FC2ブログ

汁なし担々麺・中太麺・大盛(650円)@新橋・たんぽぽ

2019-01-15
新橋で晩飯。
駅近くでサクッと食べたい気分だったので、確か1Fに広島汁なし担々面のお店があったはず、と新橋駅前ビル。

平日20:30到着。店内は半分ほどの入り。
店内には2つのU字カウンターが。夜は呑み屋としても営業しており、呑む客は食券機を経由せず奥のカウンターへ、食事だけの客は食券を買って手前カウンターへ座るよう指示されます。従業員は全員外国の方ですね。
では、食券機で「汁なし担々」を。おっ、中太麺と細麺が選べるんですね。広島汁なし担々と言うとザックリした細麺のイメージなので中太はちょっと珍しいかも?と中太をポチ。
着席すると、紙エプロン、ポケットティッシュ、ミントガムが提供。大盛無料とのことで当然お願いします。

TANPOPO

待つこと5分ほどで着丼。
丼の底にはタレとラー油、麺の上には肉味噌、オニオンスライス、ネギ。汁なし担々にオニオンスライスって結構珍しいですね。

TANPOPO

では早速グリングリンと混ぜつつ一口。
麺は、一般的な中華屋の麺的な、丸断面ゆる縮れの中細麺。加水は高めでプリプリ系です。

TANPOPO

「中太」と言ったらもっと太いのを想像したのですが。。。これは俺的なカテゴライズからすると「中細」だわな。
サービスの大盛で200gくらいかな?そこそこボリュームはあります。

TANPOPO

肉味噌は、どこかミートソースっぽいw甘口のペースト。一応干しエビは入ってたかな?
タレは芝麻醤の甘みが先行し、ごくわずかに麻辣が感じられるもの。味わい的には平坦な甘口といった感じ。
全体を混ぜ合わせると、うーん、まぁオーソドックスな広島風汁なし担々、といった印象かな。特に「これは!」という旨さのポイント等はなく、全てが平均といった感じ。
ただ、汁無し担々には珍しい、オニスラの辛さとほろ苦さが結構いい感じかも。

TANPOPO

卓上には粉山椒、ミル入りの粒山椒、粉唐辛子、お酢、マヨ、黒胡椒等があり好きなように味変ができるので、これで自由にキャンバスに色を付けてね、ということなんでしょう。
ただここにラー油がないのがねぇ。。。画竜点睛を欠くとはこのことかと。

TANPOPO

山椒は粉も粒もあまり香りが立たないもの。お酢は鉄板。
あと汁なし担々にマヨって初体験ですが、マヨラー的にはこれはたまらない旨さです。つか、やきそばかww

TANPOPO

よく混ぜながら食べ進めると、麺を食べ終わった段階でタレはほぼ残りませんでした。ライス頼まなくてよかった。。
ということで、サクッと完食でごちそうさま。

うん、特に突き抜けた個性や魅力があるわけではないんだけど、C/Pはそこそこ◎、といった広島汁なし担々かな?
また、大盛無料ってのはハラペコリーマンにはうれしいですね。今度は居酒屋利用してみようかな?

--

たんぽぽ


関連ランキング:汁なし担々麺 | 新橋駅汐留駅内幸町駅


サンバルカレー(1050円)@王子・カレーハウスじゃんご

2019-01-14
お気に入りの劇団の公演を見に王子へ。
終わりは遅くなりそうなので、開演までに軽く腹を満たしておこう、とチェックしていたカレーハウスへ。

休日18:00到着。前客0、後客2。
店内は狭く、厨房に面したカウンターとテーブル数卓。
スタッフは店主さんと奥さん?家族経営といったほんわかした感じ。ちょっと入りにくいですが店内は明るく清潔。
なぜかカウンター上には丁寧に仕上げられたガンプラがw

JANGOJANGO

メニューはめちゃめちゃ豊富。
事前の予習で、とにかく何系と括れないオリジナルなカレーの店なことはわかっていたので、敢えて南インドな風を吹かせてみるか、と「サンバルカレー」をお願いします。
厳密にはサンバルはカレーなのかな?とは思うのですが、ミールスでいうサンバルが日本式なカレーのレイアウトで出てくるってことですかね?

カレーは作り置きではなくスパイスの調合や炒めから始めるようで、15分ほど待ったところで着皿。
・・・うん、これも予習でわかっていたことなのですが。。絶望的に少ねぇ(;´Д`)]

JANGO

では早速一口。
「南インドの味噌汁」とも呼ばれるサンバルなので、粘度はなくサラサラの口当たり。
季節によって野菜が変わるらしく、メニュー写真のナスが旨そうで頼んだのですが、今日はレンコンと里芋とのこと。肉類は全く入っておらず、完全ベジ、というかビーガンですな。
サンバルの味わいは、タマリンド&マスダードシードが主体に感じられ、鷹の爪の先っちょとドライのカレーリーフが少々。
クミンのいわゆるカレーっぽい香りは控えめ。塩気も控えめで、体調が悪くてもスルスル飲めちゃうやつ。ご飯が進むかというとちょっと微妙かな?w
しかしさすがスパイスから調理するだけあり、スパイス感はガツンとフレッシュ!食べてる最中から胃のあたりからポカポカしてきます。
ゴリッとしたレンコンと、ネットリした里芋の食感のコンビネーションも面白いですね。

JANGO


ライスはご飯一膳分程度、150gちょいかな。バスマティではなくジャポニカ米。
しかし硬めに粒の立つ炊き方で悪くないです。
というか、それでなくとも少ないライスの量に対し、サンバルがさらに少ない。。。工夫しながら食べていたんだけど、ラスト、ライスが余っちゃいました。結局米だけを食べてごちそうさま。
うーん、ミールスでいろんなモノをちょっとずつ混ぜ合わせて食べる時にはいいんだけど、これだけだとちょっと味気ないかも?

JANGO


ちなみに相方の頼んだシーフードスペシャルは、メニューの写真ではよくわからなかったんだけど、シーフードカレー(アサリ、イカ、エビ入り)になんとワカメを大量に投入したもの。
カレーはクミンを軸として各種スパイスがガツンと効いた骨太でキレのある仕上がり。
インド風ともちょっと違う気がするけど、少なくとも欧風や日式カレーでもなく、此方オリジナルな味わいで相当旨い!
ただ、ワカメの磯臭さで台無しになってる気がwスペシャルじゃない方をオススメするかな?

それにしても、こういった変わり種だけでなくカツカレーやハンバーグカレーというカレースタンド的な商品も揃っており、何系のカレー屋なのかホント全然わかりませんね~w
ただ、腕とセンスはしっかりあり、引き出しの多さも持っていることは理解しました。結構すごいぞこの店!

量的観点でのC/Pはイマイチですが、この個性的なカレーはまた食べたくなる(全種制覇したくなる)引力がありますねぇ。
このあたりに来たらまた寄ってしまいそう。

--

カレーハウス じゃんご


関連ランキング:カレーライス | 王子駅前駅王子駅飛鳥山駅


中華そば(770円)+チャーシュー炊き込みご飯(150円)@市ヶ谷・中華そばコヨシ

2019-01-11
市ヶ谷で遅めのランチ。
外堀の外側にいたので、こっち方面で何か食べようと脳内検索。
あ、そうそう、神楽坂へ向かう坂道の麓に、風来居の別ブランドのお店ができたんでした。
風来居と言えば山頭火系の塩豚骨ですが、こちらではガラリと趣向を変え永福系な煮干中華を出しているとのこと。
通し営業で年中無休と、今時素晴らしい体制!

ということで、平日14:30到着。
前客2、後客3。ハイテク券売機で中華そばと。。おっ、チャーシュー炊き込みご飯ってのもありますね。んじゃそれもポチ。
店内はそこそこ広く清潔感あり。カウンター席へ案内され食券を提出。

KOYORI

待つこと5分で着丼。
ほぉ、醤油色でやや濁ったスープの表面にはラード層。煮干粉的なものも目視できます。上にはチャーシュー、メンマ、ネギ。海苔はありません。

KOYORI

ではスープを一口。
味わいとしては、確かに永福な感じですね。柔らかな動物系のベースにじんわり煮干を効かせ、ラードで旨味と甘みを付加したような感じ。
煮干は「ニボニボ」というほどは効かせておらず、食べ手を選ばない煮干感ですね。塩梅はジャスト。最後までしっかりラードが残るので口当たりはペットリした感じです。

KOYORI

麺はエッジの立った細ストレート。
パッツン系かと思って啜ると、加水はやや低めですがニッチリした粘りのある歯ごたえ。
個人的にはもうちょっと茹で時間を短くした方がスープには合うかな?麺量は150g程度。

KOYORI

チャーシューは、最近は珍しくなったカスカスの出し殻ロース煮豚が2枚。
肉の風味、タレの風味共に弱く、これは2枚もいらないなぁ。。1枚にして海苔とカイワレor柚子を入れるとか、40円安くしてくれた方がうれしいかな?
メンマは短めで、ホロリと柔らかな食感。青物は水菜。ネギは薬味として順当に機能。
スープと麺はいいですが、載せ物が全体的に貧相な印象がありますね。

KOYORI

チャーシュー炊き込みご飯は、チャーダレを加えて炊き込んだご飯にチャーシューの端切れを混ぜ込んだもの。
おこげ部分もあるので、「混ぜ」ではなく炊き込んでますね。若干ジャー保温臭があるものの、塩梅はちょうどよくなかなかいい感じ。量もしっかり、200g程度はあったでしょうか。
また、ここに入ってるチャーシュー、脂身多めでプリッとしてて、ラーメンに載ってるやつより遥かに旨いんだけど!?逆に炊き込みご飯こそカスカスのチャーシューで十分ですわw
縁に海苔が立ってるのはうれしいけど謎なので、速攻ラーメン側に留学。パリッと固めで香りのいい海苔でした。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
ラーメンのキモであるスープと麺はなかなか好みでしたが、載せものがちょっとイマイチ感あったかな?まだまだ伸びしろはありそうなので、今後に期待ですかね。
太麺のつけ麺もなかなか旨そうだったので、また来てみたいと思います。

--

中華そば コヨシ


関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅飯田橋駅


キムチ・レギュラー・辛め(550円)@有楽町・ジャポネ

2019-01-10
銀座での所要を終えた帰り道。
この時間のジャポネの混み具合を確認してから帰ろうと、インズ3経由で有楽町へ。

18:10現着。ほぉ、この時間だとカウンターの客はまばらなのね!記憶しておこう。
・・・と歩き去ろうとした時、厨房の大将と目が合ってしまい「いらっしゃい!今ならすぐ座れますよ!」と声かけが。
そう言われたら座るしかねぇw

ということで着席。今日は久々にキムチにしますか。
自宅での晩飯前だったので、おやつ感覚で「キムチ、レギュラーで」をオーダーすると大将「普通?辛め?」とヒアリングが。
キムチ何回も食べてるけど、辛さを聞かれたのは初めて。そりゃ辛めでお願いするでしょう!

厨房のフライパンコンビはアイドリング中だったこともあり、速攻でオペレーション開始。3分ほどでキムチ着皿。
おっ、辛めは、おそらくキムチ多めということかな?いつもより色濃い気がしないでもないです。
キムチ以外の具は他メニューと変わらず、豚コマ、シイタケ、タマネギ、小松菜。

JAPONE

では早速一口。
うん、辛め=二郎で言う「カラメ」つまり「味濃いめ」な感じですね。
確かにピリ辛度も上がってるけど。。。めっちゃショッペー!
キムチ増量した上で、タレはデフォの量なんでしょう。結果塩気が増加しており、成人男子の一日の食塩摂取量を一食でまかなえるんじゃないか?というレベルw
でも、同時に旨味も増すので旨いね!明日の朝の顔むくみはしょうがない、食べちゃうよね~(;´Д`)

JAPONE

そしてジャポネと言えばこのフカフカの極太ソフト麺。
パスタ?アルデンテ?なにそれ?というオリジナリティ溢れるソフト麺はこの料理にベストマッチ。
麺量はレギュラーなので茹で後350g程度。ちょうどいいおやつ感覚で食べられますね。

JAPONE

キムチは辛味&旨味だけではなく、シャキシャキさを残した炒め具合で食感も楽しめます。
豚コマと合わせると味濃いめの豚キムチな印象で、これ白米も合わせて食えるレベルw

JAPONE

また、今日は小松菜の葉部分がたっぷりでいい清涼剤ですね。
茎部分もおいしいけど、葉もいいね。タマネギとシイタケは入っているはずですがほとんど気づかないレベルでしたw

JAPONE

ということで、粉チをかけて味変しつつ、サクッといただきごちそうさま。
皿を上げご会計するころには背後に行列が。晩飯を食いたい時は、18時前に来るか、閉店間際に来ると並ばず食べられそうですね(まぁ、並んでいても恐ろしく回転は速いのですが)。

そう言えば、インド以外のメニューでも「カレーがけ」という裏オプションがあることを前回初めて知ったんでした。
ヘルシーのカレーがけとかめっちゃ旨そうだよなぁ。。次回オーダーしてみるか。

--

ジャポネ


関連ランキング:パスタ | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅



【期間限定】担々麺・3辛(880円)@大森海岸・SOBA DINING QUATTRO

2019-01-09
大森で年始ランチ。
クワトロさんの年末年始限定メニュー「担々麺」の評判がなかなか良いので、久々に訪問。

平日12:55到着。前客5、後客3。ちなみにお店に来る途中に「麦苗」の行列を見ると外待ち6程度でした。
店頭の「担々麺」のPOPを確認し店内へ。相変わらずカフェ的なオシャレ感を醸し出してますねぇ。
スタッフは男性1名、女性1名。二人共ラーメン屋の店員とは思えない丁寧な物腰の接客で、特に女性スタッフさんの気遣い(入り口近くに座った女性に「寒くないですか?奥の席空きましたので移動されますか?」とか担々麺を頼んだ客への自然な紙エプロン配布とか)は見事です。

QUATTORO

食券を提出する際「辛さが3段階から選べて、おススメは2辛です」とのこと。では3辛で。
丁寧なオペレーションを眺めつつ、待つこと10分ほどで着丼。
うわ、休みボケでカバンにデジカメが入ってなかったので急遽iPhoneで。

QUATTORO

ほぉ、なかなか素敵なルックスですな!
担々麺の具と言えば肉味噌、白ネギ、チンゲンサイが定番ですが、レギュラーメニューでもユニークで美しいトッピングが特徴のクワトロさん。
担々麺も一筋縄ではいかないようで、赤いスープ全面に配されたレンコンスライスと、中心の肉味噌の上に一文字に載せられたニンニクの芽のコントラストが鮮やかです。
辛さはラー油で調整しているようで、結構たっぷりめに張られています。
あと此方ならではの、箸とレンゲがビルトインされるお盆が素敵w

QUATTORO

では早速一口。
スープは、自家製の芝麻醤ペーストと醤油ダレに、全メニュー共通と思われる清湯鶏スープを注いたもの。
カラシビの刺激よりもゴマ系のマイルドな甘みとコクが強めの、いわゆる日式担々ですな。

QUATTORO

ちなみにゴマダレには砕いたナッツ等もたっぷり入っており、香ばしさが強めなのが特徴。
ただ、事前に予想しないで飲むと、このナッツが喉に引っかかって咽ますね。「ち、違うんだ!俺は辛いの苦手なのに調子こいて3辛頼んで辛くてムセてるんじゃないんだ!」という気持ちになりますw
ラー油の辛さは3辛でもマイルド。辛いのが好きな方は3辛推奨です。
上からふりかけられた花椒は少なめで、個人的にはもうちょっと花椒多めカスタムしたかったかな。

QUATTORO

麺は他メニューと共通の加水高めの細ストレート。
やや柔めに感じるしなやかな仕上がりで、スープの引き上げはバッチリなんだけど、個人的にはもうちょっとパッツン系のハリのある麺で食べたかったかな?麺量は140g程度。

肉味噌は甘じょっぱいそぼろ的な和風の味付け。さっぱりした食感で、もしかしたら鶏ひき肉だったかも?
ニンニクの芽はパキッとした歯ざわりと、しっかりしたニンニクの風味がいいアクセント。ニンニクの芽って、ひどいお店で食べると皮ばかり固くて味が全然しないやつとかもありますが、これはいいニンニクの芽です。
レンコンは水煮を薄くスライスしたものが10枚くらいは入ってたかな?レンコンあまり好きではないんだけど、ホックリした歯ごたえが面白いですね。これ揚げても面白かったかもね?

ということで、サクッと食べ終え汗だくになってごちそうさま。
「オシャレ系日式汁あり担々」と言える仕上がりは、この店らしさをしっかり感じられるもので、冬の定番メニューにしても安定した人気が出るんじゃないかなぁ?あと、こんな遊び心ある限定をちょいちょい提供してくれるともっと通う客が増えそうです(そういえば、担々麺のPOPの下に海老系の新作が載っていたような?)。
クワトロの由来である4種のラーメンのうち、まだ「川」は未食なこともあるし、また近々再訪することにしましょう。

--

SOBA DINING QUATTRO(ソバダイニング クワトロ)


関連ランキング:ラーメン | 大森海岸駅大森駅立会川駅


【イレギュラー】ナチョソバ(850円)+〆のリゾット(200円)@大井町・ajito ism

2019-01-06
大井町でランチ。
最近この辺りに仕事を作れずご無沙汰してしまっていた(夏の名作「創作冷やし混ぜそば」今年は食べれなかったorz)ajitoさんへ久々の訪問。

平日13:00到着。店内満席、待ち4。後客続々で店内待ちをキープ。
店外のイレギュラー(日替わり)のPOPを見ると・・・よっしゃナチョ!イレギュラーの中でも一番好きかもしれないやつです。

ajito ism

並んでいるうちに、奥様へイレギュラーをオーダー。
10分ほどで席が空き着席。オーダーは先に通っているので、三浦シェフの丁寧なオペレーションを経て数分で着丼です。

ajito ism

ほぉ。。相変わらずajitoの盛りは美しいなぁ。
麺の上にはたっぷりの生野菜やトルティーヤ、ひき肉。そして黄色いチーズソースがジャンキーな感じで楽しげ!

ajito ism

ajitoのまぜそば系は、これでもかと混ぜるのがポイント。
箸とレンゲを両手持ちして、グリングリンと混ぜるのがコツ。

ajito ism

ベジソース+赤味噌+メキシカンスパイスを独自ブレンドで調合したソースは、今日は味噌が強めでスパイスより前に出ており、なんとなく昔のイレギュラーの名作「メキシカン味噌まぜそば」を彷彿とさせる風味。
ここにズーチーの味わいが加わると。。こりゃたまらん!

ajito ism

麺は菅野製麺製の極太ストレート。
「パスタのよう」とも評されますが、コシ強くモチモチ食感のあつもり中華麺ですね。
これに前述のメキシカンミソソースが絡むと、もうこりゃ完全に和風タコスな味わい!食欲が止まりませんw麺量は200g。

ajito ism

ソース自体は味噌の塩味濃いめですが、レタス、紫タマネギ、トマト等の生野菜が適度に絡んでくるので意外にさっぱり感あり。
トルティーヤは最初に粗く砕いておくと、パリパリとした食感のいいアクセントに。
後半戦、タバスコをちょいとかけるとまた雰囲気変わりますね。ここにライムとか絞っても旨いかも?
ちなみに背後の冷蔵庫にはコロナビールもあるので、飲んじゃってもいいかもね。

ajito ism

瞬時に固形物を完食し、丼を上げてリゾットお願いします。
残ったソースに白飯、薬味、半熟卵、とろけるチーズを追加しナチョソースをかけてリゾット完成。

ajito ism

今回のソースは味噌強めなので、白飯との愛称は完璧。どこか味噌焼きおにぎり的な、和風にも感じられるぶっかけご飯になりますね。
こちらも瞬時に完食。店内待ちがいるのでサクッと丼を上げ、ごちそうさまでした。

ajito ism

いやぁ、レギュラーメニューであるピザソバやロッソはまず食べるべき名作ですが、イレギュラーの中ではコレと「カルボナーら」が超絶にオススメかも。
基本コレクター気質なので、一度一通りのメニューを食べたお店を再訪することってなかなかないのですが、此方だけは別格。何度来て何度食べても新たな感動がある、すごいお店です。

--

アジトイズム


関連ランキング:つけ麺 | 大井町駅下神明駅西大井駅


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>