FC2ブログ

淡麗鶏塩そば(700円)+チャーシュー丼(ランチタイム100円)@四谷三丁目・塩つけ麺 灯花

2013-03-06
今日のランチは四ツ谷あたりで。
なんとなく塩な気分だったので、以前つけ麺を頂き大変気に入ったこちらへ、ラーメン狙いで再訪です。
隣に素麺専門店が出来てるのがかなり気になるのですが、初心貫徹w

平日13:40到着。前客2、後客2。狭い店内は5人入ればキツキツです。
食券機にて「鶏塩ラーメン」のボタンをポチすると、「ランチタイム100円」と書かれたチャーシュー丼のボタンを発見!
ライスのみで150円とか取るお店もある中で、チャーシュー載せて100円とは魅力的じゃないですか!ということでこちらもポチ。

カウンター席に着席し食券を提出。
今日は厨房は1名体制。狭いところでご苦労様です。BGMはジブリジャズ。

TOUKA

待つこと5分ほどで着丼。
お、雰囲気はつけ麺とほぼ同じ感じですね。
ちょっと琥珀色がかったクリアスープの中には細麺。その上にはチャーシュー、メンマ、水菜に白髪ネギ、糸唐辛子。

TOUKA

ではスープを一口。
・・・うん、相変わらず抜群の旨さ!
口当たりはシャバ系。塩気は強いですが、つけ麺と同じく「コク先行」の味作り。つけ麺の淡麗ながらもパンチのあるスープをラーメン用にデチューンした感じかな。
塩味も旨味も含めた、全体の「味の輪郭」がしっかり引かれた、存在感のある旨さです。
味のシーケンスとしては、香味油の香り→柔らかい鶏の旨味→魚介がフワリと残る感じ。最初コンソメみたいな独特の香りが感じられるのが特徴的。
また、温度が下がる毎に鶏と香味油が後退し、塩ダレのにがりっぽい風味(?)と乾物感が前面に出てくるようになりますね。ラスト近くはドンコらしき旨味がジンワリと口に残り、これもまた一興。

TOUKA

麺は、三河屋製の中細角断面ストレート。茹で具合は固め。
加水は低めで、シコシコ、ポクポクといった歯ざわりの、存在感あるものです。
つけ麺ではなめらかな平打麺を合わせて来ていたのですが、ラーメンはまた違うタイプの麺のチョイスなんですね。でも、スープの絡み、全体の風味も含めバッチリ合ってると思います。

TOUKA

チャーシューはバラ煮豚スライスが1枚。提供直前にバーナーで炙られており香ばしく、ミッチリした肉感もいい感じ。味付けは塩味かな?スープを邪魔しない味付けでいい感じ。

TOUKA

予想外に健闘していたのが糸唐辛子。麺と一緒に啜ると、ピリリと辛さのエッジが立ってすごくいいアクセントに。
糸唐辛子ってたいてい「彩り要素だし、変に固いからあまり好きじゃない」と思ってたんだけどちょっと見直しましたwつけ麺でスープに振られていた一味と同じ役割を別のモノに担わせているんですね。
水菜と白髪葱は、スープを邪魔せずちょうどいい清涼感を提供してくれます。ここらへんも入れすぎるとバランスが悪くなるところだけど、絶妙のバランス感。

TOUKA

チャーシュー丼は、しっかり一膳分持ったご飯にサイコロ上に切った端切れチャーシューとネギ、一味をかけたもの。
チャーシューは前述の通り塩味なので、タレ的なものはなく、ご飯にタレを絡ませて楽しむタイプではありません。
ただ、当然その隣には絶品スープがあるわけですよ。
ということで、余ったスープをかけて胡椒を振ってチャーシュー雑炊にすると。。。チャーシューの脂身が熱で溶け、スープの塩気と油と相まって絶品!

TOUKA

麺量は140gくらいかな?でもチャーシュー丼も付いてるのでお腹一杯。C/Pも良好でしょう。
サクッと完食完飲でごちそうさまでした。

トータルで見て、つけ麺と同じ方向性なれど、両者の特性の細かな差をきっちり詰めてくることで一級品となった、絶品塩な一杯。
つけが旨いからと言って、それをそのままラーメンにしても美味しいとは限らないと思うのですが、そこらへんのチューニングが見事でしたね。また、プチ丼→塩雑炊って流れもよかったなぁ。。

こちら、店名にある通り、つけ麺推しのお店だと認識してみましたが、ラーメンもそれに勝るとも劣らない絶品でしたね。
つけ麺が気に入った方はラーメンも気に入るはずだし、その逆もまた然り。両者をコンプリートすることをオススメします。

ちなみに今年は限定メニューも検討中だとのこと。楽しみですな~。

--

塩つけ麺 灯花




関連ランキング:つけ麺 | 曙橋駅四谷三丁目駅四ツ谷駅


関連記事
コメント:
うわ~www
美味しさをしってるだけに、よだれがwww(笑)
只今花粉症の為控えておりますが、おさまったら直ぐにでも再訪したいお店です!
[2013/03/06 16:10] | Peace☆ #nEx7PFYA | [edit]
また行ったのねーw
つけ麺はメッチャ美味かったけど、
もう一回食べたら、もっと発見があったような気がしてます。
ラーの方は、定番的美味さだと予想できるんですが、
つけ麺のような新たな感動は味わえるのかどうか。
普通にクオリティ高いんでしょうけど。
もう一回行ってもつけ麺頼んじゃいそう。
[2013/03/07 00:21] | 愚亭猫 #- | [edit]
どもです!

おぉ~ラーメンも旨そうですねぇ~
ギリギリ、ランチローテ店なんで
再訪時にはラーメンで!
[2013/03/07 11:45] | Y #- | [edit]
どうも~

おぉ~、ラーメンも美味そうですねぇ。
つけ麺は色々仕掛けがある印象でしたが、こちらは一転シンプルさで勝負な雰囲気も。
糸唐辛子、未だに彩り要因だと思っていて、存在意義を感じたことがありませんw
その必要性も感じてみたいとも思ったりしてww
[2013/03/07 15:11] | corey #- | [edit]
>Peace☆さん

こんにちは&コメありがとうございます!

いやぁ、ココはホント旨いですね!
つけもよかったですが、ラーメンもかなり完成度高かったっす。
あのつけが気に入ったのであれば、これもハマると思いますよ〜。

花粉がやんだら(5月くらい?)ぜひ!
今度は「こうや」と連食とか?

--

>愚亭猫さん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>つけ麺のような新たな感動は味わえるのか

うーん、そういう意味では、キープコンセプトかな。
でも、麺のチョイスや細かな演出で、ラーメンでもきっちり仕上げてる印象。
食べて驚くというよりは、食べて納得(つけ麺食べた人は)って感じかもしれません。

つけ麺をもう一回食べた後にでもどうぞ!w

--

>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

ラーメンも旨かったです!
ここの唯一の弱点はデフォの量の少なさなんですが(人にもよるけど)、ランチタイムだと100 円でチャー丼が付くので、量的にも満足度高いと思います。

ランチローテでぜひ!

--

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

基本的に、つけ麺の味をラーメン向けにチューニングしたという印象です。
でも、全く破綻はなく、すごく完成度高かったと思います。

>>糸唐辛子、未だに彩り要因

そうそう、僕もずっとそう思ってたんですが(特に鶏の穴の限定ねw)、ここのクリアな塩スープの上だとかなり存在感あるんですよ!
一味と違ってスープ全体になじまないので、口に入る度に新たな刺激が生まれるがよかったです。

ぜひ食べてみてください!
[2013/03/08 17:43] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1160-0adcebb4

<< topページへこのページの先頭へ >>