FC2ブログ

油そば(極太麺)(650円)@北品川・丸直

2010-03-17
MARUNAO

最近チーズ系の「キワモノ」ばかり頂いていたので、今回はオーソドックスな汁なしを食べてみよう、とランチに丸直
平日13:10到着。ちょうど5名ほどの団体さんが出たタイミングでうまく着席。前客5、後客2。

口頭で、油そば・極太麺でオーダー。
というか、隣の方の生姜焼き定食がめっちゃうまそうなんですが。。。
このお店、今まであまり気にしていませんでしたが、ランチセットもあるのですね。
今日のランチは、辛口カレー+醤油or味噌ラーメンで800円、というもの。
ラーメン系を一通り制覇したら、こんなセットを頂くのも乙ですなー。

・・・などと考えていると、10分ほどで着丼です。

うーん、これぞ丸直
大きめの丼から溢れんばかりの、気前のいい具。
麺の上には、巻きチャー1枚、ワカメ、刻みタマネギ、サイコロメンマ、茹でモヤシ、青ネギ、刻み海苔、温泉たまご。
そして別皿には、マユネーズ、ニンニクみじん切り、ブラックペッパー、インド(カレーペースト)。このバーリトゥードな感じが定食屋クオリティ。

まずは混ぜる前に、麺を引き出し一口。
三河屋の極太麺、今日は若干柔らかめの茹で具合。もっちりとしており、タレとの絡みも抜群。油そばによく合いますね。

では、全体を軽く混ぜ、頂きます。
あら、タレは意外とあっさり味なんですね。ゴマ油的な香りも少々感じられます。
もうちょっとキレのあるカエシを想像していたのですが。かなりあっさりまろやかな感じ。液体油も少なめで、ワカメやネギと相まって非常にヘルシーな印象。

・・・いやいや、油そばはもっとジャンキーで体に悪そうじゃなくっちゃねぇ。
ということで、インド以外の別皿全部、さらにラー油を大量にドーピングしよくかき混ぜちゃいます。
うん、こんな感じかな。味は薄めながら、そこそこジャンクになってきましたよ。

ただ、刻みニンニクの粒がかなり大きいです(3mm立方くらい)。
よって全体への香り付けという感じにはなかなかならず、たまに口の中に入って、噛むとジャキッとした歯ごたえと共に強めの辛味と苦味、そしてニンニク臭が強烈に。あ、これ中国ニンニクかぁ。。
うーん、ちょっとこれはパンチ強すぎるかな。油そばはスープが無い分、すりおろしニンニクの方が全体によく混ざるのかも。
また、青ネギもジャキジャキの辛目のもの。
メンマの戻し具合も、今日はゴリゴリと固め。
全体的に「雑」というか、荒々しさが目立つ仕上がりになってしまっていますね。
麺とタレ、主役のコンビネーションは文句ないのですが、ちょっと外野が騒ぎすぎな感じもあります。

麺は240gということですが、モッチリスルスルと胃に入っていき、意外にすぐになくなります。
半分ほど食べたところで、インド投入~。
あら、今日のペーストは結構ピリッと辛目ですね。また独特の苦味も加わり、奥行きのある味になってます。
これを全体に混ぜると、ガラッと印象が変わりますね。マヨ&BP系の味に飽きがくる頃だったので、ちょうどいいタイミングでの味変化。

と、こんな感じでサラッと完食です。
食べ終わった後は、口内がニンニクの辛味と匂いで満たされています。やべぇ、午後からも仕事なのにwww
あわててフリスクを大量購入して職場へ戻ったのでした。

この油そば、トータルで見て、C/Pは非常に高いですし、味も悪くはないのですが、全体としてのバランスが「とっちらかり気味かな?」という印象を受けたので、ちょっと厳しめの点数です。
油、タレ、玉子、酢、ラー油だけで麺を食わせる「引き算」的な油そばにしたいのか、上野「油そば 椿」のように、綿密に計算された複数具材同士のぶつかり合いが万華鏡のように表情を変えていく「足し算」的な油そばにしたいのか。。。まぁ、そんなめんどくさいこと考えず、「定食屋の心意気を感じろ」ってことですかねw
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/139-9eaad7d0

<< topページへこのページの先頭へ >>