フュージョン・ニンニクショウガ(800円)@人形町・火の豚

2018-04-25
これまで埼玉方面や亀有等、城南人にとってはなかなかハードルが高い街に出店していた「火の豚」さんがついに人形町に!ということで早速訪問。
こちら、中本二郎で修行したことのある方が立ち上げたとのことで、二郎系のラーメンに蒙古タンメンの麻婆をかけた的な超素敵なメニューを出しているらしく、ずっと食べたかったんですよね。
関係者が独立し類似メニューを出すことにかなり厳しい中本ですが(荒木屋事件が記憶に新しいですよね)、このお店はヒゲバイク的にはOKなんですかね?

さて、19:30到着。お店正面に白枠(パーキングメータ)があるのは便利かも。
店内満席、外待ち3。しかし回転は早くすぐに席が空きました、後客6。
食券機で「フュージョン」をポチし着席。
店内はかなり狭く、厨房はワンオペ。スタッフさんはドラゴンボールコスw満席の時は1ロット4杯で回している模様。

HINOBUTA

食券を出し10分ほどで待った所で「トッピングは?」とコールタイム。
今日は生姜があるとのことなので「ニンニクショウガ」でお願いします。
ヤサイを盛った上から、ウォーマーで保温された麻婆餡をドロリとかけ着丼。こりゃ旨そう!

HINOBUTA

では、まずは麻婆を混ぜずにラーメン部分から。
スープを一口飲むと。。こりゃ旨いね!

HINOBUTA

スープは想像以上にド乳化。背脂もかなりぶっこんであるようで、ドロリとオイリー感も強め。豚臭さはなく髄感はそこそこあり、フルボディ濃厚豚骨といった印象。
カネシのキレはなくタレは甘口。おそらく蒙古と合わせる前提で塩梅を控えめにしている模様。二郎っぽくしたければ卓上カラメがあります。ちなみにスープ量はかなり少なめで、パッと見汁なしっぽい感じです。

HINOBUTA

麺は極太平打縮れ。直系よりゴワッとした感が強いけど、らーめん大等で見られるゲシゲシ系のゴワボキ食感ではなくムッチリ感も残る、かなりいい食感の麺ですね。
麺味もしっかりあって、亜流二郎系としてはかなり好み。麺量はそれほど多くなく、250g程度かな?

HINOBUTA

そしてここに混ざりこんでくるのが、ドロリとした麻婆餡!
蒙古タンメンの麻婆餡と味の構成的にはほぼ同じですが、辛さは控えめかな。具は細かい豆腐とスライスニンニク。
麻婆部分を食べると確かに中本っぽく、スープ部分だけで食べれば二郎風。

HINOBUTA

全体を天地返ししつつ混ぜると、中本成分は二郎に完全に抑えられ「ピリ辛二郎」といった趣になります。
個人的には、あまりよく混ぜず、それぞれの旨さを味わう方が楽しいかも?

HINOBUTA

豚はホロホロに煮こまれたロース煮豚。もう着丼の時点から崩れている柔らかさ。
臭みもなく旨いですが、もうちょっと量が欲しいところ。
ニンニクとショウガは大さじ1杯ずつ程度。特にショウガの爽やかさが全体の雰囲気をさっぱりさせてくれますね。
ヤサイはほぼモヤシで、たまにキャベツ。都度茹でているのでアツアツで◎。

HINOBUTA

ということで、サクッといただきロット最速でごちそうさまでした。
二郎+中本。。。これは誰がどう作ってもまずくなるはずがない鉄板の足し算、楽しめましたね〜。
しかも二郎好きからしてみると、二郎側のクオリティもちゃんと保っているのがうれしいところ(一方で、中本ファンが来たら全く物足りないと思います)。

いずれにせよ、ここはすぐに大行列店に育ちそうな予感がしますね。早めに汁なしも食べに来よう。

--

火の豚 人形町駅前店


関連ランキング:ラーメン | 人形町駅水天宮前駅小伝馬町駅


ピリ辛ネギ冷そば(440円)+生玉子(60円)@大井町・しぶそば

2018-04-25
大井町でおやつ。
気温高めで汗ばむ陽気だったので、そういう時はアレでしょう!
そう、東急系列の駅ナカ路麺店「しぶそば」の名作「ピリ辛ネギ」の冷やしです。

休日14:00到着。店内は半分ほどの入り。
こちら、路麺店にしては店内が明るく清潔感があり、かつ椅子があるので、女性グループやカップルも多いのが特徴。
入り口の券売機で「ピリ辛ネギ」の冷、あと生玉子をポチし厨房へ提出。

SHIBUSOBA

生麺都度茹でのようで、待つこと3分ほどで呼び出しがかかりセルフ着丼。
ほぉ。。。路麺店にしては美学を感じる盛りつけ!
麺はぶっかけ汁に浸けられ、上にはネギとチャーシューをラー油で和えたものが。その頂上にはきれいに生玉子。
生玉子を頼むと、別の小鉢に入れられるか、こだわりのない店員だと麺の麓にだらしなく玉子を割るだけのところも多そうな所ですが、こちらはきちんと頂上に配置してくれるのうれしいところ。味は一緒ですが、こういうの大事。

SHIBUSOBA

では早速麺を引き出し一口。
そばは細身、キッチリ〆てあるので、ゴワッとしたハリの強いコシを感じます。
香りはそこまで立たないながら、このコシは食ってて気持ちいいですね~。

SHIBUSOBA

そして、甘辛いぶっかけ汁にラー油のコクとピリ辛感が加わり、ネギとチャーシュー細切りが絶妙な食感で麺と絡み。。。抜群に旨い!

さて今回初めて投入した生玉子。
溶くと若干マイルドになり、麺に絡めるても旨いですが、うーん、やっぱ素の完成度が異常に高いメニューなので、ちょい蛇足になっちゃうかな?

SHIBUSOBA

ということで、サクッといただきごちそうさま。
量的にはおやつ程度なので、腹パンになりたい場合はご飯ものを付けると幸せになれそうです。
いずれにせよ、しぶそばでは夏はこれ食ってりゃ間違いない的な傑作メニューですね。今度家でもやってみよう。

--

しぶそば 大井町店


関連ランキング:そば(蕎麦) | 大井町駅下神明駅鮫洲駅


ポンバシブラック(750円)@日本橋・清麺屋

2018-04-24
大阪出張、なんば近辺で遅めのランチ。
そういえば日本橋に「轍」のマゼニボジャンキー専門店ができたと聞き行ってみたらシャッターがorz

ということで、一度行きたいと思っていた「清麺屋」さんへ目的地変更。
大阪ご当地ブラック」と言ってもよい高井田式をリファレンスしたブラック系メニューを出しているらしく、食べてみたかったんですよね。

SEIMENYA

平日15:10到着。前客3、後客3。
券売機をチェックすると、左上は意外に「鶏と鯛の塩そば」なるほど、淡麗系が得意なのかな?でもイチオシは濃厚系の「鶏もつつけ麺」だそうで。。結構引き出し多いお店みたいですね。
今日は「ポンバシブラック」に決めていたので、そちらをポチしカウンター席へ。
厨房には愛想のいい店主さん&女性スタッフ。待つこと5分ほどで着丼です。

SEIMENYA

ほぉ、スープはまさにブラック!
上には厚めの液体油層。トッピングはチャーシュー、メンマ、ネギとシンプルですが、中心にとろろが載っているのが個性的。

SEIMENYA

では早速スープを一口。
ベースは鶏清湯と思われますが、なによりスープを牽引するのはガツンと効いた醤油ダレ。

SEIMENYA

醤油の塩辛さだけでなく、旨味、甘み、酸味等複雑な味わいを前面に出しており、単調になりがちなこの手のスープですが、しっかり飲ませますね~。油はネギ油?あまり香りの立つものではなかったかな。

SEIMENYA

麺は加水高めの中太ストレート。滑らかな麺肌とムチプツッとした弾力ある噛み心地がいい感じ。
本場高井田式のゴワ麺とは違いますが、スープの雰囲気とちょうどいいバランスだと思います。麺味もしっかりめ。麺屋棣鄂製、麺量は150程度か。

SEIMENYA

チャーシューはかなり大判な肩ロース煮豚スライス。
肉自体臭みなく旨いのですが、漬け込むタレがかなり甘口だと思われ、このキレのあるスープとは合ってないですねぇ。メンマの味付けもしかり。他メニューとの共用なので仕方ないとは思うのですが、もっとそっけない味付けの方がこのスープには合いそうです。一方で、青ネギはバッチリの相性。

SEIMENYA

とろろは一瞬「どうなのよ?」と思いますが、醤油スープとの相性抜群。
濃いスープのキレ味をマイルドにしてくれるだけじゃなく食感も面白く、意外に好印象。ただ量が少なすぎかな。

SEIMENYA

サクッといただきごちそうさま。
うん、高井田式の荒々しさをうまく洗練させたキレのある一杯でしたね。とろろって飛び道具も合ってました。
過去、近くの「友愛亭」でも高井田っぽいやつを頂いていますが、どちらもそれぞれ個性があって甲乙つけがたし。価格面では向こう、ネーミングの引きではこちらに軍配かな?

--

清麺屋


関連ランキング:ラーメン | 恵美須町駅難波駅(南海)今宮戎駅


やきめし(650円)@京橋・牡丹江

2018-04-22
大阪ソロ出張前泊の夜、晩飯を求めホテル周辺をブラブラ。
コナモン、串揚げ、うどん、大阪カレー・・・ラーメン以外にも食の魅力に溢れる街ですが、ふと目に入った街中華の佇まいがちょっと気になり、気がつけばカラカラと引き戸を開けカウンターに着席しておりました(;´Д`)
せっかく大阪来たのになんで!?と言われそうですが、大阪の人が毎日コナモンと串揚げ食べてるわけじゃないでしょ?w

BOTANKOU

ということで、平日20:15到着。前客4、後客1。
店内はいい感じにヤレた昭和の街中華風。客席は厨房を囲むコの字型カウンターのみ。
当然喫煙OKなので、モクモクだったら離脱するつもりでしたが、運良く喫煙者なし!
ホールは人生経験が長そうなマダム。厨房で中華鍋を振るう男性は息子さんかな?

BOTANKOU

メニューを見ると、長崎ちゃんぽんや皿うどん等、長崎系のメニューが先頭にあるんですね。
牡丹江と言えば中国北東部、ロシアとの国境の街ですが、長崎と何の関係が??さて「やきめしお願いします(脈絡なし)!」

BOTANKOU

カンカンという中華鍋のリズミカルな響きの後、着丼。スープ付き。
ほぉ、ボリュームは控えめ。具のニンジンの赤が映えるタイプですな。

BOTANKOU

では早速一口。
炊き具合なのか、米自体の水分が少なめな所に油も控えめで作っているので、油コーティングでパラパラというよりはホロホロと米粒間の独立性が高い食感ですね。

BOTANKOU

味付けは塩と化調。化調結構強めでパンチ効いてます。味わい的には、以前天六「十八番」で食べたやつに似てるかな?
具はハム、玉子、ネギと非常にシンプル。ものすごく細かく刻んだニンジンが入ってるのがいい彩りですね。
量はそれほど多くなく、300g程度でしょうか。この味、値段、量なら十分及第点。

BOTANKOU

スープはスタンダードに鶏ガラと香味野菜だと思うんだけど、かなりしっかり鶏の旨味が出ててびっくり。
こういう「チャーハン付属スープ」ってたいてい醤油味なんだけど、塩味なんです。

BOTANKOU

このスープで作ったタンメンとか絶対旨いんじゃないかな?と思いメニューを確認。
・・・あっ、そうか、タンメンって関東にしかない麺文化なんでした。となると「大阪ちゃんぽん」ってのがどうもそれ系っぽいですね?

ということで、サクッといただきマダムの「おおきにー」の声を背に受けごちそうさま。
こういう一期一会なお店との出会いも出張の楽しみ。再訪があれば「大阪ちゃんぽん」か謎の「香港ラーメン」で!

--

牡丹江


関連ランキング:中華料理 | 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅


つけ麺小あつもりニンニク(930円)@ラーメン二郎 新小金井店

2018-04-21
先日突如「5/27で閉店」との告知があり、世が嘆きの声に溢れた小金井二郎。
全直系二郎の中でもかなりの上位ランカー(野猿二郎店主さんの父君にしてあの「豚星。」も輩出した名門)なので、ひたすら無念としか言えないですが、「店主が厨房に立たなければならない」という直系の掟は、店主さんが高齢になるとなかなか厳しいであろうこともまた理解できます。
助手さんがいずれ独立・復活することを夢見つつ。。。閉店間際は大変なことになるのは目に見えているので食べ納めに急行。

平日20:20到着。店内満席、店内外合わせて待ち17。
同行した常連さんが猛烈に「つけのあつもり旨いから!」とリコメンドしてくるのでw、券売機でつけ麺をポチ。
回転は遅くはなく、待つこと20分ほどで着席。食券を出すタイミングで「あつもりで」とお願いします。提供前のコールタイムでは「ニンニク」で。

SHINKOGANEI JIRO

待つこと10分ほどで着丼。
おぉう。。。これは間違いなく旨い奴!
うどんのようなモチモチの麺は釜揚げ状態で、ヒタヒタの微濁のスープに浸されています。
つけ汁はラーメン丼に入っており、ヤサイとブタがたっぷり。

SHINKOGANEI JIRO

では早速麺から一口。
極太平打ちの自家製麺は、モチモチとした弾力的な歯ごたえ。噛めば口に広がるオーションの香りがたまらん!

SHINKOGANEI JIRO

そして、あつもりにすると麺がスープに浸ってくるのですが、オペレーションを見ていると、なんとこのスープは寸胴から掬った出汁!つまり、カネシとグルを加える前のベーススープですな。
飲んでみると、豚の旨味がしっかり出ており、意外にガラ感も感じるものですね。ここに白い粉とカネシが加わるとあのスープになるのかぁ。これは貴重な体験かも。

SHINKOGANEI JIRO

つけ汁は非乳化。
若干濃いめに作られており、そこにゴマ油と一味系の辛味が加えてあるのがデフォのスープと違う部分。

SHINKOGANEI JIRO

モチモチの麺をどっぷり浸けてズバババッと啜ると。。。たまらん!ニンニクを混ぜればさらに最強の味わいに。

SHINKOGANEI JIRO

ちなみにあつもりなのでつけ汁が冷めないのはいいのですが、麺が浸っているスープも同時につけ汁に入るので徐々に味が薄くなっていくのは仕方ない部分かな。しっかりした味わいを持続させたい場合はアブラカラメコールとかした方が吉かも?

SHINKOGANEI JIRO

ヤサイはモヤシ8割程度で、たっぷりのボリューム。都度茹でなのでアツアツ。つけ汁を冷ましません。
ブタは小金井らしいバラ巻豚極厚スライスが2個。ほどよい歯ごたえと臭みない肉の旨みがたまらんですな。

SHINKOGANEI JIRO

固形物完食後は、あつもりならではのお楽しみ。
麺が浸っていた二郎素スープ(↓)をつけ汁側に注ぎ、セルフスープ割で〆です。豚の味わいが増すけれど、デフォのラーメンスープともまた違った風情でうまいね!

SHINKOGANEI JIRO
麺量は300g程度かな。しっかりお腹いっぱい、大満足でごちそうさま。
閉店までにもう一度来れるかなぁ。。。「白」や「赤」も食べてみたかったorz

それにしても、新橋に続き新小金井までもが閉店ですか。
新橋はNS系なのでまだまだ。。という思いはあったけど、直系店が店を畳むというのはかなりショックが大きいですね。
最初に書いた通り「営業中は店主が厨房に立ち続けなければならない」という直系の掟は、今後高齢化が進む二郎各店店主にとって厳しい条件になってくるのかもしれないですね~。
ファンとしては、松戸二郎や新新代田二郎のように、うまく代替わりしていって残って欲しいところですね。

ラーメン二郎 新小金井街道店


関連ランキング:ラーメン | 武蔵小金井駅国分寺駅一橋学園駅


鶏天うどん・冷ぶっかけ・並(420円)@青物横丁・おにやんま

2018-04-21
品川シーサイドでランチ。
ツルリとうどんな気分なので、安定のおにやんまへ久々の再訪。

平日12:25到着。
ランチピークなので当然店内は満席で券売機前に待ち5。後客続々。
しかしこちらは鬼の回転なので、1人食券を買ったら1人席を立つ、といった感じで行列ストレスは限りなくゼロ。

おにやんまは各店舗独自に創作する月替りうどん/週替り天ぷらも魅力なので、いつもそっちばかり攻めてしまいますが、今日は久々にレギュラーメニューの王道「鶏天うどん」の冷ぶっかけをポチ。
食券機のオーダーは、「決定」ボタンを押した瞬間に厨房へ伝達されるハイテクシステムなので、食券を出す必要はなく、空いた席に座ればOK。

いつもアイドルタイムに行くことが多いので、だいたい茹で置き麺に当たる確率が高いのですが、今日はピークなのでガンガンリアルタイムに茹でてるうどんが!これはラッキー!

ONIYANMA

では早速ズズズ。
・・・うん、やっぱ茹でたてをキッチリ〆たうどんは抜群に旨いですね!
こちらのうどんはゴワ系讃岐ではなく、ムッチリ弾力が効いた当たりの柔らかさがいい感じ。ややうねりのあるエッジの立った極太うどんは、麺味もしっかり感じられなかなかいいコンディション。
最近この価格帯でも優秀な讃岐うどん店が増えてきて、若干その魅力に陰りが見えている気がしないでもないおにやんまですが、やはりうちたて・切りたて・茹でたての3立てうどんであればさすがのクヲリティ。

ONIYANMA

ぶっかけの汁は、ちょい甘めのチューニング。
久々にぶっかけの汁を飲んだけど、やっぱりかけ汁をそのまま冷やした冷やかけのお汁の方が好みかも?

ONIYANMA

鶏天は、特にピークタイムは常に揚げたてアツアツが食べられる人気のトッピング。
生姜醤油の下味がしっかり効いたジューシーなもも肉は、相変わらず都内の讃岐うどん店の中でも群を抜いて好み。
個数は3個。ボリュームも十分で、やはりおにやといえば鶏天ですな。
・・・しまった!ぶっかけの冷たい汁に熱々の鶏天が入ると汁はぬるくなり鶏天の温度も下がる。。。別皿にしておくべきでした(鶏天ぶっかけの食券を買うと丼に鶏天が入って来るけど、ぶっかけ+鶏天と食券を分けて買うと別皿提供になります)。

ということで、久々のおにやを満喫し、大満足でごちそうさま。
行列に見えても並ぶストレスはほぼないので、ここはピークを外すより、敢えてピークを狙った方が間違いなく旨いうどんが食べられますね〜。またちょくちょくお世話になります。

--
おにやんま 東品川店


関連ランキング:うどん | 青物横丁駅品川シーサイド駅鮫洲駅



<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>