FC2ブログ

ラーメン小(ヤサイニンニク) 500円@ラーメン二郎 目黒店

2010-04-05
MEGUJI

夜、突如二郎が食べたくなり、車を飛ばして目黒へ。

平日21:45到着、カウンター満席、待ち9。思ったほど並んでなくてラッキー!
小の食券を買い、10分後着席、5分ほどでコールタイム。
今日はヤサイニンニクにしましょう。ロット4番手で、まもなく着丼。

おー、非乳化で油が分離している、目黒っぽいスープですね。
レンゲはないので、まずは麺から引き出し頂きます。

麺は極太、平打ち形状のストレート。
茹で具合は若干柔らかめですが、スープを吸ってうまいです。
堀切系のゴワゴワした麺もいいですが、やっぱこれぞ二郎!なこんな柔らかめのデロンとした麺もいいですね。
ただ、あまり伸びるのもイヤなので、天地返ししつつ、麺を上に引き出しながら混ぜて食べていきます。

今日のヤサイは、完全にクタ系。
量はそこそこありましが、クタクタに茹でられているのでスルスル食べられちゃいますね。
モヤシ:ヤサイは1:1。

豚は、脂身:赤身が1:1くらいのベストバランス部分の物が4枚ほど入っていました。
薄切りだったので数を増やしてくれたのかな?
いかにも「豚」という塊にかじりつくのも二郎の醍醐味ですが、今日みたいに薄切り(焼肉屋の厚切り牛タンくらい?)の豚も食べやすくてうまい。
醤油ダレとショウガの香りがしっかり染みこみ、いくらでも入りますね。こりゃ豚マシにしてもよかったかも。

固形物が半分ほどなくなったところで、丼を手に取りスープをズズズ。
目黒というと、結構カエシがシャープに効いているという印象がありますが、今日はまろやかですね。
豚の出汁、カネシの醤油ダレ、油、そして化調が絶妙にブレンドされ、「やっぱ二郎ってこうだよなぁ」という味。トロみは少なく、サラッとした口当たりです。
これはもう、「スープの味構成を分析」なんて堅苦しいことをするよりは、「なんてことない作りだが中毒性がある」このジャンクな味をガッツく、という楽しみ方が正しいのでしょうね。

スープを半分ほど飲んだところで満足。
ロット最速で丼を上げ、テーブルを拭いてごちそうさまでした!

来るたびに麺の固さ、スープの濃度、豚の仕上がり等が異なりますがw、今日はそこそこおいしい!と感じられる一杯でした。
というか、このボリュームを今時ワンコインで提供してくれるお店に感謝、という感じですね。
・・・いつもこのくらいの行列だとうれしいんだけどなぁ。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/151-712a1421

<< topページへこのページの先頭へ >>