バジルそば(温)850円@半蔵門・soba stand そばうさ

2017-08-22
今日のランチは会社近くで。
さっぱりバジルなアレが食べたくなり、久々にそばうささんへ。

平日14:15到着。この時間でも店内ほぼ満員(席はなくオールスタンディング)。もう完全に麹町のリーマンの胃袋を掴んだようですね。
券売機で「バジル」の温をポチ。食券を提出し、開いていたスペースに自陣を確保。
都度茹でなので、3〜5分ほど待って呼び出しがかかりセルフ着丼。

SOBAUSA

うん、コレコレ。
こちらのメニュー、元々は「港屋」を意識して開発されたと思うんですが、特にこのバジルそばに関しては「港屋コピー」を完全に超越した、店主さんのセンスとクリエイティビティに感動を覚える一杯です。

SOBAUSA

きっちり〆られたそばは極太、その上にはレタス、カイワレ、スクランブルエッグ、ベーコン、白ごま、そしてレモン。
つけ汁は、表面にたっぷりとジェノベーゼ、そしてうさぎの目のように配置された2つのプチトマト。
いやぁ、普通の蕎麦屋だと思ってこれが出てきたら普通ぶっ飛びますよねw

SOBAUSA

ちなみにバジルそばは、つけ汁が温かいのと冷たいのから選択可能。
今回は初めて温かいのにしてみたのですが、汁が温かい方が、バジルの香りがブワッと立ち上ってきてよりこのメニューの特徴が引き立ちますね(逆に葉っぱっぽい風味も強くなるので、青臭い香りが好みじゃない方は冷にした方がよいと思われます)!

SOBAUSA

ちなみにこれでも一応「蕎麦」なので、ベースは当然鰹が効いた甘口の蕎麦汁。
この甘味とバジルの爽やかな風味が抜群に合いますね~。この組み合わせを考えた店主さん、天才だと思います。
ちなみに温かいお汁だと、ミニトマトに熱が入り柔らかく甘くなるという付随効果も。

SOBAUSA

蕎麦はゴワッとコシの強い極太タイプ。このコシのためにタピオカを練り込んでる特注麺だそうで、もう蕎麦の概念を完全に超えてますw
蕎麦の香りはなく、これはあくまでつけ麺の延長と考えたほうがいいかも。
して、このゴワ太麺をバジル香るつけ汁に絡めて啜れば。。。これは完全に新世代日本蕎麦!

SOBAUSA

全体的に洋の雰囲気が強いので、トッピングの千切りのレタスやスクランブルエッグと麺を絡めつつバジル汁に浸けてもいい感じ。
たっぷりとかけられた白ゴマはこちらのトレードマーク。この香ばしさは港屋系には必須ですな。
途中レモンを絞ると、キュッと酸味が加わることで味が引き締まり立体的な味わいに。

麺量はかなり多めで、茹で後で400gはあります。
しかし、バジルやレモンの爽やかさで飽きることなく一瞬で完食。
固形物完食後は、卓上の蕎麦湯でつけ汁を割って数口。バジルの香りに包まれつつ満足でごちそうさま。

SOBAUSA

いやぁ、載せ物が非常にキワモノっぽいんだけど、どれもしっくり来ているというか、全く違和感がないのがすごい。
一度食べてしまうと、全ての要素がこの料理に対し必要不可欠に感じられるんですよね。久々に食べましたが、改めてその完成度に驚きました。
蕎麦好きや路麺好きに限らず、この一杯はもっと広い層に食べていただきたい逸品です。超レコメンド。

--

そばうさ


関連ランキング:立ち食いそば | 半蔵門駅麹町駅永田町駅


冷やしまぜそば・ショウガカラタマガリマヨ(830円)@東大前・用心棒本号

2017-08-21
今日は、朝からどうしても二郎系冷やし中華が食べたい気分。
この分野で最もメジャーなのは駒場「千里眼」ですが、本家はメディアで取り上げられすぎて、とんでもないDGRだそうで。。
・・・であれば、系列店「用心棒」ですな。
ちなみに、千里眼が「胡麻ドレ冷やし中華」風のアレンジなのに対し、用心棒(神保町、本郷)は「酢醤油系冷やし中華」風だそうで、かなり気になっていたのです。

平日20:00到着。店内満席、中待ち4、外待ち9orz
。。。つか、こっちもそこそこDGRじゃんか!
まぁでも、ここまで来ちゃうと代打もないですからね(ちょっと行けば「夢を語れ」があるけど冷やしはやってない)。覚悟を決めて並びましょう。

ちなみに、並んでいるのは東大生と思われる学生さんがほとんど。
分厚い学術書を読みながら並ぶ子も入れば、「その評価指標は定性的であって定量的じゃないよね!(原文ママ)」とロジカルな議論を始めるグループ。。自分がその年代だった頃はアホアホだったよなぁ。。なんかすごいな君たちw
あ、でも無言でスマホゲームいじってる今時の子っぽいのもいるね、とふと画面を見ると。。おおぅ、化学式と薬品の名称が。。医学部さんでしたか、おみそれしましたw

YOJINBOYOJINBO

・・と、人間観察を楽しみつつ行列は進み、先頭4人になった時点で店内へ入り食券を購入。
あ、こちらは「冷やし中華」ではなく「冷やしまぜそば」というネーミングなんですね。では並で。麺量だけ先に厨房に申告します。
回転は思ったより速く、行列接続から30分ほどで着席です。

厨房でのオペレーションをガン見していると、ラー油と醤油ダレ?を丼に注ぎ〆た麺を入れよく混ぜ、ベースとなる野菜と揚げ玉を配置。上から透明な液体を数回し。
そこからコールに従いヤサイを盛り、その周りにカラタマ(辛く味付けしたタマネギみじん切り)、ネギ、生姜、豚。ラストに上に水菜、麓にミニトマト、そこからガリマヨ、醤油ダレを数回しして卵黄をのせて着丼。
いやぁ、これ、オペレーションむちゃくちゃ大変ですね!
千里眼であれだけ爆発的に人気になっているのになかなかコピーするお店が増えないのは、仕入れコストの問題だけじゃなく、このメニューを入れると厨房のオペレーションがむちゃくちゃ大変になる、って理由もあるかも。

予想していたロットにギリ入れず、着席後2ロット見逃しでようやくコールタイム。
これまでの経験則で、冷やしにニンニクはあまり合わないと思っているので、「ショウガ、カラタマ、ガリマヨ」でお願いします。まもなく着丼。

YOJINBO

ほぉ。。用心棒系の冷やし中華は初めてなのでテンション上がります!
千里眼のトッピングの核が大根サラダなのに対し、こちらはオーソドックスにモヤシを茹でて冷やしたものが主。
また、あちらは鶏チャーですがこちらは煮豚になります。そういう意味では、完全新規というよりは、二郎系のエッセンスの延長上にある冷やし中華といった感じですな。

YOJINBO

では麺を引き出し一口。
・・あぁ、これ好きw

YOJINBO

想像通り、酢醤油とごま油のオーソドックスな冷やチュー的な味わいです。
タレには甘みもあり、黒胡椒と一味のアクセントも素敵。ここに徐々にガリマヨが溶け出すと一気にマヨ中華な雰囲気に!
クラシカルな冷やし中華には必ず後半マヨ投入するのがマイルールなので、この味わいはドンズバに好み。
また、ほのかに香るガリマヨのニンニク風味がまた食欲を刺激します。

YOJINBO

麺は浅草開化楼の専用麺を使っているようで、縮れた角段面極太タイプ。麺量は300g。
冷水で〆られているので、ゴワッゴワでボッキボキ。太さもあるので、後半かなり顎が疲れてこめかみの辺りが痛くなってきます(;´Д`)なるほど、これで東大生の頭脳を鍛えてるんですなw

YOJINBO

全体的にかなり味は濃いけど、モヤシや生野菜のさっぱり感、そしてアチャールのようなカラタマ、ショウガの爽やかな刺激のおかげで終始さっぱり食べ進むことができますね。
とは言え豚や揚げ玉によるガッツリ感もあり、冷しなのにガッツリという素晴らしいバランス感。
卵黄は途中から崩して全体に絡めたけど、そこまで存在感はなかったかな?

ということで、瞬時に完食、大満足でごちそうさま。
いやぁ、これ系の冷やし中華は千里眼の独壇場かと思っていましたが、胡麻系の冷やし中華より酢醤油の冷やし中華の方が好きなこともあり。。こっちの方がお気に入りになっちゃったかも?

本郷はなかなか来ないエリアだけど、神保町店でもようやくこれと同じメニューの提供が始まったようで、こりゃこの夏の間リピートすることになりそうかも。

--

用心棒 本号


関連ランキング:ラーメン | 東大前駅白山駅根津駅


いつものヤツ・レギュラー(800円)@大阪市・長堀橋/一日一麺LAB+

2017-08-20
今日の晩飯は大阪、心斎橋付近。
南方の名店「人類みな麺類」がプロデュースしたというお店が長堀橋にあるとのこと。
大好きなお店のプロデュース店ということで、これは行ってみなくては!と訪問。

平日18:50到着。前客0、後客0。
カフェっぽいオサレな店内は男女スタッフによるオペレーション。奥には製麺機があります。

ICHINICHI ICHIMEN LAB+ICHINICHI ICHIMEN LAB+
ICHINICHI ICHIMEN LAB+

メニューは「いつものヤツ」「今日はコレ」「浮気」等ユニーク。
初訪なのでメニュー先頭にある「いつものヤツ」を口頭でお願いします。

ICHINICHI ICHIMEN LAB+

待つこと5分ほどで女性スタッフの手で着丼。
ほぉ。。。なるほど、さすが「麺類」プロデュース。肉がデカイ!
クリアなスープの上には、丼を半分横断するサイズのチャーシュー。そして極太メンマ、ネギ。

ICHINICHI ICHIMEN LAB+

ではスープを一口。
おぉう、「麺類」っぽいスープなのかな?と思ってたら結構違いますね。
あちらの貝出汁はおそらくあさりやしじみなんですが、こちらは貝柱とのこと。ただ、貝っぽい旨みはそれほど前面に出ず、かなり甘味の強いタレと節の風味が前面に出る仕様。
タレは白醤油かな?甘みが結構強烈で、最後まで違和感あったかなぁ。。
「麺類」の場合は、たれが甘くとも貝の渋みで相殺される感はあるんだけど、ちょっとバランスが悪いかも?

ICHINICHI ICHIMEN LAB+

麺はかなりこだわってるらしい自家製麺。
デュラムセモリナもびっくりのプリップリの高弾力な中太麺で、なかなか面白いですね、
麺肌はツルツルですがスープの絡みはまずまず。麺量はかなり少なめ。

ICHINICHI ICHIMEN LAB+

チャーシューは長さ20cm、厚み2cmくらい。巻豚に使うような大ぶりのバラをそのままオーブンで焼いて煮たものですかね。
ホロリと崩れる脂身がいい感じですが、味わい的にはやや大味。焦げ目は結構ビターな仕上がりです。まぁ、見た目インパクト重視という感じかな?

ICHINICHI ICHIMEN LAB+

メンマは1本。写真だと2本なんだけど。。オペミス?サックリとした食感と胡椒ベースの味付け。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
うーん、プロデュース店クラスの味わいを期待してしまったので、ちょっと肩透かしをくらった感あるかな?
全体的に、原価のバランスをチャーシューに集中させたような印象を持ちました。
売り方としては面白いけど、現段階では本家には敵わない感あるかな。。今後の独自進化に期待ですね。

--

一日一麺LAB+


関連ランキング:ラーメン | 長堀橋駅松屋町駅心斎橋駅


たまり醤油の極み煮干しそば・平打ちVer(750円)@大阪市・四ツ橋/ラーメンZikon 四ツ橋店

2017-08-19
今日のランチは大阪、四ツ橋のクライアント付近で。
遠出する時間はないので近場で→先日訪問し気に入った「而今」さんへ再訪。
ちょっとわかりにくいビル地下街にあるので、初回はかなり迷いながらの訪問でしたが、今回は地下鉄の入り口からスッと地下街へ。

平日12:25到着。ランチタイムピークなので行列を覚悟しましたが、店内は半分ほどの入り。
しかし、食べ終わって出る頃には店外に長い行列が!タイミングよかったみたいです。

さて、前回塩を食べたので、今回は醤油にしましょうか。
おっ、ハイテク自販機の画面に「平打麺Ver」というボタンが。
それもよさげ!ということでポチ。

ZIKON

着席し食券を提出→待つこと5分ほどで着丼です。
ちょい濁った醤油スープの上には油層。載せ物は塩と共通で、チャーシュー、タマネギ、カイワレ。

ZIKON

ではスープを一口。
構成としては、鶏スープ+ラード+煮干・節を効かせた王道の味わい。
ただ、ベーススープの旨味がちょい醤油感に押され、若干ありがちな動物魚介な味わいになっちゃうのが惜しいところ。
表面のラードのおかげでスープの厚みは稼げているのだけど、うーん、この味わいなら動物がもっとグッと出た方が美味しく感じるかも。

ZIKON

麺は中太平打ストレート。
加水高めでツルンとした表面。スープの絡みも悪くないです。
この麺は、もうちょっと重たいスープ、例えば味噌とかカレーの方が真価を発揮するかも。

ZIKON

チャーシューは、低温調理全盛の大阪で敢えてしっかり焼き目を入れられたバラ煮豚が2枚。
脂身のホロリとした食感と甘みがいいですね。

ZIKON

タマネギは相変わらず辛味が強めなのが気になります。ただ、醤油の風味にマスクされる分、塩で感じた時ほどは気にならないですね。
後半、卓上の豆板醤を試してみましたが、うーん、これは味噌用ですな(・・;)

ZIKON

ということで、サクッといただきごちそうさま。
非常にバランスのよいWスープの一杯でしたが、うーん、このお店は塩の方が独自性が強いかな?
どちらもハイレベルですが、特別醤油が食べたいのでなければ、塩をオススメしたいかも。

いずれにせよ、この立地でこのクオリティのラーメンがカジュアルに食べられるのはうれしいですねぇ。
界隈で仕事の際にはまたお世話になります。

--

ラーメンZikon 四ツ橋店


関連ランキング:ラーメン | 四ツ橋駅西大橋駅心斎橋駅


かき揚げ天そば(370円)@ときわ台・ときわ朝日

2017-08-18
早朝、東上線沿いエリアへの送迎ミッションがあり、ときわ台あたりで朝食タイム。
朝からやってる個人路麺店とかないかなぁ。。。ありました!
ということで、お店前の看板がなかなか派手な「ときわ朝日」さんへ初訪問。

TOKIWA ASAHI

休日9:20到着。扉には「仕込み中」の札がorz
ただ、扉が半分くらい開いていたので、もしかしたらそろそろ開店なのかな?と店内を覗き「やってます?」
厨房のおじさん「モノによっては出せないけど、中へどうぞー」ありがたい!

TOKIWA ASAHITOKIWA ASAHI

テーブル席に着席し、「かき揚げそばってできます?」「あいよー」オーダー完了。
おじさん、調理しながら人懐っこく「夜勤明け?」と話しかけてきました。「まぁそんな感じすかねー」そしてこの後も延々と話しかけてくるw
・・・ちなみに俺は夜勤明けではありませんが(笑)きっと眠そうな顔してたんでしょう。

TOKIWA ASAHI

茹で麺、揚げ置きと思われ、まもなく着丼です。
ほぉ、結構黒い汁ですね。そして揚げ物もカリカリで黒々とした仕上がりw

TOKIWA ASAHI

ではお汁をズズズ。
おっ、見た目通りかなり濃いめなんだけど、いわゆる関東暗黒汁とは違う風味ですね。
鰹や鯖等の節の香りはそれほど強くなく、それより醤油+みりん系のタレがグイグイ先行する感じ。これはかなり面白いです。

TOKIWA ASAHI

ラーメンも出しているお店なので、なんとなくラーメンよりの味わいになってるというか、動物系の旨味とすら感じられるほど旨味層の厚さが独特。池袋の名店「君塚」出身らしく、旨味の強さは君塚譲りかな?
蕎麦汁にラーメンの麺の「黃そば」を出すお店は多いですが、こちらは逆で、ラの汁にそば、といった変わった感じ。でもこれ旨い。

TOKIWA ASAHI

ちなみに無化調、無添加、工業用アルコール不使用なのがこだわりらしく、その良さと苦労について延々と語ってくれましたw路麺店でここまで健康にコミットしてくれるお店って珍しいんじゃないでしょうか。
ちなみに壁には「抗酸化防止剤の危険性」と書いてありますが、抗酸化剤を防止するならむしろいいのでは。。。あっ、いや、細かなツッコミはなしでw

TOKIWA ASAHI

蕎麦はエッジが立った細麺。
出てくるまでの時間を考えると茹で麺だと思いますが、乾麺に近いモゾッとした密度感があります。コシも強く結構好きかも。
出身店を考えると、むらめん製なのでしょうか?

TOKIWA ASAHI

かき揚げはタマネギ主体で、高温でじっくり揚げたクリスピーなもの。バキッと硬いのですが、汁を吸うと徐々にほぐれてきていい感じ。干しエビ、紅しょうが、春菊もいい味わいのアクセントになってくれます。
見た目イマイチだけど、これはかなり気に入ったかも。

「また来てね~」というおじさんの声を背にごちそうさま。
路麺店ながら、なかなかのこだわりを見せる個性的なお店でしたね~。メニューバリエも非常に豊富で、こういうお店が近所にあるとすごく楽しそうだなぁ。。(おじさんとも仲良くなれそうだしw)
機会あればまた伺いたいと思います。

--

ときわ朝日


関連ランキング:そば(蕎麦) | ときわ台駅中板橋駅


野菜かき揚げ丼(500円)@銀座・そば 俺のだし GINZA5店

2017-08-16
今日のランチは有楽町。
なんとなく港屋系でガッツリな気分だったこともあり、何か季節メニューとか出てないかな?と俺のだしさん。
大手資本が港屋を丸パクリということで、オープン当初はだいぶ叩かれましたが、その面の皮の厚さでw今日も元気に営業中ですな。まぁ俺もなんだかんだ言ってリピートしちゃってるからなぁ。。(^_^;)

平日13:35到着。相変わらずの混み具合で、店内はほぼ満席。立ち食いスペースに若干空きがありますね。
店頭でメニューを確認すると。。。ほぉ、かき揚げ丼がワンコインですか。
気分は一気に白飯モードに。今日はそれでいきましょう。

奥の厨房カウンターへ行き、かき揚げ丼を口頭オーダー&お支払い。
そばは茹で置き麺が次々とサーブされますが、天ぷらは都度揚げのようで、5分ほどで客席まで運んできてくれます。

ORE no DASHI

ほぉ。。。さすが「俺の」系のかき揚げ丼。
ご飯の上にエアーズロック状の巨大かき揚げが鎮座する、なかなかにインスタ映えを考慮した見栄えですw
つか、お汁とかお漬物とか付かないんですね。。。まぁワンコインだししょうがないか。

ORE no DASHI

では早速かき揚げからやっつけていきましょう。
タネは、結構太めに切られたニンジン、タマネギ、春菊、そら豆。
火の入り方は完璧で、太めのニンジンのふっくらホクホクといった食感と甘みがいい感じです。衣はサクサク感もありつつもしっとり。
油はゴマ油が香ったりはしないけど、悪いものではなく酸化臭はありません。

ORE no DASHI

甘辛い丼タレは、一見少なそうに見えるけど適量かな?
これ以上多いとタレの味でくどくなってしまうし、少ないとこの量を薄味で食べる苦行になってしまうし、そのあたりはさすがのバランス。

ORE no DASHI

ご飯はそれほど多くなく。300g程度かな?
一方でかき揚げのボリュームは半端なく、丸天@沼津のかき揚げを思い出しました(^_^;)おそらく路麺のかき揚げ6枚分くらいはあるでしょうw

ORE no DASHI

確かに美味しいんだけど、汁ものや口直しがないし、卓上にあるのは揚玉のみ。だんだん苦痛になってきて。。

あ き る www

半分食べた時点でもう十分かなぁ、って気分になってくるけど、残すのはポリシーに反するのでなんとか完食。
米の量的には全くたいしたことないけど、やっぱり油ものをこれだけ一気に摂取すると結構ヤバイですねw
この後2時間くらい胸焼けが収まらず横になっていたのとw、その日は一日何も食べられませんでした。そういう意味では素晴らしい腹持ちと言えるでしょうw

うーん、見た目のインパクトは確かにあるし、C/Pも良好なんだけど。。。やっぱりつくづく顧客視点に立ってないお店だよなぁ、と。。
普通だったら、メニュー検討の際、かき揚げをこの2/3にして汁物とたくあんを付けた方がいいよね?とか考えそうなもんですが、仕入れやオペレーションの都合とか、結局自分たちのことしか考えてないのが惜しいところ。

まぁでも、かき揚げ自体はうまいし食べごたえあるので、今日の俺はかき揚げ丼を死ぬほど食べたいんだ!って気持ちの時、もしくはシェア前提の場合はなかなかオススメできます。

--

そば 俺のだし GINZA5


関連ランキング:そば(蕎麦) | 銀座駅日比谷駅有楽町駅


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>