チャーハン(850円)@銀座・中華三原

2017-10-20
銀座近辺でランチタイム。
気分的にはチャーハン!となると…いつもなら向かうのは交通飯店なのですが、今日はちょっと気分を変えてみましょうか。
ということで、三原橋近くにある超絶ノス中華「三原」さんへ初訪問。
これまで何度か来たことがあるのですが、いずれも早じまいを食らっております。

平日13:50到着。店内満席、外待ち5。
ピークは外したのですが、さすが人気ありますね~!
しかしこの建物。。。場所が場所なので戦前のものではないにしろ、戦後すぐ建てられたと思しき、ものすごく年季の入った佇まいの2階建モルタル建築。。よく言えば味があるんだけど、耐震とか大丈夫なのかな(・・;)

回転は遅くはなく、15分ほどで店内へ。
カウンターは満席だったので赤いテーブルに相席で失礼します。
タンメンと迷いましたが、初心貫徹でチャーハンを口頭オーダー。

店内も超絶ノス!って感じで、この雰囲気が21世紀の銀座にある事自体が奇跡と言ってもいいレベル。
客層は50~60代メインでそれより上の世代も多め。俺、間違いなくこの場で最年少w
常連さんも多く、大将と楽しそうに話すGGIばっかですね。まぁ居心地悪くはないですね。

ある程度注文がたまってから一度に作るようで、チャーハンは同時に5、6名分を1ロットで調理。
15分ほど待ったところで着丼。

MIHARA

おぉう、お店の雰囲気同様、いい感じに枯れたルックス!
ボリューム的にはそこそこの盛り。麓には黄色いたくあんが2枚。小さな中華スープもノスだなぁ。。

MIHARA

では早速一口。
油っぽくはないけど、逆に油のコーティングが控えめで、米同士が自身の水分でしっとりモソモソとくっつき合う感じの炒め具合ですね。
味付けは優しく、調味料はおそらく醤油(もしくはラーメンカエシ)のみかな?なんか実家のチャーハンみたいだw
塩コショウや化調は使ってないっぽく、すごく素朴な、ホッとするような味わいです。醤油の焦げた香りがいい感じ!
量はけっこうボリューミィです。おそらく400g以上はあったんじゃないかな?

MIHARA

具は、玉子少量とたっぷりのチャーシュー。ネギはない漢仕様。
チャーシューはおそらくラーメン系と共用のロース系煮豚。ほぼ赤身で、ワシッとした硬い歯ごたえが特徴的。これ結構好き。

スープは、生姜風味と化調が効いた、いわゆるチャーハンスープですな。
結構口内の水分を奪う系のチャーハンなので、このさっぱりしたスープはありがたいですね。具はネギのみ。

サクッといただき満足でごちそうさま。
まあ場所が場所ってのはあるんだけど、このクオリティでこの量だと、750円くらいが妥当かもしれません。
まぁでも、ガツガツ食うだけではなく、、昭和ノスな店内の雰囲気や老齢の店員さんとの会話を楽しむ、という大人の中華食堂なのかもしれませんね。
再訪はアリ。次回はタンメンかな?

--

中華三原


関連ランキング:ラーメン | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅


【イレギュラー】ポークカレーつけ麺 ajito風(800円)+〆のリゾット(200円)@大井町・ajito ism

2017-10-20
大井町、りんかい線乗り換えのタイミングでランチ。
となれば一択!あの路地裏へ行くしかないでしょう。
昨日発表された「Tokyo Ramen Of The Year」において、昨年に引き続き「汁なし名店部門」で1位を受賞した此方へ。

今日のイレギュラー(日替わり)は何かな?と思いつつ角を曲がりお店へ。
平日11:40到着。前客4、後客続々で店内待ち発生。
カウンター席へ着席しシェフと奥様へご挨拶。イレギュラーはカレーつけ!ということで、そいつを口頭注文。
つか「カレーつけ麺」じゃなく「ポークカレーつけ麺」って言うだけでグンと旨そうに聞こえますよねw

ajito ism

待つこと5分で着丼。
麺の上には刻んだレタス、紫タマネギ、辛味オイルにブラックペッパー。
カレーソースの上にはネギ、クレソンの茎、ダイストマト。
ビジュアルが美しいのがこちらのメニューの特徴ですな。

ajito ism

では早速麺から。
菅野製麺の極太麺はしっかり〆られゴワッとした噛み心地。麺味もはっきりしており旨い麺です。
辛味オイルがかかっているので、ここに粉チーズでも振れば、それだけでもそこそこ食べられる感じ。

ajito ism

ソースは、ど真ん中のジャパニーズカレー味!
辛さは控えめ、スパイス感は控えめですが、甘口ポークカレーってたぶん嫌いな人いないですよね(*´﹃`*)
カレーらしい粘度はしっかりありますが、ベースがベジソースだからか、油脂系のネットリ重たい感じはなく、胃がモタれない食べやすいカレーです。麺との絡みは間違いなし。

ajito ism

また、麺側にもソース側にも生野菜があしらわれているので、それぞれの食感も楽しく、かつ清涼感が感じられ重たくならないのがいい感じ。
ソースの底にはたっぷりの豚ひき肉。麺を食べ終わった時点でこんな感じに残ります。

ajito ism

さてここからのお楽しみと言えば・・そう、リゾット。
ソースの器をカウンター上へ上げ「リゾットお願いします」とコール。
残ったソース(ソースが足りなければ足してくれます)にご飯、とろけるチーズ、半熟ゆで玉子、薬味を投入しリターン。

ajito ism

カレー+米+チーズ+玉子!

ajito ism

カレー+米+チーズ+玉子!(大事なので2回言いましたw)
これがまずかろうわけがない!
ということで、ザクザクと食べて満足!本日もごちそうさまでした。

ajito ism

このメニューはイレギュラーの中でも出現率が高いのですが、季節やシェフの気分に応じてちょいちょいアレンジが加わってるので、毎度楽しめますな。
ajitoのメニューにしては珍しくド直球のソースでしたが、今回のポイントは生野菜使いかな?やっぱセンス感じますわ~。またお世話になります。

--

アジトイズム


関連ランキング:つけ麺 | 大井町駅下神明駅西大井駅


醤油・中盛(720円)@新橋・スパゲッティキング

2017-10-19
ジャポネがどうしても食べたくなってしまった晩飯タイム。
しかし有楽町に着いたのは20時をはるかに回っており、ビル入り口には鍵がorz
そういえば。。。ニュー新橋ビルにジャポネ/リトル小岩井インスパイア的なロメスパを出すお店があったはず!と進路を新橋へ。
ニュー新橋ビルに入り、一度間違って地下に降りるもお店が見つからず1Fへ→あ、ありました。
こちら、同じくニュー新橋ビル1Fに居を構える人気店「豚大学」の経営なんだとか。豚大学は結構好きな店なのでこちらにも期待しちゃいます!

平日20:20到着。店内は2/3ほどの入り。
まずは醤油系のメニューで比較したいので、券売機で「醤油」。
ちなみに店頭に麺量の表記はなく、最上級である「キング」が1kgであることしかわかりません。
そこで他のレビューを調べてみると、並300、中500、大700とのこと。麺量なのか総重量なのかでだいぶ変わってきますが、リスクを積んで麺量だとすると、いつもジャポネでジャンボを食べる俺の腹だと500だろうな、と中にします。

店内は明るく、定食屋みたいな雰囲気。まぁニュー新橋ビルだからねw
客席は大テーブルとカウンターあり。客層は100%男性、中年以上のリーマンが主体。
壁沿いのカウンター席へ座り食券を提出。待つこと5分ほどで着皿。

SPAGHETTI KING

・・・あれ?
最初の印象は「少なっ!」
これはアレだ、皿まで含めた(?)総重量で500ってパターンか?
具はかなり少なく貧相で、ほぼ麺といったバランスです。

SPAGHETTI KING

では早速一口。
味付けはかなりシンプルな醤油によるもので、けっこう甘口なのが特徴的。化調アシストもあり。
油はバターやスプレッドじゃなくサラダ油っぽいかな?でもオイリーな感じはありません。
焦がしがいい感じに入ってて香ばしいのは○だけど、全体的にジャポネの方が味わいに深みがあるかな?

SPAGHETTI KING

麺はそれ系のお店の完コピに近いソフト麺的な太麺で、フカフカの中空感あるもの。これはいい感じ。
ジャポネのジャンボ(麺量560と言われています)に比べると体感で2割くらいは少なかった印象なので、やはり総重量500なのでしょうか。

SPAGHETTI KING

そして、とにかく具が少ない!
申し訳程度の肉、小さな小さな小松菜、焦げた玉ねぎ、ほんの少しのダイストマト。ここに関してはジャポネやリトコイ等のレジェンドの圧勝。
ショバ代が高いとは言え、この内容でこの値段だと相当儲かりそうっすね。

ということで、量的にも味的にも不完全燃焼のまま完食し、悶々とした気持ちでごちそうさま。
豚大学系ということで、もっと気前のいい盛りを期待していましたが、中ではどうも中途半端な印象でした。
少なくとも量に関しては、ジャポネでジャンボを頼む方はここでは「大」で、とアドバイスしたいですね!
次回は違うメニューで様子を見てみるか。。

--

スパゲッティキング


関連ランキング:パスタ | 新橋駅内幸町駅汐留駅


粟国の塩つけそば(850円)@荏原中延・多賀野

2017-10-17
久々に多賀野のラーメンを食べてみようと思い立ち、しゃてんじで中延へ急行。
平日14:05到着。店内は当然満席で待ち5名。この程度ならラッキーな部類ですね。

TAKANO

今日はつけ麺な気分だったので、券売機で塩つけをポチし、早速行列に接続。まもなく暖簾が下り、ラストの客となりました。ホッ。
その後15分ほどで着席。厨房は店主さんご夫妻と助手さんの3名体制。
助手さんに先に食券を渡してあるので、数分で着丼です。

TAKANO

ほぉ。。さすが名店、オーラを感じる面構え。
麺はベージュっぽい色合いで全粒粉の粒々が見えるもの。つけ汁の表面にはたっぷりの油、ネギ、ゴマが見えます。
また、特製とかじゃないのに具が全て別盛りなのも、ちょっと特別感ありますね。

TAKANO

では早速麺から一口。
カッチリとしたハリとコシのある、エッジの立った中細麺ですね。全粒粉入りで香りもよいです。自家製麺
麺量は多く見えますが、実際はせいろで底上げされているので、思った程はないかな?200gちょい程度でしょうか。

TAKANO

つけ汁はシャバ系清湯で、鶏豚、魚介両方感じますが何かが突出することはない、バランス感が非常に秀逸なもの。
液体油の使い方も巧みで、無化調ですがしっかり骨太で麺との相性も抜群です。これは旨いですね~。

TAKANO

また、最初は旨味&塩気が先行するんだけど、後味に独特の甘みが残るのが特徴的。
これは。。店頭に「空き瓶ご自由にお持ちください」となっているハチミツの味わいかな?

TAKANO

つけ汁の温度が下がると塩気の尖りが若干目立ってきます。そんな時は店員さんに言えばレンジアップしてもらえるので、有効に使いましょう。
ちなみにレンジアップをお願いすると追加でネギを入れてくれるので、ネギの爽やかさがまた増しますw

TAKANO

チャーシューは脂身多めのロース巻豚。
つけ汁に浸けるとふわりと柔らかくなり、臭みなく旨味みっちり。これは旨い!

TAKANO

メンマはショリッとした歯ごたえのもの。味付けはベーシックな感じで安心して食べられますね。
海苔は厚めのもので、スープに浸してもベロベロにならないやつ。香りもよし。あと意外に鷹の爪の辛さがいいアクセントになりますね。

TAKANO

スープ割は卓上のポットを使ったセルフ方式。節が効いた割スープでじんわり。
タレの塩気が結構強めなので、「薄いかな?」と思うくらいまで割った方が地のスープの旨さが引き立ちますね。

ということで、大満足で完食、ごちそうさまでした。
つか、同じ品川区に住みながら、実は多賀野は2回目なんですよね。。
いつも行列に怯んでしまうけど、もっと通うべきお店なんだよなぁ。とりあえず全メニュー制覇しなきゃ。

--
多賀野


関連ランキング:ラーメン | 荏原中延駅中延駅戸越公園駅


カレーライス(570円)+コロッケ(110円)@鮫洲・運転免許試験場食堂

2017-10-17
・・・免許更新までまだだいぶ期間があるはずなのに、とある理由で免許センターに呼びだされました(;´Д`)

近くのランチ処としては「すき家」と「つけ麺大王」しかないという陸の孤島鮫洲、当然ランチ候補となるのはセンター内の食堂。
以前こちらのカレーがなかなか旨かった記憶があるので、もう一度食べてみましょう。

平日12:10到着。
最近建物が建て替えられめっちゃキレイになった免許センター、食堂も明るく清潔感溢れています。
席は半分ほどが埋まっている状態。

あら?前回来た時はまだあったカレーライスの廉価版「カレー丼」がなくなってるじゃないのorz
うーん、しょうがない。ではノーマルのカレーライスとコロッケのボタンを食券機でポチ。

SAMEZU UNTENMENKYO SIKENJO SYOKUDO

厨房へ食券を提出。カレーは瞬時に着丼。
「コロッケはこれから揚げるのでお呼びします」とのこと。だったらカレーをそのタイミングで出して欲しかった。。

SAMEZU UNTENMENKYO SIKENJO SYOKUDO

カレーが冷めちゃうのもイヤなので、とりあえずカウンター席へ陣取りいただきます。
このカレー、某雑誌の「東京のカレー100選」に選ばれたという有名なカレーらしいです。

SAMEZU UNTENMENKYO SIKENJO SYOKUDO

まぁ、すごくノーマルだけど、よく言えば「欧風な雰囲気を漂わせた家庭カレー」とでも言うべきか?
スパイス感はあまりありませんが、もったりとした粘度の高い口当たりとしっかりしたコクが、社食学食のシャバシャバカレーとは一線を画している。。。のかもしれません(;´Д`)
辛さは家庭用ルーの中辛レベルくらい。レトルト特有のクセがないので、もしかしたら自家製なのかも。

SAMEZU UNTENMENKYO SIKENJO SYOKUDO

野菜はほどんと溶けてかけおり、肉は薄切りの豚コマ。
量的にはそれほど多くなく、ご飯は200gちょいくらいかな?
前回食べた時はそばとのセットだったのでカレーはハーフだったのですが、そのくらいの量の方が「もっと食べたいな」と思うから印象が良いのかもw
付属のサラダはキャベツ千切り。フレンチドレッシングををかけていただきます。

SAMEZU UNTENMENKYO SIKENJO SYOKUDO

カレーをほぼ食べきったところで「コロッケの方~」と呼び出しが。あ、コロッケのことすっかり忘れてたわw
コロッケは揚げたてなのでジャガイモホクホクで旨いですよ。願わくばカレーに載せて食べたかったけど(^_^;)

SAMEZU UNTENMENKYO SIKENJO SYOKUDO

ということで、サクッと食べきり、セルフ下膳でごちそうさま。
うーん、まぁ社食レベルのカレーにしてはなかなか旨かったです。ただ、C&Cやココイチの素カレーだとワンコイン切るわけだし、そもそも利益を追求するお店でもないわけで、もうちょっとお安く提供していただけると、ぐっと魅力がアップする気がしますね。

また訪。。いや、ここにはそんな頻繁に来たくないなw

--

鮫洲運転免許試験場 食堂


関連ランキング:定食・食堂 | 鮫洲駅青物横丁駅品川シーサイド駅


かき揚げそば(340円)@半蔵門・天かめ 平河町店

2017-10-16
会社から徒歩5分圏内で急いでランチ。こんな時には路麺です。
ということで、毎度お世話になっている天かめさんへ。

平日14:00到着。前客2、後客4。中途半端な時間なのに賑わってますね~。
こちらは丼ものとのセットが超絶お買い得なのですが、今日はかき揚げそば単品。

厨房に食券を出ししばし配膳口で待機。
まぁ所詮路麺なので細かいことは気にしませんが、両替をした手を洗わずにそのままオペレーション。堂々とやられるとやっぱりちょっと引きますね(^_^;)
そばは生麺都度茹で。一度水で〆てから湯がくという正統派なオペレーションののち着丼。

TENKAME

では早速お汁をズズズ。
お汁は塩分濃いめ、色濃いめ。いわゆる暗黒汁というやつともちょっと違う濃さで、醤油辛さが前面に出ます。

TENKAME

ベースの出汁感はたぶんあまりないのですが、提供直前、小さじ1杯程度の節粉が投入されるので、擬似的に鰹の強い香りが加わるという掟破りな戦法なんですよねw

TENKAME

そばはモギュッとしたコシを感じる細めの麺。蕎麦の香りはありません。

TENKAME

かき揚げは小さめで、タネはざく切りのタマネギオンリー。
衣は厚めでしっとりモソモソとした食感。結構油を吸った重たい衣です。

TENKAME

サクッといただきごちそうさま。
ランチの時間も惜しくかつ財布の軽いリーマンのパワーチャージにはちょうどいいお店です。またお世話になります。

このあたりの個人経営路麺店というと、こちらと「あさひ」がしのぎを削っていますが、あさひは店内の清潔な雰囲気&シュッとした上品なそばなので、女性や年配の方にウケてる感じ(最近は定食も始め男性層の拡大を図っています)。
一方こちらは、ラーメンにも通じる濃くはっきりした味わいとそのボリューム対価格のバランスで、若めの男性に支持されてる感じかな?今後もうまく住み分けできればいいですね。

--

おそば天かめ 平河町店


関連ランキング:立ち食いそば | 半蔵門駅麹町駅永田町駅


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>