FC2ブログ

【9/15まで昼夜15食限定】ソラと凪のトンコツROSSO(1000円)@麹町・ソラノイロ japanese soup noodle free style

2013-09-10
今日のランチは麹町
ソラノイロさんで、あのとのコラボメニューを販売中!ということで早速食べに行きましょう。

SORA-no-IRO

平日11:10到着。前客7、後客続々。
今日は宮崎店主は厨房にいらっしゃらず、スタッフの方のみでのオペレーション。
では「季節の限定ソバ」のボタンをポチし、カウンター席へ。

SORA-no-IRO

先に「お好みで中辛と大辛からお選びください」とタバスコ瓶が登場。では大辛でお願いします(まぁ2本置いてってくれてもいいんですが、これもエンターテイメント性ということでw)。
待つこと7分で着丼。「最初は混ぜずに、後で底から混ぜてください」「後からライスをお持ちしますのでリゾットで」という指南あり。

SORA-no-IRO

おぉ、白い豚骨&温玉に赤いトマトソース、緑のベビーリーフのコントラストがキレイ。ちょっと写真とは違う雰囲気かな?
の豚骨スープの上には、トマトソース、ベビーリーフ、温玉、チャーシュー、シメジ、そしてチーズ。上から黒胡椒。完全に「洋」な装いです。

SORA-no-IRO

では、トマトが混ざってない方のスープから一口。
の豚骨、つまり「豚王」って実は未食なんですよね。
濃厚な博多豚骨系なのかな?と勝手に想像していたのですが、印象が違います。
微白濁のスープはかなりライトな豚骨感で、臭みも全くなくすごく上品な印象。粘度はなくシャバ系。温度は若干ぬるめです。
塩ダレと表面の鶏油がソラノイロ仕様だからか、いわゆる「豚骨ラーメン」とは全く違う表情を見せますね。トマトと合わせる前提でこういった軽めの演出にしたのでしょうか。

徐々にトマトソースが混ざってくると、トマトの酸味主導で豚骨の甘みが追いかけてくる構成に。
うん、夏っぽくサッパリしてて美味しいんだけど、豚骨とトマトがどっちも遠慮してるように感じられるというか、全体的に薄味(塩味や旨みが弱いというわけではなく、味の軸、フックが見つけにくい)に感じてしまうかも?

SORA-no-IRO

麺は中細平打形状のストレート。麺肌はツルン、噛むとパツンと歯切れよいポクポク系の食感の高加水麺ですね。スープの絡みも上々。
というかコレ、デフォの中華ソバの麺と共通らしいです。以前中華ソバを食べた時、麺の仕様が変わったいたことに驚いたのですが、また変わったのかな?いやぁ、進化してるんですねぇ。

SORA-no-IRO

スープがぬるめだったので、チーズはあまり溶けずorzでもこのチーズ美味しいです。
いわゆるピザ用プロセスチーズの塩気の強い味ではなく、モッツァレラ的なフレッシュな味がいい感じ。当然ながらトマトとは抜群の相性!
チャーシューはサイコロ状に切られ、シメジと一緒にオリーブオイルで炒められたもの。胡椒やハーブっぽい風味も効いてて、単品おつまみでもイケる雰囲気。

SORA-no-IRO

温玉は崩して麺に絡めると一気にマイルドになりますね。素直に味玉じゃないところが一捻り、というところですな。
トマトは皮付きミニトマト。ミニトマトには未だ苦手意識があるんですが、甘みが強く青臭さが少なめなやつなのでギリギリセーフ。
ベビーリーフはスープに浸けるとシナシナになってしまうので、シャキッとしてるうちに食べた方が「っぽい」ですかね。

SORA-no-IRO

ひと通り食べたら、スープを下からよく混ぜます。
スープの底にはダイストマトがたっぷり!
全体を混ぜこむと、豚骨っぽさはかなり後退し、トマトの酸味主体の薄口ミエストローネ、といった風情になります。デフォで入っている黒胡椒がいいアクセントになってくれますよ。うん、やっぱ終着点はココだったのですね。
最後に、「大辛」タバスコを投入。
うん、ピリッとした強い酸味と、ビリビリと舌にしみるハバネロの辛味が素敵。10滴くらい入れてちょうどいい感じでした。

固形物を食べ終わる頃、ちょうどいいタイミングでライスが着丼。
今回の限定はトマトということなので、ラストは当然リゾットオーダーで〆ようと決めていたこともあり、デフォで米が付いてきたのはうれしい誤算。
一口サイズのご飯の上にパセリがかけられており、ここにトマトスープをかけて、トマトリゾットに。

SORA-no-IRO

うん、当然ながら鉄板ですな。
ご飯は玄米ブレンドでしっかり固めに炊かれているので、リゾットによく合いますよ。
量は少なく、レンゲ3口ほどでなくなってしまいました。

結局残ったスープも完飲しご馳走さまでした。
麺量は150g程度で、プチリゾットがあっても全量は控えめ。C/Pはまずまず。

トータルで見て、のベーススープをソラノイロ風に上品にアレンジした、ライトトマ豚骨な一杯。
想像より軽めの仕上がりでしたが、全体のバランス感、そして彩りの美しさはさすがソラノイロ、という印象を持ちました。
今回はとのコラボということで、側でも限定を提供してるんですよね、こちらも食べてみたいです。

--


ソラノイロ



関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


関連記事
コメント:
どうも~

「ROSSO」と言われると、ajitoの方が頭を過りますw

凪の豚骨って、自分も立川ラースクに出店してた数年前に食べたきりですねぇ。
確かそこまでのド濃厚って感じでもなかったような…?
これはかなりソラノイロテイストが強いのでは?
凪はまた違った感じなんですかねぇ?
[2013/09/11 04:54] | corey #- | [edit]
こんにちは。
これはお洒落な一杯ですね。
豚王は名古屋にもあるんで、
コラボやってないか覗いてみます。
[2013/09/11 07:16] | kamepi- #- | [edit]
どーもです(^^ゞ
本日、半蔵門での所用前にお邪魔してみました(^_^)b
想定よりもおしとやかといいましょうか…
でも、美味かったなぁ~
[2013/09/12 12:23] | 和泉 #- | [edit]
>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

確かに、ロッソと言えば今やajitoの代名詞的な感じですよねぇ。

凪の豚骨、想像と違ってかなりサッパリ系の仕上がりでした。
いつも煮干ばっかり食べちゃうので、とりあえず豚王行って確かめてみたいですね。

今回のは、仰るとおりソラノイロテイスト強めの一杯でしたね。
全体的に優しい仕上がりで、間違いなく旨いんだけど、限定ならではのインパクトを期待するとちょっと拍子抜け?という感じだったかなぁ。

ちなみに凪側のコラボは、ソラノイロのベジピュレを使ったグレープフルーツ冷やし麺だそうです!

--

>kamepi-さん

こんにちは&コメありがとうございます!

凪側のコラボは歌舞伎町限定っぽいので、名古屋ではやってないと思います。
というか、凪って名古屋にもあったんですね。知りませんでしたw

今回のは、そうですね、おしゃれ系でした。
もっとこう、濃厚豚骨なのを期待してたんですが、意外にきれいめにまとめてきたなぁ、という印象です。
でも、相変わらずここの一杯は間違いないっす!

--

>和泉さん

こんにちは&コメありがとうございます!

お、食べられたのですね!
今回の限定は結構ゆっくりめにハケてるようで、シャッターしなくても余裕で食べられるみたいですね。

>>想定よりおしとやか

そうですねぇ。。。豚骨というキーワードで勝手に濃いやつを期待しちゃうと若干肩透かし感はありますが、
相変わらず高品質で旨いことは変わりないっすね。

次回の限定にも期待です!
[2013/09/13 11:44] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1368-df3eec63

<< topページへこのページの先頭へ >>