FC2ブログ

やきにく定食(780円)@蒲田・さんきち

2020-01-22
蒲田で遅めのランチ。
洋食な気分だったので、蒲田というより蓮沼よりの名店「さんきち」さんへ。
こちら、武蔵小山のさんきち、さらに蒲田のキッチンさんきち、さらにフレンズさんきち(現キッチンフレンズ)等の暖簾分けの元となった「さんきち」グループの本家なんだとか。

平日14:10到着。
1Fカウンター席には前客4、後客2。カウンターには灰皿がありますが喫煙者はおらずホッ。厨房にはベテラン感あふれる大将のワンオペ。

SANKICHISANKICHI

着席し、外のA看板にあったランチ限定のサービスメニューらしき「やきにく定食」をお願いします。
ちなみに限定メニューは14時までと書いてあるのですが、ダメ元でオーダーしてみると通りました!ラッキー。

SANKICHI

すぐに、ガラスの小鉢にこんもりと盛られたサラダが着丼。
さんきち系の名物と言えば、サラダにかけられたこのオーロラソース的なドレッシング(暖簾分けの際このレシピを伝授されるんだとか)!
見た目こってりに見えますが、たっぷりかけてもしょっぱくなく油っこくもない独特のドレッシングは、フレンチとサウザンとマヨネーズを混ぜたような独特の味わい。野菜は千切りキャベツが主体でスライストマトも。

SANKICHI

7分ほどで着皿。
なるほど、焼肉といいますが、いわゆる生姜焼き定食ですな。
豚バラとタマネギを炒め、甘辛醤油ダレと生姜で仕上げた鉄板の味わい。

SANKICHI

豚バラはかなり小さめのカットですが、雑な食堂でよくある「パックから出したまま炒めたので肉同士が重なり合ってくっついている」なんてことはなく、1枚1枚が分離しプルプルの柔らかな仕上がり。脂身も多く甘くていいですね。

SANKICHI

量は少なめで、7〜80g程度でしょうか。別添えの和辛子を付けて食べても旨いね。
サイドは千切りキャベツがたっぷり。別盛りのサラダもあるので野菜たっぷり!

SANKICHI

ご飯はふっくら炊かれたもの。ボリュームはたっぷりで、デフォで180g程度はあるんじゃないかな。ごま塩が振ってあるのがご愛嬌。
ちなみに隣のお兄さんは+70円の大盛を頼んでいましたが、まぁ見事な「日本昔話盛」でしたw

SANKICHI

さすがに廉価版メニューなので、ご飯の量に対しおかずがやや少なめ。
しかし案ずるなかれ!卓上には放題の自家製と思しきカクテキが。塩気と辛味が絶妙でして、これだけで白飯がバクバク行けちゃう逸品です。
味噌汁は豆腐、ワカメとネギのシンプルなもの。

ということで、サクッといただき満足でごちそうさま。
主菜自体はやや少なめですが、サラダのボリュームやカクテキの存在感もあって「バランスよく満腹になった」感があり、これが780円ならかなり満足度高いと思います。
近くには南蛮カレーの名店「すみっこ」さんもあるし、結構このエリア、なにげに洋食レベル高いですよね~。またお世話になります。

--

さんきち


関連ランキング:ハンバーグ | 蓮沼駅蒲田駅


鶏重・大盛(1000円)@溜池山王・こくりこ

2020-01-21
赤坂でランチ。
気分は鶏だったので、日替わりの鶏唐揚の定食が評判という某店へ来たのですが、今日の日替わりに鶏唐はなしorz
さてどうしよう、大分ラーメンのお店も気になるけど、やっぱり鶏な気分→すぐ近くの「こくりこ」さんへ。

平日13:35到着。
店内は1/3ほどの落ち着いた入り。照明を落としダウンライトがカウンターを照らす、シックな焼鳥屋ですな。
しかし、場所柄外国人客多いですね~(しかもアジア系じゃなくて、金持ってそうなスーツ姿の欧米人)。個室もあるので、皆さんそこでランチミーティングしてますわ。
(個人的にはランチミーティングって嫌い。食うかしゃべるかどっちかにしろって思っちゃうw)

KOKURIKO

名物鶏メンチは既に売り切れということで、鳥重を。ご飯大盛り無料ということで当然お願いします。
まぁ元々いい値段ですが、増税で値上げしなかったのは素晴らしい。

KOKURIKO

待つこと数分で着重。この時間で出てくるってことは都度焼くわけではなさそうですな。
お重には2/3ほどがとりそぼろ。残り1/3にはモモの焼鳥。間にはししとう。肉とご飯の間には刻み海苔が散らされています。

KOKURIKO

では早速焼鳥を。
肉は小さめなモモが5個。
うん、プリップリの食感とほのかな塩気、そして何より焦げた皮部分の香ばしさが旨いですね!

KOKURIKO

そぼろはいわゆる甘辛系の味付けを期待していたのですが、軽く塩味が付けられただけのもの。
うーん、鶏の旨味は感じるけど、ご飯のおかずにはもうちょっと塩気がある方が好みかな?

KOKURIKO

卓上のタレっぽいのを味見してみたら醤油。。さすがに醤油をぶっかけるほど野暮じゃないので、そのままいただきます。
また卓上には、醤油に加え、原了鄂の七味、一味、黒七味がスタンバイ。黒七味をかけると山椒のヒリッとした香りが感じられなかなかいい感じ。

KOKURIKO

ししとうは5本。ちょい生っぽく、もうちょっと焦げ目が付くまで焼いてほしかったかな?
ご飯は大盛にするとそこそこのボリューム。250g程度はあったでしょうか?
味噌汁は白味噌、ワカメとネギのスタンダードなもの。香の物はきゅうりとカブどちらも適度な塩気。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
お店に入った瞬間の空気感でなんとなく予想できましたが、ヤングリーマンがガッツリランチを主目的として一人で訪問するというよりは、同僚やビジネスパートナーと「メイン:会話、サブ:食事」的な使い方をするのがベストなお店な気がしました。

--

こくりこ


関連ランキング:焼き鳥 | 六本木一丁目駅溜池山王駅赤坂駅


天ぷら2ヶそば(430円)@品川・ふじ

2020-01-20
品川港南でランチ。
めっきり寒くなり、路麺が旨い季節になってきました(路麺の茹でおき麺はもりで食べると馬脚が。。。なのが多いので、熱い汁に浸す方が旨いと思ってます)。
ということで、富士そばじゃない方の「ふじ」さんへ。そういや富士そばで出してた「肉骨茶そば」結局たべられなかったなぁ。。

平日13:20到着。オールスタンディングの店内は半分ほどの入り。
今日はリッチに券売機で「天ぷら2ヶ」のボタンを押し、食券を出しつつ揚物ケース前へ。増税で30円値上げですか。
「天ぷら2ヶ」は、かき揚げと海老天以外の天ぷらをお好みで2個選べるメニュー。
個人的には紅生姜&鶏唐がジャスティス!なのですが、たまには趣向を変えてみようか、と茄子天と魚ソ天で。

FUJI

ゆで麺、揚げおきなので瞬時に着丼。
カウンターに自陣を確保し早速いただきます。

FUJI

まずはお汁をズズズ。
お汁はこちら独特の薄口でほのかに甘いやつ。まぁ有り体に言うと「薄い」んですがw、朝ごはんや深夜の飲みの〆とかにはちょうどいい塩梅なんだろうなぁ、と。ランチにはやや物足りない感w

FUJI

麺はプニプニ柔らかくブツプツと切れやすいもの。蕎麦粉1割入ってるかな?くらい蕎麦の味はせずw細うどんっぽい。
でもなぜかイッチョマエに星があるのが面白いですね。麺量は少な目。

FUJI

茄子天は小ぶりな茄子を縦に1/4に切ったものが2つ、魚ソは半分に切ったものをさらに唐竹割にしたものが2つ。
衣は厚めでフリッター的な印象。ただどちらも汁を吸うと身からはがれやすいですね。まぁでもこれで一つ35円ってのは良心的だと思います(もっと言うと、この店で一番コスパがいいのは鶏唐揚げが1個35円なことだと思います)。

FUJI

ということで、サクッといただき体も温まってごちそうさん。
取り立ててすごく旨いわけではないんだけど、いつもそこにあるのがうれしい店、ですね。
チェーン系の路麺もいいけど、やっぱり個人店を応援したくなります。

--

ふじ


関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 品川駅北品川駅天王洲アイル駅


梅のり・醤油・横綱(800円)@有楽町・ジャポネ

2020-01-17
有楽町で晩飯。
今日はお腹も空いているので、先日特盛バージョンである「横綱」を倒し強い充実感を味わえたジャポネへ。さぁ今日も横綱行ってみますか!

平日19:30到着。満席待ち7。
行列がマクド側の壁まで行かず、カウンター背後霊で済むのであれば10分~15分以内には着席できるので、迷わず行列に接続です。

予想通り19:40着席。
今日はさっぱりいきたかったので「梅のり醤油」、今日も横綱で!
ちなみに。閉店間際は常連さんが多く来る時間帯で、「明太マヨ親ね!」(明太+常連用裏トッピングマヨネーズ+横綱の上の裏サイズ
)なんてコールするお客さんも。
二人の兄さんのフライパンさばきを眺めつつ、待つこと10分ほどで着丼。

JAPONE

・・・あれ?前回のジャポネ横綱より多く感じるのは気の所為か。。。
上にたっぷり載っている刻み海苔がそう見えさせるのでしょうか?(伏線)

JAPONE

まぁとりあえず食べる!
いつものフカフカのソフト麺は、スプレッドでヨクヤキに炒められており、ところどころ焦げがあるのが香ばしくていいですね。梅のりは醤油と塩が選べるのですが、個人的には醤油の方がコクと香ばしさが強いので好きです。
具材は小松菜、シイタケ、梅ペースト、刻み海苔のみとシンプル。肉っけはありません。
そして、今日は梅ペーストがたっぷりで、すっきり以上に「酸っぱ!」w

JAPONE

まぁ、酸っぱいの好きだからいいんだけど、1/3ほど食べたところで酸味一辺倒の味わいにやや飽きてきました。。。あと、刻み海苔が地味に口の中の水分を奪います。あれ?なんか今日は調子悪い俺?
・・・やばいやばい!この調子だと遭難する!立ち止まったら死ぬ!と、とにかく手と口を動かし続けます。
黙々と食べ続け、気づけば残り1/3。完全にお腹はパンパンで、申し訳ないけど美味しさを楽しむよりむしろ消化試合(その意味のままw)になっちゃってますが、よし、このままのペースを維持すればいける!
ということで、720gの麺量を汗だく&気合で食べきり、皿を上げごちそうさま。

JAPONE

・・・おかしいなぁ、前回のジャポネ横綱は楽勝だったんだけど、あの時は朝昼抜きだったのに対し、今日は昼に天丼食べてたから、スタート地点が違ったのかな?それとも味が違うと飽きるまでのスピードが変わってくるのかな?
「俺氏横綱楽勝説」ちょっと不安になってきましたが、次回は塩系で横綱に挑戦してみることにしましょうか。

あ、チャレンジメニュー的な書きっぷりになっちゃってますが、基本自分が無理なく食べられるボリュームを美味しくいただくのが一番だと思っています(;´Д`)

--

ジャポネ


関連ランキング:パスタ | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅


チャーハン鳥の唐揚げ付き(700円)@新高円寺・中華料理タカノ

2020-01-16
高円寺あたりで晩飯。
青梅街道沿いにいたので、新高円寺あたりで飯屋をサーチすると、超魅力的な唐揚げチャーハンのお店を発見→行ってみることに。

平日21:05到着。前客1、後客2。
客席から丸見えのオープンな厨房には、大将とそのお母さん?の2名体制。

TAKANO

入った瞬間、ややピリついた空気だったので、カウンター席へ着席後、メニューを見るふりをして少々状況把握。
なるほど、前客の若者がスマホをいじりながらダラダラ食べてるのが(咀嚼する時間よりスマホを触っている時間の方が長いペース)大将気に入らないらしく、しきりに客席をチラ見しつつブツブツと呟いています(;´Д`)
しばらくしてその男子が退店した(しかも残して)のですが、大将一言も発さずw
では、そのモヤモヤした気持ちを晴らしてあげましょう!と五郎モード(孤独のグルメの食シーンで、後半BGMが切り替わってからの爆食モード)に気持ちを切り替え、予め予習していた「チャーハン、鶏唐付き」をオーダー。

TAKANOTAKANO

注文を入れると、鶏肉を取り出し下味と衣を付けて揚げるところからスタート。
頃合いを見計らって炊飯ジャーからご飯をこんもり取り出しチャーハン作成開始。ゴトン、ゴトンと重めの鍋振りの音が聞こえたらチャーハン完成→揚げ終わった唐揚げを載せ、スープを付けて着丼です。

TAKANO

ほぉ。。こりゃ旨そうだ!
四角い皿にはこんもりとチャーハン。見るからに具だくさんなのと、頂上にグリーンピースじゃなく鮮やかな黄緑の枝豆なのが素敵。

TAKANO

そしてチャーハンに立てかけられるように、巨大な鶏唐揚げが2枚鎮座。
スープはご飯用のお茶碗にたっぷり。漬物は3種。これぞ街中華の鏡!的な良心を感じます。

TAKANO

ではチャーハンから。
チャーハンは、しっとり以上、ベチャ以下といった感じのちょい重たい仕上がり。これは油っぽい重さというより、タマネギから出た水分による重さっぽいですね。

TAKANO

具はチャーシュー、ハム、ネギ、玉子、タマネギとシンプルですが、前述の通り「米より具が多いんじゃねぇか?」と思うボリューム。
味付けは塩胡椒が主で、濃すぎず薄すぎずちょうどいい塩梅。グリーンピース嫌いなので、枝豆なのはうれしいところ。
ボリュームは300g弱程度かな?普通の中華店だったらこれだけで700円取ってもいいレベルのチャーハンだと思いますね。

IMG_6138

そして唐揚げ!
大ぶりのモモ肉に胡椒中心の下味を付け、小麦粉でカラリと揚げたもので、カリサクっとした軽い食感。油切れは完璧。厨房を見ていると、衣に「チヂミの元」を使っているようで、これがこのサク感の元でしょうか。
揚げたてなのでアツアツ。モモ肉にかぶり付けばジュワッと肉汁と油。こりゃいいね!

TAKANO

衣の食感や下味の付け方が、いわゆる「鶏唐揚げ」の文脈とはちょっと異なり、どちらかというと「フライドチキン(英訳しただけだろと言わないでw)」に近い雰囲気ですな。
やや薄味なので何かないかな?と卓上を見ると、自家製っぽい食べラーが。これと醤油をチョイッとかけると、一気に油淋鶏的な雰囲気になり、こりゃ旨い!あと邪道かもしれませんが、ソースをかけても美味しかったですね。

中華スープは、おそらくラーメンと共通のもの。
化調感バリバリの鶏ガラ醤油といった雰囲気ですが、魚粉系の隠し味も入っているようで、旨味がかなり分厚いですね、塩気は強め。具はネギのみ。
漬物はたくあん、キューチャン漬、梅干し。どれも業務用のものでしょうが、彩りよく3種揃えてくれるところが素晴らしい。

さて、後半からは一気に巻いて五郎食い、からの小栗食い(某チャーハンCMの小栗旬の食べっぷりのこと)で勢いを付けて食べ切りスープも完飲。最後に水をグイッと飲んで「プハーッ!ごちそうさん!」。
出てきた大将にトレイを手渡し、そして支払いは釣り銭オペレーションのない100円玉7枚。んで再度「ごちそうさんでした!」の一言。これが客側からのおもてなしです(うわ、街中華大好きおじさんキモ・・と言うなら言えw)。
大将、さっきの鬼の形相から一変、満面の笑みに。DJ KOO並のバリトンボイスで「ありがっとうごっざいます!」この感じ、ロバートにコントでやってもらいたいくらいw

ということで、このお店、かなり気に入りました。
再訪は確実。豚唐揚げも食ってみたいし、日式中華らしいカレーやオムライスも素敵だなぁ。。
ちなみに壁を見ると「大勝軒草村商店」のカレンダーが壁に。。どういう関係かわかりませんが、もしかしたら中華麺は草村の麺を使ってるとか??そちらも気になります。

#実はこの後、土曜夜に訪問したけれどシャッターがしまっていましたorz週末は休みなのかな?

--

中華料理 タカノ



関連ランキング:中華料理 | 新高円寺駅南阿佐ケ谷駅高円寺駅


ガツンラーメン(600円)+替玉硬め(サービス)@蔵前・博多ラーメン ガツン

2020-01-13
両国の外れの方で、所要のついでに軽くランチ。
確か本所1丁目の交差点あたりに豚骨の店があったよな?と思い、白枠に車を停め、敢えて予習なしで突撃。

休日11:35到着。前客0、後客3。
厨房は女子スタッフのワンオペ?と思っていたら、原チャリで大将登場ですw
こちら、多田製麺所という大阪にある製麺所の直営店なんだとか。両国周辺に数店舗展開しています。
この時代ラーメン一杯600円(以前はワンコインだったが値上げ)で替え玉1玉無料という価格は、製麺屋だからなせる技、という感じかな?(風龍の例とかもあるけどね)
さて、券売機でノーマルの「ガツンラーメン」をポチしカウンター席へ。接客はハキハキしててとても気持ちよいもの。
麺の硬さは普通でお願いします。

GATSUN

待つこと2分ほどで着丼。
うん、いわゆるひとつの「博多豚骨」フォーマットなルックス。
白濁スープの表面には液体油。トッピングはチャーシュー、ネギ、キクラゲ。上からすりごま少々。

GATSUN

ではスープを一口。
・・・あら、かなりいい感じに豚臭いですね!これは、臭い豚骨がダメな人には確実にダメなやつ(錦糸町の「よかろうもん」ほどクッサーではないですがw)。
粘度は低いですが、液体脂層多めで口当たりはしっかり。醤油感は控えめで豚骨感強く、旨味はしっかりあります。

GATSUN

麺は低加水の細ストレート。普通コールでも、ザクザクとした奥に粘りのある歯ごたえ。スープとの相性もなかなかいいですね。麺量は120gくらいかな。

GATSUN

チャーシューはペラペラで柔らかいものだけど3枚もあります。
コリコリのキクラゲはこの手のラーメンとは鉄板の相性。

固形物完食後は、1玉無料の替え玉を固めでお願いします。瞬時に着皿。
スープにタレを足して味を調整しつつ一口。。あれ?硬めコールにしたらゴムっぽい弾力の独特の硬さになりました。うーん、この麺は普通の茹で具合の方が旨いかもですね。

卓上の紅生姜やすりごまを入れつつ、サクッといただきごちそうさま。
替え玉2玉無料系のお店の、いかにもセントラルなスープに比べ、こちらは「炊いてる感」ありますし(セントラルキッチン製で豚臭いスープって経験ないです)、この価格でこのクオリティなら結構アリだと思います。

この辺りで小腹が減ったら、またお世話になりたいですね。


--

博多ラーメン ガツン


関連ランキング:ラーメン | 蔵前駅浅草駅(東武・都営・メトロ)本所吾妻橋駅


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>