FC2ブログ

牛肉麺(1000円)@大門・味芳斎 本店

2012-12-12
今日のランチは浜松町
この前テレビで放送された「忍八」に再訪しようか、と思ったのですが、なんとなく辛いのが食べたい気分。
品川まで行って中本か?あ、そういうえば大門の激辛のお店をチェックしてたんでした、とこちらへ初訪問。
なんでも、激辛な牛肉煮込み麺がいただける中華屋さんとのこと。

平日11:33到着。前客6、後客4。店内には強い八角の香り。
小さな店内にはテーブルが6卓、つまり各テーブルが一人ずつお客さんで埋まってる状態。
・・・こういう時って、店員さんのナビゲートがないと座りづらいですよね。。でも店員さんは知らん顔w
しょうがないので、ひと通り見回して、一番食べ終わりが近そうな方のテーブルに「失礼しまーす」と着席します。
(この後来る客もみんな空いてる席に遠慮無くガンガン座ってたので、そういったローカルルールみたいです)

MIHOUSAI

ちなみに前客の皆さんは全員麻婆丼を食べています。
なんでだろ?と思っていたら、オープンから11:30まではタイムサービスで麻婆丼がワンコインだそうな。なるほどね。

MIHOUSAIMIHOUSAI

もう11:30も過ぎてるし、店員さんがお冷を持ってくるタイミングで迷わず「牛肉麺」を口頭オーダー。
ちなみに「ぎゅうにくめん」と発音しましたがそれで通りました。正しくは「ニューロゥミェン」?
また、同じ載せものの丼物「牛肉飯」もあるのですが、これは単に「牛丼」と呼ばれているようです。
麻婆サービスタイムが終わると、注文はほとんど「牛丼」に。麺を頼んでる人は全くいませんね。

MIHOUSAI

待つこと10分ほどで着丼。
おぉ。。これは旨そうじゃないですか!
クリアなスープの上には、茹でモヤシと、その名の通り赤黒いソースをまとった牛肉の塊がゴロゴロ。

MIHOUSAI

では、素のスープを一口。
うわ、温いし、どうにもペラペラな鶏ガラ・野菜主体の清湯スープですね。。
旨味も塩気も弱くて、うーん、これはあくまでベーススープといった感じ。
ただ、ここに熱々の牛肉煮込みの汁を混ぜこむことで、グッと奥深く、そしてコクも豊かになり。さらにエライ辛くなります!

MIHOUSAI

牛肉はそれほどいい部位ではないであろう赤身主体。カレー用として売っているようなブロック型。
しかし、おそらくかなり時間をかけてフワッフワに煮込まれており、赤身ならではの歯ごたえを残しながらも、歯で簡単に噛み切れる絶妙の仕上がり。
また、ここに八角や五香粉等の中華スパイスが複雑に効いていてめちゃくちゃ旨い!
辛味の元は唐辛子(ラー油)が主体。山椒も入ってるとは思うけど、山椒の痺れよりも唐辛子の刺激がガツンと強め。
辛さレベルは結構高めで、辛いの好きでもヘタすると咽るレベル。
これは、辛いの苦手な方は結構苦戦しそうですね。ってか超汗っかき体質なので、額からの汗が止まりませんw

MIHOUSAI

この丼ではこの肉が主役なので、麺はあくまでサブ。
形状は角断面細ストレート、加水は低めで茹で具合は固め。シコシコ、プツプツと切れる食感が特徴的。辛いスープの絡みも上々です。
茹でモヤシは全体的に「辛」が支配する丼の中で唯一の清涼剤。シャキパキの歯ごたえとニュートラルな風味が舌を休めてくれますね。

MIHOUSAI

麺量は120g程度かな?麺ではなく肉でお腹一杯にする感じですかね。
旨いけど辛い、でも辛いけど旨い、というエンドレス辛旨スープを啜るレンゲが止まらず、結局赤黒いスープをほぼ完飲して汗だくでごちそうさま。
値段的には結構豪勢なランチだったけど、牛肉が相当ゴロゴロ入ってたし、お味的にも満足かなぁ。

ただ、同じ値段の牛肉飯は、このラーメンの具(牛肉煮込みとモヤシ)がドサッとライスに載った丼で、さらに小鉢(漬物)とスープが付くので、なんだかそっちの方が満足度が高いかも。。。どうしても麺が食べたい場合でない限りは牛肉飯がオススメかな。

ということで、次回は牛肉飯で!
あ、でも時間限定のワンコイン麻婆丼も魅力かも。。。

--

味芳斎 本店




関連ランキング:中華料理 | 大門駅浜松町駅御成門駅


関連記事
コメント:
こんばんは。
自分は支店の方でこれ食べましたが、
やっぱり、皆さん牛肉飯食べてましたね。
牛肉飯も食べに行きたいと思ってたのを、
思い出しました。
[2012/12/12 22:55] | kamepi- #- | [edit]
どもです!

先ず麺の表情がいいですね!

それと、重厚感あふれる全体像。

ライスとセットで食べてみたいですね♪
[2012/12/13 10:08] | Y #- | [edit]
中国でも日本でも、
牛肉の「悪い部位」って、丁寧に料理すると美味くなり、
廉価ゆえにこういうB級ものを引き立てるんですよねー。
この一杯も、同様の発想のもとに作られたんだと思いますが、
やはり汁温など、もうひと手間欲しいという感じかな。
でも、こういう一杯に出会うのも楽しいっすよねー。
[2012/12/14 00:27] | 愚亭猫 #- | [edit]
>kamepi-さん

こんにちは&コメありがとうございます!

お、支店の方で食べられたんですね!
支店はもっとお店が広いと聞きましたが、駅に近い方に行っちゃいましたw

>>皆さん牛肉飯

そうなんですよ、麺と飯が同じ値段だと、やっぱりお腹に貯まるのは飯ですよねぇ。
僕も次回は飯にするつもりです。
ただ、一汗かきたい時は麺かな~w

あと、なにげに麻婆丼が旨そうでした。。。

--

>Yさん

こんにちは&コメありがとうございます!

なるほど、これとライスって手もあったか。。
これだけだと、やっぱり1000円出した割にはお腹にたまらないのも事実w
ライスを浸けると、飯と麺、両方食べられていいかも。

辛いもの好きにのみオススメできるメニューですが、Mな気分の時にぜひ!

--

>愚亭猫さん

こんにちは&コメありがとうございます!

そうですねぇ、豚でも牛でも、安い部位はそれなりに手間をかけると驚くほどおいしくなりますよね。
こちらも、きちんと煮こまれたおかげで、絶品の煮込みになっておりました。
また、キッチリ効いた中華スパイスがたまらんのですよねぇ。

あ、スープが温いのも、激辛な刺激を緩和するための工夫だったりしてw
個人的にはアツアツで食べたかったですがw

いずれにせよ、クセになる一杯でした。
次回はこれの丼物だな!


[2012/12/14 11:48] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1058-2c90dc79

<< topページへこのページの先頭へ >>