FC2ブログ

中華そば・大盛(700円)+ガツ丼(150円)@神保町・麺屋 神 中川會

2014-02-20
今日のランチは神保町
先日住吉の本店で超濃厚なつけ麺&カレ変ライスを楽しませて頂いた「中川會」さんが526跡地に支店を出したとのことで、早速訪問です。
にしても、「ネ申」とか「丁頁」とか、自信満々な屋号を付けるのがお好きなようですなw

平日13:25到着。前客3、後客4。
お店外の券売機にて食券を購入。アッサリ系が食べたかったので、牛清湯スープを使うという「中華そば」をポチ。あとサイドメニューの「ガツ飯」ってのが150円と安かったのでつられてポチ。

JIN NAKAGAWAKAI
#今回はデジカメを持っていたもののSDカードを入れ忘れるという大失態。内蔵メモリに解像度を落として記録したので画質あまりよくないですm(_ _)m

カウンター席へ着席し、厨房を一人で切り盛りする女性へ食券を提出。「大盛無料ですが?」ということで麺量を尋ねると「250g?」いや俺に聞かれても知らんがなwとりあえず大盛でお願いします。

店内配置は526時代とほぼ変わらず、お店入って右側に厨房があり厨房に面してカウンターというレイアウト。
もしかして全体的に幅を狭くして、左サイドに納戸的なスペースを作ったのかな?ウナギの寝床的な雰囲気です。
526時代は明るかった店内が、住吉の本店と同じく真っ黒の壁にしたことで余計狭く暗く見えてしまうってのもあるかも。
まぁ完全に好みの問題でしょうが、個人的にはラーメン屋は明るい雰囲気の方が好きですね。

JIN NAKAGAWAKAI

待つこと6分ほどで着丼。
おっ、クリアなスープがなかなか旨そう!
清湯スープの中には細麺が泳ぎ、その上にはチャーシュー、メンマに青菜、ネギ、海苔というオーソドックスながら完璧な布陣。

JIN NAKAGAWAKAI

では、サラサラのスープを一口。
・・・あ、かなり牛が前面に出てきますね!
雰囲気としては、高田馬場「道玄」のクリアな牛スープをグッとふくよかにしたような印象かな?牛脂の押し出し感も強いです。
ベースは鶏ガラ+牛骨ということで、牛特有の重たさを鶏の柔らかな旨みで緩和しているような感じ。牛のコックリした旨味を引き出しつつも、くどくならない絶妙のバランス。
牛の甘みがかなり強めに主張するので、醤油ダレはその輪郭を軽くなぞる程度の使い方。結果、出汁の旨味・油の甘みで飲ませるタイプのスープになっています。粘度はなくシャバ系。塩梅はジャスト。

たぶん、ここから一気にその世界観に引き込まれてしまったので、なぜか麺リフトを撮り忘れるという始末orz
麺は浅草開化楼製、エッジの立った中細平打ストレート。加水は中~低で茹で具合はジャスト。
その形状からパツン系の麺かと思いきや、意外に当たりはソフトで、フツッと噛み切れる優しい雰囲気のもの。
店員さんの言葉を信じれば大盛は250gとのことで、小さめの丼の中にミッチリ麺が詰まって引き出すのが大変な感じ。大盛無料の心意気はうれしいけれど、全体のバランス的にはやはり並の方がいいかもしれませんね。

JIN NAKAGAWAKAI

チャーシューは大ぶりなバラ煮豚スライスが1枚。下味は控えめでスープに浸して食べる感じ。臭みもなくホロホロの口当たりでなかなか美味しいです。
青菜はホウレンソウのお浸し。家系によくあるデロデロの味なしタイプではなく、シャッキリとした食感とほろ苦さがいいですね。青菜が高いこの時期にしっかり入れてくれるのはうれしい限り。
メンマは結構味付けが濃い目でさらに黒胡椒がビシッと効いており、単品でビールのつまみにしたい感じ。単品では文句なしなのですが、結構スープの風味も濃いので若干喧嘩しちゃうかな?
ネギは白ネギ。ちょっとネギの辛さが上滑りしてるかな?このスープだと青ネギの方が自然に馴染むかもしれません。
海苔は口に入れるとフワリとほどけて磯の香りが広がります。いい海苔ですな。

JIN NAKAGAWAKAI

ちなみにサイドメニューのガツ飯は、その名の通り、ガツを千切りにして甘辛く煮てゴマ油で仕上げたものと刻みネギをたっぷりご飯に載せてくれます。これで150円は結構うれしいプライシング!
卓所の一味(これハウス一味とかのじゃなくて荒挽きの韓国唐辛子っぽい)をたっぷりかけるとなかなかパンチが効いて旨いです。

JIN NAKAGAWAKAI

ただ若干残念だったのは、ガツが冷蔵庫から出したばかりのような冷たさだったのと、たっぷりタレをかけてくれるもんだから、ご飯がビチャビチャになって塩辛さが目立ってしまった点(よく言えばツユダクなんだけど、米のうまさがわからなくなるからツユダクあまり好きじゃないのです・・←飯割はまた別!w)。

なんだかんだと言いながらも、結局大満足で完食完飲でごちそうさまでした。C/Pも優秀。
トータルで見て、「牛の甘み」を軸にしつつも重たくならないスッキリスープが印象的な一杯でした。
うん、これはなかなか個性的で旨いと思います。濃厚系が得意なお店かと思ってましたが、こういうのもできるんですなぁ。
これを踏まえて濃厚系メニューを食べてみるとまた見方が変わるかも。次回は濃いやついってみましょうか。


--

麺屋神 中川會



関連ランキング:ラーメン | 小川町駅神保町駅新御茶ノ水駅


関連記事
コメント:
つけ麺は、私には重すぎた!
しかし、このメニューは惹かれますね。
牛の「当たり」に出会わぬ私、
これは初の当たりになりうるか。
ん?女性?
オペレーション体制かわったか?
神保町はよく行くので、そのうち再訪しようかな。
[2014/02/21 03:00] | GT猫 #- | [edit]
地元住吉の店舗の初訪問も果たせてないのですが
淡路町界隈では頻繁に商用でお邪魔するので
こちらの店舗のほうが、先となりそうですw
[2014/02/21 09:56] | Y #- | [edit]
どうも~

こちらってこんなあっさり系もあるんですね。
てっきり所謂「またおま」系しか無いものだと思ってましたw
なるほど、牛清湯なんですね。
牛が明確に分かるのは濃厚系よりも清湯でしょうから、この店の本質を知るにはこっちで正解かもしれませんね。
[2014/02/21 11:14] | corey #- | [edit]
こんにちは。

この見た目の中華そば・大盛で700円は嬉しいな~
多少バランスは悪くても自分は大盛大歓迎で~す。
それとガツ丼旨そうですね。
[2014/02/21 16:23] | ayashi #- | [edit]
>GT猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

こちらの店舗のつけ麺は未食ですが、本店のつけ麺は確かに重かったっすw相当「炊いてる感」ありますよね。
なんというか、旨いんだけど、食べ手のコンディションを選ぶ系?

>>初の当たり

牛ってどうしても独特のクセがあるんですが(まぁそこが好きな人にはたまらないんでしょうが)、こちらは鶏との合わせ技でだいぶ軽やかに印象を変えてる印象を持ちました。
ぜひ一度お試しください!

>>オペレーション体制かわったか?

アイドルタイムだったからか、店主さんはお店の外でタバコ吸われてましたよw

--

>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

あら、この系統は未訪なんですね。
であれば、まずはお腹を減らして濃厚つけ麺&カレ変からでしょうか?w
でもこの牛清湯も美味しいので、気分で使い分けてみてください!

--

>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!

都内の牛清湯系のお店って、結構明確に「牛」を出してくる(特に油で)と思うのですが、
こちらはそういったお店とはチューニングが異なる感じで面白かったです。
牛一本だと飽きが来ちゃうところを、旨くまとめてきてる感じでしたね。

これは結構オススメかも!

--

>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

うん、バランスだなんだとは書きましたが、大盛り無料って心意気は素直にうれしい!
そんで、なんだかんだ言っても毎回大盛にしてしまうと思いますw
汁物でもしっかりお腹いっぱいになれると思うんでオススメです!
ガツ丼はショッパイので、おつまみにもいい感じでしたw
[2014/02/24 19:02] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1520-e2bda016

<< topページへこのページの先頭へ >>