かるかやうどん・冷(460円)@池袋・かるかや

2014-07-17
今日のランチは池袋
なんとなく食欲がなかったので、ツルンと冷たいおうどんでも啜りたい気分。
となると頭に浮かぶのは「あんぷく」ですが、あそこ量の割に高いんだよなぁ。。。
あ、そうだ!そういえば、「孤独のグルメ」で池袋西武屋上の讃岐うどん屋が紹介されてたっけ。。と西武百貨店へ。

エレベータに乗り一気に屋上へ。
ほぉ。。。夜はビアガーデンになるスペースという認識しかありませんでしたが、天気がいいからか、なんとものどかな風景が広がってるんですな。
小さなお子さん連れのママ友軍団や、休憩中の西武百貨店の従業員さん、そしてなぜか昼間からワンカップを飲んでスポーツ新聞を読むオッサン等、多種多様な人種が。
そんなほんわかした屋上スペースの奥に、なぜか行列ができる掘っ建て小屋が。これぞ噂の讃岐うどん店「かるかや」さん。

平日13:00到着で行列は20名ほど。
いわば屋上全体が客席であり、皆さん丼を受け取ったら思い思いの席へ移動して食べ、下膳時に戻ってくるというシステム。
行列の流れは早く、10分弱で配膳口へ。

KARUKAYAKARUKAYA

メニューを見ると、「冷たい釜あげ」という不思議なメニューがあるんですよね。
〆るんだったらもはや釜あげじゃないと思うんですが。。。これを頼む気マンマンでしたが、具のたっぷり花鰹に惹かれ、ギリギリで「かるかやうどん」の冷たいのに変更。ちなみにこちらは揚げ物系のメニューはありません。
口頭でオーダーすると30秒ほどで着丼。代金を支払い、オープンエアのテーブル席へ。

KARUKAYA

ほぉ。。しかしコレ、見るからにデパートの屋上で食べるうどんのクオリティじゃないですな。
極太のウネウネ麺が濃い色の汁から顔を出し、その上にはたっぷりの鰹節、そしてお揚げとネギ、カマボコというレイアウト。

では、丼を持ってお汁を一口。
お、讃岐を謳っているけれど、お汁は関東風なんですね。
結構濃い味で甘めのカエシが特徴的。ベースの魚介出汁の旨味もしっかりしており、全体的にメリハリのある味作り。

KARUKAYA

麺は、表面ツルツルでゴワッゴワのコシを楽しむ「啜る」というよりは「噛み切る」という表現が適切な剛麺。思ったほど塩は効いていなく、噛むほどに小麦の味がしっかり感じられます。
おそらく手切りなので太さは不均一。形状的には角断面極太麺なのですが、麺を切る際に麺の縁が反り返った独特の形状。
讃岐にもこういった形状の麺はありますが、このゴツゴツした男っぽい雰囲気は。。。むしろ「武蔵野うどん」ですな!今は亡き東村山「とき」のうどんがフラッシュバックします。

麺量はデフォでも結構たっぷりめ。ラーメンでいったら茹で前200くらいのボリュームはあったかな。
具はかつお節、お揚げ2枚とネギ、カマボコ。花鰹の華やかな香りがいい感じです。

KARUKAYA

ちなみに、相方がオーダーした釜揚げを一口もらったのですが、この麺、釜揚げ状態でもゴワゴワなんですなw
また、釜あげはお汁に生玉子と揚げ玉が入るので、お汁のコッテリ度とコクが向上し、強い麺とのバランスがよりよくなってるかも。

ということで、サクッと完食して下膳→ごちそうさまでした。
まさかこんなところに、こんなしっかりした武蔵野うどん的なやつが安価で食べられるお店があるとは。。。
最近はデパ地下グルメがもてはやされますが、「デパソラ(屋上)グルメ」も捨てがたいですな!
武蔵野っぽく行くなら、肉うどんとかカレーうどんがあったらもっと魅力的なんだけどなぁ。。次回はとりあえず冷たい釜あげにしましょうかね。再訪は確実。

--

かるかや


関連ランキング:うどん | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


関連記事
コメント:
かれこれ20年以上くらい前から食べてますね。
もはやソウルフードに近くなってますww

ここで食べた後は、地下にある「かるかや」←ここでうどんを打っている。
でうどんではなく「切り落とし」(200gで100円)を購入して帰ります。

「切り落とし」がないときもあるので、その時はうどんを購入。

西武池袋での定番コースとなっていますww
[2014/07/17 12:16] | 大豆 #JalddpaA | [edit]
>大豆さん

こんにちは&コメありがとうございます!

なんと!20年前から存在するんですか。。。そんな歴史を持ったお店だとは全く知りませんでした。

しかも地下店舗で手打ちしているなんて情報までAZS!
この麺はぜひ家でも楽しみたいなぁ。
切り落としって「一反も麺」みたいなやつですか?すいとんっぽく料理しても旨そうです!

今度は地下店舗とセットで行ってみます!
[2014/07/22 12:26] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1699-5acbf4fe

<< topページへこのページの先頭へ >>