FC2ブログ

かつと特製カレー(1000円)@神田小川町・ポンチ軒

2012-12-16
今日のランチは神保町。
ラーメン&カレー&トンカツな気分だったので、そのうち2つの条件を満たすこちらへ。

PONCHI-KEN

こちらは、もともとは赤坂にあった「洋食フリッツ」が移転したお店になります。
フリッツ時代に一度ランチを食べに行って大満足だった記憶があるのですが、その後ご無沙汰しているうちにラーメンなんかも始めて、また食べに行かなくちゃなぁ、と思ってるうちに閉店。
その後、風の噂で神保町に移転したと聞き、もうラーメンはやってないらしいんだけど、あの絶品トンカツをまた食べたいなぁと思ってたのです。

PONCHI-KEN

ということで、平日13:25到着。
店内はほぼ満席ですが、入り口近くの二人がけテーブルが空いていたので、そこへ案内されます。後客1。
メニューを見ると、ヒレやロースのトンカツ定食の他に、「カツとカレー」なるものが。これが今回の目的。
口頭でオーダーし、しばし待ちましょう。
店内はとてもキレイなビストロといった感じで、とんかつ屋にありがちな油ギトギト感は全くありません。BGMはジャズ。
奥には個室っぽいテーブル席もあり、夜の飲みなんかにも使えそうな感じ。
食べながら漫画を読む客、食べ終わっても延々と話し続けるOLグループ等で、回転はかなり悪いですね。急いでる時は避けたほうがいいかも。

トンカツは当然注文の度に揚げるので、配膳まではちょっと時間がかかります。
待つこと15分ほどで豚汁と共に着丼。

PONCHI-KEN

ほぉ、「カツカレー」じゃなくてカツ「と」カレーというメニュー表記の意図はこういうことですか!
細長いお皿には、カレーエリア、キャベツ+トンカツエリアがあり、それらを真ん中のライスでセパレートするという配置。
左から食べればカレーライス、右から食べればトンカツ定食という食べ分けができるし、たまにトンカツをカレーに投入してもいいという素晴らしい発想!
カツカレーは大好きなんだけど、下からライス→カツ→ルーのタイプのカツカレーは「カツを食べた後のご飯にカレーがかかってないのがどうも気持ち悪い」、そしてライス→ルー→カツだと、「カツ単体で楽しみたい時も常にカレーがつきまとう」というジレンマがあったのですが、この配置によりその全てが解決!
今後世のカツカレー屋さんは全てこの配置をテンプレートとして欲しいかも。

PONCHI-KEN

ではまずカレーから頂きましょう。
ルーは若干シャバ系ですがスパイスが強いインド風ではなく、素材を時間をかけて煮込んだ旨味系の欧風に近いカレー。豚ひき肉がこれでもかと投入されているのが特徴的。
辛さはないが、甘ったるさは全然なく、スッキリした口当たりの中にもコクがあって美味しいですねぇ。

また、ココのお店、ライスがすごく旨いです。
キラキラ輝く米は見るからに旨そう。もっちりしたご飯を噛み締めると、米の甘さが口中に広がり、ベタですが「日本人でよかった」と思える瞬間w

PONCHI-KEN

カツは熱々の小ぶりのロースカツ。
軽くてサックサクの衣、柔らかジューシーな肉が絶品です。
トンカツってどこで食べても美味しいと思ってしまうので、あまり他店と比較はできないんだけど、口当たりがライトで食べやすいのがここのトンカツの特徴かな?肉はもちろん、衣がおいしいですね~。
ソースはとんかつソースとウスターソースの2種類で、とんかつソースはちょっと酸味が強めの独特のもの。たっぷりめにかけても塩味が強すぎずいい感じ。
また、柚子ペッパーソースも酸味が効いてて面白い味になりますね。卓上には塩もあるので、最初のひとつは塩で食べてもいいかも。

PONCHI-KENPONCHI-KEN

キャベツはトンカツと言ったら定番の千切り。シャキシャキで甘くて旨ーい!
ちなみにトンカツ定食の客にはドレッシングを出しているので、できればカツカレーにもつけて欲しいかも。まぁたいていキャベツにもソースかけて食べちゃうんですけどね。。

PONCHI-KENPONCHI-KEN

また、卓上のキムチは食べ放題。
これは自家製でしょうか?韓国の本格的なものではなく、浅漬をキムチ方向へカスタマイズしたようなあっさりタイプ。
食中・食後に食べると口の中がスッキリしていい感じ。これが食べ放題なのはうれしいですね。

それから豚汁。とんかつ屋の豚汁って、端切れの肉がたっぷり入ってるから旨いんですよね。しっかり野菜も入ってるのがうれしいです。

見た感じあまりボリュームがなさそうだなと感じたのですが、意外にしっかりお腹にたまる量ですね。満足で完食。
すると、いいタイミングで熱いお茶がサーブ。こういうのうれしいですねぇ。
お茶で口をさっぱりさせ、お勘定をしてごちそうさま。

トータルで見て、全体的に非常に丁寧に作られた感が強い「ごちそう感」ある上級カツカレー
お値段そこそこしますが、価格に見合った品質だったと思うし、なにより店内のゆっくりした時間の流れを感じながら楽しめるのがここのいい所なんですね。長居する客が多いのも納得できる気がしました(待ってる客がいる時にはさっさと出て欲しいけどねw)。
ということで、時間を気にせず「自分へのご褒美ランチ」的な使い方をするのがベストかな。また来ます。

#13:30にはカレールー切れになった模様。カレーを狙うなら早めの時間の方がいいかも。

--

ポンチ軒




関連ランキング:とんかつ | 小川町駅新御茶ノ水駅淡路町駅


関連記事
コメント:
しまった!
この辺にこんな店があったんですね。
すっかりラ以外の情報に疎くなってる
・・って、ここ、あのフリッツさん?w
カツとカレーの関係については一言申し上げたいこともありますがw
ま、それもカツカレー論の楽しいところ、ということでw
隣駅のカツカレーはすでに私にはきつい食べ物となっていますが、
この店のカレーはぜひ味わいたいです。
良い情報に感謝!
[2012/12/17 03:35] | 愚亭猫 #- | [edit]
こんにちは。

とんかつとカレーが食べたい時にはピッタリなメニューですね。
なんか急にとんかつが食べたくなりましたww
[2012/12/17 11:51] | ayashi #- | [edit]
>愚亭猫さん

こんばんは&コメありがとうございます!

お、赤坂フリッツご存知でしたか?
カラスさんが開化楼の麺を売り込んでラーメンを始める前に一度行ったことがあるんですが、すごく品がいいけどお高く止まってない、いいお店だなぁと思った記憶が。

仰るとおり、隣駅のカツカレー戦線はガッツリ命なので、やはり若者向けですよね〜。
こちらはあういった方向性とはちょっと違い、「本物感」をきっちり出しながらもそれなりにボリュームもあって満足、という感じかな。
お店もキレイだし、誰を連れて行っても間違いないと思います。

カツカレーの気分の時は、ぜひ行ってみてください!

--

>ayashiさん

こんばんは&コメありがとうございます!

>>とんかつとカレーが食べたい時にはピッタリ

そうなんですよ!
カツカレーではなく、カツとカレーを別々に食べたい気分の時には最高の盛り付けなんですよねぇ。
しかもどちらも丁寧に作ってあって旨いし!

後から気づいたのですが、ライスや豚汁、キャベツはお代わり自由だそうで、だったら1000円でも全然高くないっすね。
ラーメンの引力も強いエリアですが、機会あればぜひ!

>>とんかつが食べたく

大森駅近くだと、やっぱり丸一ですかね!?
[2012/12/17 22:04] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1065-89b4120c

<< topページへこのページの先頭へ >>