋の肉そばをぶっかけ風に再構築した「アリ」な一杯。
ただ、脇役がどれもレベル高いのに、主人公たるべき麺のクオリティ(とオペレーション)へのこだわりが中途半端に感じられたのがちょっと残念。蕎麦屋なんだから蕎麦が旨くないとね。
また、全体的に強気の価格設定なのが気になるところ。今日の一杯で、定価なら1050円になるわけですが、この界隈でそれだけ出すなら、他に行きたいお店がたんとありますよ(中華弁当なら2個買えますw)。

同じガツ盛り系蕎麦業界にフォーカスしてみれば、例えば港屋だとデフォ850円で麺の盛りは同等かそれ以上。そして玉子付きというアドバンテージ。まぁもっといえば、あの「ゴチゴチ麺」の引力は言わずもがな。
で、C/P重視派には当然銀座「俺のそば」。なんとデフォはワンコインな上に、肉もこちらの肉増し以上のボリューム、さらに麺の量&質も本家と同等、そして玉子は使い放題。。。。こう考えると、客観的に見ても劣勢かと。
まぁ、競合エリアがかぶらないからOKとの判断なのかもしれませんが、コスト意識が高い新橋~虎ノ門リーマンが主客層のエリアとなるので、早めになんらかの対策を打たないと厳しい気もしますね。後でなし崩し的に値下げすると印象も悪くなりますし。。

今回は肉増し無料に釣られて「肉そば」にしちゃいましたが、近いうち個人的な本命「シビレまぜそば」を頂きにきてみることにしましょう。追い飯付き、かつ痺れ具合が指定できるってのがかなり楽しみです。
あれ?台湾まぜそばが850円、と言われるとそんな高い気しないな。。。不思議w立ち食いそばの食い過ぎか俺orz

--

ごん


関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅


関連記事
コメント:
こんにちは。

またもや港屋に似たお店が出来たんですね。
レビューの内容では麺がイマイチみたいですね。
やっぱり麺は港屋や俺そばのようなシコ・ゴワな食感が好きですね。
それの俺そばのもりなら300円で食えるし。。

自分も台湾まぜそばなら追随しまっせ~
[2014/07/30 14:35] | ayashi #- | [edit]
タムさん、こんばんは。

肉ソバブーム到来ですかね?

そば系はあまり食べませんが、この界隈の港屋、俺のソバとこちらで食べ比べてみたいです。
あ!その前に新橋二郎に間違いなく、行かなければ!w
[2014/07/31 21:26] | azteca #- | [edit]
>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうですねぇ、アイデアや味の方向性は結構好きなんですが、麺がイマイチだったかな。
なにより、C/P重視のayashiさんにはこのお店は高杉ですよねw
俺のそばの値段、すごいなぁ。。。

台湾まぜそば風、近々食べてみますね。

--

>aztecaさん

こんばんは&コメありがとうございます!

港屋インスパイア系は、なんだかんだ言ってジワジワ増えてますね。
やっぱ、つけ麺店だと若者需要が中心になるけど、蕎麦というとオッサン需要も見込めるからではないでしょうか。

>>新橋二郎

今度は間違わずにお願いしますw
[2014/08/01 22:02] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1714-32d12fec

<< topページへこのページの先頭へ >>