FC2ブログ

濃厚豚骨つけ麺(大盛無料)800円@池袋・麺屋武蔵 二天

2010-01-28
NITEN

年明けから、ベジポタつけ麺を主体としたメニュー構成となったこのお店。
以前の豚天も割と気に入っていたのですが、どう進化したのか楽しみに来店。

平日14:00到着。カウンターはほぼ満席で空き1。賑わってますね。
とりあえず基本メニューである「濃厚豚骨つけ麺」の食券を買い着席。大盛り無料なので大盛りをお願いします。
ここのお店、壁にコートかけがないので、この時期は上着のやり場に困りますね。

待つこと5分ほどでまずつけ汁が。そこから数分待って麺が着丼。

ほぉ、つけ汁は白濁。塩豚骨スープ?というルックス。
表面には多めの油が。また上には万能ネギが振られ、彩りを添えています。
麺はかなり太めの麺が大量に。500gくらいあるかな?
具は麺の上。ブロック状の炙りチャーシューとキクラゲ、そして茹でキャベツが載っています。

ではまず、麺から。
緩くウェーブしたゴワゴワの極太麺。カネジン製だそうです。
弾力はありませんが、粉っぽい密度感が特徴。
歯ごたえがかなり強めで、存在感あります。麺自体の味はそれほどありません。

では、注目のつけ汁を。
・・・う-ん、微妙w
いわゆるベジポタ系らしい、かなりの粘度のスープです。
風味は、豚骨の臭み、そして芋の甘み、さらに表層の油に付けられたと思われるニンニクの香りの階層構造。一方で、塩気はかなり弱め。
この甘み、一瞬ジャガイモか?と思ったのですが、山芋だそうですね。
糸を引くような粘りはないですが、このネットリ感は山芋ベースだったのですね。これに加えて、豚足/豚頭のコラーゲンでも使って粘度を上げてるのかな。

にしてもこのスープ、ドロ系の食感のインパクトとは相反して、風味がボケボケ。
塩気が足りないだけでなく、旨みが圧倒的に足りない。
なので、粘度による重量感ばかりが先に目立ってしまい、どうもバランスが悪くなっている気がします。
しかも、麺よりかなり先に着丼することもあってか、最初の段階でかなり温いです。。。

「素のスープ出すから、あとは好きに味付けしてね」といわんばかりに、卓上にいろんな調味料がありますが、まずは素のスープで麺をズバッとすすってみます。

・・・やっぱり微妙。
これだけの粘度のスープなので、当然麺への絡みは過剰なほど。
しかし、麺のゴワゴワ感とスープの量感ばかりが口の中に残り、肝心の味が印象に残らない。
お前の舌がバカだからだ、と言われたらそれまでなんですが、この「ほのかな」味のつけ汁を楽しませるなら、もっとしなやかな、モチッとした麺が似合うような気が。

素だとちょっと物足りないので、お店ご推奨の調味料を入れてみます。
卓上にあるのは、黒(魚粉ペースト)、赤(ラー油ペースト)、チャツネ(トマト)、そしてカレー粉。あと酢(使いませんでした)。
まずは無難な赤から行ってみます。
・・・うーん、たしかにラー油のピリッとした感は加わりますが、一体感とまではいかず、単にラー油の香りと多少の旨みが加わった、というだけ。
しかも、つけ汁の粘度が高いだけに、粉モノの混ざりが悪いんですよね。かき混ぜてもダマになってしまう。もっとかき混ぜるとどんどん温くなるw
黒を入れても、その部分のみ節系の香りが加わり、一瞬「豚骨魚介」っぽい風味が漂うんだけど、一気に表情が変わるとまでは行かない。もうちょっと入れたらよかったのかな。
なんというか、所詮は後付調味料、というか、ラーメンに胡椒をかける程度のインパクトにしかなってくれない、という印象。
客が好みの味を作る、見つけるという楽しみを意識しているのでしょうが、なんというか「ラーメン屋としての努力」を放棄しているように見えなくもないです。

ここらでつけ汁が完全に冷たくなり、またほとんどなくなってしまったので、つけ汁のお替りをお願いします(完飲しないとお替りはもらえないようです)。
そして再度熱々のスープが着丼。

ここでもう一回「素」のスープを味わってみましょう。
あら、味しないわw
赤だの黒だの入れて味を濃くしてたら、舌のダイナミックレンジが狭くなっちゃったみたい。
逆に言えば、素はそれほど淡い味ってことですよね。
では気を取り直し、残りの追加調味料を試してみます。

チャツネは、トマトベースのものだったのですが、トマトの酸味と甘みがスープとケンカして、ちょっと苦手でした。
そして、これは鉄板だろうと期待したカレー粉も、粘度の高いスープとの混ざりが悪く、薄っぺらな味に。なんだか中途半端な結果。

ここで麺がなくなり、終了。
ちょっと不完全燃焼ぎみです。今回はスープ割はしませんでした。
チャーシューは、武蔵っぽいブロック肉で、味付けは強め。
炙ってあることもあり、このメニューの中で一番味が濃く香ばしさもあって、淡いスープとのコントラストが良好でした。
キクラゲは、あまり存在感感じなかったなぁ。
キャベツは、甘みとシャキシャキした食感がいいアクセントにはなっていましたが、大ぶりな分、つけ汁の温度をグングン下げてくれましたねw

全体的に見て、「まだまだ試作品」という印象を持ちました。
この方向性で行くということであれば、さらなる改良を期待したいと思います。
(後から思いついたのですが、この調味料たち、スープに入れるのではなく、麺に多めに絡めながら食べるといいのかもしれません。今度やってみよう)

券売機には「ラーメン」のボタンもあり、近日登場予定だそうです。
もうちょっと味作りが落ち着いた頃に再訪してみたいと思います。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/107-c69bf404

<< topページへこのページの先頭へ >>