FC2ブログ

【限定】佐伯らーめん(700円)@神保町・可以

2013-03-30
最近、突如TL上に現われた「佐伯らーめん」という文字。
なんだそりゃ?と見てみると、九州は大分県、佐伯市のご当地ラーメンだとのこと。

んで、このラーメンを「渡なべ」の樹庵さんのお店である神保町可以」で期間限定で提供しているそうな。
最近は久留米や博多といった九州ご当地系を限定提供し、九州づいていた渡なべグループ、今度は大分にフォーカスしてきたんですか。
これはなかなか面白そう!ということで、早速ランチに神保町

平日13:30到着。前客8、後客0。
券売機を見ると、ありました「限定」。さっそくポチっとしてカウンター席へ。
厨房は若い男性2名でのオペレーションです。

KAI

前客のつけ麺をごぼう抜きにして、待つこと3分ほどで佐伯らーめん着丼。
胡椒とニンニクの香りがフワリと鼻に抜け、これはなかなか旨そうですね~。
茶濁のスープの上には厚めの液体油層。その上にはチャーシュー、モヤシ、ネギのみ。また胡椒とゴマがたっぷりかけられています。

では、レンゲでスープを。。。と思って探すと、卓上にはレンゲがないんでした。
こちら、今回モデルとした佐伯ラーメンのお店(香蘭)に倣ってレンゲレス仕様なんだとか。。

KAI

丼を持ってグビリとスープを一口。
・・・おぉ、、ジャンクw
雰囲気的には、豚骨醤油ラーメンに白胡椒とニンニクをドバドバ入れた時のあの下品な感じw
ベースは臭みのないライト豚骨。ここに九州っぽい甘くてコクのある醤油ダレが加わり、ラード的な香りがする液体油でガッツリ旨味の底上げを図るという構成。
それだけだと単調になるところを、デフォで入ったニンニク(おろしと思われる)、それからたっぷりの白胡椒と白ゴマでアクセントを付けている感じ。胡椒の辛さとニンニクの辛さが前面に出るわかりやすいパンチ効果。こりゃカップラーメンにもしやすいんじゃないかな。
粘度はなくシャバ系の口当たりで、油膜効果もあってか最後までスープは熱々です。
塩気は結構強めで、ライスが欲しくなるかも。
うーん、もはや味変の余地ゼロというレベルまでドーピングされたジャンクスープ、これはこれでユニークw

KAI

麺は中細角断面ストレート。
茹で具合はちょいユルめで、モチッとした食感。
地方のラーメンって感じの噛んだ瞬間の柔らかさが特徴的ですが、コシはあり、時間が経ってもそれ以上デロっとならないのがいいですね。スープの絡みも良好。

KAI

チャーシューは小ぶりで薄いバラ煮豚スライスが1.5枚くらい。箸で持つとホロッと崩れる仕上がり。味付けは薄めで、濃いスープの味で食べる系。
モヤシは関東モヤシ(緑豆モヤシ)じゃなく、西の細いやつ(ブラックマッペ)ですね。さすがの再現性w
細いけどシャキッと歯ごたえがあって、この一杯には合っていると思います。青ネギも、ジャンクなスープの中ではいい清涼剤として機能。

麺量は130g程度かな?サクッと固形物完食、スープは2/3ほど飲んでごちそうさまでした。
C/P的にはまずまずですが、まぁ珍しいご当地メニューが食べられたと思えば無問題かな。

トータルで見て、全く知らなかった大分グルメ(鶏天と別府冷麺くらいしか知らなかった)を勉強できた、ユニークな一杯。
これまで食べたことのあるどの九州系ラーメンとも異なる、ジャンクな雰囲気が印象的でした。
佐伯(「さいき」と呼ぶようです)市、ちょっと行ってみたくなりましたw

#ちなみに提供は29日までとのことでしたが、好評のためさらに延長とのこと。
#東京でこの味が食べられるのはこれから先もなさそうなので、豚骨醤油好きはぜひ!

--

神保町 可以




関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅


関連記事
コメント:
こんばんは、お邪魔します。
美味しそうな一杯ですね!
ニンニクの匂いも食欲を湧かせるでしょうね。
食べだしたら止まらなそうな気がします♪
[2013/03/30 00:27] | ジャム #- | [edit]
真の佐伯ラーメンがどんなものなのかはわかりませんが、
一つの解釈を緻密に再現する、というのはなかなか興味深い試み。
数年来、「迷走」?と思われるような動きもあった樹庵さん、
この企画では、やはり業師だな、と実感。
高田馬場に合った大分ラーメンの店がなくなっちゃったけど、
あそこより洗練された、細工行き届いてるけど「地ラーメン」っぽさを残している、
そんな印象を持ちました。
[2013/03/30 02:10] | 愚亭猫 #- | [edit]
>ジャムさん

はじめまして&コメありがとうございます!
#ここのブログには、もう一人ジャムさんがコメくださるので、間違えないようにしなきゃ。。w

いやぁ、最近流行りのラーメン屋ではあまり見ないタイプの一杯でした。
たまにはこういったジャンクなのもいいなぁ、というけっこうクセになる豚骨醤油です。

またしばらく提供してくれるそうなんで、機会あればぜひ行ってみてください!

--

>愚亭猫さん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>やはり業師

最近の樹庵さんの企画、結構ツボですw
今回も、この味の再現のためにわざわざ現地まで飛んで調査したみたいですし、プロがそういった気合でご当地ものを再現してくれるとホントうれしいですよね。

こんな感じで、今後も地方のマイナーなご当地ラーメンを再現してほしいなぁ。。

(いい意味で)なかなか下品で面白いラーメンだと思うので、チャンスあればぜひ!
[2013/03/30 16:14] | タム6000 #- | [edit]
はじめまして!大分県佐伯市でプチ料理記者を
やっております記者Yと申します。
こちらの“限定佐伯らーめん”の記事を当方の
ブログでリンクさせて頂きました!
機会がございましたら是非とも佐伯市へお越し
下さいね!お待ちしておりますb
[2013/04/18 19:21] | 記者Y #- | [edit]
>記者Yさん

はじめまして!
コメありがとうございます。

リンクの件、わざわざご連絡いただきありがとうございます。

佐伯市、今回のラーメンのおかげで俄然気になる街になりました。
「香蘭」だけでなく、他のお店の佐伯ラーメンもぜひ食べてみたいですね。
九州はまだ未上陸なので、機会を見つけて遠征したいです。
[2013/04/19 23:47] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1177-21b1ab83

<< topページへこのページの先頭へ >>