FC2ブログ

中華そば(680円)@川崎・ラーメン玉 赤備

2014-04-13
今日の遅めのランチは川崎で。
最近川崎というと三三七か一燈の二択状態になってしまっているので、たまには毛色を変えてみよう、と久々に銀柳街方面へ。
オープン時にかなりワイルドな豚骨醤油を頂いた赤備」さんへ二度目の訪問です。まぁ結局グループに来てしまうわけですなw

休日16:15到着。2F席もありますが、カウンターのみの1Fはほぼ満席をキープ。なかなか人気ありますね!
ハイテク券売機で、魚介ブレンドとなる「中華そば」をポチし空き席へ滑り込みます。
スタッフは、厨房に男性2名、そしてホールとして女性1名という布陣。

AKAZONAE

食券を出し、待つこと8分ほどで着丼。
ほぉ、名前の割に結構ワイルドなルックスですな!
茶濁のスープの上にはたっぷりの液体油層。その上にはチャーシュー、ナルト、ネギ、メンマに海苔。

AKAZONAE

では、熱々のスープを一口。
一言で言うと、「甘口豚魚」といった感じ。
動物系のドッシリした旨味にかなり甘口の醤油ダレを組み合わせ、それだけだとのっぺりしてしまう所に魚粉主体でアクセントを付けたという構成。
液体油がかなり多めなので口当たりは結構ヘヴィ。ただ、以前食べた鶏豚中華そばよりはベースの重さがないので若干食べやすいかな?

AKAZONAE

麺は角断面細ストレート。ちょっと博多麺っぽくも見えますが、博多麺よりは一回り太く加水も高め。
歯ごたえはプリシコ系でハリがあり、小麦の風味もしっかり感じられ美味しい麺ですね。スープの絡みは十二分。麺量は130g程度。

AKAZONAE

チャーシューは大ぶりなロース系煮豚スライスが1枚。大きいのはうれしいんだけど、かなり固めの仕上がりで、噛むと繊維質がちぎれて歯と歯の間にめっちゃ詰まるタイプw俺も歳だなorz
また、ネギは細かく刻まれスープと一体化。これがないとスープの油の重さがかなり目立ってしまうので、ナイス清涼アシスト、といったところでしょうか。
メンマは細裂きのもので、ポリポリとした食感がいいアクセント。海苔はスープに浸して麺を巻いていただきましょう。ナルトはいい彩り要員。

ということで、サクッと固形物を完食しごちそうさまでした。
トータルで見て、油を効果的に使うことでわかりやすくパンチを効かせた、コッテリ豚魚な一杯でしたね。
個人的にはこの油っぽさと甘さに終始やられぎみでしたが、好きな人はハマりそう。
うーん、やっぱグループは三三七かな?←伏線

--

玉 赤備


関連ランキング:ラーメン | 川崎駅京急川崎駅八丁畷駅


関連記事
tag : 川崎 赤備
コメント:
こんにちは。

自分もまだこの店に行ったこと無いです。
ってか、最近はラゾーナにもいけてないしな~

・・・そう言えば駅中の直久で八王子ラーメン食べなくっちゃw
[2014/04/14 15:27] | ayashi #- | [edit]
どうも~

玉グループの中で、赤備だけがいまいちコンセプトが掴めないんですよねぇ。
玉は豚骨魚介、三三七は煮干で、さてここは?
一応豚魚がメインなんでしたっけ?
[2014/04/15 02:59] | corey #- | [edit]
丁度2年ほど前の今ころ
お邪魔しましたが、結構好きなお店です(^^)
前回ラーメン食べたので、つけ麺いただいてみたいです。
[2014/04/15 09:45] | Y #- | [edit]
>ayashiさん

こんにちは&コメありがとうございます!

こちら、玉グループの中では一番立地もいいし、一番一般受けしそうな雰囲気のメニューかなぁ、と。
コッテリ系が食べたい時は結構いいと思いますよ〜。機会あればぜひ。

そういや、いつのまに青物にも直久ができたんですよね。

--

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>コンセプト

たぶん、玉:濃厚豚魚、三三七:鶏煮干、そして赤備:濃厚豚鶏醤油、というククリかな?
家系王国神奈川ということで、動物系の押しをメインに据えた立ち位置だったかと思います。
あと、名物は「チャーカツ」らしいw

オッサンにはちょっと重たい系ですが、若者やたまにしかラーメンを食べない方には結構ウケるんじゃないかなぁ?

--

>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

こちら、コッテリ濃い系が食べたい時はなかなかマッチしますよね。
つけ麺だとつけ方でだいぶ脂っぽさや味の濃さは軽減できそうなので、僕も次回はつけかな?
[2014/04/16 12:10] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1570-3a0dc107

<< topページへこのページの先頭へ >>