中華そば(680円)@池袋・らーめん・つけ麺 我家

2010-03-04
UCHI

池袋駅近くのお店もだいぶ制覇したので、今日はちょっと足を伸ばしてこちらへ。
池袋駅からだと、西口から「らーめん大 池袋店」を過ぎてしばらく行った先の、右へ入った路地ですね。大通りにも看板が出ており、わかりやすいです。
こちらのお店、女性の店主は永福町大勝軒出身だとか。

能書きはさておき、平日13:40到着。前客0、後客1。
デフォの「中華そば」の食券をポチしカウンターに着席。

同時に「大盛りできますがいかがしますか?」「ライスはお付けしますか?」と聞かれるので、今日は並盛り、ライス付きでお願いします。

それにしても、すごく雰囲気のいいお店ですね。
整然とした清潔な厨房、多めの照明による明るい店内。キレイなカウンター。半地下とは思えない明るい雰囲気。やはり女性店主だからなんでしょうか。
また、暖簾をくぐった時点で無音だった店内ですが、調理開始と共に店主がコンポのスイッチON。スタートしたのは広瀬香美w冬ですからww

5分ほどで先にライスが到着、そしてまもなく中華そばが着丼。
ライスは上にサイコロ状のチャーシューが載っています。これをサービスとは、太っ腹。
中華そばは、薄茶色に濁ったスープの上に巻きチャー、大量のメンマ、海苔、微塵切りの白ネギ、万能ネギ、そして少量のモヤシが載っています。
なかなか上品なルックスですね。

では、スープを一口。
分類は、スッキリ系の魚介豚骨醤油スープ。

味作りは、いわゆる「豚骨魚介」と呼ばれるタイプ。
豚骨と鶏ガラベースでとった旨みたっぷりのベースに、節、煮干し等の魚介を香らせています。
口当たりはいたってマイルド。スープの粘度は低く、魚粉のザラ付き感もありません。
動物系の濃厚さを弱めたくないという理由で、魚介出汁でなく「魚粉」を入れてパンチある魚介臭を出すお店が多い中、ここはきちんと「魚介出汁」をブレンドしているのですね。
したがって、ドロッとした動物出汁の強さはありませんが、逆に魚介(特に昆布か?)の上品な旨みがしっかりと絡み、一体感のあるスッキリスープになっています。
塩加減もちょうどいい塩梅。
ちょっと物足りないかなぁ、という気もしますが、濃すぎず、薄すぎず、いつまでも飽きずに食べられる味だと思います。
後半には、丼の底から大きめの柚子皮が出現。サッパリといただけますね。

さて、麺いってみます。
大成食品製、中太の丸断面ストレート。
多加水ならではの麺肌ツルツル感で、チュルンと啜れる感覚が特徴。
歯ごたえは柔らかめで、モッチリとしたタイプ。また、麺の甘い味もしっかり感じられます。個人的にはちょっと緩めかなぁ。
麺量は170gということで、ソコソコ量はあると思うのですが、このツルツルの食感からか、実際の量より少なく感じました。
大盛り(250g)でも料金変わらずなので、大盛りでもよかったかも。

スープとのバランスという面で考えると、このどこまでも優しいスープには、もうちょっと角が立った麺でもおもしろいかもなぁ、とも思います。
今の組み合わせも悪くはないのですが、麺もスープも優しすぎる印象が。これも女性店主のセンスなんですかね。

チャーシューは煮豚。脂身多めのバラ肉巻きチャーです。
しっかりした味付け、ホロッと崩れる歯ごたえが抜群。
また、斜めに切られた万能ネギとモヤシは、シャキッという食感と共にいいアクセントに。
また、メンマが超大量!柔らかく甘めの味付けがおいしいです。

また、サービスのチャーシューライスにスープをブッかけつつ頂くと、これまたうまいですね。

トータルで見て、ラーメンとしては「中庸」という印象。
このトゲのない安心感がリピーターを生むのかなぁ、とも思いますが。
しかしながら、接客含め、店全体から感じられる「お客様を大切にする心」のようなものが、ここのラーメンのイメージを何ランクか上げているのは間違いありません。
気持ちよく「ごちそうさま」と言えるラーメンでした。また訪問したいと思います。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/130-2867522f

<< topページへこのページの先頭へ >>