FC2ブログ

【限定】こく煮干し 塩味(850円)@池袋・長尾中華そば 東京池袋店

2014-04-28
5/8までの期間限定営業となるこちら。
これまで「あっさり」「裏メニュー(こく煮干の濃厚版)」と両極端のメニューを頂き、とりあえずお店の概略は把握した気になっていましたが、こく煮干の「塩味」が提供されていると聞き、それは気になる!と三度目の訪問。
単純に考えれば、塩ダレになればより出汁の風味が前面に出て、素材を感じる一杯になるはずですが、さて結果やいかに?

NAGAO CHUKASOBA

平日14:20到着。前客6、後客2。
券売機の「限定」ボタンは2つあって、ひとつは「裏メニュー(限定)」もうひとつは「限定ラーメン」。後者のバタンを押すと塩のこく煮干が食べられます。って、ややこしいなぁw

カウンター席に着席し食券を提出。
待つこと3分ほどで着丼です。

NAGAO CHUKASOBA

おっ、確かにスープが白濁ですな。表面には薄く油層。
その上には、チャーシュー、メンマにネギ、味玉半分。

NAGAO CHUKASOBA

では、熱々のスープを一口。
あぁ。。。なんか不思議な感じがしますね。
直感的に思ったのは「この出汁は醤油の方が合ってるのでは?」ということorz
デフォだと醤油の香りにマスクされていい具合になるんだけど、煮干の少々生臭さを感じる香りがちょっと強めに感じられます。
また口に含むと、やっぱり煮干の(あまり出てほしくない)雑味がタレより前に出てきちゃうかなぁ。
うーん、醤油の艶っぽさでだいぶ七難隠してあったみたいですね。一方で塩梅はかなりビシッと強めに感じられ、不思議なことにデフォで強く感じた酸味は控えめに。
おそらくデフォだと、煮干自体の酸味が醤油のフックでキュッと持ち上げられてより強く感じられたんでしょうな。
まぁ、仮説通り「素材感」はより強く感じられましたが、全体のバランス的には醤油の方が上かな?

NAGAO CHUKASOBA

麺は三河屋製の中細平打ストレート。加水は高めでムニッとした滑らかな触感が、この手のラーメンとしてはかなり個性的。
口に入れた瞬間「柔めかな?」と思うのですが、噛みしめるとモチモチとした弾力があり、これはこれで面白い麺だと思います。
うーん、でもこの麺もやっぱ醤油ありきかな。。。煮干醤油スープだと、なんとなく細身のうどんみたいな感覚で楽しめたのですが、塩スープとの相性は「?」に感じられました。麺量は130g程度。

NAGAO CHUKASOBA

チャーシューはバラ角煮を薄切りにしたものが2枚。皮まで付いたトンポーロー的な仕上がりで、醤油味でしっかり味付けしてあります。ホロッと柔らかく、単体では非常に旨いチャーシューですが、スッキリした塩スープの上ではちょっと派手すぎかも。
メンマはポリポリとした食感のものがたっぷり。味付けは控えめでこのスープともよく合います。
味玉はネットリ半熟の黄身がなかなか旨いですな。味付けは控えめでスープに浸して食べる感じ。
ネギはこの手の和風スープには抜群に合う清涼感アップ薬味アイテム。タマネギだとどんな感じになるのか試してみたいかな?

途中から、卓上の味変アイテムを少しずつ使ってみました。
まずは一味。鉄板そうに見えますが、ちょっとスープと香辛料がバラバラに主張する感じでイマイチ。
お次に白胡椒。
・・・あぁ、これはちょっと人を選びますね。不思議なことに、辛味よりスープの酸味と塩辛さがグッと立つ感じ。醤油バージョンの酸味が好きだった方にはオススメかも。
ということで、結局一番無難にハイを彩ってくれたのは黒胡椒でした。

全体的に量は少なめなので、サクッとおやつ感覚で頂き、固形物完食でごちそうさまでした。
トータルで見て、どことなく「賄い」出身を思いおこさせるような、お手軽にバージョン違いを楽しめる一杯。
「賄い」という印象を持ったのは、醤油と煮干を軸に完成された一杯の「タレだけ」を変えているので、やっぱり他の素材と微妙にチグハグさが残り、でもそこを敢えて最適化していない、という部分。
デフォの1バリエーションとしては楽しめるけど、単品メニューとしてみると、やっぱりデフォの完成度には敵わない、というところでしょうか。
まぁでも、念願の塩バージョンも食べられたので、このお店に関しては一片の悔いなし!約半年間の東京営業、お疲れ様でした。
機会あれば青森の本店にも行ってみたいなぁ。。

--


長尾中華そば 東京池袋店


関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


関連記事
コメント:
どうも~

煮干って基本的に塩<醤油だと思ってます。
まあ、今まで「これぞ!」という塩煮干に当たったことが無いからかもしれませんが。
でもやっぱり雑味が顕著になりやすいから、煮干は塩に不向きなんじゃないかと思うんですよねぇ。
あと最近はあまりニボニボしたのは嗜好から外れてきているので、エグミ全開のを出せば美味いと思う風潮がどうにも違う気がしてならないですけど。
[2014/04/29 00:00] | corey #- | [edit]
ども~
そうそう釦の意味はしっかり把握していないと見当違いの商品がw
ワタクシが購入した時、濃厚な一杯を食べるつもりが
その期間限定の味噌でした・・・orz

此処の煮干しが一番好きかもしれません。
あくあでも個人的にですけどw そんなに食べ歩いている訳ではないのでwww
[2014/04/29 07:54] | はち #- | [edit]
どもです

「総合的に相性が良いのは醤油、素材感をダイレクトに味わいたいなら塩」というのは同感です。
凪で両方試した時にも感じました。
まぁコチラはその辺の当世風濃厚煮干とは些か異なる立ち位置なんでしょうけど。
コチラの営業はあと10日位でしたっけ?
自分ももう一度位は食べとかないとです。
[2014/04/29 18:29] | 秋 #- | [edit]
そう!
やっぱ醤油・・・の濃い方ね。
一般的には悪くないけど、
やっぱ飽き防止ヴァージョンとでも申しましょうか。
1年とはいえ、池袋で食べれた御縁に感謝。
[2014/04/30 00:25] | GT猫 #- | [edit]
>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>「これぞ!」という塩煮干

うーん、そうですねぇ。
個人的には、凪の塩は結構好きだったかな。でもやっぱ醤油の方がメインストリームな感じはしますねぇ。
あ、塩煮干と言えばソラノイロ2号店のは絶品!でも、あれは水出し系の雑味ゼロなタイプでした。
やっぱ煮干のクセを出したやつは、キレのある醤油の方が合うんでしょうね。

あ、でもここの塩は醤油より酸味が控えめだったので、coreyさん向けかもw

--

>はちさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>期間限定の味噌

ご愁傷様ですw
「限定」だの「裏」だの紛らわしいんですよねww
レギュラー提供してるんだから、裏とか言わなきゃいいのに。。

>>此処の煮干しが一番好き

ほぉ、結構渋い好みですね。
エグすぎもせず、だけどしっかり煮干しのクセが主張するのがお好み、という感じでしょうか?
そうそう、ここのまぜにぼもおすすめっすよ〜。

--

>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>その辺の当世風濃厚煮干とは些か異なる立ち位置

そうですね〜、少なくとも煮干狂會とはちょっと方向性が異なるかなw
でも、和食的アプローチで煮干を扱わない、という点では同じでしょうかね。あくまで煮干の雑味と言われる部分を活用する、という意味で。

こちら、8日までなんでぜひ食べてみてください。まぜにぼもオススメです。

--

>GT猫さん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>飽き防止

そうですね、今回の塩は、常連さん向けの「いつもと違う一杯」って感じでした。
まぁ、そういったコンセプトに照らし合わせてみると、これもアリですね。

ご当地ラーメンはやっぱ、現地の空気で食べてこそだよなぁ、と思うので、いつかは行きたい青森遠征。
[2014/05/02 15:59] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1590-46a86a84

<< topページへこのページの先頭へ >>