FC2ブログ

台湾まぜそば(780円)@東新宿・麺屋はなび

2014-07-19
最近都内で徐々に広がる「台湾まぜそば」ブーム。
一時期の二郎インスパイアブームのように、ピンからキリまで様々なインスパイアメニューが生まれています。
その元祖である「はなび」直伝を謳う「こころ」が大岡山にオープンし、ついに本物登場!と注目された記憶がまだ新しいですが、なんと、その元祖自ら東京に来ちゃったそうでw

味仙の台湾ラーメンは食べたことあるけど、はなび台湾まぜそばは未食。
ベンチマークとして、これだけは食っとかないとダメでしょ、と早速訪問。

HANABIHANABI

場所的には、JRなら新大久保、地下鉄なら西早稲田or東新宿。どの駅からもそこそこ歩きます。
しかも、明治通りから一本入った路地という立地。お世辞にも好立地とは言いがたいですが、ターゲットは近くのW大理工学部をロックオン、という感じでしょうか。
平日19:50到着。店内はほぼ満席でしたが空き2。後客は途切れなく、その後店内待ちも発生。

HANABI

店内の券売機で左上ボタンの「台湾まぜそば」をポチし着席。
食券を渡すタイミングで「ニンニク入れてもよろしいですか?」とヒアリング。当然お願いします。

HANABIHANABI

客席は厨房を囲むL字カウンターのみ。スタッフは厨房3、ホール1。オープンして間もないこともあり、皆さん気合入ってますね。
本物の「すりこぎパフォーマンス」を見つつ、待つこと10分で着丼。

HANABI

ほぉ。。これが本物ですか!
なんというか、みなぎる自信!みたいな、有無を言わさぬ説得力のある美しいレイアウト。
麺は予めタレと念入りに混ぜられており、その上には青ネギ、ニラ、刻み海苔、刻みニンニク、魚粉、中心に台湾ミンチ、そして卵黄。崩しちゃうのがもったいないくらいキレイに配置されております。

HANABI

では、まずは混ぜずに麺から。
・・うん、ウマッ!
林製麺製の麺は角断面極太ストレート。うどんに近い高加水のモッチモチ食感で、仕上がりはかなり柔らかめ。
この柔さは、テボ&スリコギで表面を効果的に荒らすための意図的なものでしょう。
東京の人はもうちょっと固めの麺が好みだとは思いますが、これが本場ということですかね。麺だけでいうと「こころ」の方が若干好みかな?
そしてこの麺にしっかり絡められる醤油ダレがまた旨いなぁ。。。動物系のコクと醤油の甘味が組み合わさり、間違いない味。
これをベースに各素材の風味が組み立てられるので、下地が弱いと腰砕けになってしまうところですが、やはりこのタレあっての台湾まぜそばというところでしょうね。この状態で食べても十分旨いですよ。

HANABI

先にミンチだけ味わってみると、結構肉々しているというか、ペーストではなくひき肉の塊が実感できるサイズ感。
食感がかなりしっかりしており、細かな鷹の爪と合わせたピリカラの味付けもちょうどいい感じですね。「こころ」より旨味が強く辛味は控えめかな。

HANABI

では、玉子を崩しつつ全体を良く混ぜていきます。
全体の温度管理が抜群だからか、崩れた玉子が麺に触れるといい感じに凝固し麺をコーティング、デュルンとした食感の見事な釜玉状態に。
麺が熱すぎても変にダマになっちゃうし、温度が足りなければ当然黄身のままなわけで、ここらへんもさすがの一言。

HANABI

さて、あとは無心に啜るのみ!
・・・うん、やっぱこのバランス、完成されてますね〜。
台湾に限りませんが、まぜそば系で大事なことの一つって、具と麺の一体感だと思うんですよね。
麺だけ、また具だけ食べて旨いのは当たり前。では両者をいかに一体化させて口に運ばせて「1+1」を2以上にするか、というところが作り手の腕の見せどころなんじゃないかと。
そういう意味で、これは完璧。

HANABI

タレ&釜玉状態の玉子、そして崩された麺肌のグルテン的なデロモチテクスチャが一体化し、麺を厚めにコーティングするゲルになったところに、細かく刻まれた各素材が飲み込まれ、渾然一体となって押し寄せてくる。。。ココらへんの一体感は完全にはなび>こころ。もうね、たまらんです。
特に、ネギとニラのカットサイズは秀逸ですね。大きすぎるとクセが立ってしまうし、小さすぎると存在感がなくなってしまう、そのちょうど真ん中のジャストサイズ。シャキシャキの食感も素晴しい。
また、魚粉は鰹の香りがかなり強いもので、全体に及ぼす影響が大きいですね。海苔の香ばしさもナイスアシスト。
ニンニクはハイを彩る鉄板の薬味感。かなり量があるので、食後は二郎並のオイニーにw翌日まで確実に残るので要注意です。

全体的にかなり濃い味で、初動のインパクトで最後まで一気に食べさせるタイプなので、やはり中盤以降は若干飽きが。この歳にはると大盛は厳しいかな。。
そんな時は卓上の昆布酢、一味、黒胡椒を駆使して味変です。特に昆布酢のさっぱり感はいい感じ。

麺量は200gということで、サクッと麺を食べ、残ったタレ&ミンチ。
丼をカウンター上に上げて「追い飯お願いします!」とコールすれば、カサッとご飯が盛られ丼がリターン。

HANABI

さて、ここからがPh2の楽しみ。
ザクザクとタレとご飯を混ぜ。。。

HANABI

レンゲで頬張る!
・・・うまぁw

HANABI

このタレ、もはや世界中のどんな炭水化物とも合うんじゃないかとw

ご飯の量は100gないくらいなので、サクッと食べ終わって大満足でごちそうさま。
ちなみにランチタイムはライスがサービスということで、追い飯をお願いせずともセルフでたっぷりご飯をぶち込んで楽しめそうですね。

トータルで見て、さすが王者の貫禄、ゆるさがウリのジャンクじゃない、綿密に計算された各素材のバランス取りが光る「完璧なジャンク」でした。
この味を知ってしまった人が増えていくと、こりゃ間違いなく「なんちゃって台湾まぜそば」の淘汰が始まりますね。
汁物も含めメニューも豊富なので、再訪は確実です。

ちなみにここで気になるのが、本家のお墨付きを得て登場した「こころ」の立場ですが。。。
両者食べ比べた感想としては、異なるのは立地のみ、品質はほぼ互角かと(強いて言えば、はなびの方がタレの粘りが強く、味付けもパンチが効いてます)。
お互いのターゲットは異なる大学なのでw、まぁ喰い合うことはないでしょう。

ただ。。。8月に「こころ」2号店ができるそうで、その場所が西早稲田!
W大理工学部を挟んでちょうど反対側に出店となるようで、こりゃ師弟ガチ台湾バトル勃発か?

--

麺屋はなび 新宿店


関連ランキング:ラーメン | 西早稲田駅東新宿駅新大久保駅


関連記事
コメント:
どうも~

いやぁ~、まさかの元祖殴り込みですねw
都内の台湾まぜそばブームにいてもたってもいられなくなっちゃいましたかね?ww
で、台湾まぜそばだけかと思ったら、塩や醤油もあるんですね。
まあ、初訪は確実に台湾まぜそばにしますけどw
[2014/07/20 11:24] | corey #- | [edit]
ども~
この辺りは知っている土地です。 文系ですがw
このような立地で大丈夫??と思ってしまいますね。

この辺りに立ち酔ったら
あの煮干のお店に行っちゃう可能性が大きいかもw
[2014/07/20 14:26] | はち #- | [edit]
タムさん、こんばんは。

お〜絶賛のレビューですね。
自分も近々追撃してみたいと思います。

でも、こちらで食べられると名古屋に行ったときに楽しみが無くなるのも寂しいものです。
[2014/07/20 21:08] | azteca #- | [edit]
こんにちは、ありゃ、いつの間にか相当お久しぶりで…(過労死寸前状態でした)

私も先ほど行って参りました。
カウンターの角の席で調味料類に手が届かなくて…(ToT)
昆布酢を入れるのを断念しました。
何回も何回も席を立って、取りに行ってたら厨房から不審な目で見られまして。
でもタムさんのレポの通り酢は確かに合いそう。
う〜ん、悔しい。。。(手が届かないところに置いているあんたらが悪いのに不審な目で見ないでも…)

正直な感想は美味しかったけど塩の方が好きかな〜、でもさすが本家、美味いですよね。
私はカレー台湾まぜそばか塩で再訪致します(名古屋で食べた時となりの人のカレーがいい匂いでして)。
[2014/07/21 01:51] | naps #- | [edit]
いやぁ~めっちゃ旨そうっ!
勤務地より至近なので、
いつかのランチで狙っております(^^)
[2014/07/22 11:57] | Y #- | [edit]
こんにちは。

お、はなびに行かれたんですね。
やっぱり本場の味は間違いなさそうですね。
自分も今週中には何とか行ってみたいな~
[2014/07/22 14:10] | ayashi #- | [edit]
>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>いてもたってもいられなく

結構あるかもw
大岡山の「こころ」が早くも2号店!?なら俺も!みたいな感じですかねぇw
でも、ラヲタとしては本家登場は大歓迎!これからの周辺を巻き込んでのレベルアップが楽しみですよね。

>>塩や醤油もある

そうですね、台湾ラーメンもあるし、「キミスタ」というマイルド系の混ぜそばもあったり、かなりバリエーション豊かで楽しそう。
カレーも旨そうなんですよねぇ。。。

ご当地麺が続々と東京進出を果たすのは非常にうれしいんですが、池袋のベトコンラーメンが。。。orz
残念です。

--

>はちさん

こんばんは&コメありがとうございます!

あ、文系の方のご出身でしたっけ?エンジ色の旗ですな!

確かに結構な裏通りなんですが。。一度食べたら二回目以降の引きは確実にあるので、ここでも行けると判断しての進出ってことでしょうかね。

>>煮干しのお店

めときも最近お休みが多いみたいで。。。また行くなら早めの方がよさそうですね。

--

>aztecaさん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>名古屋に行った時に楽しみが無くなる

イヤこれ、ほんとその通りですよね。
ベトコン、天スタ、高井田式、みんなご当地に行かないと食べられないお店が東京に来ちゃうんだもんなぁ。。(ベトコンは速攻撤退しちゃいましたがorz)
まぁでも、遠征時に「お約束」で抑えるお店が東京に来てくれると、より現地でのお店選びに幅が出来ていいですね。

本店と同様のメニューラインナップで、かなり気合入れての東京進出っぽいです。
行列店になる前に、早めに行ったほうがよいかも?

--

>napsさん

こんばんは&コメありがとうございます!

おっ、行かれましたか!
昆布酢は残念でしたね~。僕だったらスッと立って昆布酢の容器強奪して自分のトコに置いちゃうかもw
味が濃いので、後半のお酢はかなり効果的です。次回はぜひ。

ってかカレーよさげですよね!
次回は台湾ラーメンにするかカレー混ぜそばにするか迷います。。

--

>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

あら、このあたりまでランチ圏内ですか?
だとするとかなり羨ましいなぁ。
ランチタイムはライスが無料なので、追い飯もたっぷり入れられますよ~。

さすがの味わいなので、ぜひ食べてみてほしいっす!

--

>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>やっぱり本場の味は間違いなさそう

ですね~。
名古屋で食べたことがなかったんで、本店が東京に来てくれて感謝っす!
もうちょっと主要駅に近いとうれしいんだけど、そんな贅沢言ってられないっすね。

ガッツリ追い飯まで行っちゃってください!

[2014/07/22 19:30] | タム6000 #- | [edit]
こんばんは。
遅コメ失礼。
師弟対決勃発ですか、これは、凄いことになってきましたね。
台湾まぜそばは、そんなに毎日、食べるものでも無いんで、
セカンドメニューの塩の勝負になるんじゃないでしょうか。
今度は塩を食べ比べてみたいですね~
[2014/07/22 21:45] | kamepi- #- | [edit]
>kamepi-さん

こんにちは&コメありがとうございます!

いやぁ、やっぱ本家は旨いですね。この完成度はさすがだと思いました。

で、そうですね〜、W大を挟んで師弟対決になるようですね。
「こころ」の店主さん、本家が進出すること知ってたのかなぁ。。だとすればかなり挑戦的っすねw

>>セカンドメニューの塩の勝負になる

なるほど、そういう見方ですか。
確かに、毎日食べるには結構パンチありますもんね。最終的には汁物かぁ。。
台湾ラーメンも気になるし、塩も旨そうだし、両店とも全種類食べてみたいっす。
[2014/07/23 11:56] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1702-eac1cf3c

<< topページへこのページの先頭へ >>