醤油らーめん(800円)+辛肉ご飯(100円)@新宿・あらとん 新宿御苑店

2013-06-03
今日の晩飯は新宿御苑あたりで。
庄のさんの新店と迷ったのですが、暑くなる前にここのラーメンを食べておきたいかな、と「あらとん」さんへ初訪問。看板がでかいのですぐに発見できましたw
店頭には「本日のアラ:鯖」との表記。ほぉ、日替わりでアラの種類を書き出すってのは「海神」にも通じるものがありますね。

平日20:25到着。前客3、後客1。
やはりこのあたりはランチ需要主体なんですかね?客影はまばらです。

ARATON

店内入ってすぐの券売機で、まずはデフォから、と醤油をポチ。
お腹が空いていたのでサイドメニューを見てみると、白ごはんと辛肉ご飯が両方100円。そしたら肉載ってる方がお得じゃん!と辛肉の方をポチ(後からよく見たら辛肉ご飯は「小」って書いてありましたw)。

店内はU字型カウンターのみ。まだオープンしてそれほど経っていないのでキレイですね。壁にはきちんと上着かけがあって、リーマンには嬉しい仕様。
ちょうど賄いの時間だったようで、店員さんが一人づつ交代で客席に食べに出てきます。
普通賄いって、一番奥の方で目立たないように食べるお店が多いと思うんですが、ここは逆!
通りから見える一番手前の席に座り、自ら客引き看板となっております(当然この際は私服に着替える)。空いてる時にはなかなかいいアイデアだと思いますw

ARATON

待つこと10分ほどで着丼。
ほぉ、醤油ということですが、スープは明るめの茶濁で味噌みたいな雰囲気。
表面には背脂が浮き、結構コッテリ系なルックスです。
その上にはチャーシューとメンマ、そして大量の白ネギ。

ARATON

では、熱々のスープを一口。
おぉ、ガツンと濃い味ですねぇ。
炊き込んだ豚骨スープにアラを合わせるとの店内薀蓄を読み、かなりドロドロ系なのかなぁ?と想像していたのですが、口当たりは意外にサラッとしています。
アラの鮮魚感(生臭さ)は最初かなり強めに感じられますが、だんだん気にならなくなってきます。今日のアラは鯖ということで、鯖っぽいクセもありますね。でも鯖好きなんで問題なし。
ベースの豚骨出汁は臭みなくサラッとしたもの。ちょっと平坦な印象はあるかな。
醤油ダレは甘めで、味噌のようにまろみが強くマッタリした風味。この個性で豚骨とアラの橋渡しをしているような感じ。
表面の液体油と背脂のパンチは強めで、サラッとはしているけれどコッテリ系の口当たりです。塩分濃度はかなり高め。

ARATON

麺はカネジンの角断面極太縮れタイプ。茹で具合は若干ゆるめかな?
加水は高く、モコモコ、プリプリとした食感。ただ、若干茹で時間が長かったのか、密度感はなくフカッとした歯ざわり。
麺味は甘め。熱々のスープの中でもそれ以上ダレることはありませんでした。

ARATON

チャーシューは薄切りのロース系煮豚スライス。箸で持つとホロホロと崩れる仕上がり。風味はちょっと出し殻感のあるもの。

ARATON

メンマはショリショリとした細切りタイプで、いい箸休めとして機能。
また、大量に載せられた白ネギの斜め切りが、アラの臭みを消す清涼剤として非常に有用に機能してますね。このネギがなかったらかなり食べにくい一杯になってたかも、と思えるような働きっぷりです。

ARATON

辛肉ご飯は、茶碗一杯分のご飯の上に、豆板醤で味を整えた挽肉と分葱、白ゴマを載せたもの。
最後にスープをぶち込んで雑炊にしようかとも思っていたのですが、載せ物がものすごくショッペー!
このおかげでご飯はグイグイ進むので目的は達成しているとはいえ、ここにさらに塩辛いスープを入れる気にはあまりなれず、結局最後まで別々に食べました。
うん、ここは素直に白飯にした方がよかったかも。
麺量は180g程度かな?意外にしっかりあった所にご飯まで食べてしまったので満腹でごちそうさま。C/Pはマズマズ。

トータルで見て、アラというクセのある食材をうまく使いこなした、新たな方向性のコッテリパワフル豚魚な一杯。
結構パンチの効いた一杯なので、毎日でも食べたくなる系か?というとそうではないんだけど、たまに無性に食べたくなるオンリーワンな味かもしれません。
近々メニューが増えるとの噂もあるみたいなので、また来てみましょうかね。

--

あらとん 新宿御苑店



関連ランキング:ラーメン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅千駄ケ谷駅


関連記事
コメント:
こんばんは。
アラの臭いは苦手なんで、これはどうかな~
食べてるうちに慣れてきて意外に大丈夫なのかしら。
[2013/06/03 22:48] | kamepi- #- | [edit]
こんばんは。

此方は新宿の「海神」と関係のあるお店なんですね。
あそこの塩は美味しかったので、此方も期待できそう。(^^)
でも、ちょいと濃い目のラーメンのようですねぇ。
まぁ、真夏に汗だくになった後、塩分補給も兼ねて訪問してみようかなw
[2013/06/03 23:26] | おさっても #- | [edit]
どうも~

あっ、アラって毎回違うんですね。
確かに塩と豚骨の違いはあれど、「海神」を連想させますね。
(ってか、伊吹や三四郎@江古田も煮干しだけど、やってることは一緒か。)
これはアラ次第では結構なバラつきがありそうですね。
鯖は自分も好きだけど、何となく想像も付きそうな…w
折角なら珍しいアラの時に食べたいけど、そう上手くいかないだろうし。
[2013/06/04 10:04] | corey #- | [edit]
勤務地からめっちゃ近いんですけどね。
なんか足が向かなくてw

値段設定ってのも要因としてあるかもしれません。
まぁ~近いのでそのうちランチで追随しますよ!
[2013/06/04 11:05] | Y #- | [edit]
あらとん旨いっすよね。近くにある庄のの新店もフツーにレベル高いのでお奨めっす。

あと多分知らないと思いますけど、2ちゃんねるで取材馬鹿の九龍っていう粘着に長期間叩かれているようです。
けど気にせずラーブログ更新頑張ってください~
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ramen/1362815975/l50
[2013/06/04 12:10] | とおりすがらー #G8vhh9C6 | [edit]
>kamepi-さん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>アラの臭いは苦手

あら、そうなんですか~。
じゃあ、普段寿司屋のアラ汁とかもダメな感じですか?

このスープ、最初の数口は結構アラ汁っぽい雰囲気です。
ただ、タレとベースがかなり強いので、だんだん感じなくなってくるとは思いますが。。。

なかなか面白い一杯だったとは思います。
お近くに来られた際、気が向いたらぜひ!って感じでしょうか?

--

>おさってもさん

こんにちは&コメありがとうございます!

あ、海神と直接の関係はないと思います。
日替わりで魚のアラを使うという点では共通だなぁ、と思ったもので、そう書いてしまいました。
こちらは確か、武蔵系の出身だったかな?北海道に本店があるそうです。

>>塩分補給

そうですね、そのくらいガツンとしょっぱめです。
敢えて暑い日に、汗かきながらがっつり食べてみるのもアリかも!

機会があればぜひ!

--

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>アラって毎回違う

そうなんです。この日は鯖でしたが、鮭って日もあるらしいです。
海神でもそう思いましたが、他のお店で捨てる部分を再利用する、ってのはうまいアイデアですよねぇ。
(まぁ、鶏ガラやゲンコツも元はそういう考え方ですよねw)

>>珍しいアラの時に食べたい

そうですね、深海魚系とかw

そう言われてみると、アラの種類がどれだけ風味を左右するのか確認してみたい気もします。
次回、違うアラだったら同じメニューを食べてみようかな?

機会あればぜひ食べてみてほしいっす!

--

>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

あら、近所なんでてっきり既に行かれてるとばかり思っておりましたw

確かに、ちょい高めではありますよね~。
物件としてはかなりよさげなのはわかりますが、デフォはせめて700円台に収めてほしい気も。。。

つけ麺もあるので、これからの季節も使えそうです。
実食レビュー、楽しみにしておりますw

--

>とおりすがらーさん

あらとん、なかなかうまかったです。アラが効いた濃厚豚骨って意外にアリですね。
庄のの新店、やっぱレベル高いんですか?こりゃ近々行ってみなければ。

あと、応援ありがとうございます!
無知駄舌なりにマイペースで続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします~。

[2013/06/04 13:59] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1257-29ef2710

<< topページへこのページの先頭へ >>