FC2ブログ

奥出雲森田醤油ラーメン(780円)@高田馬場・オーガニックラーメン 道玄

2010-03-10
DOGEN

ランチタイム、高田馬場駅で乗り換えるタイミングで訪問。
表通りに呼び込みはいるのですが、それにしても裏通りな場所にあり、駅から近い割には苦戦しているようです。
12:05到着。前客4、後客1。
駅前という立地、ランチタイムという時間帯という条件下でこの客入りはちょっと厳しい感じか。

店内は非常に清潔感がありますねぇ。やはり女性店主ならでは、という所でしょうか。
牛骨のダシを使った塩ラーメンがウリのようですが、「奥出雲森田醤油」という固有名詞が気になり、醤油ラーメンを口頭でお願いします。
その際「大盛り、味玉等つけられますがいかがしますか?」と聞かれました。
一瞬サービスかと思いましたが当然違いますよねw 少しでも客単価上げたいのかな。。。

オーガニックな素材のウンチクを語るPOPを読みつつ、待つこと5分ほどで着丼。
お、なかなか美しいビジュアルですね~。
口の大きな黒い丼には、透明な醤油スープが。
スープの上には、チャーシュー2枚、水菜、刻みネギ、白髪ネギ、茹でモヤシがのっています。
チャーシューの上には揚げネギが載せられています。最初からスープに混ぜられていないのが好感持てますね。

では、まずスープを一口。
分類は、牛骨出汁&ほのかに魚介が香る醤油スープ。
白湯になるまで煮出した濃い目の出汁が出るかと勝手に思っていたのですが、清湯なのですね。
牛骨から出る旨みの奥に甘めの出汁もいるかな、と思ったら、鯛出汁とのこと。
とはいえ、かなりあっさりした口当たり。口に広がる濃厚な出汁、というのはあまりありません。
また、スープ表面の香味油の存在感がかなり大きいですね。
おそらくこの油に、牛脂のエキスをしっかり出しているんだろうなぁ。ボキャブラリがないのですが、「スキヤキ」のようなw牛肉の甘い香りが広がります。
また、ミドルを構成する「森田醤油」のカエシの存在感も強いですねぇ。
「醤油」という言葉から想像するエッジ感は全くなく、角の取れた丸い塩気とコク。
また、「醤油って大豆からできてるんだよなぁ」と実感できる、豆の甘みもしっかり感じられますね。いやー、なんか「イイモン使ってる感」ありますよ。
無化調であるが故の「旨みのサスティン」の短さはあるものの、うまいスープです。

対する麺は、縮れた細麺。
あまり個性の強いタイプではありませんが、スープの絡みは上々。
茹で具合はやや固めで、クニクニとした噛み心地。
量は少なめで、食べ応え的にはちょっと物足りない感じ。

白髪ネギはしっかり水にさらしてあり、シャッキシャキ。モヤシも丁寧に根を取り除いてあり、丁寧な仕事してますね。
これらを麺と一緒に口に入れると、いい食感のアクセントに。
モヤシってどうしても「J」なイメージが強いのですが、このモヤシは臭みも全くなく、さっぱりしたスープにも意外にマッチするんですね。
チャーシューはロースのような脂身少な目のもの。一瞬牛肉を期待したのですが、さすがに豚ですか。
ハムのようなミッチリとした食感としっかりした味付けが特徴です。
コレ、表面が炙ってあるのかな?若干スモーキーな香ばしさに加え、肉の旨みが十分しみこんでおり、とてもおいしい。
「チャーシュー丼」がサイドメニューにあったのですが、こりゃ確実に旨いだろうなぁ。

後半、チャーシューの上に載っていた揚げネギがスープに溶け出すと、スープのコクが増強され、また一段と深い味わいに。
揚げネギの量も、多くもなく少なくもなく、ちょうどいい感じでした。

普段、卓上の調味料を使うことはあまりないのですが、一味唐辛子が赤、黄、緑と3種類も並んでいたので、試してみました。
・・・何これ、すげー旨いんですけど!?
辛さの「純度」が高いというか、雑味が一切なく、ストレートな辛さのみがビリッと舌に届く体験は初めてかも。
全体的にマッタリしたスープに、ピリッと純な辛味が加わることで、また違った味わいが花開きますね。
個人的には緑の香りが好きだったかな。この一味、店内でも販売しているようです。次に来た時は買っちゃうかも。
また、この唐辛子を麺に練りこんだメニューもあるようで、次回はぜひこちらをいただいてみたいと思います。

トータルで見て、いい材料を使い、丁寧に手間をかけて調理したことが見える、旨いラーメンでした。
C/Pとして見るとイマイチですが、材料費がかかってるんでしょうなぁ。。
場所柄苦戦していそうな印象でしたが、がんばって続けてほしいお店です。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/134-5295475d

<< topページへこのページの先頭へ >>