FC2ブログ

濃厚黒拉(750円)+タマネギ増し(50円)@八千代市・千葉拉麺倶楽部 拉通(ra2)

2010-03-30
ra2

クルマでないとアクセスが厳しいですが、成田空港を利用する度に毎回立ち寄るお店です。
今は亡き日吉「マンモスラーメン ポクポクポクチン」でラーメン(それもJ系)に開眼した身としては、ポクチンの元店主が現在店主を勤めているコチラのお店は、第二の聖地wも同然。
ということで、場所柄なかなか行く機会はないのですが、年に数回は通っているのです。

日曜日10:20到着、前客5、後客4.
まだ日曜の朝だというのに、こんな時間から繁盛していますね。

今回は、お店のデフォのメニューである「黒拉」を頂こうかと思っていたのですが、メニューを見ると「濃厚黒拉」なんてのがある。
んじゃ、それ行ってみましょう。
あ、「黒」に鉄板のタマネギ増しも合わせてお願いします。

待つこと5分ほどで着丼。
そうそう、このルックスですよ。このお店、揚げナルトが名物なんですよね。
茶濁のスープの上には、ホウレンソウ、炙った巻きチャー、海苔、そして大量の刻みタマネギ。
このお店、このメニューに関してはかなり「家系」な雰囲気が漂います。ポクチン末期にもこれと似た限定メニューを出してましたっけ。

では、スープを一口。
うーん、うまい。
分類は豚骨醤油スープ。
いわゆる「家系」にかなり類似したスープなのですが、香味油が鶏油でないことと、カエシが若干まろやかな所が違うのかなぁ。
・・・でも、この一杯より家系っぽくない家系を名乗るお店はたくさんありますがw
髄まで煮出した豚骨の旨み、臭みがガツンと効いた出汁の上に、柔らかなカエシが加わることで、攻撃的でないが「底力」が感じられるパワフルなスープになっていますね。
ベタツキ感はそれほどなく、口当たりは意外にサラッとしており、飲みやすいスープ。塩気もちょうどいい塩梅です。
豚骨醤油というと、「ワイルド」とか「野趣溢れる」のがうまいと思っていますが、ここのスープは、粗野じゃないのにワイルドなんですよね。きっちり細かい所まで計算してツメているというか。
そしてこのスープに絶妙に合うのが、タマネギ。
タマネギの辛味がスープに溶け込むことで、コクが深いながらも後味には清涼感が残り、絶妙のマッチングを見せてくれます。

麺は、カネジン製、平打ちの中太ストレート。
麺は短めで、やっぱり家系っぽいですね。茹で具合はジャスト。固くもなく柔らかくもなく、モチッとした歯ごたえが楽しめます。
麺味もいいですね。スープとの絡みもばっちり。

チャーシューは、バラ肉の巻きチャー。
注文を受けてから炭火で炙ってくれるので、余計な油が落ち、またスモーキーな香りが食欲をそそります。
噛めばホロッと崩れ、脂身がジュワッと口でとろける感覚は、なんとも言えませんね。
このお店の名物、揚げナルトは、揚げることで香ばしさが加えられており、さつま揚げのような不思議な香り。これは単品でツマミとしてもよさげ。
ホウレンソウの茹で加減もばっちり。わずかにシャッキリさが残る食感がたまりません。

トータルで見て、家系っぽい中にもこのお店のオリジナリティが光る、高品質な豚骨醤油ラーメンでした。
次来れるのはいつの日でしょうか。。。次はいつもスルーしてしまう「白」頂いてみようかな。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/147-911ce59b

<< topページへこのページの先頭へ >>