FC2ブログ

【6/14まで昼夜15食限定】ムール貝のベジつけソバ(1000円)+リゾット(100円)@麹町・ソラノイロ japanese soup noodle free style

2013-06-11
今日のランチは雨。遠出したくないので会社近場で済ませましょう。
となれば、当然ソラノイロの限定!

現在提供中の限定は「ムール貝」とのこと。
実は貝の身が食べられないのでそのネーミングから回避していたのですが、どうやら出汁に使っているだけで身は入ってないみたい。
#身はキライだけど、貝出汁は大好きなのです。ex. しじみ汁は身は全部残すが汁は全部飲む、等w
となれば、ベジソバのつけバージョンは食べたことないし、ぜひ食べてみたいぞ!と。

SORA-no-IRO

平日11:10到着。前客5、後客続々でほぼ満席に。
券売機で限定の食券を買い、カウンター席へ案内されます。
今日の厨房はスタッフさんだけですが、実に手際よいオペレーション。
昨日のグダグダな接客に比べ、なんと気持ちのいいことよw

SORA-no-IRO

食券を出し6分ほどで麺が、それからまもなくつけ汁着丼。
おぉ。。相変わらずカラフルでポップな色使いですねぇ~。
オレンジ色の麺の上にはブロッコリーにパプリカ、ジャガイモ、味玉。また器の縁にはグレープフルーツ(麺にかけて食べてください、と指示があります)。
つけ汁も鮮やかなオレンジ色で、表面にはタマネギが浮いています。丼の縁には柚子胡椒。

SORA-no-IRO

では麺から一口。
パプリカ練り込みという赤い麺は、中細角断面ストレート。
加水は中程度できっちり〆られており、ホグッとしたコシのある歯ごたえ。香味油がまぶしてあるので分離性もバッチリ。
麺味もしっかりしており、中華麺としての性能もしっかり感じられる麺ですね。

SORA-no-IRO

つけ汁は、豚骨&魚介のスープにニンジンを混ぜ込みムール貝の塩ダレを加えたものだそう。
レンゲはないので器から直接スープを飲んでみると。。おぉ、そのメルヘンな色合いの割に意外にパワフルな味ですね。
ベースの豚骨感は結構しっかり感じられ、魚介感はあまりなし。
最初に口に広がるのは、バター的な風味とニンジンの甘みですね。
中盤以降、ムール貝と思しき、ちょっとクセのある濃厚な旨味がググッと前面に出てきて後味に残る感じ。
粘度はなくシャバ系。体調のせい?もあったのかもしれませんが、塩梅はかなり強めに感じました。
貝の旨味とバランスを取るため塩気も強めていると思うんですが、ちょっとショッパイかな?

では麺をズバッと浸けていただきます。
麺よりつけ汁が圧倒的に強いからでしょうか、麺の風味も味わうには、2/3浸けくらいがちょうど美味しく食べられるバランスだったかな。

SORA-no-IROSORA-no-IRO

肉系食材としては、つけ汁の底に端豚が数個。しっかり醤油ダレが効いててミッチリした食感がいいですね。
味玉はネットリとした黄身が絶品。単品で食べてもおいしいけど、ニンジンバター貝スープに浸してもなかなか旨い。
ブロッコリーは一番最初に始末(あまり好きじゃないのでw)。パプリカはいい彩り食材ですね。
また、サイコロ状に切られたジャガイモは若干硬めに茹でられており、ショリッとした歯ごたえがいいアクセント。

途中から、柚子胡椒を麺に絡めつつ頂くと、ピリッとした辛味がいいアクセントに。
ただ、柚子胡椒自体も結構しょっぱいので、トータルの塩梅がちょっと気になりますかね。
また、麺にグレープフルーツを絞ると。。これかなり旨い!
酢橘や橙を麺に絞るお店は多々あるけど、グレープフルーツは初めてかも。
酸味だけでなく、フルーティーな甘みがつけ汁のニンジンの甘みと相乗効果を発揮。これは新しいなぁ。

麺量は200g程度かな?固形物をサクッと食べてごちそうさま。
で、残ったムール貝のベジスープをどう使うか?
・・・「すみません、リゾットお願いします!」
先日のカレーな限定で〆に投入したリゾットが驚愕の旨さだったので、ここの洋スープには鉄板の相性だろう、と予想。

SORA-no-IRO

1分ほどで、お茶碗に軽く一杯分のご飯にとろけるチーズを載せたものをレンジアップし、揚げネギを載せたものが着丼。
ではこれに、残ったスープをドバッとかけてムール貝ベジスープリゾット!残しておいた味玉もオン!

SORA-no-IRO

うーん、やっぱ間違いないですね。
ちと塩気が強いと感じたつけ汁も、ライスとならば相性は抜群。さらに、糸を引くマイルドなチーズがたまらん。。。卓上黒胡椒もバッチリ合いますよ。

SORA-no-IRO

速攻で完食し、満足でごちそうさま。
〆て1100円の出費、リーマンランチとしてはお高めですが、このお店に来たら、ケチケチしてたら美味しいものは食べられないのです。まあボーナスも出たしいいでしょうw

トータルで見て、単に「ベジソバのつけ麺版」に留まらず、貝出汁の旨味を前面に押し出すことで新たな魅力を備えた「洋」な一杯でした。
そういえば、ベジソバ自体もう1年くらい食べてないんで、本家の味も確認してみないとですね。
#今日からローソンでも販売開始らしいです<ベジソバ

というか、ベジソバのつけ麺版があるんだったら、中華ソバのつけ麺版も食べてみたいかも。
宮崎さんがオーセンティックな「もりそば」を作ったらどんな風になるのか、すごく気になっちゃいます。

--

ソラノイロ



関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


関連記事
コメント:
どもです

コレは昨年食べました。
で、今回当時のレビューを読み返してみたんですがリゾットに関してはマイナーチェンジが施されているようです。
先ずリゾットをお願いした時点で宮﨑店主よりそのままだと濃いのでスープ割り経由でのリゾット化を薦められ実際にその手順で食べていたようです(記憶無しw)。
そして驚くべきことに当時はリゾットが150円でした!
このご時世にギリギリまで値段を抑えてくれる姿勢にはホント頭が下がりますね。
[2013/06/11 23:06] | 秋 #- | [edit]
こんばんは。
これまた、旨そうですね。
ここのつけ麺はまだなんで、食べたいですね~
中華ソバのつけ麺版も是非出してほしいです。
ところで、もうボーナス出たんですか。
浦山C~
[2013/06/11 23:12] | kamepi- #- | [edit]
どうも~

リゾットも含め、これは鉄板でしょ!
これで1100円は十分妥当だと思います。

ローソン、昨日行ったんですけどねぇ。
うちの近くでは売ってませんでした…。
まぁ、たまたまかもしれないですし、他のローソンも見てみますけどね。
[2013/06/12 14:55] | corey #- | [edit]
こんばんわ。
昨年食べそびれてたので私も今月食べてみました。
さすがソラノイロですよね、ウマかったです。
次回の限定も気になりますね〜〜〜。
[2013/06/12 22:56] | fat #QYpa.1Bc | [edit]
>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>そのままだと濃いのでスープ割り経由でのリゾット化を薦められ

あ、確かにそのままだと濃かったですw
この日は宮崎さんいなかったんでアドバイスもらえなかったなぁ。。
まぁでも濃いなりに、投入するスープの量を調節したので結果オーライでしたよ。

あと、リゾットの価格の件。
確かに、メニューを見ると150円って書いてあるんですよ。
なので僕も「あれ?」って思ったんですが、前回リゾットを頼んだ時も100円だったので、もしかすると高価な限定を頼んだ客には100円でご奉仕、ということなのかも?
いずれにせよ、これがワンコインだとついつい頼んじゃいますよねぇ。

そろそろ冷やしが始まるとの噂もあるので、そちらも楽しみっす!

--

>kamepi-さん

こんにちは&コメありがとうございます!

なんというか、宮崎店主のセンス爆発!な洋風つけ麺でした。
ベジソバのスープともムール貝で差別化が図られており、単なるベジつけにしないところがささすがっす。
洋ラーがお好きなら確実にハマる一杯かと。

>>中華ソバのつけ麺版

そうなんですよね。
普通に麺とスープを分けただけでも結構旨そうな予感がするんですが、宮崎さんがやるとなったらそれだけじゃ絶対済ませないでしょうし。。
今度お会いした時にリクエストしてみようかな?w

>>ボーナス

雀の涙ですわorz

--

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>これで1100円は十分妥当

そうですね。最初はここの限定が毎回1000円なことに抵抗がありましたが、最近は素直に財布をさし出すようになりましたw
ココとか庄の、あとajito等の創作系はケチっちゃだめですよね。

ローソンベジソバ、結構安いのがいいですよね。
ご飯炊いて自宅リゾットも併せて楽しんでみたいかも。僕も探してみようかな?


--

>fatさん

こんにちは&コメありがとうございます!

お、食べられましたか!
単にベジソバをつけ麺にしました、に終わらないところがソラノイロですよね。
ベジソバ、正直大好物ってわけではなかったのですが(やっぱりココの白眉は中華ソバだと思う)、こっちは結構気に入ったかも。

次回の限定が待ち遠しいです!


[2013/06/13 12:50] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1271-96ad6c4d

<< topページへこのページの先頭へ >>