FC2ブログ

【超限定】にぼとま(850円)+しめのチーズごはん(150円)@大井町・ajito ism

2014-02-19
今日のランチは大井町
昨年末の大井競馬場のイベントの賄いから生まれたという「煮干+ロッソ」なメニューの噂を聞きつけajitoさんへ。

ajito ismajito ism

平日13:40到着。前客1、後客0。
今回のメニューは仕込数に限りがあるとのことだったので「もしかしたらもうないかも?」と恐る恐る店内へ。
シェフへご挨拶すると「もう終わっちゃったけど?」マジですかorz
・・・あ、いつものコミュニケーションジャブですかそうですかw

ということで、待つこと5分ほどでにぼとま着丼。

ajito ism

うん、相変わらず美しい食べ物です。
鮮やかな赤いスープの上には、緑のクレソン、レンソウ、青ネギ、そして赤のダイストマト、白い刻みタマネギのトリコロールカラー。
表面にはたっぷりの液体油、そして豚3枚という布陣。

ajito ism

では、レンゲでスープを一口。
おっ、想像よりずっとライトでクリアな味わいですね!
ロッソのソースがベースかと思っていたので、ドロリとしたベジスープになってくるのかと予想してましたが、今回のスープは完全に別仕込みだそうで。
トマトと煮干のみで仕上げたというベーススープはサラサラの口当たり、両者の割合はイーブンか、若干トマトの方が強めのもの。
煮干は喜元門さんからの戴き物(?)で、ワタ等は取らずにそのまま寸胴に入れて炊いているそうですが、トマトの酸味のおかげか、不思議に苦味やエグミは全く感じられず、スッキリ透明感のある旨味と香りのみが感じられる仕様。塩気は控えめ。
表面の油は豚由来のものをたっぷり回しがけてあり、動物性の旨味で全体の厚みを演出しています。
いわゆる「ニボニボ」を期待すると見事に(いい意味で)裏切ってくるこのバランス感、ajitoならではの味の組み立てだと思いますね。

ajito ism

麺はムッチリと柔らかめに(伸びているというわけではない)仕上げられた中太麺。菅野製麺製、麺量は200g程度。
それにしてもこの麺、茹で方によって様々に表情変えますね。汁物にはこのくらいモチモチしてる方が、中華麺らしさが出ていい感じだと思います。

ajito ism

豚は、ホロホロに崩れるバラ煮豚の厚めのスライスが3枚。脂身のトロンとしたところがまた旨いのです。
ダイストマトはフレッシュな酸味とジューシー食感で、全体を引き締め清涼感を与えてくれますね。
シャキシャキの刻みタマネギはajitoでは定番ですが、煮干を感じるスープにも当然ジャストマッチ。クレソンは彩りとしても優秀。もはやajitoのメニューには欠かせない名脇役となっております。

ajito ism

また、ajitoのトッピングとしては珍しいレンソウはシャクッとした歯ごたえが残る茹で具合。青菜含む露地野菜は最近の雪のおかげで大暴騰してますから、仕入れて載せてくれるのはありがたい限り(トマトも大暴騰で大変だったみたい)。

サクッと固形物を完食。やっぱり〆は飯割だよね、と丼をカウンターへ。
ほぼスープ完飲状態だったのですが、スープを追加していただき、ライスとネギ、そしてたっぷりの粉チーズを加えてリターン。今回のバージョンは、玉子&とろけるチーズではなく、粉チーズ増量となります。

ajito ism

粉チーズは大量に(大さじ3杯!)投入されており、全体を混ぜるとチーズが溶けて糸を引くトロトロ状態に。パルメザンは乳臭さが強くクセがあるので、それが煮干風味と正面からぶつかることで抜群のシナジー発揮でございます。これは旨い!サクッと完食完飲でごちそうさまでした。

ajito ism

うん、前回の「味噌」も今回の「煮干」もそうですが、その単語から凡人がイメージする一杯を遥かに飛び越えて来ますね~。素材の固定観念に捉えわれず、自分のフィールドに持ち込む創作センス、さすがでございます。

さてこのメニュー、「限定」と名乗っていることからも分かる通り、他のイレギュラーメニューのように定期的な展開はないとのこと。
食べられるのは本日(19日)、そして来週の火曜・水曜のみとなります。

--

アジトイズム



関連ランキング:つけ麺 | 大井町駅下神明駅西大井駅


関連記事
コメント:
タムさん、こんばんは。

お~行かれていたのですね!

自分は他のブロガーの方がアップしていたのを見て、夜の部にお邪魔しました。
年始に聞いていたこちらのメニュー。
情報を得られなければ取り損なっていたと思うと・・・

ロッソの新たな進化系と考えると幅が広がりそうですね。
[2014/02/19 20:37] | azteca #- | [edit]
こんばんは。
ニボとトマトの組み合わせですか。
斬新ですね~
味の想像がつきません。
食べたいけど、来週は厳しいな~
[2014/02/19 20:54] | kamepi- #- | [edit]
タム6000さん こんばんは!

先日は楽しい飲み会でしたね~ また「三ちゃん」行きましょう!

それと、これはまた斬新なメニューですね。トマトと煮干し。
どんな味になるのか?? 全然分かりません・・・
来週しかチャンスはないのか・・・ 行けるかな?
[2014/02/19 22:46] | ヨコベー #- | [edit]
どうも~

そのまま炊いているのにニボニボしていない!?
うーん、味の想像が付きません…。
煮干とトマトの組み合わせってのもあまり無いですしねぇ。
来週の火水のみ?
行けるかなぁ?
[2014/02/20 04:32] | 名無しさん #- | [edit]
こんにちは。

今回のにぼとまには本当に驚かされましたね。
自分もajitoのトマト使いが気に入って今まで食べに行ってましたが、
煮干と合わせてくるとはビックリしましたね。
ああ~また食べに行きたいが来週行けるかな???
[2014/02/20 11:32] | ayashi #- | [edit]
あっ、4つめのコメ、自分です(汗)
[2014/02/20 19:22] | corey #- | [edit]
>aztecaさん

こんばんは&コメありがとうございます!

コレ、食べられてよかったっすねぇ。

ラーメンにおける煮干というと(少なくとも最近は)結構エグみまで出してナンボ的な風潮になってますが、
このスッキリ煮干風味+トマトって組み合わせもajitoらしくてよかったですな。

ajitoの魚介系の汁そばというと、「じゃない鯖ス」って絶品があるんですよ〜。
そのうちレギュラーでやるかもしれないんで、その時は狙ってみてほしいっす!

--

>kamepi-さん

こんばんは&コメありがとうございます!

ワイルド系なニボニボアレンジで来ると思いきや、スッキリ系の洋風魚介トマトスープって雰囲気だったのが意外でした。
んで、またコレが旨いんだわ。。。

明後日は完全に売り切れじまいだけど、明日は多めに仕込むとのことなので狙うなら明日!!ぜひ!

--

>ヨコベーさん

こんばんは&コメありがとうございます!
先日はどうもでした〜!今度お会いするのは丸直かな?w

で、これ。
想像よりはるかにスッキリ洗練された魚介トマトラーメンって感じですかね。
かなりオススメなので、時間あったらぜひ狙ってみてほしいっす!

--

>coreyさん

こんばんは&コメありがとうございます!
はい、「名無しさん」でも文体でわかりますw

>>そのまま炊いているのに

そうなんですよね。想像よりニボが上品だったので水出しなのかと尋ねたら炊いていると。
しかも下処理もしていないと。。となると、火加減、あとはトマト効果で煮干のエグミをシャットアウトしてるってことですかねぇ。
恐るべしフレッシュトマト効果!

明日は多めに仕込むそうなんで、狙うなら明日夜かな?
淡麗魚介トマト麺、ぜひ食べてみてほしいっす!

--

>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

ajitoと言えばトマト使い、ですよね〜。
今回は、フレッシュトマトを多めに入れることであのサラッとジューシーな感じを出しているそうですよ。
トマト+煮干、どんな風になるのか興味深々でしたが、いやぁ、アリでしたね!

明日は多めに仕込むとのことなんで、もし再訪するなら明日がオススメかも。
でも昼イチはもしかしたらシャッターがいるかもしれませんね。。。
[2014/02/24 18:44] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1518-14065f8d

<< topページへこのページの先頭へ >>