あぶら蕎麦・醤油(800円)@渋谷・蕎麦 ちばから

2017-03-29
今日の遅めのランチは渋谷で。
なんとなく港屋系が食べたい気分だったので、「ちばから」さんへ再訪。

平日14:15到着。店内は7割ほどの入り。
以前来た時は口頭注文でしたが、券売機になったんですね。ホールの気配りに問題ありだったので券売機にして大正解。

CHIBAKARACHIBAKARA

いろいろとメニューが増えていますが、レシピ作成に某店の店主さんが関わったという噂を聞き気になっていた「あぶら蕎麦」をポチ。
醤油と胡麻が選べるようですが、券売機に「オススメ」と書いてある醤油で。
テーブル席へ案内され食券提出。5分ほどで着丼。

CHIBAKARA

ほぉ。。どことなく「台湾まぜそば」を髣髴とさせるルックス。
中央には肉味噌。周囲には背脂、辛玉(辛い揚げ玉)、刻み海苔、タマネギ、メンマ、ネギ。別皿で刻みニンニク。
この手のアレンジだと「そばうさ」のスタミナ冷まぜそばが絶品でしたがこちらはどうでしょう?

CHIBAKARA

まずは蕎麦を引き出し一口。
あ、なんかオープン時と食感変わりました?弾力や伸びがなく、モソモソな噛み心地。
蕎麦の香りはかなり強めだけど、茹でた麺をそのまま丼に入れてるのかな?茹で汁(敢えて蕎麦湯とは言わないw)っぽい香りにかき消されちゃいます。
丼の底にはシンプルな醤油味のタレ。

CHIBAKARA

ここまでだとなんか物足りない味わいなのですが、おそらく全体を混ぜると変わるはず!とグリグリ。
うん、甘辛い肉味噌の風味は間違いないですね。

CHIBAKARA

背脂と玉子を混ぜるとコッテリ感とコクも増えますが、全体の印象としては意外にさっぱり。
なんでも受け止める中華麺じゃなくゴワゴワで香り強い蕎麦ってところで、やっぱかなり印象変わるもんですね。

CHIBAKARA

うーん、悪くはないけど、なんか一味足りない感。個人的にはもっとタレは甘めでいいし、旨味ももっと強く効かせたいかな?
小皿で提供されたニンニクは量が全然少なく、蕎麦の香りに負けてしまうレベル。
また、タマネギのさらしが十分じゃなく、辛くてタマネギ臭いんです。。。食後数時間は口の中がタマネギ臭一色にw

うーん、何が足りないんだろう?と思いつつ、セルフサービスのラー油を持ってきて投入。
・・・おぉッ!!これだ!パズルのピースがバチッとハマりました。

CHIBAKARA

ゴマ油の香ばしさとコク、そして辛味で風味が分厚くなり、これはマストアイテムですね。
ここに花椒なんかが香るとさらにいい感じになりそうです。

CHIBAKARA

固形物完食後、店員さんに声掛けすると追い飯がサービス。
台湾まぜそばほどはパンチがないので米マストってほどではないけど、まぁ悪くない。

CHIBAKARA

ちなみに麺量はデフォ茹で前300g、ライスも付くので、量的には十分腹パンパンになれます。
ということで、サクッと食べてごちそうさま。

うーん、やりたいことはわかるのですが、どうもセンス&細部へのこだわりが付いてこないというか。。。「ちょっと違う」が積み重なって、最後にはややモヤモヤ感が残ったかなぁ。蕎麦、意外と難しいですね。
個人的な好みもあるかとは思いますが、とりあえず成功例として「そばうさ」さんをベンチマークにすると皆幸せになれるかも。

ちなみにこちらのお店、今月で閉店し「ちばから」になるんだとか。
・・・だったら最初からそうしてよ!と思ったのは俺だけではないはずw
千葉No.1とも言われるJインスパイア系の一杯が東京で食えるとは!すげく楽しみですな。

--

蕎麦ちばから


関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 神泉駅渋谷駅


らーめんと半ちゃーはん(750円)@大森・中華博龍

2017-03-28
今日の遅めのランチは大森で。
なんとなくB級中華な気分だったので「上海飯店」か「幸楽」の2択。
そういえば上海飯店の「カレーチャーハン」が気になってたんだよなぁ。。では前者に行きましょうか。
・・・うお、ランチタイム終了しとるorz

HAKURYU

ということで、そのままミルパ方面に歩いていくと、ちょっと気になっていた「博龍」さん、やってます。
佇まいはいい感じなんだけど、ガラス戸が曇りガラスで中が見えないこともあり、若干地雷的な匂いを感じこれまでスルーしてきたけどw、今日はなんかチャレンジしてもいい気分。
お店前の「らーめんと半ちゃーはん750円」というPOPを確認し、暖簾をくぐります。

平日13:40到着。前客0、後客0。
店内は奥に細長くカウンター1本のみ。
カウンター奥の客席では、大将がスポーツ新聞を読みながらTV鑑賞中。こちらの姿を見て「いらっしゃい!」と厨房へ。
では、口頭で半チャンをお願いします。
ちなみに厨房横には「当店のランチは いつも心で 作ってます」のPOP。いい心意気じゃないか!

HAKURYUHAKURYU

厨房を見ていると、どうやら茹で湯を再度沸かす所からスタート。。こりゃ時間かかりそう(^_^;)
スープは寸胴から掬い、載せ物は全てタッパーから出して配置。
6分ほどでラーメンから着丼です。

HAKURYU

そうそう、今日はこういうノス!なのが食べたかったんです。
いかにもな中華そばは、醤油スープにヨレッとした麺が泳ぎ、チャーシュー、玉子、ネギ、海苔、メンマが布陣。

ではスープを一口。
うーん、優しいですね。
野菜の甘味が出たシンプルな鶏ガラ醤油スープといった感じ。
当然タレに化調が含まれてると思いますがいやらしさはありません。油も少なく、すっきりした飲み口。

HAKURYU

麺はいわゆる中華屋クオリティの角断面細ストレートですが、よくあるプニャプニャした丸麺よりはだいぶしっかりしたもの。
茹で具合もちゃんとしており、ムチッとコシがあります。麺味は主張なし。麺量は130g程度。

HAKURYU

チャーシューは、超古典なワシワシ系のロース煮豚スライス。久々に食べたけど、こういうの嫌いじゃないです。臭みなし。
海苔はスープに浸かったらホロホロに溶けちゃうやつ。早めに食べないとなくなりますw
メンマはコリコリとした食感とちょうどいい醤油味がいい感じの細裂き。
玉子は完全固茹で。大将がタッパーから玉子を取り出したのを見て「おっ!450円の中華そばでも玉子載るのね」と思ったら、なんと縦に1/8にカット!当然黄身と白身はすぐ分離し、黄身はスープに溶けゆく運命w

・・・というか、ラーメン着丼→チャーハンはまだかな?と思ってたら大将、シャコシャコと中華鍋を洗い始めました。そこからかよ!!どうやら大将の頭に「並行処理」という概念はないらしいw
さらに、ここから換気扇のスイッチオン。結構しっかり目に炒めるのでちょっと時間かかります。

HAKURYU

ということで、ラーメンを完全に食べ終わったタイミングでチャーハン着丼。
炒め具合はしっとり系ですが、米の分離度や玉子のパラッとした感じは上々。

HAKURYU

しっかり炒めたことで醤油とネギの焦げが香ばしくなってますね。
塩気はビシッと効いており、油と米の水分とのバランスはなかなか良好です。
具はチャーシュー、玉子、ネギ。ネギがしっかり焦がしネギになってるので全体的に茶色で彩りはないけど、味はなかなかです。

HAKURYU

量的には200gくらいかな?半チャーハンとしてはまずまずの量。
香の物は市販のたくあんとおそらく自家製の大根ぬか漬け。後者旨いね。

んで、ずっと話し相手がいなかったからか、WBCで日本が負けたことを愚痴ってくる大将w
相槌を打ちつつ、サクッと完食でごちそうさま。

ちなみに壁には「4月から値上げします」の告知が貼ってありました。
質を考えて、半チャンとしてはまずまずのC/Pだと思うのですが、これ以上値上げされちゃうと正直引力は弱化せざるを得ないかなぁ。。。

--

博龍


関連ランキング:中華料理 | 大森駅大森海岸駅平和島駅


釜玉つけ麺(900円)+替え玉(100円)@市ヶ谷・麺や庄の

2017-03-27
今日のランチは市ヶ谷
濃厚系なラーメンが食べたい気分だったので、久々に庄のさんへ。

平日13:40到着。店内は半分ほどの入り。
いつも限定ばかり狙ってしまうので、たまにはデフォかな?
つけ麺もいいけど。。ここは一捻りして「釜玉つけ」にしますか。
この釜玉つけ、その名の通り釜玉(つまり和え麺)としても楽しめるし、つけ汁に浸けてつけ麺としても楽しめる、一粒で二度旨い的なメニューなのです。

カウンターへ着席し食券提出。待つこと6分ほどで着丼です。
うは、これは間違いないやつ!

SHONO

麺側にはチャーシュー、青ネギ、揚げ麺、鰹節、刻み海苔、そして中央に卵黄が載せられており、この状態でまぜそばとして食べられる仕様。
以前梅の和えつけを食べた時は、麺側の器が小さく非常に混ぜづらかった記憶があるんだけど、ちょっと大きくなったかな?

SHONO

つけ汁は庄の自慢の超濃厚動物魚介。

では、あつもりの麺のみを引っ張りだして一口。

SHONO

形状は角断面極太ストレート。ムッチリとした密度感のある麺ですな。風味もしっかり強めでスープに負けないやつ。
んじゃ、卵黄を崩しながら全体をよく混ぜましょう。

SHONO

意外だったのは、麺は特にタレや油とは和えていないようだったこと。
しかしこの状態で食べても、おかかの塩気?による穏やかな味付けと卵黄の旨味で味が薄いとは感じられず、結構食べられちゃう感じですね。
また、おそらく自家製の揚げ麺のパリパリの香ばしさはなかなかいい感じ。

SHONO

釜玉状態でひとしきり楽しんだ後は、「和えつけ」状態へ遷移。
つけ汁はネットリとした粘度を持ついわゆる豚魚ですね。
かなり濃厚な豚骨スープにたっぷりの魚介系が聞かせてあり、特に節系のスモーキーな香りが全体の雰囲気を引き締め、普通の豚魚とは異なる風味を作り出しています。

SHONO

塩気は相当強く、麺を全浸けするとショッペー!!!ここは半浸け~3/4浸けあたりで調整して食べましょう。
また、釜玉側の玉子のまろやかさや鰹の旨味が加わると、またちょっとずつつけ汁の雰囲気が変わりますね。

SHONO

チャーシューはバラ煮豚スライスが2枚。表面をカリッと炙ってあり、脂身も臭みなく旨いです。
浸け汁の底には穂先メンマ。ホロリと柔らかでいい感じ。

麺量はそれほど多くなく、200g程度かな?
腹ペコだったのでちょっと麺量が足りず、「替え玉」をお願いします。

SHONO

替え玉はラーメンに使われる角断面細ストレート。
前回頼んだ時も驚きましたが、半玉どころか1玉出てきますwこの量はハラペコにはありがたい!
また、あつもりで来るのかと思ったら、つけ麺の場合は「ぬるもり」くらいに〆てくれるんですね。
上にはネギと刻み海苔もかけられ、ちょっとした和え玉風ですw
つけ汁がまだまだ濃いので、店員さんにお願いしてちょっとだけ割ってもらって、今度は「細つけ麺」として楽しみましょう!

SHONO

食べてみて驚いたのは、この細麺、つけ麺としても十分使えるポテンシャルがあること!
モギュッとした弾力、パツパツ、コリコリの噛み心地、そして麺単体での豊かな風味。
うーん、さすが自家製麺。日々バージョンアップしてるんですな~。

SHONO

で、これをちょいシャバにしたつけ汁に潜らせ啜ると。。おぉ、これはさっきまでとは全然違う一杯に!
麺とつけ汁のバランス感が変わるので、また新たな一杯、という感じで新鮮な気持ちで食べ進め、ペロリとたいらげごちそうさまでした。

久々にレギュラーメニューを食べましたが、さすが人気店、相変わらず高品質をキープしてますね。
これでトータル1000円はちと高い気もするけど、1000円で店内連食したと思えば安いもんだわw
こちらのお店、つけ麺は大盛にせずに替え玉にした方が2倍楽しめるのでオススメかも。

--

麺や 庄の


関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅麹町駅


もりかき揚げ(470円)@東銀座・歌舞伎そば

2017-03-24
今日のおやつは東銀座で。
東銀座と言えば・・歌舞伎座。
歌舞伎座と言えば・・・路麺ファンなら歌舞伎そば
歌舞伎座建て替え前は場内にあったお蕎麦屋さんで、建て替えと共にその裏手に移転したお店です。

ということで、平日16:00到着。前客1、後客続々でカウンター席は満席に。
お店は小粋な和食料理屋といった落ち着いた風情で、厨房に面したカウンター席のみ。
入り口にはちょっと場に不釣り合いな券売機があり、そこで名物「もりかき」のボタンをポチ。

KABUKI SOBAKABUKI SOBA

着席し食券を提出。
厨房は釜前さんと中台さんの男性2名。
そばは小ロット茹で置きっぽく、そこから水にさらして盛り付けています。
次の客から「少々お待ちください」と新たに麺を茹で始めたので、ラストの茹で置き分だったようですorz
天ぷらも揚げ置きが山のようにあり、そこから一つとって、手でバラしておそばに載せてくれます。

KABUKI SOBA

そばは細めでちょい白っぽいエッジの立ったもの。

KABUKI SOBA

茹で置きだったのであまり期待していなかったのですが、茹で具合と〆具合が上手いのか、ホグッときちんととコシがあり、噛むと蕎麦の風味も感じられ喉越しもよく、路麺としてはなかなか旨い麺だと思います。

KABUKI SOBA

辛汁は少々甘めですが、旨味と塩気、甘みのバランスよし。出汁感もしっかりあります。

KABUKI SOBA

かき揚げは、食べやすいように最初から5つにちぎって蕎麦の上に五芒星状wに置かれるのがこちらの特徴。
揚げ置きのかき揚げは、油切れはよくザクッと固めの食感。温かくはありません。
タネはざく切りの玉ねぎとネギがメインですが、たまにサツマイモの角切りが入っていたのがホクホクで印象的。
もりそばにかき揚げを付けると、崩して食べるのが意外にめんどくさかったりするんですが、最初から割ってもらってあるので食べやすくていい感じ。これ、意外に店の回転率上げる要因になってるかも。

ということで、ラストは蕎麦湯で辛汁を割ってほっこり。
サクッといただきごちそうさま。

KABUKI SOBA

元々の成り立ちが一般の路麺店と異なるからか、お店の雰囲気もお蕎麦も、どことなくシュッとしてて上品、粋でイナセな雰囲気だったのが印象的(って、事前情報からの先入観かもしれないけどw)。
他のメニューも食べてみたいなあ。再訪は確実です。

--

歌舞伎そば


関連ランキング:そば(蕎麦) | 東銀座駅銀座駅築地駅


中華そば大盛(650円)@大森海岸・麺屋Hiro

2017-03-23
今日のランチは大森
気分はラなので、最近ひっそりとオープンしたといういすゞビル近くの路地裏の新店へ。

hiro

平日13:10到着。前客0、後客2。
小料理屋の居抜きっぽいカウンターのみの店内。厨房は店主さんのワンオペ。

hiro

メニューは中華そばオンリーで大盛無料とな。では、中華そばを大盛でお願いします。
店内には丸山製麺の麺箱がありますな。ということは家系的な?

hiro

待つこと3分ほどで「味濃かったら言ってください」との声と共に着丼。
ほぉ。。クラシカルですね。醤油色のスープの表面には所々に細かめの背脂、そして厚めの液体油層。
その上にはチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔と王道。

hiro

ではスープを一口。
うん、いい意味で「屋台の中華そば」的な、超王道な感じですね。
おそらく鶏、野菜、乾物あたりを寸胴で炊いたシンプルなスープがベースで、そこにかなり甘味の強い独特なカエシを合わせ、さらにしっかり化調で補強した「甘旨い」感じのスープです。魚介感はほぼないですね。
表面には割と厚めの液体油層があり、スープの冷めを防止すると共に口当たりを強化。おそらく豚油かな?結構コッテリしてます。

hiro

ベースの出汁感よりも、とにかくタレの甘さと化調と油でグイグイひっぱる感じ。
食べた後もギュンギュンに口に残るケミカル感が印象的(悪い意味ではないです)w
うん、近くのクワトロさんとかとは対極にあるジャンクな感じ、結構悪く無いですよ。

hiro

麺は前述の通り、丸山製麺製の中太平打。
家系っぽい麺なのかな?と思いきやそうでもなく、加水低めでちょっとザラついた独特の麺肌。
歯ごたえはモソッとした感じ。そのザラつきのおかげでスープをしっかり上げてきますね。
麺量は大盛で200以上はあったかな?結構食べごたえあり、これがサービスなのはうれしいかも。

hiro

チャーシューはロース煮豚スライス。真ん中がピンクっぽかったので低温調理?と思いましたが割と普通のタイプでしたw若干豚臭さがありますが大きくて柔らかくいい感じ。
メンマは王道の薄切りタイプで、戻し済みのやつを醤油で煮込んだ感じかな?味が濃くてつまみになりそうなやつ。
海苔は厚めですがスープに浸るとホロホロと崩れるタイプ。香りは立たずコスト重視な感じ。

ということで、サクッといただきごちそうさま。

これ・・・飲みの〆とかに食べたら間違いなく最高だろうなぁ、と思える古典な一杯ですな。
これで650円ならC/Pも優秀ですし、結構客掴めるんじゃないかなぁ?
軌道に乗ったら、メニューが増えたりするともっと通いたくなるかも。今後も定点観測しておきたいお店です!

--

麺屋Hiro


関連ランキング:ラーメン | 大森海岸駅大森駅


焼めし(300円)+唐揚げ(50円)@大阪市/天神筋橋六丁目・十八番

2017-03-21
激ウマな豚足ラーメンを頂いたあと、帰りの新幹線までまだちょっと時間があります。
とりあえず新大阪方面に向かいつつ。。今度は麺じゃなくて米が食いたいかも?
ということで、狙いは焼飯!となれば、と天六

まずは総大醤。むーん、店外行列かぁ。。ちょっと待つ気分ではないかなぁ(今考えるとここで待ってりゃよかったw)。
んじゃ、先日「鯖中華」をかなり気に入った鯖6で単品チャーハン食べよう、と移動。
。。。ぐはぁ、痛恨の定休日orz
うーん、ラの店なら周りにいくらでもあるんだけど、今の俺はチャーハン腹なのだ。

と、そこで思い出した。
王将なんかより遙かにリーズナブルな、庶民の味方な大衆中華があることを。
よし、んじゃ十八番ですな!

平日19:20到着。
店内は広く、テーブル、カウンターも多数。
客入りは8割ほど、客層はほぼ男性リーマンですね。

No.18 JUHACHIBANNo.18 JUHACHIBAN

では、テーブル席に着席しホールのおっちゃんに「焼めし」を口頭オーダー。
あ、唐揚げ1個単位で付けられるんね、んじゃ唐揚げ1個付けてくださいな。

つか。。。焼飯300円!下手な店の半チャーハンより安いよ!
しかしこんな値段でも、厨房からはしっかり鍋を振る音が聞こえ、さらに言うと唐揚げも注文の度に都度揚げ!すばらしい!

No.18 JUHACHIBAN

6分ほどで着丼。
ほぉ。。300円なのにきちんとしたボリュームのチャーハンですよ。しかも玉子スープまで付いてます。

No.18 JUHACHIBAN

では早速一口。
・・・うん、結果的に言うと、質は値段なりだけど悪くはないw
見た目はパラ系に見えるんだけど実際はちょいベチャ&モソ系の仕上がりで、食感はいまいち。
家で低温でモタモタ作っちゃった時の米と玉子の関係にちょっと似てるかな。
ただこの手の店にありがちな「油ベトベト」って感じではないので、意外に食べやすいですよ。

No.18 JUHACHIBAN

味付けは醤油ダレと化調。それほど濃くはないというか、ぼんやり。

No.18 JUHACHIBAN

チャーシューはほとんどわからないくらい小さなもの。
その他はネギと、なぜか細切りのニンジン。でもこれがいい彩りなんですよねw

量はしっかり200g以上。
米は古米っぽいスカスカの食感ですが、まぁでも白飯で食べなければアラはそこまでは気にならないレベルかな?
チャーハンとしての焦点は若干定まってない感はあるけど、値段を考えたら超優秀なC/Pだと思いますね。

スープは甘めでとろみがついた玉子スープ。
フワッと優しい味で、これいいなぁ(*´Д`)

No.18 JUHACHIBAN

唐揚げはなかなかしっかりサイズのモモ。
「1個から揚げます」と書いてある通り、揚げたて。
衣はカリッ、もも肉はジューシーで、生姜醤油の下味もしっかりで、旨い!これは定食にしてもよかったかも。
ちなみに小皿にたっぷり塩を入れてくれますが、全く必要ないですね。これ1個50円はかなりうれしいかも!

ということで、これでお会計はしめて350円。シンジラレナーイ!!
独身でこのあたりに住んでたら、マジで毎日通っちゃうんじゃないか的な庶民派な価格に大満足でごちそうさま。

ここはまた来て、いろんなメニュー試してみたいかも。

--

十八番 本店


関連ランキング:中華料理 | 天神橋筋六丁目駅天満駅中崎町駅


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>