FC2ブログ

チキンタツタカレー・大盛(週替りサービス)670円@市ヶ谷・カレーの王様

2014-07-11
今日のランチは会社近辺でサクッと済ませたい気分。
某バラエティ番組の影響で、どうしてもスタンド系のカレーが食べたい気分だったのでwお店をサーチ。
お、市ヶ谷の駅前に聞いたことないチェーン系のカレー屋さんがありますね。じゃあそこで!
#こちら、もともとS&Bが手がけるカレーチェーンだったようですが、現在は「えん」「嵯峨谷」等を運営するプラスゲートという資本が経営しているようです。

平日13:45到着。お店は広くテーブル席主体。客入りは半分程度。
予習により、週替りでどれか一つのメニューが大盛サービスになることは知っていたので、店頭のPOPを確認。なるほど
、今週はチキンタツタカレーがサービス対象なんですね。カツカレーがよかったけど、今日はそれで。

OSAMA-no-CURRY

注文は、店舗入口のカウンターで口頭で。代金は前払いです。
また注文時「カレーは中辛と辛口が選べます」とのことなので当然辛口で。
その後、カウンター隣の配膳口からカレーを受け取るスタイル。揚げ物は揚げ置きされているようで、瞬時に着丼。

OSAMA-no-CURRY

さて、空いている席へトレイを持って移動し、いただきましょう。
うん、大盛だけあって結構ボリュームありますね。チキンタツタは小ぶりで3つに切り分けられています。

OSAMA-no-CURRY

では、ドロッとしたルーを一口。
うん、そうそう、今日食べたかったのはこういうのですw
味的には完全にセントラルな感じで、特徴は野菜の甘みがかなり強いこと。後味もかなりベタッと残り、まぁ率直に言うとあまり好みではないかなwスパイス感は弱めで、辛口と行っても市販カレーの中辛レベル。
卓上に辛さ調整用のS&Bスパイス(さすが元S&B資本!)があるので、ドバドバかけていただきましょう。

OSAMA-no-CURRY

このスパイス、いわゆるココイチでいう「トビ辛スパイス」ですね。カイエンペッパーとガラムマサラあたりをブレンドしたもので、とりあえずハイはピリピリするようになりますが、やはりベースにあるもったりした甘さはどうしようもないですな。。。

OSAMA-no-CURRY

個人的には、ハウスの「カレーホット」(カレーに後がけするラー油タイプの辛味アップオイル)を置いてもらいたいところ。
あれ最近どこのお店にも売ってないんだよなぁ。。(ネット通販で買えるが、業務用の大型ボトルしかないorz)

OSAMA-no-CURRY

ライスは硬めに炊かれており、カレーとは相性バツグン。
量は通常の1.5倍ということで、300g以上はあったかな。結構ボリュームありますよ。
ちなみに大盛はライスだけでなくルーも対象なので、ご飯が余ることはありません。

OSAMA-no-CURRY

チキンタツタは、揚げ置きでしばらく保温器に入れられていた感じの衣の湿気りっぷりw
既成品感丸出しのお味ですが、今日食べたかったのはこういうチープなやつなので全然OK。

OSAMA-no-CURRY

ということで、サクッと食べきって満腹でごちそうさまでした。
こういう「何の変哲もないスタンドカレー」もたまにはいいですな!今度は会社近くにできたココイチに行ってみようかな。。

--

カレーの王様 市ヶ谷店


関連ランキング:カレーライス | 市ケ谷駅麹町駅半蔵門駅


関連記事
コメント:
ココイチで、シーフード三昧カレーを食って、帰還しましたw
夏場は、どうしてもラー食が減ります。
仕事の時間帯の変化、熱いものが食えなくなる、
さりとて、冷たいラーメンは何か苦手感、
夏ならではのものが食いたくなる、
で、カレー、いいですな。
でも、ココイチもスタンドカレーも
ルーに野菜が少ないのが寂しいの。
最後はやっぱり家庭のカレー?
あ、単純なチキンカツより、龍田、いいっすなー!
サクサク感が軽いし、ルーとの馴染みもいい!
[2014/07/12 00:29] | GT猫 #- | [edit]
おっ、なぜかこのエントリに反応してくれるGT猫さんww
夏はやっぱり、スパイシーなものや辛いものが食べたくなりますよね。

>>ルーにカレーが少ない

あぁ、確かに。
まぁ基本セントラルキッチンってこともありますが、ゴロゴロ系ってないですよね。
限定になっちゃうけど、ココイチだとグランマカレーとかかな?
まぁでも、あぁいうのは自分でこだわりぬいて作った方が満足度高いかとw

チキンタツタは、積極的にチョイスしたわけではなく、たまたま大盛サービス対象だったのがコレだけだったからですw
でも、結果オーライ!
[2014/07/13 21:35] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1690-fd8cf2a7

<< topページへこのページの先頭へ >>