FC2ブログ

肉炒飯(850円)@四ツ谷・晴華

2020-04-01
四谷でランチ。
気分はチャーハンだったので、前回タンタンメンを食べに来た時お隣のチャーハンがなかなか旨そうだった晴華さんへ。
ネコしか通らないようなビルの隙間の細い道のどん詰まりにあるお店は、今日も混んでますね。

HARUKA

平日13:25到着。店内ほぼ満席。相席で着席。
スタッフは厨房に男性1、ホールに女性1。二人共チャイナな方ですが、声出ししっかりで気持ち良い接客です。
さて、チャーハンをオーダー。今日はブルジョワに、肉チャーハン!
ちなみに以前あった天津麺がレギュラー落ちした関係で、単品メニューとしてはこの肉炒飯がフラッグシップメニューになります。

HARUKA

中華鍋をガコガコ振る音聞きつつ待つこと5分ほどで着丼。
チャーハンはやや崩れた体裁ながら、ボリュームは250g程度で必要十分。
オイリーさ強めで、味付けも醤油ダレ、塩コショウと化調でビシッとメリハリを付けてキメており、これぞ「街中華の男飯」バージョンのチャーハンといった雰囲気。完全にB級ですがそれがいい!という感じ。

HARUKA

デフォチャーハンとの違いは、デフォの肉はチャーシューの細切れだけなのが、肉炒飯はそれに加え50~60gほどの豚コマ肉が入ることのようです。旨いんだけど、150円の価格差を考えるとやや物足りない感はあるかな。。
肉とチャーシュー以外の具は、白ネギ、青ネギ、タマゴと王道です。

HARUKA

チャーハン単品を頼んだのは今回が初めてなのですが、チャーハンには小皿が付いてくる(肉チャーハンのみ?)ようで、今日は野菜炒め。モヤシ中心のクタッとしたものですが、野菜不足のオッサンにはうれしいサイドメニュー。

HARUKA

また、スープはいわゆる「炒飯のおまけ」なやつじゃなく、タンメンの麺抜き?と思うくらいたっぷり野菜(モヤシ、キャベツ、ニラ、人参)が入った白濁塩スープなんですね。

HARUKA

ラーメンと共通のこのスープ、結構ベースがワイルドで、背脂がたっぷり浮いてるのが特徴なんですよね。化調の底上げもありますが旨味もビシッと強くなかなかいい感じ。塩梅は強め。
量は少ないですが、小皿とスープで野菜も摂取し、満足満腹でごちそうさま。

HARUKA

うん、汚い店だけど、このあたりの街中華としては頭一つ抜けてると思いますね。またお世話になります。

--

晴華


関連ランキング:中華料理 | 四ツ谷駅麹町駅半蔵門駅


しおらぁ(850円)@人形町・麺やまらぁ

2020-03-31
人形町近辺でランチ。
魅力的になお店ばかりのエリアですが、今日はラな気分かな?
ということで、久々に「やまらぁ」にでも行ってみますか。
此方、確かラヲタのサラリーマンが脱サラして開いたお店として、オープン時話題になりましたよね。

休日14:15到着。前客4、後客3。
未食の「塩」をポチしカウンター席へ。
厨房はワンオペ。注文が集中したタイミングっぽく、ややオペが輻輳している模様。
麺茹でタイマーが鳴ってテボを上げてから、完成した丼を提供するまでずーっとタイマーが「ピピッ、ピピッ」となり続けてる店ってたまに遭遇するけど、厨房の本人は慣れてるから気にならないんだろうなぁ。。まぁタイマーを止める間も惜しいという気持ちはありがたいのですが。。5分ほどで着丼。

YAMARAH

油膜厚めの白濁スープには、チャーシュー、メンマ、カイワレ、ネギ、ミニトマト、海苔。こりゃ旨そうだ。

YAMARAH

ではスープを一口。
レンゲを入れる際ググッと抵抗を感じる、かなりブリックスの高いドロンとしたスープ。

YAMARAH

一口飲んでみると、鶏の風味がブワッと口に広がります。ジャンルとしては濃厚鶏白湯で、かなりオイリー。
ガラだけでなく肉も相当炊いている質感ですね。敢えて丁寧に濾していないような雰囲気もあり、肉や野菜の繊維みたいなものもたっぷり入ってます。

YAMARAH

水炊きでもなくサムゲタンでもなく、馬場の「蔭山楼」のスープをさらにワイルドにしたような印象ですかね?
塩ダレは非常にシンプルで控えめ。塩気よりも鶏の風味一本で面で押してくるタイプ。これはかなり好み分かれそうです。個人的には結構面白いなぁと。

YAMARAH

麺はムッチリした中太平打ストレート。桜井製麺製。
加水高めでプリプリの煮込みうどんのような食感。スープとの絡みもバッチリです。

YAMARAH

チャーシューは厚切りで大ぶりな肩ロース。噛みごたえありつつも柔らかな食感。
味付けは控えめで肉の旨味強め。スープと一緒に食べるといい塩梅。これは満足度高いですね。

YAMARAH

ミニトマトは彩り要員的な感じかな?キレイですが、味わい的にそれほどバッチリハマってる感じはないかな。
カイワレはモッタリしたスープに対しいい清涼感アップアイテム。メンマは醤油味。シャコシャコとした食感がいいアクセント。海苔は香りよいもの。

塩気より旨味のスープで、塩梅も丁度いいので、いつのまにスープ完飲でごちそうさま。
実はここのデフォのラーメンを、今更ながら初めて食べたのですが、さすが人形町で長く続けられるだけある、他にないキャラがしっかり立った一杯という印象ですね~。旨かったです。
塩からいっちゃいましたが、醤油や味噌も食べてみたいかも。



--

麺 やまらぁ


関連ランキング:ラーメン | 人形町駅浜町駅水天宮前駅


ザンギ定食(900円)@大森・ハッチ

2020-03-30
大森でランチ。
今日は唐揚げの気分なので、マイ唐揚げランクで5本の指くらいには入るハッチさんへ。
場所は、いすゞホールからさくら通りを渡った先の住宅街の中。ハッチと言えば世代的には「みなし子」ですなw

平日12:45到着。店内は半分ほどの入り。店内喫煙可とのことですが喫煙者はおらずホッ。
オーダーは、最初にレジ前で注文し、前金を払ってプラ券を受け取ってから着席するシステム。
この時点で、ザンギ定食と塩サバ定食しかないとのこと(あと2つは不明)。ザンギ狙いなので全く問題なし!

カウンター席に着席ししばし待ちます。
ザンギは都度揚げ。5分ほどで揚がったようで呼び出しがかかります。
取りに行くと、トレイに載った唐揚げを渡され、ご飯は自分で食べたいだけよそう方式(当然お替りも自由)。また、納豆か生玉子か選べるので、玉子でお願いします。

HACCHI

では、着席し早速いただきます。
ザンギは濃い目の揚げ色が印象的。2口くらいのサイズのものが6個ですね。

HACCHI

食べてみると。火傷するほどアツアツで衣はカリッカリ。
噛みしめると弾力のある鶏モモで、ジュワッと鶏油がしたたります。

HACCHI

下味は濃いめのニンニク醤油味(とある道民に聞いた所、ザンギの定義は「濃いめの下味の鶏唐揚」なんだとか?)で、こりゃめちゃくちゃご飯がススムやつ!ただそれなりにニンニキーなので接客業の方は注意ですw

HACCHI

当然、唐揚げと言えばお約束のマヨネーズもセルフでかけ放題なのも、わかってますね~。
鶏肉自体は一般的なブロイラーだと思いますが、味付けと揚げ方でここまで化けるか!といった印象。これはなかなかの飯泥棒。

HACCHI

ご飯はふっくら炊き上げられたもので粒立ちもいいですね。後客ゼロなのに、この時点で業務用の大釜(二升炊き?)には3/4ほどご飯が残っており、客としてはうれしいけど、残りのご飯どうするの?と心配になっちゃいます。
前述の通りセルフでお替り自由なので、1杯目は大盛にして唐揚げ5個ほどを楽しみ、2杯目は少なめにしてTKG+残りの唐揚げで楽しむ、という流れで満腹!

HACCHI

味噌汁は日替わりのようですが、今日はたっぷりキャベツと豆腐。キャベツの甘みと白味噌で優しい味わい。
小鉢にはモヤシのナムルと冷奴。いい口直しになってくれます。

ということで、満腹満足でごちそうさま。
ランチ営業時間がやや短く売り切れ仕舞い、値段も界隈のランチ平均に比べるとやや高めなこともありちょっとハードルが髙いですが、この界隈で唐揚げと言ったら此方と「きくち」に行けばまず間違いないですな!

--

Home Dinig Hacchi


関連ランキング:居酒屋 | 大森海岸駅大森駅


生姜醤油中華そば(870円)+和え玉煮干(200円)@御茶ノ水・麵屋睡蓮

2020-03-30
湯湯島あたりでランチ。
大至の「春のつけ麺乱打」が始まったので、葱鮪つけ麺を頂きに行こうかと思っていたのですが、その先にある「睡蓮」さんでメニューを一新し、新潟長岡の生姜醤油ラーメンを出すようになったとのこと。
ちょっと肌寒い日は生姜でポカポカ温まるか!と、今日はそちらへ。

平日11:45到着。前客5、後客4。
厨房は店主さんと奥様(?)。の2名体制。二人とも、形式的でなく心がこもった挨拶が印象的。ここは前回来た時も接客が好印象だった記憶がありますね。

SUIRENSUIREN

昔はラーメン+つけ麺というラインナップだったのですが、最近メニュー体系を変更し、生姜醤油一本で行くことになったんですね(メニューは今後増えるらしい)。では券売機で「生姜醤油」をポチ。お腹もすいていたので「和え玉」の食券もポチ。
食券を出すタイミングで「和え玉は生姜味と煮干味から選べます」とのこと。スープがそもそも生姜味だしなぁ、と煮干をお願いすることに。

SUIREN

5分ほどで着丼。
ほぉ。。「青島食堂」なんかで食べられる、いわゆる長岡生姜醤油な一杯。なかなか旨そうです。
丼は小ぶりで浅め。ブラックな醤油スープの表面には液体油層。上にはチャーシュー2種、レンソウ、ナルト、ネギ、海苔、メンマ。

SUIREN

ではスープを一口。
おぉう、結構生姜がビリビリ効いてますね!青島とかよりも明確に、フレッシュなすりおろし生姜を仕込んでる的な刺激があります。このジンジャー感は結構いいかも。

SUIREN

醤油ダレは濃い口。ベースの清湯動物系スープと共に、非常にキャッチーでわかりやすい生姜醤油スープを演出しています。
もうちょっと甘口で旨味(化調で十分だと思うんですよね)を増強すれば、もっとクセになる味わいになりそうだなぁ。

SUIREN

麺は菅野製麺製、やや平打で縮れた中太麺。
表面ツルツル、ムッチリ柔らかめの田舎っぽい食感で、このキャッチーなスープとよく合います。麺量は150g程度か。

チャーシューは鶏と豚の2種。

SUIREN

鶏はムネの低温調理もの。しっとり食感で表面にはビシッと故障が効いてておつまみにもいい感じ。
ただ、スープと麺に対しチャーシューたが若干今っぽすぎるような雰囲気はあります。

SUIREN

豚はトロンと煮込まれたバラ煮豚スライス。濃い色ですがそこまで濃い味ではないです。
レンソウは冷凍モノではなくきちんと生から仕込んだおひたし。シャキシャキの食感とほろ苦い風味がいい感じですね。
メンマは薄切りのもので個性は控えめ。海苔は分厚くスープに溶けないタフなやつ。

SUIREN

麺が残り1/3くらいになったところで和え玉をオーダー。数分で着丼です。

SUIREN

麺はラーメンの物とは異なり角断面細ストレート。
この手の和え玉は加水低めでコリパツの麺が多いですが、それに比べるとやや加水高めかな?表面ツルツルで弾力がありムッチリパツンと切れる食感のもの。これはこれでいい感じ。

SUIREN

タレと煮干油、ネギ、さらに節粉多めの魚粉で敢えた麺は、うん、間違いない旨さですね!
みじん切りのチャーシューもたっぷり、個人的には、タマネギが入っててもよかったかも。

SUIREN

スープに浸けて食べると、生姜+煮干しの風味が重なり結構オリジナリティありますね。
麺量は100g弱くらいかな?半玉とありましたが、結構満腹になりました。

SUIREN

ちなみに俺が和え玉を食べていると、周りの客が「そんなのあったかよ!」的な感じで次々に口頭追加オーダー。お店の売上に貢献できましたw

ということで、お腹満足でごちそうさま。店員さんの心のこもった挨拶に見送られ、気持ちよく店を出ました。
ちと価格的に強気な印象もありますが(1000円の壁の手前に、850円の壁ってあるよねw)、雰囲気的には、青島をちょっとお上品にしたような長岡生姜醤油な一杯でしたね。
あちらは秋葉原の奥の方にあるにも関わらず常に大行列なので(今は時勢柄そうでもないかもしれないけど)、こちらで並ぶ必要なく、かつ心地よい接客で和え玉まで楽しめるってのは魅力かも。長く続けてほしい良店ですな。また来ます。


--

麺屋 睡蓮


関連ランキング:つけ麺 | 御茶ノ水駅末広町駅湯島駅


ワンタン中華そば(1000円)+和え玉(200円)@恵比寿・おおぜき中華そば店

2020-03-26
恵比寿で晩飯。
超久々におおぜきさんトコにでも行ってみるか、と恵比寿神社の参道へ。

平日20:00到着。
店内は満席でしたがちょうどグループ客が出る所でスムーズに着席です。
今日は無性にワンタンが食べたかったので、券売機でワンタンメンをポチしカウンターへ。

OZEKI

待つこと5分ほどで着丼です。
うん、安定のルックス。
口が小さめで背が高い丼には、クリアな醤油スープ。その上にはチャーシュー、メンマ、青菜、海苔、ナルト、ワンタン、AZS味玉が所狭しと並びます。

OZEKI

では、スープを一口。
うん、鶏油の香りがふわりと漂う澄んだ醤油スープです。メインは鶏の味わいで、周囲を節・煮干の魚介が固めるような構成。

OZEKI

出汁自体はライトな感じで、店主秘伝のカエシに仕込まれた複雑な旨味の存在感がしっかりありますね~。毎回思うけど、この店はカエシが旨いんですよね。

OZEKI

麺はザックリした大栄食品製の細ストレート。スープを良く拾います。麺量は130g。

OZEKI

チャーシューはややピンク色の低温調理ロース煮豚と、味濃いめに煮た鶏チャー。
どちらも丁寧に仕込まれたもので、単品でつまみにしても最高なやつ。

OZEKI

メンマは穂先でシャクシャク。青菜は小松菜。
海苔とナルトの配置は、写真を見たらすぐに「おおぜき」とわかるもの。当然これらは中華そば感を高めてくれますね。

OZEKI

ワンタンは3つ。注文の都度、薄い皮で包まれ作られるワンタンには、真ん中にちょこんと餡が入ってるタイプ。
餡は豚肉メインで、ショウガとゴマ油がふわりと香るもの。中にコリコリとしたイカゲソが入っているのがこちらの特徴ですね。

OZEKI

味玉は珍しく、黄身に生姜醤油を染み込ませたタイプ。これがまた旨いのだ。

OZEKI

あっという間に固形物完食。では和え玉を1玉でお願いします(半玉もできます)。

OZEKI

和え玉は、中華そばと同じ細麺を茹で上げ、それにタレと油、ネギ、煮干し粉、チャーシューの歯切れを和えて食べるもの。

OZEKI

うん、シンプルな構成なので、カエシの旨味が際立ちますな。間違いなく旨い。

OZEKI

途中から残ったスープに浸けたりしつつ、満足の完飲完食でごちそうさま。

OZEKI

飲食店、特にラーメン店は長く続けるのが難しい業態と言われますが、この地に店を構えて(最初は「づゅる麺池田」の支店を譲り受ける形でしたね)はや8年ですか。。10年目を目指し、長く続いてほしい名店です。

--

おおぜき中華そば店


関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅


生姜焼定食(620円)@田町・包丁や 田町芝浦店

2020-03-25
田町芝浦口でランチ。
品川でよくお世話になる「包丁や」さんが田町にもあるので、今日はそちらで。
ちなみに前回行った同グループの蕎麦居酒屋「ささの屋」と同じビルの3Fになります。

平日12:30到着。
エレベーターで3Fまで上がり、食券機でリーマンランチの定番「生姜焼」をポチ。
店内は満席ですが、食券を買っている間に席が空きすぐに着席です。ピーク時はやや並ぶこともありますが、箱が大きいので基本そんなに待たずに入れる印象。
ちなみに此方、ランチタイム禁煙をうたっていますが、「吸える?」と聞いて入ってくる客をフロア奥に案内しているので、どうやら分煙のようですね。ただ分煙はキッチリしており、禁煙エリアにタバコの煙が入ってくることはなく快適。

HOCHOYA

生姜焼は作り置きで、一瞬で着盆。
社食学食でよくあるような、小さめのロース肉を玉ねぎと一緒に生姜醤油で炒めた、汁気の多いやつですね。

HOCHOYA

肉はパサパサ、味付けは濃いめ。まさに男が飯をかっくらうためのツールですなw
まぁたまにはこういうのも悪くはないです。ボリュームはそれほど多くはなく、100gちょいくらいかな。

HOCHOYA

また、たっぷりの千切りキャベツとこれまたたっぷりのマヨと同じ皿に載っているというのがミソで、全体をお下品に混ぜつつご飯にのせてバクバク食らうと、相当な飯泥棒スキルの持ち主に変化しますw

HOCHOYA

ご飯はデフォで200g程度。ややパサぎみで、まぁ居酒屋ランチなので致し方なし。
味噌汁はワカメとお揚げ。しょっぱすぎずちょうどいい塩梅。

HOCHOYA

ちなみにご飯とみそ汁はお替わり自由。生玉子、味付け海苔は一人1つずつの制限ありですが、たくあんとふりかけは卓上にあり使い放題。つまり物理的には無限にご飯を食べられる環境が揃っていますw
しかし今日はちょっとセーブして、ご飯一杯でごちそうさま。

味はそこそこですが、ご飯味噌汁はお替り仕放題ということもあり、路麺や牛丼屋等のランチよりちょい格上となる600円台のランチとしては、まぁ必要十分かな(増税前は600円ぽっきりだったのですが20円値上げ)。
ただ、すぐ隣の「たむく」では自家製感あるカレー&ハヤシが600円。そしてそこに100円足すと、個人的にイチオシの寿庵のランチ(ただしクーポン利用)が食えるので。。うーん激戦区。日替わりのラインナップ次第で柔軟に利用していきたいところです。

--

包丁や 田町芝浦店


関連ランキング:居酒屋 | 田町駅三田駅芝浦ふ頭駅


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>