1番 天神そば(750円)@岡山市/城下・天神そば

2014-07-23
今回の出張の目的地は岡山。当然集合時間より1時間以上早めに到着しております。当然目的はラw
一杯目は、岡山市街で最も有名と言っても過言ではない「天神そば」さん。
先ほどの「macro」のチャーシューがまだそこそこ胃を占拠しておりますが、営業時間的に最もハードルが高いこちらを攻略しておかないとね。
駅前の電停から路面電車に揺られ「城下(しろした)」で下車すると、ホームからお店が見えます。

TENJIN SOBA TENJIN SOBA

うーん、なかなか渋い店構え。
店内の様子は外からだと全くわからず、この赤い扉を開けて店内に入るのは非常に勇気がいりますねw
さて、意を決して入店!

平日13:30到着。狭い店内はほぼ満席でしたが、カウンターに1席だけ空きがあったので滑り込み。
狭くて大きい荷物は持ち込めないので、出張カバンは入り口脇の棚に置くように指示されます。
店内は厨房に面するカウンターとテーブル2卓とコンパクト。全体的に雑然とした雰囲気は、最近のラーメン屋さんとは一線を画します。ダメな人はダメだろうけど、個人的にはこういうの落ち着きますw

厨房はおばちゃん3名での切り盛り。
司令塔となっているホールのおばちゃんは常に客席を注視しており、気遣いはパーフェクト。
水がなくなればすぐ注ぎ、ポケットからティッシュを出そうものなら「こっちにあるから!」と箱を差し出し、子連れのお客さんだと子供をあやしてあげたり、素晴しいホスピタリティですな~。
ただ。。。俺が座ったカウンター(奥行き3〜40cmくらい)の真正面に常におばちゃんがデーンと立ってるので、非常に食いにくいっすw

TENJIN SOBA

オーダーは番号を申告するタイプ。
基本の「天神そば」をベースに、麺量やトッピングを変えたものがパターン分けされているようです。
大阪で既に一杯食べてから来ているので、基本の「1番」をお願いします。

TENJIN SOBA

待つこと4分ほどで着丼。
お。。。中国地方の中華そばというと、尾道ラーメンしか食べたことがないですが、雰囲気はちょっと似てるかも?
濃い色の微濁醤油スープに厚めの液体油、そして上には細モヤシと青ネギ、チャーシューといった布陣。

TENJIN SOBA

では、まずはスープを一口。
あ。。これウマイっすね!老舗ということであっさり系を想像してましたが、意外に骨太です。
ベーススープは鶏。おそらくかなり強めに炊いてるのでしょう、口に含んだ時に結構強めの獣臭を感じ、後味はまったりした旨味が広がります。化調アシストも強めでメリハリ効いてますね。
表面のたっぷりの液体油は、ラード的な融点高めのペットリ感があり、このスープの個性を決定づけています。
カエシはチャーダレっぽい雰囲気で、香ばしく甘めの濃い口醤油。このおかげで、スープに豚も入ってるような感覚になるのかな?
こう書くとコッテリ系に読めるんですが、飲み口は意外にスッキリなんですよね。コッテリさとスッキリさを併せ持ち、ランチでも飲みの〆にも使える感じ。

TENJIN SOBA

麺は角断面細ストレート。「富士麺業」の麺箱あり。
茹で具合はデフォで固め。加水低めで、シコシコとしっかりした食感がいいですね。
表面は若干ざらついており、スープの絡みも良好。麺量は130g程度かな。

TENJIN SOBA

チャーシューはロース煮豚スライスをスライサーで薄く切ったものが4枚。
割合的には赤身が多め。パサッてますが、こういうのにはクラシカルなミッチリ系が合います。
デフォで結構量があるので、あっさり行きたい時は肉抜き(11番、600円)でもいいかも。

また、ナルトでなくカマボコってのは何か地域性があるんでしょうかね?そういえば「チーナン食堂」もカマボコだったっけ。
モヤシは「西に来たなぁ」と実感させられる細モヤシ。茹でてもクタクタにならず、ジャキッと固めの食感がいいアクセント。青ネギの固さと甘味もこのスープにはバッチリ合いますね~。

ということで、サクッと固形物完食、スープも半分ほど飲んでごちそうさまでした。
ブレがかなり大きいとのことで心配でしたが、今回は上ブレでしたね!
うん、なんというか、流行りのラーメンではないけれど、もはや変える必要はないと感じられるシンプルな味。一言で言えば「完結している」一杯でしたね。また来てみたいです。

--

天神そば


関連ランキング:ラーメン | 城下駅柳川駅県庁通り駅

関連記事
コメント:
こんにちは。

広島のラーメンもそうだったけど、西のラーメンには比較的多く細もやしが乗ってますよね。
最初は水っぽくていらないな~と思ってましたが、食べなれると食感共々有って良かった~って思えますよね。
今度岡山に行く機会が有ったら、自分もこの店寄ってみたいです!
[2014/07/24 10:05] | ayashi #- | [edit]
ども~
岡山・・・記憶が(^_^;)
全国で沖縄だけ酔ったことがないので
岡山は酔ったはずなのですが
記憶からすっ飛んでおります。
西日本でラー食…という事がほとんどないのも理由の一つ。
このような地域のソウルフード?!を食べるのも楽しみの一つですね。
ワタクシなら2番でイイかもしれない!

[2014/07/24 16:00] | はち #- | [edit]
どうも~

蒲鉾が乗っているせいもあるのかもしれませんが、どことなくうどんライクな風にも見えますね。
モヤシはブラックマッペですな。
関東は緑豆・大豆が主原料だから太目になるんですけど、関西は小豆が主原料だから違いが出て来るんですよねぇ。
関東のスーパーでも売っているところをたまに見かけます。
[2014/07/25 11:24] | corey #- | [edit]
>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>西のラーメンには比較的多く細もやし

そうですね。実は岡山ではもう一杯食べてるんですが、そこのお店は豚魚なのに細モヤシが載ってて、これも文化だなぁ、と関心してしまいましたw

こちら、岡山市街でも最古?のラ店らしいです。
でも、老舗っぽい大人しさはなく、結構攻めてる感じの味で好きでしたね~。2杯めでしたがペロリでした。
駅からのアクセスも悪くないので、もし岡山へ出張するチャンスがあればぜひ!

--

>はちさん

こんにちは&コメありがとうございます!

あら、西日本でラ経験、あまりないんですか?
東のラーメンとはかなり違う文化が感じられて面白いですよ~。
あ、あと西に来たらどん兵衛の西バージョン買って帰らないとですねw

>>ソウルフード

ほんと、そんな感じでした。
こういう気取らなさ、好きだなぁ。変わらずずっと残って欲しいお店ですね。

--

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

そうそう、ブラックマッペ!
西で初めて食べた時は「なんだこの貧相なモヤシは!?」と思ったものですが、慣れたら結構ハマりますw

ウチの近所のスーパーには必ず置いてあるので、最近焼きそばの時は断然ブラックマッペですね(水分が少ないので焼きそばがベチャベチャしない)。
一方で、中華屋風のもやし炒め(トロミ付き)は、パキパキの雪国もやしに限りますw

って、もやしの話しかしてねぇww
[2014/07/25 16:47] | タム6000 #- | [edit]
わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
天神そばじゃないっすかーーーーーーーーーーー!!
帰省して寄ってみるたび、いつも閉まってて、
もう10年くらい行ってません。
高校生の頃、行ってたんですよねー。
スープ炊きながら、どんどん適当に(?)ガラを放り込んで足してるし、
学生が食べてると、サービスでスープを注ぎ足してくれてました。
麺は足してくれなかったので、お腹がチャポチャポになった記憶がw
この夏の帰省では食えるかなー?
しかし、750円か~。
時代だなあ。
[2014/07/26 13:34] | GT猫 #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

おっ、食いついてくれたwさすが岡山県民!

こちら今は、当時の大将の奥様が店主となってお店を守ってるとのこと。
スープの取り方とかも、見るからにラフでしたが、あまり気にせずガンガン炊くことで(でも白湯まではいかない)この独特のスープができるんだろうなぁ、と。いい意味でゆる〜い感じが結構好きです。
昔は500円とかだったんでしょうか?

こういうのを学生の頃からずっと食べてたら、「ソウルフード」になるでしょうね。
そんな一杯がある方が羨ましいです。

8,9月と岡山行きが増えそうなので、まだまだいろいろ食いまくりますよ〜!
[2014/07/27 22:15] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1706-03280d7d

<< topページへこのページの先頭へ >>