おきあみ天そば(390円)@浅草橋・そば千

2016-09-30
今日のランチは浅草橋
通称「青テント」に行くつもりが、着くのが遅かったか既に暖簾を降ろしてましたorz
しかしここは、今や都内屈指の路麺エリアと言っても過言ではない浅草橋。代打と言っても4番クラスがうじゃうじゃいますよ。
ということで、少し足を伸ばして「黄テント」へ。

平日12:10到着。前客3、後客1。
揚げ物ケースを見ながら戦略を立てましょう。
おっ、今日はアミ天ありますね!じゃあおそばでアミ天で。

SOBASEN

茹で麺、揚げ置きなので瞬時に着丼。同時にお支払いです。
黒い汁に太い麺。そしてドンと鎮座するのは、今や路麺店でも絶滅危惧種「おきあみ天」でございます。

ではまずはお汁から。
・・・うめぇ~なぁ!!
いわゆる「暗黒汁」と言われる染まり系の汁。ガツンと口に広がる甘辛酱油感は、これぞ東京の路麺といえる味わいです。
ひとくちに暗黒系と言っても、しょっぱいだけのお店、甘いだけで旨味が残らないお店等いろいろ差があるんだけど、ここはさすがのクオリティ。
甘味と塩気、そして僅かな酸味のバランス、旨味のサスティン等どれをとっても(路麺として)完璧。
しかも、やけどするほどアツアツ!これぞ理想の暗黒汁ですね。

SOBASEN

そばはファサッホグッとしたザックリ感のある歯ごたえ。
グツグツ煮だったお湯で短時間で熱を入れているからか、茹で麺としては素晴らしい仕上がりだと思います。
変に生麺にこだわって茹で置きしてるお店よりこっちの方が断然旨い。

SOBASEN

そして主役、アミ天
噛みしめるとサクサクの食感で、海老っぽい(アミって厳密には海老じゃないんですよねw)香ばしさと甘味がしっかり感じられ旨い!
路麺のかき揚げでよくある乾燥桜海老の食感とは違う、由比漁港で食べた桜海老天に近い雰囲気(かなりよく言うとw)。

SOBASEN


ということで、サクッといただき大満足でごちそうさまでした。
いやぁ、激シブなお店の雰囲気、媚びない接客(よく言えばw)、そしてある材料のポテンシャルを最大限に活かす真面目な仕事が相乗効果を生み。。。いやぁ、路麺っていいなぁと心から思える体験でしたね。また来ます。

--

そば千 東神田店


関連ランキング:そば(蕎麦) | 馬喰町駅馬喰横山駅浅草橋駅


つけめん・ヤサイニンニク(800円)@新宿・ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店

2016-09-30
朝食抜き、さらにランチを取るタイミングも取れず、14時過ぎにようやく会議から開放。
もう腹はペコペコ。ガッツリ食べて帰りたい気分。

さて場所は新宿
そういえば。。歌舞伎町二郎が移転するって聞いたけど、移転先はいつオープンなんだろう?
Googleに聞いてもあまり情報がないので、ツイで検索→おぉ!なんと昨日オープンだったみたいですね。
あまり良い印象のなかったカブジですがこれも何かの縁、、移転祝いってことで超久々に再訪しましょう。

KABUKICHO JIRO

平日14:40到着。
こんな時間でも二郎にありつける通し営業、うれしいですね。店内は3/4ほどの入り。

KABUKICHO JIRO

入り口の券売機でラーメ。。あ、ここにはつけ麺があるのね!
汗ばむ気温だし、カブジ初のつけ麺いってみましょう、とポチ。

空いていたカウンター席へ着席し食券を提出。
ここは家系みたいに、食券を出すタイミングで麺の硬さを聞かれます。

KABUKICHO JIROKABUKICHO JIRO

ちなみに食券の折り方で硬さを指定することもできるみたい。以前来た時はこんなシステムなかったなぁ。
#つけ麺は硬さ指定できません

店内はかなり広く、客席は厨房を囲むL字カウンターのみ。
席は床固定タイプで結構間隔が狭いので、デブは左右に気を使う必要がありそうw
カウンター背後にはかなり広いスペースがあり、混雑時は中で待てるようですね。製麺はこのスペースでやるのかな?
また、移転オープンしたばかりということで、店内はピッカピカ。スタッフさんは5名体制でハキハキした接客。気持ちいいですね!

待つこと6分ほどで「つけ麺の方?」とコールタイム。
ここは量的には大したことない二郎なので、「ヤサイニンニク」でお願いします。
まもなく着丼。

KABUKICHO JIRO

ほぉ。。こりゃ面白いルックス!
冷水で〆られた麺の上にはアツアツのヤサイと刻み海苔。
つけ汁は白濁。中にはたっぷりのヤサイと豚。また、上におつまみにも使えそうなメンマのキムチ和えみたいなのと、刻みネギがたっぷり。かなり二郎っぽくないですねw刻みニンニクはつけ汁内に。

KABUKICHO JIRO

まずは麺を引き出し一口。
キンキンに冷えており、ブチッと切れる硬さがあるもの。家系並に麺が短いのが特徴的。麺味はあまり主張しません。
NSプランニング系の二郎ってどこも同じような麺かと思ってましたが、新橋のうどんみたいな麺に比べ、かなり細めの平打に感じました。
固め推奨とも言えるヒアリングや麺の細さ等、繁華街の二郎ならではの回転を重視した戦略なのかもですな。

KABUKICHO JIRO

つけ汁は。。なるほど、ベーススープにお酢と砂糖で「甘酸」、辛いメンマで「辛」も足してるので、一応つけ麺の「甘辛酸」フォーマットに落とし込んでいると。
ただ、まだ新店舗でのスープの仕込みが落ち着いてないのか、微乳化以下でシャバッとした口当たり。

KABUKICHO JIRO

その白っぽい色合いもあり、いわゆる「豚骨ラーメン」みたいな感じ(まぁ、大筋では間違ってないんだけどw)。
旨味も控えめで、、うーん、一言で言うと「ペラペラ」って印象。昔食べた時はもっといい印象があったのですが。。まぁ時間が解決する問題かな?
あと、個人的にはもっとアツアツで提供してもらえるとうれしかったかな。

KABUKICHO JIRO

ヤサイは結構キャベ率高いです。臭みなくアツアツなのがいい感じ。
豚は腕肉の固まりが2つ。脂身はなく赤身のみですが、フワッと柔らかく旨いですよ。カネシがギュウギュウに染み込み超ショッパーなのはご愛嬌。

KABUKICHO JIRO

ネギが入るといつもの二郎っぽさがかなり薄まる、というかネギの薬味としてのインパクトって結構すごいですね。
まぁでも、ニンニクが全体に混ざってしまえば安定のパンチ力w

麺量は200g台前半くらいかな?それほどボリューム感は感じず、スルスルといただき完食。丼を上げてごちそうさま。

うん、久々のカブジ、移転してなければ来なかったかもしれませんがw、定点観測って大事ですね。
そういえば、新橋店の名物トッピングだった「生とじ玉子」がこちらにも登場しているのはいい意味でのグループシナジーかな?w
しばらくして、スープが落ち着いた頃にラーメンを食べに来てみたいと思います。

--

ラーメン二郎 歌舞伎町店


関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅東新宿駅


コロッケそば(360円)@三河島・三松

2016-09-28
今日のおやつは三河島
三河島と言えば桃天花!なわけですが、そこまでハラペコじゃないし、今日はちょっとハズしてみたい気分。
ということで、駅からほど近い渋めの路麺店「三松」さんへ。
こちらは三松屋製麺の直営店。三松屋製麺と言えば、有楽町等に店を構える「新角」系に麺を卸していることでも知られています。

平日17:30到着。前客1、後客0。
価格帯は路麺店ですが、店構えはカウンター+テーブル席を備えた小料理屋と言っていい雰囲気。
また、そばうどんだけじゃなく、ラーメンやカレーもやってるんですね。ここらへんは「新角」も共通。「天ぷらラーメン」いいなぁw

MIMATSUMIMATSU


MIMATSUMIMATSU

前客の常連らしいおじいさんはお酒も入っていい感じ。厨房の女将さんと談笑中(若干絡み酒w)。
では、カウンター席に陣取り、お話を邪魔しないようタイミングを見計らって「コロッケそば」をお願いします。

おそらく茹で麺なのかな?待つこと数分で着丼。
おぉう、楕円のコロッケが大ぶりで、すごくいいルックスですねぇ。

MIMATSU

ではお汁を一口。
うん、やや甘口であっさりした味わい。バランスは悪くないけど、ちょっと淡白すぎる感はあるかな。
まぁでもこの街(の世代)にはよく合ってるかな。かなりぬるかったのが残念です。

MIMATSU

そばは、ツルリとした麺肌と、ハリがありプツンと噛み切れる食感が特徴的。
ただコレ、蕎麦というより。。小麦粉的な食感の方が強めですね。風味はありません。まぁでも悪くない。

MIMATSU

コロッケは冷凍モノにしては厚めで大きいです。
衣はザクッと粗めのパン粉で、中身はホクホクのジャガイモとミックスベジタブルが入ったもの。
汁に染まってもデロデロに溶けることなく形をキープします。揚げ置きですが臭みや油っぽさもなく、いい感じ。

MIMATSU

ということで、サクッといただきごちそうさまでした。
コロそばがこの値段ならかなりリーズナブルと言えますし、メニューバリエも多いのでまた来てみたいですね。
また此方、確か泉岳寺の「三松」と関係ありますよね?今度は泉岳寺の方にも行ってみたいかも。

--

三松



関連ランキング:そば(蕎麦) | 三河島駅新三河島駅荒川区役所前駅




まぜちゃん・大盛(730円)@秋葉原・九州じゃんがららあめん 秋葉原本店

2016-09-26
浅草での飲み会を終え、酔い醒ましにテクテク歩いていたら秋葉原まで来ちゃいましたw
・・・んで、なんか小腹減ったw

この時間だとほとんど選択肢ないなぁ。。
路麺もいいけど、もうちょっと濃い味が食べたい気分。
・・ということで、超久々にじゃんがら

休日23:30到着。
当然ラーメンな気分だったのですが、券売機を見ると、あら?汁なしメニューなんてのができてるんですね。
どんな感じか気になったので、ではそれで。
ちなみに大盛無料とのことなので、遠慮なくお願いします(呑み明け、この時間に食うもんじゃねぇなぁ。。w)!

待つこと5分で着丼。「味変用に」とマヨネーズとマスタードのボトルも。
ほぉ。。シンプルですな。

JANGARA

タレと和えられた麺の上には、ほぐしチャーシュー、ネギ、メンマ、魚粉、刻み海苔。
完全な汁なしではなく、ヒタヒタな感じ。

JANGARA

では麺を引き出しズバッと一口。
ほぉ、想像通りの味ですが悪くないw

JANGARA

絡められたタレは、ラーメンタレと油かな?
ここにアゴ出汁も効かせてあるとのことなのですが、魚粉のインパクトの方が圧倒的なので隠れちゃいますね。
旨味しっかりで塩気の塩梅もちょうどよく、まぜそばとしてはなかなか優秀ですよ。豚骨感はありません。

JANGARA

麺はラーメンの細麺とは変えてあり、中細角断面ストレート。
たぶんデフォより加水高め、ツルリとした表面とミッチリ詰まった密度感がいい感じですね。
大盛200gくらいかな?この時間のおやつには必要十分。

JANGARA

具は前述の通りですが、どれも食べやすく小さめのサイズなので、麺と一体化して食べやすいですね。
また、当然じゃんがらなので卓上の味変アイテムは豊富。

JANGARA

途中から、卓上の辛子高菜、ゴマ、紅生姜、ラー油、お酢を入れつつ味変。辛子高菜旨いなぁ。
そして決め手はマヨとマスタード!
一気に「明星一平ちゃん」的なジャンクさ爆発、クドくてうまぁw

JANGARA

ということで、サクッといただきごちそうさま。
結構普通の油そばだったので、もっとじゃんがららしさというか、豚骨的テイストが加わったらもっとよかったかも。あとラストにスープ割とかできたらもっと面白かったかも。
じゃんがら汁なしってなんか違う気はしますが、たまに気分を変えたい時にはいいかもです。
次回はラーメンを食べよう。。

--

九州じゃんがららあめん 秋葉原本店


関連ランキング:ラーメン | 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅


かき揚天つけそば(420円)+小ライス(100円)@四ツ谷・四谷政吉

2016-09-25
今日のランチは四谷。
気分はおそばなので、当然政吉ですな。

平日14:20到着、店内は1/3ほどの入り。
あら、椅子なくなったんですね(お店外のテラス席はそのまま)。
先日来た際、カウンター上に「天丼のタレ」ってのがあるのが気になっており、今日はそいつを活用してみよう、と「かきあげ天つけそば」に小ライスを付けましょう。
こちらの天ぷらは別皿の提供なので、ライスがあればセルフ天丼ができる、って寸法ですな。

食券を出し、都度茹でなのでしばし待機。
呼び出しがあったらセルフ着丼です。

MASAKICHI SOBA

こちらのつけそば(もり、ざる、おろし、とろろ以外)は温かいお汁なのが特徴。
蕎麦猪口ではなく、口の大きなお椀にお汁が入ってきます。当然天ぷらは別皿。

MASAKICHI SOBA

では、伸びないうちにそばから。
そばは細めでピンとハリがあり、さすがの政吉クオリティ!
ツルリと軽やかな麺肌。カッチリとエッジが立ち、噛むとシコシコのコシ。
そして蕎麦の香りが口に広がり。。これは間違いない旨さ。

MASAKICHI SOBA

お汁は辛汁ではなく、温かい蕎麦汁をちょい濃いめに作った感じですね。
キリッとした辛汁もいいけど、この優しさもいいですよ。
辛汁は味が強すぎて天ぷらを浸ける気にならないけど、この乙お汁には天ぷらをジャブッと浸けて食べたくなります。天ぷらの油でコクも出ていい感じ。

MASAKICHI SOBA

かきあげ天はタマネギとネギがメインで、中央に小エビ(桜海老より大きなプリプリのもの)が載っているのが特徴。
揚げ置きなので、ちょっと衣がヘナネチ系で油っぽいのが惜しいところ。
小エビ天は旨いんだけど、此方、かき揚げはイマイチなんですよね。。。

MASAKICHI SOBA

さて、これをご飯に載せて、卓上の天丼タレを回しかけましょう。はい、セルフミニ天丼のできあがり!
天丼のタレは甘口でさっぱりめ。たっぷりかけていただきます。いいね!

MASAKICHI SOBA

ちなみにご飯を頼むと小皿が付いてきます。漬物かと思いきや、山形の「だし」ですね!
ネバネバの昆布に野菜が刻んだものが入っており、これだけでも結構ご飯ススムやつだわw

ここはそばの量が少なめなので、天丼を付けてちょうどいい感じ。サクッと食べてセルフ蕎麦湯割→ほっこりごちそうさまでした。

MASAKICHI SOBA

次回はちく天かイカ天あたりで天丼化してみようかな?またお世話になります。

--

四谷 政吉


関連ランキング:そば(蕎麦) | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅


かき揚げ丼セット(580円)@半蔵門・立ち食いそば あさひ

2016-09-24
今日のランチは会社近くで。
このあたり、最近チェーンじゃない路麺店が増えており、路麺ファンにはうれしい限り。
最近「そばうさ」「天かめ」さんに行く頻度が上がってたので、今日は久々に「あさひ」さんに行きますか。

平日13:50到着。前客2、後客0。
なんか・・・天かめができてから明らかに客数減ってる気がするんだけど気のせいかな?
確かに向こうの方が安くて味濃くてボリュームもありますからねぇ。。男性はあさひの上品な味付けよりあっちの方が好きなのかも。

さて、今日はベーシックにかき揚げ丼とおそばのセットで。
路麺のセット物だとワンコイン、ってのが理想ですが、こちらの価格帯はちょい高め。

ASAHI

厨房へ食券を出し、生麺都度茹でなのでしばし客席で待機。呼び出しがあったらセルフ着丼。
うん、シュッとした上品な感じのおそばです。かき揚げ丼は丼の直径ぴったりの大きめのかき揚げがいい感じ。

ASAHI

ではそばから。
こちらは(天かめもそうですが)茹で上げたそばを一旦水で〆てからテボで温める本格オペレーション。
表面ややザラ、ホグッとしたコシの感じられる細身の麺です。蕎麦の香りはわずかにあり。この麺ならもりでもいけるかも?

ASAHI

お汁は甘口のカエシと厚みある鰹の旨味のコンビネーションがキャッチーな雰囲気。
ちょっと既成品っぽい雰囲気も感じるけど、なかなか旨いと思いますよ。
かけそばなので薬味はワカメとネギのみ。ワカメが肉厚でいい感じ。

ASAHI

かき揚げは衣少なめで具の存在感が大きめのもの。
具はタマネギ、ネギ、ニンジンが中心。ジャキッとした野菜それぞれの食感が残る揚げ具合。

ASAHI

油切れは悪く、サクサク感はなくヘナヘナベッタリ系かな。結構胃にずっしり来る感あります。
また、揚げて時間が経っているからか、素材間の結合度(?)が高く、崩すときに箸を片手に一本ずつ持ってえいっと割らないと崩れないタイプ。ゆで太郎とかでよくあるよねw

ASAHI

タレは甘めですが、量はベストでご飯がべちゃべちゃにならない量なのはよし。
ご飯は150g弱程度かな?かき揚げのボリュームに対し少なめです。もうちょっとボリュームがあるとハラペコリーマンもうれしいかな?

ということで、サクッといただきごちそうさま。
ゆで太郎のかき揚げ丼セットがワンコインなことを考えると、この味の差なら適正価格、と言えるかな?
揚げ置きの路麺の宿命なんだけど、かき揚げの印象が上げるとなかなか満足度高そうですよ。

ただ、目と鼻の先にあるライバル「天かめ」の天丼セットもワンコイン、しかも天丼が海老+かき揚げっていう戦力差なのは。。。ちょっと厳しいところですね。がんばってほしいです!

--

あさひ


関連ランキング:立ち食いそば | 半蔵門駅永田町駅麹町駅


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>