FC2ブログ

冷やし煮干中華(890円)@市ヶ谷・麺や 庄の

2014-07-16
毎度創作性の高い限定メニューで楽しませてくれる庄のさんにて、冷やし中華が始まったとのこと。
なんでも、冷やし「煮干」中華というネーミングらしく、どんな感じなのか興味津々。

ということで、早速市ヶ谷へ。
平日13:45到着。店内は7割ほどの入り。後客も続々でほぼ満席キープです。
生マッシュルームを使った限定麺もあったのですが、今日はクッソ暑いし、やっぱりヒヤチュー!と券売機のボタンをポチ。

SHONO

食券を提出し、カウンター席へ着席。結構ヒヤチュー注文率高いですね~。
待つこと10分ほどで着丼。

SHONO

おぉ。。。面白いっすね。かなり大型の角平皿に、綺麗に具材が並べられております。
麺の上には錦糸卵と刻み海苔、その周りにはチャーシュー、メンマ、キャベツ、キュウリ、ナルト、カイワレ、そして丼の縁には辛子、レモン。また「後半混ぜてください」と煮干しジュレも。
また、タレは自分でかけるようで、ポットに入った冷たいタレが供されます。中にはアゴ様の姿が。

SHONO

ではまず何もかけずに麺を一本。
麺は自家製麺、中太平打ちストレート。表面はつやつやヌメヌメで、加水はかなり高めだと思います。
チュルリと啜ると、モッチモチの歯ごたえがいい感じ。麺量は控えめで、160~180g程度かな。

SHONO

では、麺に各具材を載せつつ、タレをぶっかけていただきましょう。
あ、その前にレンゲでタレを一口。。。何このタレ、めっちゃウマいんですけど!!
作りとしては、いわゆる古典的ヒヤチューの甘酸っぱい醤油ダレなんだけど、市販のヒヤチューのタレとは次元の違う完成度。
アゴの旨味と香りが溶け込んでおり、濃厚な醤油の旨味、そして酸味が嫌味のない抜群のバランスで効いており。。。これまで食べた古典ヒヤチューのタレの中で間違いなく一番旨いです。
このタレ、ポット一本分供されましたが、こっそりペットボトルに入れて持って帰りたいかも!(←ダメです)
というか、これ売って欲しい。。。家で〆たうどんにぶっかけるだけで一食できちゃうよ。

SHONO

で、このタレを纏った麺と具材がまずいわけがない!
タレが旨いのでドバドバかけちゃいましたが、塩辛すぎることもないので、全然大丈夫ですな。
冷たい麺と具材に甘酸っぱく旨味の強いタレ、そして和辛子のピリッとしたアクセント。ヒヤチュー好きとしてはたまらんです!

SHONO

チャーシューはレギュラーメニューにも乗るロース系煮豚を拍子木にカットしたもの。炙ってあり香ばしく、ミッチリしっとりした食感でしっかり味が染みており旨いです。冷製ですが、たまに出会う脂身もネットリ旨いなぁ。

SHONO

メンマは穂先タイプが2本。ショリッと柔らかく優しい風味。これは麺と一緒に啜るといい感じ。
キュウリは、この手のメニューだと千切りにするのがお約束ですが、ピーラーで薄切りしたものになります。ピロピロとしたキュウリで麺を包んで食べるのが吉。
キャベツは茹でキャベツ。甘味とシャクシャクとした歯ざわりがいいアクセントに。カイワレの辛味も非常によく効き、清涼感をアップしてくれます。ここにトマトとかがあってもいいけど、後半の煮干ジュレ投入時に喧嘩しちゃうかな?
中盤でレモンを一絞りすると、爽やかな酸味が加わり、またひと味もふた味も変わりますね。

SHONO

後半戦では、小鉢に入れられた煮干ジュレを投入しよく混ぜます。
こちら、ウルメ煮干のわかりやすいクセを濃縮したもので、いわゆるニボニボ感がかなり強め。
これを全体に混ぜると。。。おっ、ホントだ、冷やし「煮干」中華になりました。
ヒヤチューのタレの酸味とニボニボが喧嘩するかな?と思いきや、今度は酸味よりタレの甘味が煮干の香ばしさといい感じでシナジーするんですね。こういう味変もあるのかぁ。。これは好きかも。

麺が少なめだったこともあり、一瞬で固形物を完食。
タレがあまりに旨いので、食後もレンゲでチビチビと飲みw、名残惜しくごちそうさまでした。
汁なしに近い食感なので、麺はもっとたっぷり食べたいかも。成人男性のランチ量としては正直少なめに感じました。大盛できるのかな?
あと、できるかわからないけど、つけ麺/ラーメン用の替え玉を頼んで〆てもらって、このタレぶっかけて食べたかったかも。

トータルで見て、前半は古典ヒヤチューファン向けの現代風冷やし中華、そして後半はニボラー向けの煮干冷やしまぜそば、という二面性を楽しむことができる「一杯で二度美味しい」一杯。
味変のタイミングを前半に持ってくれば、酸味系のヒヤチューが苦手な方(ラヲタに結構多いですよね)でも十分楽しむことができると思うので、この夏万人にオススメしたいところです。

--

麺や 庄の



関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅麹町駅


関連記事
コメント:
こんにちは。

替え玉賛成!
個人的に麺量は300g欲しいですね。
今日は自分も冷しメニューにしようかな~
[2014/07/17 08:38] | ayashi #- | [edit]
二丁目、御苑界隈の系列には
ちょいちょいいくのですが、
本店かなりご無沙汰しております。
涼しげな一杯魅力的です!
[2014/07/17 08:54] | Y #- | [edit]
どうも~

確かに麺量は少なさそうですね。
替玉…多分無理でしょw
大盛頼んで、煮干ジュレの容器にタレをドバドバこれでもかと入れるのが良いかとww
うん、このタレ美味そうな雰囲気がプンプンします。
[2014/07/17 11:29] | corey #- | [edit]
>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>麺量は300g

さすが腹ペコayashiさんw
冷やし中華って(千里眼系のは除いて)どこも量少ないイメージありますよね。
まぁ、サラッと食べたい、というニーズと「大盛」って相反するからかもしれませんが。。。

これからの季節、冷やしが魅力的になってきましたね。
昔はどこ行っても冷やチューばかりでしたが、いろんなバリエーションがあって楽しいですよね!

--

>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

こちら、ちょい量は大人しめだったけど、相当旨かったですよ〜。
後半の煮干ジュレがヤバイです。

たまには本店もいかがでしょう?機会あればぜひ!

--

>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>大盛頼んで、煮干ジュレの容器にタレをドバドバこれでもかと入れる

あ、ジュレの容器にタレを混ぜるって発想はなかったなぁ。。それやってみたいかも。

庄のさんの味変付きメニューって、前半旨すぎて後半になった時既に麺の残りが。。。というのが「あるある」なんですよねw
やっぱ大盛だな。。。

市ヶ谷はなかなか来られないと思いますが、機会あればぜひ食べてみてほしいっす!
[2014/07/19 19:29] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1698-1ffc03df

<< topページへこのページの先頭へ >>