FC2ブログ

からあげ弁当(460円)@恵比寿・ドドンパ弁当

2021-05-07
自宅テレワークのランチを地元で調達。
最近近場は狩り尽くした感あるので、ちょっとずつターゲットエリアを拡大しておりますw
ということで、今日は恵比寿広尾の中間地点あたり、渋谷川沿いにひっそり佇む「ドドンパ弁当」さん。
恵比寿広尾というとキラキラシティ感ありますが、ここらへんは超地味な下町っぽいエリア。

13:30頃訪問。お店・・というか、ビルの端っこにある凹、と言ってもいい幅一間のスペースに群がる客。人気ありますなぁ。
超狭い間口の先には厨房、奥まった手前カウンターにはメニューが。しかし看板も何もないので、知らない人はたぶん完全に素通りしちゃいそうな佇まい。名前の割に超地味w

メニューは結構豊富ですが、2種類の日替わりが一番人気みたい。
日替わりのサンプルがカウンターに置いてありますが、確かに、おかずたっぷりでワンコインなのは魅力ですな。
皆さん常連っぽい雰囲気で「ノリカラコロメンタイ!」とか呪文を唱える客も。メニューを見ると、からコロ弁当に海苔(30円)+明太(30円)をプラスしたやつですかね?

お店前でブラブラしている方々は既に注文を済ませ待っているようなので、カウンターへ行き、おじさんが出てきたタイミングで「からあげで~」とオーダー。
待つこと3分ほどで「からあげの方!」と呼び出しがかかり、現金払いでずっしり重たい弁当を受け取り至急帰宅→開封。

DODONPA BENTO

ほぉ。。お値段に対しなかなかいい感じのボリューム!
唐揚げは5個。下には千キャベ、副菜はスパサラと春雨の和え物、細切りたくあん、ご飯の上には黒ごまと梅干し。

DODONPA BENTO

では早速唐揚げをパクリ・・・うん!一口目からいきなり好み!
サクッとした片栗粉ブレンドっぽい衣で、油ギッシュな感じはありません。

DODONPA BENTO

部位はモモ。1個あたりのサイズ感は30gちょいくらい。
下味は濃い目の生姜醤油。ちょっとニンニクも効いてるかな。しっかり漬けこまれており、白飯をかっこみたくなるちょうどいい味の濃さ。これは冷めても確実に旨いやつ!
ちなみに味変用にタルタルが付いてきましたが結局使わず。

DODONPA BENTO

ぶっちゃけ、唐揚げってどこで食ってもだいたい旨くて、じゃあそんな中でも自分の好きな唐揚げってなんだろう?って考えると、最終的には「おふくろの味」に行き着くのかなぁと。
濃いめの出汁醤油にニンニクをビシッと効かせた調味液に数時間漬け込んだモモ肉に片栗粉をまぶして揚げたウチの実家の唐揚げ。。そう、まさにこの店の味がかなり近いんですわ汗
うん、これは・・・「ワンコイン以下部門」のマイ唐揚げ弁当ランキング、これまでトップだった五反田「鶏々味鳥」を抜いて堂々の1位へ。

付け合せのスパサラは、マヨと薄切りタマネギと和えたもの。タマネギの辛みがいいアクセントでさっぱり感。
春雨の和え物は、セロリとニンジン、炒り卵と和えたものでした。ちょっと珍しいね。

DODONPA BENTO

ご飯は固めに炊かれたもので臭みなくいい感じ。
ボリュームは200gちょいくらいか。唐揚げのボリュームに対しちょうどいいボリュームでしたね。

ということで、お腹いっぱい大満足でごちそうさま。
うん、この店いい店!ボリューム、味、価格のバランスがピカイチと言っていいでしょう。
そもそも、これだけプレゼンスの低いお店なのに13時過ぎ時点で店外に客がゾロゾロって時点で良店確定ですよね。ここは何食っても旨そう。再訪は確実!

DODONPA BENTO

※日中、明治通りに車を止めて買いに来るのは、数分とは言えミドリムシが湧く頻度が高いのでオススメしません(危うく460円の弁当が15460円になる所だった。肝を冷やしたぜ!)。

--

ドドンパ弁当 本店


関連ランキング:弁当 | 恵比寿駅広尾駅


ビーフカリー(950円)@東銀座・RASA

2021-05-06
東銀座でランチ。
前回「築地とんき」に行った際、コンチカの同じフロア向かいにカレースタンドがあるのが気になっており・・本日はそちらに行ってみましょう!

平日12:30到着。店内は2/3ほどの入り。客層はオールオッサンリーマンで、男たちの食堂感あります。
客席は厨房を囲むカウンターのみ。厨房はお姐さん4名でのオペレーションです。

メニューを確認すると、ルウは3種類ある?ようで、ビーフは辛口、チキン、ポーク、カツ、エビ、ホタテは中辛、ヤサイは甘口といったラインナップ。カツカレーで辛口とかはできないのかね?
とりあえず初訪なので、メニューの先頭にあるビーフを口頭オーダー。

RASA

ルウは既に仕込み済みなので、瞬時にカレーポットとライスが着皿。
周りを見ていると、オーダー時に「丼で」というと、ライスにルウをかけてワンプレートで出してくれるようです。この方がお店も洗い物が減ってうれしいかもね。

RASA

では早速ルウを一口。
ルウの色合いはややスタンド系カレーっぽい感じですが、それよりは粘度低めでシャバ系。肉片やスパイスが浮いているのが見えます。
インドカレーと名乗ってはいるものの、これはどちらかというと欧風カレーに近いですかね?

RASA

あと、店名からチベット系カレー(?)なのかとも思いましたが、特にそういったわけでもないらしいw
チャツネの甘みとコクが強めのルウは、初動は甘く、後味にジンジンとスパイスの辛味が来るタイプ。
一口目はそこまでインパクトないんですが、徐々にハマっていくタイプかな。

RASA

具はほぼ溶けてなくなっていますが、ビーフの角煮風な塊が4つほど、これらはホロホロに柔らかい仕上がりで旨いね。

ご飯は固めに炊かれたもので、300g弱くらいはあって結構しっかり。少なめコールする客も多かったですね。
卓上にはらっきょう、福神漬、それから刻みキュウリの漬物があるので、らっきょう以外で口直しをしつつサクッと完食でごちそうさま。

うん、インドカレー屋と言いつつ欧風寄りなカレーでしたが、このスタンドカレーと本格欧風カレーと本格インドカレーの中間地点っぽい落としどころは意外になかったかも。価格的にはやや強気に感じますが、これ結構好きかも。
向かいのとんきに入るべきか毎回迷いそうですが(とんきにもカツカレーがあります)、再訪は確実。次回は中辛系のメニューにしてみよう。


--

RASA


関連ランキング:カレーライス | 東銀座駅築地駅新富町駅


中津からあげ定食・ご飯大盛(850円)@麹町・かんらからから

2021-05-05
麹町でランチ。
久々にオフィスに出社したら、昔はサバ味噌の旨い小料理屋「一入」→ホルモン屋→ラーメン屋と移り変わった物件に新たに唐揚げ専門店がオープンしているのを発見!
これは認定カラアゲニストとしては突撃しないといかんやつでしょう、とランチタイム終盤を見計らって訪問。

平日13:05到着。前客0、後客1。
店内は厨房に面したカウンター1本とテーブル席多数。各テーブル上にはダクトが付いており、ホルモン屋だったことの名残が残ってますねw
店内コロナ対策は、入店時の検温とアルコール消毒、各席には透明パーティション完備。カウンター席は半数ほどに間引きされ、それぞれにカスターとアルコール除菌ティッシュ配置。スタッフ2名はマスクとゴム手袋装着、と完璧。またホルモン屋の名残のダクトによる換気がガンガンに効いており、店内は寒いくらいw

気になるのは、店内の微妙な暗さ。
夜はいいのかもしれないけど、ランチタイムはもっと明るい方が客の気分も明るくなりそう。あと・・・この物件昔からそうなんだけど、結構人通りが多い路地に面してるのになぜか立ち止まりにくい、入りにくいオーラあるんですよね。店内がもっと見えるようにした方がいいのかなぁ?

さて、カウンターへ着席しメニューを確認。
メニューは絞りに絞っており、中津唐揚げの定食とTKG定食の二本柱。
TKGは高級玉子を2個使ったやつだそうで、780円と結構強気の値付け。一方唐揚げ定食は850円なので、まぁだいたいの客が唐揚げ頼むわな。。ということで俺も唐揚げで。
ご飯大盛無料とのことで、当然お願いします。

注文を受けると、厨房スタッフがオペレーション開始。
調味液に漬け込まれた鶏肉に粉を振ってフライヤーへ投入。並行して味噌汁やご飯を盛り、タイマーが鳴る直前に油から上げてお皿に乗せて着盆。こちらは二度揚げとかはせず、潔く一度揚げなんですな。
定食の陣容は、唐揚げ5個、キャベツの酢漬け、ご飯、味噌汁。唐揚げの下にはレタス一枚。サイドにレモンとパセリ。

KANRA KARAKARA

では早速唐揚げをパクリ。
まず感じるのは、衣の薄さと軽さ!
オペレーションを見ていると、揚げる前に片栗粉ブレンドっぽい小麦粉をまぶし、パタパタと余計な粉を丁寧に落としてから揚げるので、上品な串揚げ屋の衣みたいにサクサクの薄衣。

KANRA KARAKARA

部位はモモムネミックスかな?おそらくモモが3つ、ムネが2つ。
モモはムッチリジューシーだったけど、ムネは熱が入りすぎてややパサ。どちらも同じ時間揚げてるけど、ムネはもうちょっと早く上げた方がいいかも?

KANRA KARAKARA

下味はほのかにニンニクが香る醤油味。塩気はこの手の唐揚げにしては控えめに感じます。サイズ感は1個3g程度か。
全体的に、軽やかで上品な印象の中津唐揚げで、ご飯がススムというよりはハイボールに合う系かな?

KANRA KARAKARA

中津唐揚げとしてのアイデンティティがなくなっちゃうかもしれないけど、この唐揚げだと、タルタルとかポン酢とかソースが選べます的なアレンジにした方が男性人気が出るかもね。あ、後で気づいたんだけど、マヨも付いてなかった!

ご飯は大盛で200g程度か。
米はパサッとしてあまりふっくら感はなく、まぁ居酒屋ランチだったらこんなもんかな、というレベル。唐揚げのお供には十分だけど、高級玉子を使ったTKGにはちょっと役不足じゃね?

KANRA KARAKARA

味噌汁は、豚汁の豚肉入ってないバージョン的なやつで、大根、ニンジン、コンニャク、厚揚げがゴロゴロ入っており味噌は甘目。これは結構旨い。
キャベツの酢漬けは、甘味の強いビネガーと白胡椒?が効いたマリネ的なもの。合うかどうかは別として、安直に市販の漬物を使わず、手をかけてる感はあります。

そこまで飯泥棒な感じの唐揚げではないので、大盛ご飯はちょっと余っちゃいましたね。味噌汁の塩気の力を借りて完食し、そこそこ満腹でごちそうさま。

うん、悪くはないんだけど、唐揚げとしての中毒性が高いかというと微妙かな?
メニューを絞るのは戦略として有効だけど、その分麻薬的な魅力がないとリピートさせることって難しいと思うんですよねぇ。
あと価格も、麹町ランチ価格帯ど真ん中に寄せてきてるけど、この内容にしてはちょっと強気かな?という気もします。肌感覚では、ノーマル750円、タルタルがけで850円くらいの設定だと適度にお得感が出せそう。

ちなみにテイクアウトにも対応しており、唐揚げ弁当(おそらく、定食から小鉢と汁物を抜いたもの)は700円とのこと。
靖国通り沿いにも新しい唐揚げ屋ができたという情報をゲットしたので、次に出社した時はそっちに行ってみなくては!w

--

中津からあげ かんらからから


関連ランキング:からあげ | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


メガ鶏モモ唐揚げ(200円)+メガ鶏ムネ唐揚げ(150円)+ご飯200g(200円)@西大井・みんなのからあげ

2021-05-04
自宅テレワークのランチを地元で調達。
今日は大井町を通り過ぎ、光学通りを西大井へ。ニコンの研究所の隣に、新顔の唐揚げテイクアウト専門店があるということで訪問。

この手のお店にしては珍しく、店頭には券売機が。
メニューを一通り見ると、モモとムネの唐揚げ、それぞれの普通サイズとメガサイズがおすすめっぽいですが、その他素揚げ手羽先、ポテトフライやコロッケ、アジフライ、揚げたい焼き(!)等、揚げモンメニューが並びます。
ちなみに弁当スタイルの販売はなく、ライスは200g200円、300g300円で付けられます。
どうせ家で食べるんだからご飯炊いてくればよかったなー、と思いつつ、メガモモとメガムネ1を1つずつ、あと200gご飯をポチし、食券をカウンター越しにお兄さんに手渡し。
「今から揚げますんで3、4分お待ちください!」との言葉に店頭で数分待ち、揚げたてを受け取り至急帰宅。

MINNNA NO KARAAGE

唐揚げは専用の紙袋、ご飯はプラの容器に入っています。
揚げ油のいい香りが部屋中に広がり、これは期待できそう。
MINNNA NO KARAAGE

まず食べる前に体重測定。
モモは90g、ムネは80gでした。最近の唐揚げのトレンドよりさらに一回り大きい感じか。

では早速一口。
両社とも、衣は小麦粉中心でサクッとした軽めの食感。
ここの特徴は衣に強めの塩気がある(混ぜ込んでいるのか、揚げた後に振っているのかは不明)ことですかね?噛みしめてからジュワッと広がる調味液の塩気とは別に、口に入れた瞬間にビビッと塩気を感じるので、脳が旨いと錯覚するかもw

MINNNA NO KARAAGE

モモは、噛めば鶏油がジュワッと出る柔らかいもの。

MINNNA NO KARAAGE

ムネはパサ感なく、しっとり弾力があるタイプです。

MINNNA NO KARAAGE

下味は両者共に王道の醤油+香味野菜(ニンニク、ショウガ)。間違いないやつですな。

MINNNA NO KARAAGE

200g分のご飯は・・うーん、モッチリを通り越しビチョビチョ。
米同士がダマになって米粒の形をとどめてないヤワヤワなやつ。昨日炊いたような臭い米でないのが救いですが、これは改善の余地あり。

ボリューム的には、トータルで一般的な唐揚げ5個分くらいの量でしたが、やっぱり唐揚げもう1つ追加すべきだったかな?ご飯が余ってしまったので、自宅のふりかけで残さずいただきごちそうさま。

うん、ご飯は微妙だったけど、唐揚げ自体は十分ポテンシャルの高いものでしたね。
ただグラム220円以上となると「から好し」よりは安いものの、やや強気に感じるかなぁ?
少なくとも、コスパの悪いライスは頼まず、唐揚げオンリーで使う分にはまだ使い勝手いいお店かも。

--

みんなのから揚げ 大井町店


関連ランキング:からあげ | 西大井駅下神明駅戸越公園駅


【日替わり】牛肉とうふ定食(800円)@青物横丁・葉月

2021-05-04
品川シーサイドでランチ。
松屋のある交差点を品川警察署方面へ少し進んだあたりにある居酒屋のランチが多くて旨い、とのことで初訪問。

平日12:45到着。前客3,後客0でまもなく品切れ閉店。ラストの客となりました。
店内は、昭和のバラック居酒屋的な激シブな雰囲気。客席は小上がりのテーブルとカウンターのみ。
カウンター席に着席しましたが、やたらスツールが高く、カウンターが低く感じます。。これも昭和サイズか?俺の座高が高いだけか。。
接客は、結構個性的なチャキチャキ女将さん。ちょっとクセが強そうだけど、常連になったら絶対楽しそうw

ランチは日替わり1種類なので、着席すると女将さんに「ご飯の量は?」と聞かれるのみ。
並で山盛りのライスが出てくることは予習していたので、普通でお願いします。

HAZUKI

まもなく着盆。
肉豆腐は、パッと見量が少なそうですが、皿が大きいだけwいざ食べ始めると結構なボリューム!
しかも豆腐より牛肉の方が圧倒的に多く、牛バラ肉130gくらいは使ってるでしょうか。

HAZUKI

肉は柔らかく、すき焼きのタレっぽいあまじょっぱい煮汁で仕上げてありめちゃくちゃご飯が進む仕様。豆腐は半丁くらいの大サイズが2個。タマネギとネギはおまけ程度で、あくまで「肉と豆腐」を味わうメニューです。

HAZUKI

サラダはレタスとトマト。なぜかシーザードレッシングはレタスの中間層からかかっていたので、最初は卓上のハーブ塩でいただきました。
香の物はきゅうりと大根のぬか漬け。ちょうどいい浸かり具合で旨いですね。
味噌汁はテロテロのワカメがたっぷり入ったもの。
ご飯はデフォルトで250gくらいはあったかな?おかずのボリュームも多いし、生玉子が付くし、卓上にはおかかのふりかけもあるので全く余らずいただけます。ただ、水分大目でダマダマなご飯だったのはご愛嬌か。

HAZUKI

ということで、サクッといただき満足でごちそうさま。
うん、確かに、お店の良心を感じられるコスパ抜群なランチメニューでした。タイミングが合えばまた来てみたいですね。

--

葉月


関連ランキング:居酒屋 | 青物横丁駅品川シーサイド駅新馬場駅


鶏唐ガーリック炒飯・並(1200円)@武蔵小金井・俵飯

2021-05-01
サバ活の後の恒例チーム飯。
個人的に「小金井B級グルメ街道」と呼んでいる通り(ジャンボ餃子天神、ラーメンショップ椿、ラーメン二郎小金井店(閉店)、そしてこの俵飯!)がありまして、今日もそちらへ。とにかく腹いっぱい米を食いたい気分だったで、俵飯さんです!
こちら、メディアでも結構露出がありますが、とにかく店主さんの「学生に腹いっぱい食わせたい」気持ちがエスカレートしちゃったいわゆる「爆盛系」の中華料理店(というか、丼物とラーメンね)。

夜の部開店より早めに着いてしまったのでシャッターしつつ、開店と同時に入店。
こちら、基本カウンターだけなのですが、お店横に屋根付きの屋外デッキ的なスペースがありテーブルが。今日は大人数だったのでそちらを指定。

さて、俵飯と言えば、やはり丼物、というか「ぶっかけ系」が白眉だとは思いますが、常連さんから「チャーハンも絶品なのよ」との情報。では今日はチャーハン!しかも男子大喜びな「鶏唐ガーリックチャーハン」をお願いします。
ちなみにチャーハンのサイズは並で1合、その上のサイズは「大の小(2合)」~「大の大(4合)」と1合単位でサイズアップ。1合は余裕だけど、2合はちょっと。。。と日和ってしまい並で。

TAWARAMESHI

10分ほど待ったところで着皿。
ほぉ。。。粗みじんのニンニクがたっぷり入ったチャーハン。上には鶏唐の甘酢漬けっぽいやつ。
ニンニクの香りがフワリと立ち上り、こりゃ間違いないやつ!

TAWARAMESHI

では早速一口。
質感は、しっかり中華鍋を振って炒められており、パラパラとしっとりの間くらいのほどよい分離具合。しっかり米全体に油が回ってる感じがあります。味付けは醤油ダレかな。

TAWARAMESHI

具は前述のニンニクの他、玉子、薄切りバラ肉、ネギ。ネギは敢えて炒めず、生の刻み白ネギが上に載せてあります。この辛味とシャキシャキした食感が絶妙なアクセントになってくれ、スプーンが止まりませんw

TAWARAMESHI

唐揚げはモモを丸揚げにしたものを4等分に切ったような感じ。サクサクの衣で肉は薄めで食べやすいですね。
甘辛い醤油ダレに浸けてあるので、コレ単体でもおかずになるやつ。名物「塩から揚げ丼」のような暴力的な盛りではないので安心。

TAWARAMESHI

ボリュームは前述の通り1合なので、だいたい米350gですな。
ただ、鶏唐揚げの重たさもあったからか、食後の満腹度としては、体感だと500g食ったくらいで、かなり余裕を持って食べ切れた感じ。

ということで、そこそこ満腹でごちそうさま。
まだ数回しか来てないですが、ここは何頼んでも間違いないんだろうなぁ。。。このご時世テイクアウトもやってる(期間限定だけど、1kg500円弁当とか!)ようなので、自宅で家族でシェアして食べるのもよさげですね。

--

麺飯店 俵飯


関連ランキング:中華料理 | 武蔵小金井駅国分寺駅


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>