FC2ブログ

ざる中華(750円)@秋葉原・らーめん紬麦

2012-11-16
秋葉原での飲み会前、軽く食べてから行こうかな、とお店をサーチ。
会場がアトレなのと、時間があまりないので、自動的に駅近辺限定で。
うーん、久々に青島に行きたかったけど、ちょっと間に合わなさそうだな。。
ということで、こちらも久々な「讃岐うどん的なラーメン」を出すこちらへ。。

平日18:10到着。前客8、後客1。
場所がアレなんで開店当初は客入りが心配でしたが、やはり旨いお店はしっかりお客さんが付いてきますね。

TUMUGI

こちらの麺は〆た方が旨いので、今日はつけ麺を食べようかな~、と思い食券機を見ると「ざる中華」なんてメニューが。
ほぉ、メニュー名から想像するに、中華麺+蕎麦汁で食べるやつですかね。
そろそろこういったメニューを食べるには寒くなってきたけれど、新作はかなり気になるなぁ、とボタンをポチ。
店内に入り、空いているカウンター席へ着席し、食券を渡します。

提供まではちょっと時間がかかりますね。
厨房の音を聞くに、氷でキンキンに〆ている模様。
待つこと10分ほどで着丼。

TUMUGI

お、やっぱり想像通り!ざる蕎麦的なやつですね。
麺の上には刻み海苔、メンマ、それからチャーシュー。浸け汁は蕎麦猪口的な小さい器に。別皿にはネギとわさび。
ってか麺がツヤツヤと輝いていて、すごく旨そう!よく見ると茶色いポツポツが。全粒粉ブレンドのようです。

TUMUGI

では、ピカピカ麺をチュルンと一口。
あぁ、やっぱここの麺は旨いですね。
一見〆があまりしっかりしてないのかと思うような麺肌のテカリなんですが、麺自身の水分なんですね。表面にたっぷり水を含んでいるような滑らかさがあり、啜るのがめちゃくちゃ気持ちいいですよ。
で、噛み締めるとモチモチでもガチガチでもない、グニッとした冷麺のような強靭な弾力。
しかも噛む度に麺自身の穏やかな風味が鼻に抜け、相変わらず素晴らしい麺!

うん、うどんだうどんだと言われるこちらのお店ですが、これはやっぱりうどんとは違う感じ。
太麺もよかったけど、細麺だとより中華麺っぽくなり、「しなやかだけどタフ」な感じでいいですねぇ。

TUMUGI

つけ汁はいわゆるザル蕎麦の汁。
醤油と鰹出汁でしっかり仕込まれた深い味。塩梅はちょうどいいけど、ザラメ由来の甘みがかなり強め。

ズバッと浸けていただくと、あぁ、なんか麺のポテンシャルがすごくよくわかります。
つけ麺の浸け汁に比べかなりシンプルな浸け汁なので、より麺の旨さが際立つ感じ。
これは、以前三河島「にゃがにゃが亭」でざる中華を食べた時と同じ感覚。
途中、ワサビを麺に絡ませつつ啜ると、またピリッとして旨いですね~。辛味大根も欲しくなるなぁ。

TUMUGI

ただ、まぁラーメンとして食べると全体的に「大人しい」ことは確かですよね。
中盤以降、ちょっと味を壊してみようかな?と、「港屋風味〜」とか思いつつ自家製ラー油とドバッとドーピング。
あら、これ意外といけるんじゃね?蕎麦汁の甘味とラー油の辛さが絶妙にマッチして、なかなかジャンクでいい感じです。お店の意図には反するかもしれませんが、ここに揚げ玉が入るとよりジャンキーにできそう。

TUMUGI

チャーシューはロース系のレアチャーをスライサーで極薄に切ったものが5枚ほど。しっとりとして柔らかい仕上がり。
塩気は控えめですが、そのまま食べても肉の旨味がしっかり感じられて実に旨い!
メンマはコリコリとした食感で、味付けは最低限のプレーンなものが4本ほど。これも素材の風味が感じられておいしいですね。
基本メンマって箸休め以外の価値を感じてないんだけど、メンマ単品で旨いと思ったのは、ココと立川「魚魚(現在ラースクに移転)」くらいかな。

麺量は他のつけ麺メニューと同じ240gくらいかな?
旨い麺を結構しっかり食べて、お腹一杯で飲み会に向かいましょうw

トータルで見て、素材にこだわった極上の麺を中心に据えた、麺を存分に味わうための一杯でした。
ちょっと高いかな?とも思いますが、食べた後の満足感的には妥当かな。
あと、これは暑い日に食べたかったかも。。w

お隣のカレーなんばんが超旨そうだったので、次回は間違いなくカレーで行きましょう。
うどんちっくな麺は絶対カレーに合うはず!

--

らーめん紬麦




関連ランキング:ラーメン | 秋葉原駅岩本町駅末広町駅


関連記事
コメント:
有名な基本の麺も美味いけど、
この麺もよさそうですねー。
で、そういう麺を味わうには「ざる」と。
江戸っ子だねー(ほんと?w)
あ、ラストの方は「行儀悪」しちゃう、
楽しいねー!
そっか、こういう行儀のいい麺を味わい尽くすには
行儀悪く食べるのって一手だな、と勉強になりました。
[2012/11/17 03:36] | 愚亭猫 #- | [edit]
どもです

「ざる中華」って中華屋さんとか立ち食い系のお店で夏になると見かける場当たり的なメニューってイメージなんですが本気度の高いお店で作るとやはり美味そうですな。
そして「にゃがにゃが亭」とコチラという、何となく方向性が被る2店で提供しているという点も面白い。
麺・・・やはり麺ですよねぇw
[2012/11/17 07:57] | 秋 #- | [edit]
どうも~

あぁ~、やっぱりここってうどんを意識した作りなんですね。
じゃなきゃ、小麦も「さぬきの夢」なんか使わないかw
言うなれば、うどんとラーメンのハイブリッドってところかな?
[2012/11/17 13:38] | corey #- | [edit]
>愚亭猫さん

こんにちは&コメありがとうございます!

こちら、ラーメンもつけ麺も中太麺メインなので、何気に細麺は初めてだったんです。
太麺でも強靭なコシの麺、細くなることでさらに密度が増したような感じで、実に食べごたえありました。
うどん好きな愚亭さんにはぜひこれも食べてほしいなぁ。

>>行儀悪く食べる

もともと行儀悪いのでw、かしこまった一杯を前にするとなんかやらかしたくなるんですよねw
蕎麦汁とラー油の相性は港屋で証明済みなので、安心してトライできました。下品になることで、ラーメンっぽさが増して旨かったですよ〜。
さすがにこれはお蕎麦屋さんではできないけど。。。w

--

>秋さん

こんにちは&コメありがとうございます!

麺、そう、麺です!w
普通のカンスイの効いた黄色い麺でやっちゃうと、やっつけ料理になっちゃうと思うんです。
でも、ここもにゃがにゃがも、どちらも一般的な「中華麺」とは一味違った麺で勝負しているお店だと思うのですが、そういった麺と蕎麦汁が、また合うんですよね。

さすがにこちらのメニューは冬期間はやらないと思うんですが、デフォのメニューも旨いのでぜひ食べてみてほしいです!
#営業時間のハードルが結構高いんですけどね。。

--

>coreyさん

こんにちは&コメありがとうございます!

>>うどんとラーメンのハイブリッド

そうですね、今回は細麺だったので、それに加えてさらに「蕎麦」な雰囲気も加わったトリプルハイブリッドwな感じでした。

ラーメンの麺+蕎麦汁が合うのであれば、「つけ」ではなく汁物も旨いはず。
・・そんな一杯を提供してるお店に先日行って来ましたので、近々レビューしますw
[2012/11/18 14:21] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/1029-745eddb9

<< topページへこのページの先頭へ >>