FC2ブログ

カツ丼(850円)@市ヶ谷・日本そば 角屋

2014-07-08
今日のランチは市ヶ谷で。
同僚から「カレー南蛮が有名なお店がある」という情報をゲットしたので、「角屋」さん。
あら、全然気付かなかったけど、先日ワンコインラーメンを食べた魂心家さんの隣じゃないですか。店構えが「街の蕎麦屋」的な感じで店内が全く見えないので完全ノーマークでした。。。

平日14:10到着。
カラカラと引き戸を開けると。。おぉ、意外に大きなハコなんですな!
奥に厨房、手前は客席というレイアウトで、客席はテーブルのみ。4人がけのテーブルが10卓以上あったかな?かなり広いです。
客入りは1/3ほど。客層は100%オッサンリーマン。まぁ俺もその中の一人ですがw
店内にはカレーのいい香りが漂い、蕎麦屋じゃないみたいw
半分以上の方がカレー南蛮をオーダーしておりますが、壁のPOPを見ると、なんと、水曜はカレー南蛮100円引きとな!
えっと、今日は火曜か。。。うーん、じゃあカレーじゃないのにしましょうか(貧乏性w)。。

KADOYA

やっぱ蕎麦屋のカツ丼も捨てがたいよね!と花番さんにカツ丼を口頭オーダー→待つこと10分ほどで着丼。
13時以降は喫煙可となるようで、着丼のタイミングで隣のテーブルでプカ~、とされてかなりカチンとw
まぁ、半分ほどで吸い終わってくれたので助かりました。

KADOYA

さて、気を取り直してカツ丼をいただきましょう。
丼物には味噌汁が付いてくれるとありがたいのですが、潔く丼+香の物のみという構成。

KADOYA

カツは、濃い目の蕎麦汁でじっくり煮込んで玉子でとじられており、典型的「蕎麦屋のカツ丼」といった趣。クリスプ感を重視するとんかつ屋のカツ丼とはまた違ったアプローチ。
パン粉は細かめ、衣は厚めで汁をたっぷり吸っており、カツのサクサク感は全くないですな。しかししっかり味が染みてるので、いい感じでご飯がススム系です。

KADOYA

肉は小ぶりなロースで200g程度。厚みは1cmくらいで、かなり硬めで繊維感のある仕上がり。脂身は端部にわずかに残るのみ。
というか、箸で持った段階で衣から肉が剥がれ落ちまくりますwうーん、仕上がりとしてはあまり好みではないかなぁ。
タレはしっかり和出汁が効いた甘口のもので、量もご飯がシャバシャバにならずに味がまんべんなく染み込む絶妙の量加減。

KADOYA

また、カツ丼というと、カツとタマネギを玉子とじにするのが定石だと思うのですが、こちらはタマネギの替わりにキャベツの千切りを使ってるんですね。意外!
キャベツの千切りと言えばソースかつ丼の下に敷くイメージだけど、こちらは生ではなくカツと煮込んでいるのが面白いです。キャベツの甘味が引き立ちタマネギよりアッサリ感があって。これはこれでアリ。

ご飯はたっぷり必要十分で、300g程度かな。そこそこお腹一杯になりごちそうさま。でもやっぱお汁が欲しかったかな。。。

トータルで見て、「ザ・街の蕎麦屋のカツ丼」を地で行くタイプの一杯。
千切りキャベツ等の小技も効かせつつも個性がないのが個性、というか、国鉄で言えば103系、東武で言えば8000系みたいな鉄板の安定感を感じました(意味わかんないっすよねw)。

さて次回は、水曜日にカレー南蛮を食べに来ることにしましょう。

--

日本そば 角屋


関連ランキング:そば(蕎麦) | 市ケ谷駅麹町駅四ツ谷駅


関連記事
コメント:
こんにちは。

カツ丼見たらカツ丼食いたくなるし、ラーメン見たらラーメン食いたくなるし、
自分って本当に喰いしん坊なんだな~ってつくづく思いますわ。
腹減ったww
[2014/07/09 10:12] | ayashi #- | [edit]
>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

ラーメンもそうですが、丼物も強力な引力ありますよね~。
今後もこういった飯テロ画像をぶっ込んでいくので、ご期待くださいw
[2014/07/11 11:41] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1685-9a97b4a0

<< topページへこのページの先頭へ >>